平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

魯山人さまお奨め * 美味しいイタリアン La Quercia

お昼の気温は15℃。

今日はイースター・ロングウィークエンドの最終日。 晴れて行楽日和になりました。 
折角の連休、そしてこのお天気。 何処かにお出掛けしたい物ですが、お尻に火のついた夫の試験勉強のため、わが家は通常営業。 何だかもったいないなぁ・・・。 
午後になってコーヒーブレイクがてら、2人でハーバーフロントをブラブラしました。



a0110975_11284082.jpg



何処からとなく切なげな音色が聞こえてきて、足を止めました。 アヴェ・マリアのメロディーと午後の陽を浴びてきらきら光る湖。 しばし足を止めて耳を傾けました。


今日は、気になりつつもずーーっとアップ出来ないでいた、美味しいレストラン。

オリンピック期間中、バンクーバーに滞在していた際、魯山人さま宅で感動的なお料理をご馳走になりました。 (その話はコチラから) 
本来は 「是非、次回はわが家に。」 とお誘いしたい所ですが、トロントのわが家までは飛行機で4時間半の距離、カナダって本当に広いですよね。 (が、 実はちょっと内心、ホッ。 だってあのようなおもてなしは、どう頑張っても出来ませんから・・・笑 ) なので、楽しいお話の続きや、お料理の裏話なども伺いたく、お食事にお誘いをしました。

出掛けたのは La Quercia、お誘いと言いながら、お店は食通の魯山人さまに選んで頂きました。 笑  お礼にお誘いしたというよりは、美味しいお店に連れて行って貰ったという方が、正しい・・・? 
こちらのシェフは、バンクーバーの名店の1つ CIOPPINO'S で修行をされた方とか。 まだCIOPPINO'S に行った事の無い私、楽しみに出かけて参りました。


場所はキツラノの4th アヴェニュー。 友人Nさんと夫と私の3人がお店に着いて見ると、既に到着していた魯山人さまがお出迎え・・・。 本当に私達は、お礼にお誘いしたのでしょうか・・・汗  間もなく友人Sちゃんも到着して、いよいよ楽しいお食事タイムのスタートです。


フランスから大量にワインを輸入して莫大な関税を支払った、と噂の魯山人さま。 そしてワイン好きが講じてBC 州のワイナリーに投資もしているNさん。 こうなると、私達の出番など全く無く、ワインのセレクトはお任せです。 


そして、食事のメニューを頂きましたが、どうしたものか・・・。


a0110975_1341836.jpg


ワインに続き、お食事はこのお店を良く知る魯山人さまが、お店の方とお話をしてくださり、こちらはシェフのお任せになりました。 


アンティパスト。 
お店の雰囲気同様、あっとホームで飾らないお料理の数々。 親しい友人との会食にピッタリです。 そして味で勝負といった感じでしょうか。 どれもとても美味。


a0110975_12572240.jpg


こちらはイタリア風、仔牛のしゃぶしゃぶ? さっぱりとしてツナのソースと頂きました。


a0110975_12581444.jpg



ナスのミルフィーユ仕立て?

a0110975_12584163.jpg


パスタを3種。 どれも秀逸です。
モチモチのニョッキ。 プロシュートとグリーンピース、パルメザンチーズをたっぷりかけて頂きました。


a0110975_12591369.jpg


オイルベースでさらりとした仕上がり。

a0110975_12594285.jpg


お馴染みのボロネーズも、トマトの酸味が程よく利いてサッパリとした味わい。

a0110975_130948.jpg


メインは鴨のロースト。 レンズ豆が添えられています。


a0110975_1312437.jpg


決して外から見ると目立つお店では無いのに、店内は満席。 やはり、人気のあるお店なのですね。
ついつい気になる客層も、とてもいい感じ。 

a0110975_1324540.jpg


デザートの盛り合わせ。
あまり感動的なでデザートにカナダで出会うことは無いけれど、このお店のデザートはとても印象的でした。 飾らないデコレーション。 でも、どれも1口頬張ると素朴だけれど、とっても美味しい。 

手前からベークドチーズケーキ。 ピスタチオアイスの乗ったガトーショコラ、リンゴのパイ包み、リキュールのジェラート、そしてパンナコッタ。 

a0110975_1332614.jpg


8テーブル程の小さな店内の奥には厨房があり、中で忙しく働くシェフが見え隠れします。 その中で、毎日これだけのデザートが作られているのかと思ったら、ちょっと感動しました。


お料理も同様に、必要のないプレゼンテーションを極限まで省いた、シンプルさ。 味もクリームやバターに頼らぬ、素材の良さを生かしたものばかり。 実力のあるシェフだからこそ、出来る事でしょうね。 そして、それを支持するお客さまのいるお店。 もっと色々食べてみたくなりました。 


a0110975_13535925.jpg
 

それにしても、バンクーバーの友人たちは、カバン持ちさんや魯山人さまを始め、皆さんかなりの食通ばかり。 いつも皆さんにお任せで、結果、美味しい物を頂いています。    
フライトは暫くもういいな、と言いつつも、そろそろ「バンクーバーに行きたい虫」が騒ぎ出しそうです。  



 
[PR]
by non_ca | 2010-04-04 23:27 | レストラン&カフェ