平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ビクトリア旅行 * 2日目

お昼の気温は26℃。
午後になって夕立のような雨の降ったトロント。 そういえば昨年の夏もこんな雨が良く降ったっけ・・・と窓越しに降る雨を眺めました。

えー、コホンッ。 ビクトリア旅行の続きです・・・。 ( へっ? ) 前の話はコチラから
自分でもどうかと思うのですが、先日のカバン持ちさんからのコメントによりますと、この旅行は1月まえのことだそうです。 気になってはいたもののもう1月と聞いて自分でもこれはいかんと。 笑 
とは言え、こういう時に限って旅行やら色々出かけています。 だからこんな事になっているとも言いますが・・・。 汗  自分でも一体どうする気なのか良く分りませんが、気長にお付き合いいただければ幸いです。 


ビクトリア滞在2日目。
この日も朝から快晴。 バルコニーに出て朝のみずみずしい空気を胸いっぱいに吸い込んだら、朝食に出かけます。

昨晩夕食をとった、ホテルのレストラン。 同じ景色を見ているはずなのに、昨晩のしっとりと落ち着いた雰囲気とは全く違って見えます。 大きな船がちょうど目の前を静かに横切っていきました。



a0110975_1133158.jpg


私はマルチ・グレインのトーストに、こだわりのソーセージ、フリーレンジの卵を使った目玉焼き x 2 。 夫は鮮やかな卵の色が食欲をそそるスモークサーモンのエッグベニー。 美味しかったそうですよ。 そりゃそうでしょうね。 



a0110975_11382370.jpg



美味しい朝食で幸せな気分に浸った後は、車でドライブに出かけました。 
まずは閑静な住宅街に佇むクレイダーロック城へ。 バンクーバー島中部の石炭の大鉱脈を掘り当てたロバート・タンミュンス氏が1887年から2年かけて建てた邸宅です。 
きっとカサロマを小さくしたような所だろうなと外から見学。 



a0110975_12485157.jpg


道端に咲く花の、また可憐で可愛らしいこと。



a0110975_11475093.jpg



その後はビクトリアの高級住宅街オーク・ベイ・ビレッジを通り、オークビル・ベイ・マリーナへ。
目の前に広がるのはこの景色。



a0110975_12153622.jpg





a0110975_123166.jpg
 


たくさんの島々からなるバンクーバーアイランド。 その海のなんとも穏やかで静かなこと、今まで見たどの海とも異なります。 そして飛んでいく鴨や静かに沖へ向かうヨットのなんとも平和で自由に見えること。 こんな暮らしもあるのですね。


そうこうする内、マリーナからまたヨットが一隻。



a0110975_12404238.jpg
 




a0110975_12421986.jpg



静かな海を滑るようにして、沖へ出て行きました。

「ねぇ、将来はヨットを買ってここに住もうよ。」と、夫にあても無く言ってみました。
[PR]
by non_ca | 2010-06-16 11:14 | 旅行