平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Splendidoで * クリスマス・ディナー

お昼の気温は15℃。  これが1月とは信じられない春のようなお天気です。

今日のフライトでトロントに戻る予定でしたが、予定を延期することになり、もう暫く日本にいる事になりそうです。  
トロントにいる夫の食生活が気になって、電話で話すと「今日は何食べたの?」と聞いていた私ですが、友人達に食事に誘って貰ったり、お惣菜を買って来たり、はたまた自分でお肉やお魚を焼いたりと、普段料理は私にお任せな人なのになかなか頑張って暮らしている模様…。 感心、感心、もう少しがんばってね~。


a0110975_20141956.jpg



日本に一時帰国する直前に、そんな夫と早目のクリスマスディナーにと出掛けました。
向ったのはSpadina X Harbord St 近くにあるイタリアンレストラン Splendido。 複数のグルメな友人知人が推薦するお店です。


a0110975_2154693.jpg



店内は道路沿いの窓に面してバー、その奥にレストランスペースがあります。 この日は6:30からと早めの予約でしたが、既に何組か食事をしている方達が居ました。   
テーブルからバースペースをパチリ。 店内はほど良くコンテンポラリーな雰囲気が漂う大人の空間。  
 

a0110975_21144890.jpg



まずはテーブル担当のスタッフにメニューを相談し、写真はありませんが Oysters 3 Bays 3 Ways, 6 oysters とワインをペアリングして貰い注文。 3種類のソースの内1つはムース状のふわふわのキュウリとワサビのソースを乗せたもの。 カキの旨みを引き立てて爽やか~。  どれもオイスター好きには堪らない美味しさ。

ぺろりと3ピースづつ平らげた後、私はフォアグラのパテとブリオッシュを注文。 夫は前菜の盛り合わせ Chef’s Daily Selection Charcuterieを注文。 手前中央の白い物はプロシュート。 ごく薄のプロシュートの脂身は旨みが凄い。 その他ボアのサラミやフォアグラのパテやリエットなど等・・・似たような盛り合わせを食べた事はあるけれど、このお店の物はどれも極上な味わい。

a0110975_2130286.jpg


夫が前菜盛り合わせにペアリングして貰ったワインは 2002年の Vin Santo del Chianti。 琥珀色のとろりとした甘めのワインとフォアグラの相性が抜群。 

a0110975_2213299.jpg



さて、夫と私の案ではこの後メインになる予定でしたが、注文の際、担当のスタッフから魅惑的なメニューの紹介が・・・・ 「本日のパスタのスペシャリテはトリュフのパッパルデッレでございます」

秋から冬の間に一度は食べたいトリュフ、手打ちのパッパルデッレと一緒と聞けばやはり注文せずには居られないので夫とシェアする事に。 
たっぷりのトリュフと芳しいアロマに幸せ~。 


a0110975_22262820.jpg



メインは Wood Burning Grill Menu For 2 から Pastured Veal Chop のレモンニョッキ添えを注文。
写真では良く分かりませんが、お肉の厚みはゆうに5cmはあります 。  その存在感にお隣のカップルも目が釘図け・・・「ボナペティー!」と声を掛けられました。 笑 

外はクリスピー中はロゼ色の完璧な焼き加減。 今まで頂いた仔牛のグリルの中で1番、2番の美味しさでした。 

a0110975_2246115.jpg
 


さて、お腹はもういっぱいだけれど、もう少し美味しいお料理と楽しい時間の余韻に浸りたくて、ソルベを注文してシェアしました。

a0110975_22583684.jpg
 


スタッフの対応はとても丁寧だけれど、ほどほどにフレンドリーで好感度高し。 ちょっとおめかしして出掛ける価値のある大人のファインダイニングだけれど、肩肘張った感じは無し。  私のトロント・ファインダイニング・レイティングの中では今のところコチラが1番♪ 

a0110975_2337338.jpg
 

美味しいお料理を頂くたび、夫と「OOさんがトロントにいらしたら是非お連れしましょう!」と盛りあがりました。
因みにその方達とは、バンクーバーの食いしん坊、カバン持ちさんご夫妻、食通でアート通のバンクーバーの魯山人さま、ワイン通のNさま、NYCのYさんご夫妻、そして飲むのも食べるのも大好きな私の日本の友人達。 


いつか実現したら良いなぁ、と思いつつコンドに戻ってみると・・・・
綺麗に飾られたロビーのクリスマスツリーの下には、数日前までは無かった袋が沢山並べられていました。 


a0110975_2340177.jpg

クリスマスシーズンになると、コンシェルジュを始めとする1人1人のスタッフの名前とメッセージのかかれた、住人からのプレゼントの袋が所狭しと並びます。 細長い袋の中身はワインやシャンパン。 私の書いたカードもフロントデスク前に飾られていました。

Oさーん、お勧めのお店やっぱりとても良かったです。 美味しい情報をありがとうございました。 また新しい情報がありましたら是非教えて下さいね!
[PR]
by non_ca | 2010-01-20 23:39 | レストラン&カフェ