平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ウィグル料理 * 西域食府レストラン

夕方の気温は30℃。
今日も真夏のような日差しと暑さのトロント。 気が付く度、日陰を求めて歩いていました。
a0110975_10114826.jpg



少し前の事ですが、グループで夕食を食べる機会がありました。 場所はSteeles Ave E、 トロントに暮す方なら必ず耳にした事があるはずのJtownの数ブロック先。 中華系のモールの中に入っている 西域食府レストラン 新疆風味。 新疆ウィグル地区の料理を出すお店です。 今回お店を選定したのは、わが家に度々美味しい情報を提供してくれる友人。 ウィグル料理という珍しさもあって夫について行って来ました。

いつもは車でDon Valley Pkwを使いあっという間に着いてしまうJtownですが、この日はメンバー的にかなりお酒の入りそうな気配があり、TTCを使うことにしました。 まずダウンタウンからFinchまで地下鉄に30分程乗り、そこから更にバスで25分ほどかかったでしょうか・・・。 いやはや遠いですねぇ・・・ トロントに来て1年と8ヶ月、長旅ではありましたが漸くJtownが何処にあるのか分りスッキリしました。 そして目指すお店はバス停で2つほど先にありました。

a0110975_10564242.jpg

西に面しているお店は窓にスクリーンを下ろしていて、外からは中の気配がうかがえません。 この辺りには中華系の大きなコミュ二ィティがあり、他にも中華系スーパーやモールがあります。 このモールに入っているお店も中華系ばかり、気が付けばサインも殆ど中国語。 お店の外に向けて張られたメニューの紹介文も英語の併記は無し、ここはカナダですが中国語が出来る前提です、 恐るべし中華パワー・・・ 

a0110975_117667.jpg


明るく、こざっぱりとした雰囲気の店内は既にほぼ満席。

a0110975_11144255.jpg


今日のメニューは幹事さんの友人にお任せ、出された物を頂くのみです。 基本のコースメニューが幾つかあるようですが、それに友人お奨めのお料理を幾つか追加したものです。
さぁ、ウィグル料理って一体どんな物なのでしょう。 
まず出されたのがきくらげの炒め煮。 唐辛子やにんにくが入っていてピリリ。 そして、マリネされた鶏の手羽の蒸し物、それから炊き込みご飯。 そして、甘酸っぱい白菜のお漬物。

a0110975_11262381.jpg


その他、チャーハンや水餃子、そしてラムの蒸し餃子。皮が厚めでモチモチです。

a0110975_1137768.jpg

この辺りからもの凄い勢いでお料理が出され、テーブルに並び切らないほどいっぱいに。 写真を撮っている場合では無くなりました。

美味しかったので撮ってみたダックの揚げ焼き。 香ばしいダックを塩コショウで頂きます。 うーん、皮がパリパリ。

a0110975_11401515.jpg

お魚の蒸し物。 ウィグルには海は無いからこれは川魚だろうか・・・とある人が、そんな事を言っている場合ではありません、とにかく食べてくださーい。 

a0110975_11471573.jpg

羊の串焼き、これが美味しい。 剣のような串の長さは40cm位、ウィグルというか、チベットの雰囲気ありますね。 
a0110975_1151342.jpg


中央奥に見えているのが、干し唐辛子を山のように使ったジャガイモやお肉の炒め物。 手打ちのきしめんに似た麺に絡めて頂きました。 これが一口目は不思議な位辛くないのだけれど、段々とシャープな辛味が口に広がって何ともお美味しいこと、ビールが進み、テーブルのピッチャーも次々空に・・・

a0110975_11531699.jpg

右奥に写っているのは、シーフードの春雨スープ。 シーフードの旨みとスープのコクを春雨がたっぷり吸い込んでいてこれまた美味しい。  その他、ゼンマイのスープ、チャーハン、焼きうどん風の炒め物やお汁粉に似たデザートなど等、当日数えてみた所、覚えているだけで15品以上・・・! 中華料理に比べると、油の使用量が少ないようで、サッパリした印象のチベット料理。 ピッチャーで5杯ほどビールもオーダーしましたが、割ってみれば一人40ドル(チップ込み)。 腹ペコな男子の多い集まりには良いかもしれません。

さてさて、帰りもやっぱりTTC。 郊外の薄暗いバス停で夜遅くにバスを待つのは少々勇気が要りますね。 


 
[PR]
by non_ca | 2009-06-24 21:55 | レストラン&カフェ