平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ザ・バンクーバーな観光と * 美味しいディナー

お昼の気温は17℃。
最高気温が20℃台を切り始めました。 5日振りのトロントは秋が一気に深まったようです。

バンクーバーステイの続きになりますが・・・
滞在2日目の日曜日は雲ひとつ無い青い空が広がりました。 

暮す様に滞在しているバンクーバー。 この地に長く暮す友人が多いので、いつもおんぶに抱っこな私。 おかげ様で、バンクーバーの美味しい所だけをかいつまんで楽しんでいます。 約2年の間に10回位は来ている筈なのに、実は所謂「観光らしい観光」をした事がありませんでした。  せっかくの秋の行楽日和の週末、ホテルやショッピングで時間を潰すのは勿体ないので、「ザ・バンクーバーな観光」をしてみる事にしました。 

向かった先はダウンタウンからHornby St.をずっと南西に下った、バラード・ブリッジの足元にある船着場。 ここにミニ・フェリーの桟橋があります。


a0110975_957893.jpg


そして、目指すのは対岸にあるGranville Island のパブリックマーケット。 有名な観光スポットですが、市民の台所としても人気の場所です。 ここは観光気分を盛り上げる為にも、バスではなくミニフェリーを選択しました。


a0110975_107383.jpg


空港からホテルへ向かう途中、いつも眺めている景色、実際来てみると対岸のグランビル・アイランドはすぐ目と鼻の先です。 ミニフェリー( アクアバス) に乗り込み、2ドルの乗船料を払っていると・・・ 対岸へ、はい、もう到着でーす。  5分乗っただろうか・・・ 乗っていないと思う。 
去っていくミニフェリーを見送りつつ、いざグランビル・アイランドに上陸ー! 


a0110975_10335811.jpg


見晴らしの良いデッキで、日光浴やランチを楽しむ人達。 
視線を左に向けると、先ほど渡って来たフェリー乗り場が対岸に見えます。


a0110975_1035563.jpg


自然光の差し込む明るいマーケット内。 
野菜や魚などに混じって、可愛いタルト屋さんも


a0110975_12111043.jpg


「TEA」と看板の架かった御茶屋さんでは、店員さんとお客さんが熱心なやり取りをしています。


a0110975_12173617.jpg


こちらはハーブ屋さん、壁にはハーブの入った瓶がズラリと並びます。


a0110975_12202785.jpg



マーケット内で昼食を調達して、デッキでランチタイムを楽しみました。
目の前にはバラード・ブリッジ、中央奥にはスタンレーパークの緑、そして奥にはイングリッシュ・ベイ越しにウエスト・バンクーバーを望みます。 この景色を見るだけでも、何だかバンクーバー観光をした気分になります。


a0110975_12324169.jpg



さて、食後はミニフェリーに乗りイエールタウンへ移動。 
暫し散策を楽しんだ後は、ダウンタウンにあるホテルへ急いで戻りました。 実は、この日、夫は別に食事の予定があり、それを知った優しいカバン持ちさん夫婦が、夕食のお相手をしてくれる事になっていました。 いつもありがとうございまーす。

ホテルでピックアップをして貰い、連れて行ってもらった先はフレンチ・ビストロ 「Les Faux Bourgeois」。 共通の友人J 子さんとお食事をされて以来、カバン持ちさんのブログに頻繁に登場するこのビストロ。 何処に行くのか知りませんでしたが、きっとお気に入りのこのお店・・・と、実は密かーに期待をしていました。 

店員さんとも顔なじみのお2人、一体どれだけ通っていらっしゃるのでしょうか・・・汗 
メインを決めて、前菜は3人でシェアする事になりました。 注文は勝手知ったるお2人にお任せ。


4種のサラミの盛り合わせ~ 添えられたアプリコットやフィグ、コルニッションと一緒に頂きます。 
中央の赤い器にはポークパテ。 パンに載せてパクリと頂くと、ワインと相性良し。 


a0110975_13233820.jpg



アルザススタイルのピザ。 カラメライズされた玉ねぎの甘さとフレッシュで軽いチーズが堪りません。 
写真を撮っている私達を待ちきれないジョバンニさん、お向かいでお食事開始~。 笑

a0110975_13243284.jpg



ジョバンニさんと私のメインのラムのブルギニョン。 少々お塩強めでしたが、色々な食感のラムを一皿の中で頂けて幸せ♪  紫キャベツのピクルスとマッシュドポテトが添えられ、ビストロな雰囲気です。 

a0110975_13245839.jpg



カバン持ちさんは好物のダック・コンフィー。 皮がパリリと焼き上げられていて、美味~。

a0110975_13252723.jpg


開店間もなくから満席状態の店内。新しいお店ですが、開店以来人気が続き、予約がなかなか取りにくいのだそう。  日が沈む頃にはキャンドルに灯りがともされ、カジュアルながらもとても寛いだ良い雰囲気です。

a0110975_1326012.jpg



デザートは注文せず、コーヒーを頂いてお店を後にしました。 

a0110975_13262752.jpg



一旦ホテル近くまで来て、そろそろお別れ・・・という所で、ある提案が。 で、向かった先はホテル付近かと思いきや・・・来た道を途中まで戻り、そこから更に車は違う方向へと進んでいきます。  

着いた先はLa Casa Gelato。 
やはり、ジェラート無くしてこの方達は語れません。 
このお店、なんと常時218種類のアイスをおいているんですって。 それも自社工場で作っているというから驚き・・・。 写真はカバン持ちさんのスプモーニ、ジョバンニさんはブルーチーズ。 私は、ジョバンニさんにドリアンを勧められたけれど、丁重にお断りしてイチジク&アーモンド を頂きました。 しかし、これだけ選択肢があるのは凄い!  美味しかったぁ・・・。

a0110975_13271083.jpg
 


あぁー、それにしてもなんて充実の1日。 やる気になれば1人でも観光は楽しめる物ですねぇ・・・笑 


カバン持ちさん、ジョバンニさん、美味しいお食事をご馳走様でした。 お喋りにも花が咲きとっても楽しい夜になりました。 お腹も気持ちも大満足ー!
 
[PR]
by non_ca | 2009-10-08 07:02 | お出かけ