平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

夫プロデュースで * 1日バンクーバー観光 

バンクーバー滞在9日目の6月27日。 この日は親しい友人のお知り合いのご夫婦が、バンクーバーにいらっしゃるというので、夫と2人1日バンクーバーを案内をすることになりました。 
いやいや、3年前には右も左もわからなかったバンクーバーなのに、ついにご案内役になるとは、私たち夫婦も成長したものです・・・。 笑 

さてその方たちはというと、3月に日本を発たれ、ただ今飛鳥Ⅱで世界一周旅行中。 ヨーロッパを回り、数日前にサンフランシスコで下船、飛行機に乗り換えカナディアンロッキーでバンフを観光し、前夜バンクーバーに入られました。 なんとも羨ましい! この日飛鳥Ⅱがバンクーバーに入港するので、今夜出航するまでの間、バンクーバーを1日観光し、出発前に船に戻るという計画です。

さて、小雨の降ったり止んだりの生憎のお天気のこの日、お2人をFairmont Hotel Vancouver でピックアップしたのは午前9時前。 


a0110975_045353.jpg



ラウンジでご挨拶を済ませた後は、まだ時間も早いのでスタンレーパークに向かいました。
バラード入江越しに望む、ガラスで覆われたコンドミニアム群とスタンレーパークの針葉樹のミスマッチな対比が美しいダウンタウンの景色。


a0110975_09335.jpg



ジョギングする人、サイクリングを楽しむ人もスタンレーパークの景色の1つです。


a0110975_016194.jpg



トーテムポールの広場や、ライオンゲートブリッジを見学し、


a0110975_0195954.jpg



その後はキツラノの可愛い家を車内から眺めつつ、UBC=ユニバーシティー・オブ・ブリティッシュ・コロンビアへ。 途中、マラソンに出くわしたので、カナディアンの生活風景もご紹介。

オリンピック期間中、ホッケーの試合で訪れたUBCですが、この日のお目当ては広い敷地内にある、UBC人類学博物館です。 カナダはまだ若い国なので、ヨーロッパやNYの博物館に比べるとROMなど見劣りしてしまうけれど、こちらのネイティブ・インディアン/ イヌイットのコレクションはかなり見ごたえがあるとか。 

先住民の建築様式、ポスト&ビームを取り入れたという博物館は、奥に行くほど天井が高く、突き当りは床から天井までが一面ガラスになっていて、針葉樹の木々を借景に作品群を観ることが出来ます。



a0110975_0461959.jpg
 


大きく存在感のある展示物が多く、かなり見ごたえあり。
トーテムポールの他、彫刻、儀式に使われた品々など、貴重なものが数多く収蔵され、ファーストネイションの人々のかつての暮らしぶりがうかがえます。 

a0110975_0561098.jpg



力強く、そして美しい展示物の数々は、今まで観た展示とは全くことなり見ごたえ十分。 カナダで観たアートミュージアム、博物館の中で一番印象的。 太鼓の音と共にこの衣装を着て踊る当時の人々の姿が、目に浮かぶようでした。


a0110975_185889.jpg


気づけば、この日私はガイドだったこともすっかり忘れ、すっかり見入っていました。 笑


a0110975_195080.jpg



a0110975_1213058.jpg



併設のKoener Eoropean Ceremics Galleryも小さいけれど、なかなか秀逸。


a0110975_1254183.jpg



その後はサウスバンクーバーの高台にある、クィーン・エリザベスパークへ。
霧雨にぬれるサンクンガーデンなどを見学し、ランチに向いました。


a0110975_1331794.jpg



公園内にある、Season In The Park は、1993年のバンクーバーサミットの際、当時のアメリカ大統領 ビル・クリントンとロシア大統領 エリツィンの会談が行われた、歴史的な場所。 


a0110975_1371756.jpg



テラスには大きな暖炉に火がくべられ、また室内からも天気が良ければダウンタウン越しに雪を冠った山々が見える、とても雰囲気のあるレストラン。


a0110975_1501126.jpg
 


a0110975_1483864.jpg



この日は週末とあって、ブランチを楽しむ人達で満席。 ご一緒した方達も、この雰囲気を気に入って下さったようで良かった。


ブランチを楽しんだ後は、グランビルアイランドへ移動。


a0110975_1534190.jpg



賑わうパブリック・マーケットでは、バンクーバーに暮らす人々の食生活に触れました。


a0110975_15452100.jpg



その後はダウンタウンへ戻り男性陣、女性陣に分かれショッピング。 なんでも、バンクーバーを発った後はアラスカ方面に向かい、日本へ帰るとのこと。  なので、バンクーバーが実質最後の買い物のチャンスなんだそうです。  日頃のバンクーバーでの散財が少し役にたった瞬間でした。 笑 


その後は、飛鳥の停泊していうるCanada Placeへ。


a0110975_27788.jpg
 


Pan Pacific Hotel の下にあるクルーズ船乗り場から、7時の出向に向け船へ戻られたお2人をお見送りし、お別れをしました。


a0110975_281366.jpg




このあと、外から飛鳥を見送ったのですが、長くなって来たので続きはまたにしまーす。
[PR]
by non_ca | 2010-07-13 10:10