平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カバン持ちさん夫妻と * ブッチャード ・ ガーデン

さて、ビクトリア旅行の続き になりますが・・・

ベンチに座っていつまでも眺めていたい様な景色でしたが、その後はお楽しみの約束があって、北へ車を走らせました。 着いたのはブッチャードガーデンです。


a0110975_1383178.jpg



こちらでカバン持ちさん夫妻と待ち合わせをしていました。 
数日前にお呼ばれしたお祝いの会でお会いしたお2人。 四季折々の庭の様子を時々ブログでも紹介されているカバン持ちさんと、美しい物が大好きで乙女の心をもつジョバンニさん。( 注* 美しいものには妻も含まれている模様です。笑 ) 今まで何度となくこのお庭を楽しまれているそう。 同じホテルで一泊してという楽しい案もありましたが、今回は忙しいスケジュールの合間を縫って、日帰りで合流してくださいました。
その話はカバンもちさんもブログで紹介されていますのでどうぞ。 ひと月以上前のことですけれど・・・ ププッ


ギフトショップで待ち合わせた後は、ジョバンニガイドを先頭にかの有名なお庭、サンクンガーデンから楽しみました。
ジョニーブッチャード氏と夫人の立案により、1904年に完成したこの庭の名前は、かつてセメント用の石灰岩採掘場として使用された、穴の空いたようになった土地の意=sink(sunken)に由来するそうです。  

a0110975_14533612.jpg




階段を降りて、ガーデン散策の開始~


a0110975_14554143.jpg



この日は5/8だったと記憶していますが、調度チューリップが盛りを迎えていました。


a0110975_1524374.jpg



可憐な花をさかせていたスズランと、忘れな草のブルーとの清楚で涼やかな組み合わせ。


a0110975_157751.jpg



赤いチューリップの向こうには、睡蓮の葉と気持ち良さげに泳ぐカモ。


a0110975_15113251.jpg



大輪のラッパ水仙や雛菊を見ていると、日本でバルコニーに沢山鉢植えを並べてガーデニングを楽しんでいた頃が懐かしく思い出されました。 毎年5月のこの頃には、イングリッシュローズの花のつき具合に一喜一憂し、冬の間の手入れを思い返しては、来年こそはもっと良い花を咲かせようと思っていたものです。 


a0110975_15143010.jpg



八重咲の桜も見ごろを迎えていました。


a0110975_15213782.jpg




a0110975_1526982.jpg



ジャパニーズ・ガーデンでは、見事に苔むした岩が実はセメントで作られたハリボテだと教えてもらい、先人の知恵に驚き、小川のせせらぎと久し振りに見るみずみずしいシダに日本の涼をもらいました。


a0110975_15305494.jpg




a0110975_1538513.jpg




綺麗な花々に夢中になって散策していると、お目当てのレストランが見えてきました。
ビクトリア旅行2日目にして2回目のアフタヌーンティー。 実は本日のお目当てはこちらでお2人とお喋りしつつ、アフタヌーンティーを楽しむことでした。


a0110975_15403124.jpg



バンクーバーの友人達に、夫がエンプレスでアフタヌーンティーをする予定だと話す度、実は皆さんからブッチャードガーデンの方がお奨めですよ。 と言われておりました。 笑  
ジョバンニさんが予約を入れておいてくれたので、程なくテーブルへ案内され、いよいよ待望のティータイムです。


a0110975_1551017.jpg




a0110975_15474456.jpg




感想はといいますと・・・、とっても良かったです。 
実はエンプレス、雰囲気とお値段はとても良かったのですが、パッと見ただけであまり美味しそう、食べたーいという物がありませんでした・・・。 
こちらはサンドイッチのプレートも充実、ケーキもポピーシードの入ったレモンケーキなど、素朴だけれど美味しい工夫のされた物ばかり。 詳細はカバン持ちさんのブログでご確認下さいね。
夫に 「どお?」 と聞いてみたところ、「 いい感じ 」とのこと。 かなり気に入った模様。 笑 
もし2つの内どちらかでアフタヌーンティーをと考えるなら、迷わずこちらをお奨めします。 エンプレスではシンプルにお茶を楽しんでも良いかも知れません。

こちらは入り口付近にあるサンルームの様な部屋。


a0110975_16123637.jpg




a0110975_16142338.jpg




美味しいアフタヌーンティーとお喋りを楽しんだ後は、次なる目的地へ。


a0110975_1673576.jpg



出口では、満開には一足早かったけれど、キングサリ=キバナフジがお見送りをしてくれました。


a0110975_22451626.jpg



これで完結したかったのですが、気付けば深夜3時を過ぎてしまいました。 ひゃぁー、 明日はお弁当作るのでした。

という事で続きはまた改めまして・・・おやすみなさい。


   
[PR]
by non_ca | 2010-06-17 02:30 | 旅行