平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

送別会 * 第3弾

ただいま深夜3時半。 30分ほど前に帰宅しました。

友人ご夫妻が日本に帰国をされるというので、3月始めに送別会をしました。 場所はお気に入りのレストランSplendido (以前の話はコチラから)
写真はありませんが、再び美味しい前菜の盛り合わせと絶品トリュフのパッパルデッレを頂き、楽しい時間を過ごしました。 
女性は女性同士、男性は男性同士で何度かお会いしていましたが、夫婦でご一緒するのはこの日が初めて。 忙しい方たちですし、これがこのメンバーでは最初で最後と思っていたら、光栄な事に思わぬ意気投合。 

で、スケジュールを縫って、第2弾のお誘いを頂き、一昨日夕食に出掛けました。 場所はヨークビルのOpus、お2人のお気に入りのレストランです。 
こちらに伺うのは、トロントに越してきたばかりの頃、食通の素敵な友人カップルに連れて来て貰って以来2度目。 お料理といい、雰囲気といい、サービスといい、改めて伺ってみると、ここに勝るお店はトロントには無いのではないかと・・・・。 何を頂いてもとても美味しいけれど、ケベック州で育てられたガチョウのフォアグラが絶品。  
ただいま私のファインダイニングレイティング第1位。 食後もお酒を頂きつつ、深夜1時過ぎまでとても楽しい時間を過ごしました。

1日おいて火曜日の夜、今日は女性2人で夕食に出掛ける事になりました。 
トロント残り2晩になってしまった彼女が考えた末選んだお店は、再びOpus。 はい、一昨日というか、正確には12時を過ぎていましたので、昨日行ったばかりです。 笑  

熱い握手の後、「またいつか、何処かでお会いしましょう。」 とお別れのメールの交換もしていた男性陣。 が、12時過ぎには2人も再び合流。 以外にも早い4人の再会になり、送別会第3弾のスタート。 気が付けばあっという間に深夜2時半。 因みに深夜2時まで営業しているので、食後に場所を変えずに居られるのが良いですね。 が、昨晩はクローズの時間も過ぎていました・・・。


今晩私が頂いたのは、Sea scallops and bone marrow with apple butter beurre blanc / ホタテと骨髄のアップルバターソースの前菜。   
素晴らしい火の通り具合。 ホタテの表面はカリリと黄金色に焼かれ、でもその5ミリ下はお刺身のようにレア。 その上に載せられたボーンマローのとろりとした甘さが全体を包んで絶品。 メインは、Steamed Atlantic lobster on preserved lemon risotto with champagne mousseline / 蒸したロブスターにシャンパンのモスリンソース、レモン風味のリゾット添え。 ロブスターも同様に表面のみが完璧に火を通され、その下は透明感のあるレアな状態、カプチーノのミルクの様に泡立てられシャンパンのソースムースリーヌの優しい味わいと相まって、こちらもこれ以上の無い仕上がり。 
シックで落ち着いた大人の雰囲気のスペースには、マリリンモンローを中心とする当時のスターのモノクロの写真がセンス良く配されています。   

明日(今日)の夜も、トロント最後の夜を楽しむべく、女性二人で夕食に出掛ける予定。 が、きっと夜遅くから2人の夫も合流するのでは・・・。 となると送別会第4弾・・・?!

カナダの想い出がぎゅっと詰まったお2人のアルバムの中に、少しだけ私達夫婦も参加をさせて頂くようで、光栄でもあり何だかとても幸せな気持ちです。  素敵な出会いに感謝。

あっという間に、ただいま深夜4時~。 

もう寝ます、おやすみなさい。


Opus
37 Prince Arthur Ave.
416 921-3105 tel
416 921.9353 fax





  
[PR]
by non_ca | 2010-03-31 03:27 | レストラン&カフェ