平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日本( 9 )

back in Toronto!

お昼の気温は19℃。 ウソのように暖かです。


ご無沙汰しています。
先週末に父の四十九日法要があり、一時帰国していました。 日本には正味1週間程の短い滞在でしたが、思いのほか忙しく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。 それでも、今回は最後の夜を友人達と過ごすべく東京へ移動。 美味しい物を頂きつつ、楽しい時間を過ごしました。


成田空港には余裕の3時間前に到着。 
トロントに持ち帰るべくお取り寄せした物の中で、支払いの済んでいない振込みの事をふと思い出し、慌てて第一ターミナル内のローソンへ。 「コンビニさまさま」日本は便利です。 笑

トロントに越すまで乗った事のなかったエアカナダですが、最近ではすっかり「エアカナダっ子」な私。 成田空港でエアカナダの制服に身を包んだクルーを見かけるだけで、親しみすら感じます。 不思議なものですね・・・。  

クロネコさんのカウンターで、実家から先に送っておいた荷物を受け取り、手荷物と軽く詰め替え・・・。 初めはドキドキだった「空港の片隅で荷物の詰め替え作業」ももう堂に入ったものです、ベンチも使って要領よく進めます。 周りの視線など一切気になりません。 え、これって年を取っただけ・・・?! 「手荷物良ーし♪」とバックの中身を確認した後は荷物をチェックイン。 いつも通りTSUTAYAで本や雑誌を物色し、重たいからどうしようかなぁ・・・と迷いつつ、免税店でお留守番の夫に「黒霧島」を買い込んで、ラウンジで幾つかメールを入れたら、もう出発20分前!  2月にトロントに戻った際は15分前になってしまい呼び出された前科あり。  今日はまだ搭乗中の方が沢山いましたが、やっぱり最後はバタバタになってしまいました。

座席に着いてほっと一息。 

 
a0110975_1551948.jpg



今度来るのはいつかなぁ・・・などと考えている間に飛行機は離陸。





海岸線へ出たところで進路をを北へ変更。 茜色にそまる西の空と海岸線の白い波打ち際、蛇行して流れ太平洋に注ぐ川を眺めつつ、「また来るからね」と心の中でつぶやきます。


a0110975_15332331.jpg



この日は穏やかなお天気で、間もなく雲の上に出ました。


a0110975_153812.jpg


食後は、行きに見終わらなかった映画を一本。 その後はぐっすり眠りました。

計算ではあと1時間は眠れるはずだったのに、「マダーム」とお絞りを手渡され起床。 寝ぼけ眼のうえ、寝癖でボサボサ頭のマダムです・・・。 笑 時計が壊れたのかなと何度も見るけれど、どうもそうでもない様子。 着陸少し前に気付きましたが、この日曜夜からサマータイムが始まったんですね。
眼下には湖、そして抜けるように青い空。 そうそう、見慣れたカナダの空です。


a0110975_15415192.jpg



ゆっくり朝食を済ませ、身づくろいを軽く済ませたら、あっというまに着陸体制になりました。

窓から見えるオンタリオ湖。 そしてその手前にはCNタワーとダウンタウン。 


a0110975_15482178.jpg


着陸後には、この日をもって定年退職するクルーが紹介され、客席から温かい拍手が沸き起こりました。
日本のエアラインのサービスも素晴らしいけれど、エアカナダのこんなパーソナルタッチなところが好きです。


「お土産買ったから迎えに来てね。」とラウンジからメールを入れたのが効いたのか、夫が空港まで迎えに来てくれました。


フロントガラス越しにダウンタウンが見えてきたら、わが家ももうすぐ。


a0110975_15533281.jpg



秋以来、気付けば10日以上連続で家にいたことが無く・・・。 今度こそしばらくトロントでゆっくりしたいものです。

トロントも良い季節になってきました。
[PR]
by non_ca | 2010-03-18 23:45 | 日本

Brunch @ The French Kitchen

昨日の気温は14℃。 
車の中ではエアコンをつけないと暑くて居られない様な陽気でした。

昨日車の中から見たCNタワー 
この陽気に誘われてか、ジョギングする人、自転車に乗っている人、ローラーブレードをする人があちこちに。 皆それぞれにトロントの春を楽しんでいるように見えました。
a0110975_99409.jpg
  


東京滞在中、もう1つ楽しい時間がありました。 トロントに越してくる際、最もお世話になったOさん、この日はランチをご一緒していただく事になりました。 
素敵な有閑マダムOさん、好奇心旺盛で行動的、優しくていつもお世話になりっぱなしで恐縮しています。 お会いする度、きちんとしたオシャレをしていらっしゃる方なので、何処が良いかな・・・と考えた末、六本木ヒルズのGrand Hyatt Tokyo内に在る " The French Kitchen " でお会いする事にしました。
ホテルの2階に位置するこのレストランには、緑の植栽の豊かなテラス席があり、ランチに、ちょっと時間を潰したい時に、人混みから離れてゆったりと時間を過ごせる所が気に入っています。 

ところが大誤算・・・ 平日はお手軽なランチメニューや単品も豊富なのですが、週末と祝日のお昼前後は、グラスシャンパン+バッフェスタイルの前菜とデザート+プリフィクスのメインのコースのみとの事・・・。 東京の中でも外国人の比率の高い場所柄だからでしょうか、ブランチと思われます。  日当たりの良いコーナーには外国人3ファミリー位が大きなテーブルでお食事中、楽しそうです。 ホテル内の他のレストランも考えましたが、Oさんが思いの外雰囲気を気に入って下さったので、こちらでブランチを頂く事になりなりました。

レストラン奥のオープンキッチンから出される料理は、どれも手が込んでいて美味しそうです。 キッチンの活気も感じられて、なかなか良い雰囲気。
ローストビーフやスモークサーモン、各種マリネやサラダが所狭しと並びます。 好みのオムレツを目の前で焼いてくれる他、パンケーキもお好みで焼き立てを頂けます。 

a0110975_10551355.jpg

写真左奥に見えるカップはコーヒーでは無く、コンソメスープ。 ホテルで丁寧に作られたコンソメは美味しくて大好き。
写真を撮り忘れましたが、二皿目はチーズ数種類やテリーヌ等を頂きました。 美味しそうな物ばかりで目移りしてしまいます。

メインは 塩漬けされた豚をブレイズドした物、リークなどの温野菜がスープと添えられています。
上にはサワークリームが載せられていますが、脂肪分が低いのでしょうか、あっさりとしていました。

a0110975_1114577.jpg


デザート  日本のスイーツは本当に繊細で美味しいですね。
ワインのジュレ、プチシュー、フランボワーズのケーキ、そして大好きな焼き菓子カヌレ。

a0110975_11231284.jpg

このカヌレは外はカリカリ、中はかなりしっとり・・・とっても美味でした。
チョコレートの噴水でフォンデューも出来るので、子供たちは楽しそう。
その他にも食べたい物が沢山ありましたが、美味しいお料理やパンで既にお腹が一杯。 残念~

あれこれお話は尽きず、気付けばあっという間に2時間半近く経過。 楽しい時間はいつもあっという間に過ぎてしまいます。 お名残惜しいのですが、その後の予定もありお別れをする事になりました。 

Oさん、色々とお気遣いありがとうございました。 また夏のトロントでお会い出来るのを楽しみにしています。
[PR]
by non_ca | 2009-03-29 19:29 | 日本
a0110975_891285.jpg 今日お昼の気温は12℃位まで上がりました。 

今日は日本のお土産を友人に渡しがてら、お昼休みに彼女のオフィス近くで一緒にランチをする事になりました。 
あれこれ近況報告をし合って、あっという間にお昼休みの時間は終了。 その後は今日こそ時差ボケを解消しようと、イートンセンターをブラブラしました。 
外に出てみると、旧市庁舎のカナダ国旗は、風が無いのでちょっと元気が無いみたい・・・  
春の日差しの穏やかな、過ごし易い一日でした。 
    


さて、ここからは昨日の続きになります。

度々さりげなく声を掛けて下さる野崎さん。 お話しする内、実はもう一品出して頂いた物がありました。
賄いでしょうか・・・ トロや平目が軽くネギ醤油で漬けにされています。 そして、もう1つ豆皿にもお刺身とお醤油。 味を比べてみて下さい、との事。

a0110975_9352419.jpg

写真の漬けは3年寝かし熟成されたお醤油、豆皿の方は一般的な美味しいお醤油です。 確かに寝かせた物はまろやかで、深い味わいがします。 一方、豆皿の方も美味しいのですが、さっぱりしてより塩分を感じます。 
この様に熟成された調味料(味噌など)には既に天然のだしが入っていて、素材から出る旨みとそれだけで (特別な出汁や調味料を使わなくても) 十分に美味しいんですよ、との事。 なるほど… 

10年ほど前、故高円宮様の依頼でカナダのアルバータ州でお仕事をされた事があるという野崎さん。 カウンター越しにあれこれと話が弾み、気付けば1時間近く私達のお相手をして下さったでしょうか・・・  もう他のお客様はいらっしゃらなくなりました。

そして食事が終わる頃、お醤油1本と昨年出版されたご自身のレシピ本2冊をプレゼントして下さいました。 

a0110975_9312356.jpga0110975_9314547.jpg
 

本には私達の苗字と野崎さんのサイン入り! そういえば、先ほど" 失礼ですがお名前は?" なんて聞かれましたねぇ・・・ そんな事とは知らず、夫は名刺を渡して自己紹介。

a0110975_10544374.jpg

1冊は "「分とく山」の切り身で魚料理 " というタイトル、身近なお魚だけを使っています。 " トロントではどんなお魚が手に入るんですか?" なんて質問もありました・・・・ 汗  
予想もしないサプライズに二人ともビックリ・・・。 

a0110975_10555284.jpg


海外暮らしで不自由を感じても、ちょっとした工夫やアイデアで、美味しく楽しめる和食が沢山あるんですよ、とエールを頂いたような気持ちになりました。

料理人野崎さんの存在を知ったのは、もう十数年前の事。 今ではTVや雑誌で頻繁にお見かけします。 忙しくてお店にはあまりいらっしゃらないのかと思いましたが、TV等の仕事が入った日にも、必ず毎晩 "分とく山" の厨房に立たれるそうです。 そして、毎晩この店の味を楽しみにいらっしゃるお客様と、この様にカウンター越しに交流を持たれるんでしょうね・・・。 普通の感覚を持ち続けるって、簡単な様でとても難しい事だと思います、凄い方です。 
最後はタクシーに乗り込むまで、皆さんでお見送りをして下さいました。

分とく山、和食に対する愛情とおもてなしの心が沢山詰まった素敵なお店でした。 
また伺います。      
 
a0110975_1140104.jpg 
醤油 大吟醸 割烹
蔵元 小田屋 
〒307-0001 結城市結城118
電話:0296-33-3308 FAX:0296-33-3308


a0110975_1142738.jpg
「分とく山」の切り身で魚料理  世界文化社 別冊家庭画報

和食育 二十四節気      光文社
[PR]
by non_ca | 2009-03-27 20:32 | 日本
夕方の気温は10℃。
日が長くなり、7時近くでも外が明るい季節になりました。 温かくなるにつれ、これからは夕方の楽しみも増えそうです。オレンジ色に染まる空を眺めながらワクワクしてます。


今日は日本滞在最終日の夜伺った、西麻布にある "分とく山" ( わけとくやま)です。
当初はホテルから近い" 銀座大野 "を予定するも祝日でお休み、趣向を変えて " 鳥よし 西麻布店"に向かった所1本道を間違えて発見できず、もしやと思って明かりの漏れるお店を覗いたところ、そこが一度伺ってみたかったお店 " 分とく山"でした。 後で調べたところ、鳥よしは銀座店もあり、この夜は何かに導かれるように" 分とく山" に伺った様な気がします。

数年前に現在の場所に移されたというお店は、2階建ての母屋と離れからなります。 1階部分には7,8名が座れるカウンターとテーブルが2つ。 お店の隅々まで目が届く作りになっています。 時間は既に9時近く、店内はカウンターの2席を残して満席、 幸運でした。

勿論、事前にリサーチも無く飛び込んでしまった夫と私。 メニューも見当たらず、注文を聞かれる様子も無い事から " おまかせ " と悟りました・・・   もうここは開き直って、美味しいお食事と雰囲気を楽しむのみです。

一品目   
若竹煮。 筍の下にはサザエ、山椒の葉が爽やかな香りを添え、美味しいお出汁が最後まで熱々で頂けます。
a0110975_13161794.jpg


2品目   
空豆に桜の生麩、菜の花に穴子の煮こごり、お花見を連想させるような一皿です。 右端には蝶の形に抜かれたさつま芋のクルミ味噌がけ
a0110975_1383387.jpg


3品目   
車えびとワラビ、しんじょの春らしいお吸い物 椀を口元へ運ぶ度なんとも良いお出汁の香りがします。
a0110975_13145713.jpg


4品目
刺身の盛り合わせ 平目、ウニ、マグロ赤身、トロ  ウニは天盛りにされ贅沢。 
a0110975_13311581.jpg


5品目
鮑の磯焼き  胆を使ったソースで和えられた大ーきなアワビ、磯の香りがしてとーっても柔らか
a0110975_13354625.jpg
a0110975_1336103.jpg


6品目
ホタルイカの沖漬け、鱒の木の芽焼き、蛸の柔らか煮、山菜のえごま和え、イカの鳴門巻き、左上の一品が思い出せません・・・  隣で夫は冷酒が進んでいる模様。
a0110975_1341240.jpg


7品
すっぽんとフカヒレの土瓶蒸  あっさりしたスープなのにもう止まりません・・・ 誰か~
a0110975_1345684.jpg


8品目
土鍋で炊かれたご飯  ほんのり桜色のご飯からはフンワリ桜餅の香り、刻まれた桜の葉の塩漬けが入っています。 その上にはたっぷりのシラスと蕗。 優しいお味に彩りです。
a0110975_13482480.jpg


そして、この手の主は・・・
a0110975_13515535.jpg

いわずと知れた、ご主人の野崎さん、気さくで笑顔がとても素敵な方です。 
今更ながら、こんな事させて良かったのでしょうか・・・?!
野崎さん自らご飯をよそって下さいました。
a0110975_13552767.jpg

土鍋ならでは、香ばしいおこげも頂きました。
a0110975_13571049.jpg


9品目?10品目?はデザート 奥はさつま芋の寒天寄せ抹茶ソース、石垣苺が入っています。 手前は何だったかな・・・ とても美味しい和の雰囲気を壊さないデザートでした。 
a0110975_144254.jpg


旬の食材を生かした美味しいお料理と、おもてなしの心で満たされた分とく山、とても贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

岸朝子さんが以前、分とく山について書かれた物に " 海外から帰国すると、成田から直行するお客が多いのも納得 " という件がありました。 成田から海外に向かう前にも是非、是非、伺いたいお店です。

この後サプライズで野崎さんからプレゼントを頂いたのですが、その話はまた明日にしたいと思います。

分とく山
電話: 03-5789-3838
住所: 東京都港区南麻布5-1-5
営業時間:17:00~23:00 (L.O)21:00
休日:日曜日
[PR]
by non_ca | 2009-03-26 23:16 | 日本

ガールズナイト@ 九ツ井

今日のトロントの気温は+5℃。
朝は晴れていましたが、夕方になって雨が降り出しました。 
日本に帰って改めて気付きましたが、トロントやっぱりかなり乾燥しています! 最近ずーっと快晴が続いたので、髪も乾燥気味・・・ この辺りで雨が降るのも良いかもしれません。


さて、中断していた日本滞在。 19日午後新幹線で名古屋から東京に向かいました。  
その日の夜には、気が置けない友人3人(以前の記事はコチラ)との楽しい集まりがありました。 話題は毎回色々ですが、美味しい物を食べながら、沢山喋って、沢山笑って・・・ いつもとてもとても楽しい会です。

集まったのは、二子玉川の高島屋にある九ツ井(ここのついど)、美味しいお料理やお酒を頂いて、最後は手打ち蕎麦で締める事の出来るお店です。 

a0110975_13263697.jpg

入り口付近はギャラリーのようになっていて、焼き物を購入する事も出来ます。

a0110975_13272054.jpg

ビルの地下とは思えないような店内、古民家をそのまま移築したようなお座敷もあります。 民芸テイストを取り入れながらもモダンな作りになっていて、とても居心地の良い素敵な空間です。

まずは乾杯、乾杯。 3人はビールを注文、そして私が乾杯の為に頼んだのは・・・
a0110975_121926.jpg

熊野の完熟みかんストレート みかんジュース大好き♪ 
 
さて、メニューを拝見、まずは今日のオススメから
白子の天ぷら、白子蒸し、白子の茶碗蒸し・・・ お刺身にはあいなめまであります。  あぁ、これは目の毒です・・・  
a0110975_1153386.jpg


鰹のたたき  薬味は大根おろし、大葉、茗荷の千切り。 春のかつおはさっぱり、脂の載ったかつおとはまた違った味わいです。  

a0110975_1283573.jpg


白魚と桜海老のかき揚げ、地どりのサラダ、季節の前菜の盛り合わせなどを注文

a0110975_1221143.jpg
 
左奥は若竹の木の芽田楽、海老はからすみをしょっています。

a0110975_12205290.jpg
 
小魚の一夜干しのこんろ焼きを注文。 干物にはやっぱり日本酒ですか?

a0110975_12501287.jpga0110975_12504013.jpg

炭火でじーっくり焼き上げます  ほらほら、いい具合に焼けてきました。

a0110975_12534058.jpg


その他、だし巻き卵やお漬物を注文  今日の締めもお蕎麦に決まりです。
a0110975_12402226.jpg


6:30に始まって、4時間半笑い続けていたせいでしょうか、帰りの電車ではしばし放心状態でした・・・。  

この会の前日に、1人の友人がすっぽん鍋を食べに行った話を夫にすると、" 次回はすっぽん鍋の会にして欲しい " とうちのだんな様からのリクエスト。 特にお誘いした覚えはありませんが、どうなんでしょう・・・
今回もまた、楽しい時間をありがとうございました。 
a0110975_13122336.jpg

[PR]
by non_ca | 2009-03-25 20:02 | 日本

Lunch @ chez TOMO

朝の気温は2℃。 今日も晴れて良いお天気でした。


今週は睡魔と格闘です。
日本では予定が一杯で、時差を気にする暇もありませんが、帰ってきてからが大問題。 トロントのお昼12時は日本の深夜1時。 お昼を過ぎた頃から決まってやってくる睡魔さん、甘いお誘いに乗って横になれば気付いた時にはもう夕食の時間!なんて事も起こります。 そうなると何時になっても時差が抜けないので、なんとか抵抗してみます。 今日はソファーに座って読書、読書、していた筈が気付けば夕方4:30でした…。 座ったまま3時間ぐっすり眠っていたようです。 あぁ、さよならするにはまだ時間が掛かりそうですね。

今日は18日(水)に友人とランチに出掛けた、名古屋白壁に有るレストラン " chez TOMO ” です。
a0110975_1115247.jpg

シェフのおじい様が建てられた家に、取り壊し話が持ち上がった際、この地でレストランを始められる事を決められたそうです。 素敵なエピソードですね。

a0110975_11173443.jpg

昭和20年代に建てられたという建物、古民家と言うにはまだ新しく、そこここに昭和の香りが一杯します。 床の間に飾られた季節の花 どうだんツツジ、桜、かきつばた、足元には貝母百合。 日本の春がいけられています。

ランチのコースを注文しました。
前菜はサーモンマリネ 春野菜の農園風
a0110975_11195170.jpg

彩りも盛り付けも繊細で綺麗です。

本日の魚料理
a0110975_11263141.jpg

魚の種類が思い出せません・・・ 何でしょう? 黒むつ?! 下に敷いてあるのは春キャベツかと思いきや、芽キャベツ。 甘くて味が濃くて美味しかったです。

続いて、三河地鶏 胸肉の香草パン粉焼き
a0110975_11304811.jpg

地鶏となっていますが、ブレイズドされてしっとり、とても柔らかく仕上がっています。 ブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせて作られた" サンゴブロッコリー "、手前に添えられたソースはゆで卵を使ってミモザ風。 お皿の中にも春が一杯です。

デザートはフランボワーズのクリームブリュレ、牛乳のアイスクリーム添え
a0110975_11411628.jpg

口解けのよいアイスにはパラパラと挽き立てのブラックペッパー。 

庭にはこれから花が咲くであろう木が一杯、ポカポカ陽気の中、久しぶりに会う友人達と楽しいひと時を過ごしました。


さて、名古屋の美味しい物をもう少しご紹介。
大口屋の「餡麩三喜羅」(あんぷ・さんきら)、正確には名古屋ではなく近郊の犬山市に本店があります。 

a0110975_1203760.jpg


甘さ控えめの漉し餡を入れた生麩のお饅頭を、山帰来(さんきらい)の塩漬けされた葉で包んでいます。 とっても美味しいんですよ。 今回も長旅の末到着した中部国際空港で、出発ロビーにお店がある事を思い出し、1人到着ロビーから取って返して買って来ました。 美味しい物の為なら全く苦になりません。 笑

a0110975_122567.jpg


もう1つ、夫が東京でお土産に頂いた、何やら見覚えのある素敵な風呂敷包み。

a0110975_1218316.jpg

美味しい味噌煮込みうどん等のお店 " 芝安" です。 どうやら銀座三越まで買いに走って下さった模様、ありがとうございます。

まだまだ寒さのぶり返しそうなトロントの早春、寒い日に卵をぽっとり落として、熱々を頂きたいと思います。 
[PR]
by non_ca | 2009-03-23 22:01 | 日本
今日のトロントは晴れて穏やかな良いお天気。

昨晩は時差ぼけで、夜が更けるほどに目がさえてしまいました。 眠りに就いたのは朝4時近く、 そして目が覚めたのはお昼の12時・・・ 日本滞在は1日短くなりましたが、土曜に帰って来て大正解でした。


一時帰国の時にはいつもWish List が一杯で、本当に困ってしまいます。 
日本を離れて、改めて人と人との繋がりの大切さやありがたさを実感するこの頃。 そういう時は大切な友人や、お世話になっている方との予定を中心にスケジュールを決めています。  今回は思いの他沢山の方とお会いして、短いながらも充実した時間を過ごす事が出来ました。 もちろんお話をしながら美味しい物も沢山頂きましたよ。

今日は3/16に名古屋で食べた美味しいうなぎのお店です。 
名古屋の美味しい物と言えば、まず出て来るのが "ひつまぶし"。  
今回お邪魔したのは " なまずや" さん、ご一緒した方のお奨めのお店で、初めて伺いました。
a0110975_14104528.jpg


ひつまぶしの前に頂いたのが、うなぎの肝焼き。

a0110975_14113953.jpg

フォトジェニックではありませんが、ぷりぷりの鰻の肝が炭でいい具合に焼かれて、香ばしく仕上がっています。 今まで食べた中では群を抜く美味しさです。

続いて出てきたのは、もちろん" ひつまぶし " 肝吸いが付いています。
a0110975_14124678.jpg


主役のうなぎはふっくらといい感じに仕上がっています。 なんとも美味しそう。
ひつまぶしのうなぎは、混ぜ易い様に細かく刻んであるのが特徴です。
a0110975_14134368.jpg


一般的にひつまぶしの正しい食べ方として、
・ 1杯目はそのままお茶碗によそって、
・ 2杯目はわさび、刻み海苔、ねぎの3種の薬味を載せて、
・ 3杯目は薬味におだしをかけてお茶漬けにして頂きます。

a0110975_14151353.jpg

・・・というのがありますが、私は2杯目の薬味とうなぎで食べるのが一番好き。 1杯目も2杯目も、2,5杯目も薬味を載せて楽しみます。 わさびとねぎと鰻の相性が抜群で、何杯でも食べれてしまう美味しさです。

a0110975_1418742.jpg

そして最後の2口3口をお茶漬けでサラサラ頂くのが私流です。   

濃く見えるタレも甘さ控えめで、好みです。 今度はう巻きや白焼きも試してみたいな・・・。 これからはなまずやさんに決めました。


さて、その夜は木曽路でしゃぶしゃぶを頂きました。

細かくさしの入ったお肉は日本ならではですね。 お腹が減っていない筈の私も、美しくお皿に盛られたお肉に目が釘付けです。

a0110975_1418163.jpg


お野菜やお豆腐もたっぷり
a0110975_14185428.jpg


お肉からか、お野菜から始めるか・・・ お決まりの打ち合わせの後、やはりお肉からスタートします。 お肉はやっぱり胡麻ダレですよね?!

a0110975_14212549.jpg

締めは手打ち風きしめんを、お出汁の出たスープで頂きました。

美味しいしゃぶしゃぶ、ご馳走様でした。
a0110975_14222555.jpg

[PR]
by non_ca | 2009-03-23 01:27 | 日本

日本滞在*最終日の夜*

今、夜の11時を少し過ぎた所です。 先ほど食事から戻りました。

明日の午前中には成田から帰国の途につきます。 1週間、長かったようで、終わってみれば本当にあっという間でした。 

帰国前最後の夕食と言う事で、今日は朝から夫と何を食べたいか、あれこれ相談しました。 結局美味しい焼き鳥を食べようという事になり、西麻布にある焼とりのお店 "鳥よし" にタクシーで向かう事になりました。 が、近くまで来ている筈なのにお店が見つからず、とりあえず車を降りました。 すぐ前方にあったお店に行って見ると、そこは以前から行ってみたかった "分けとく山" 。 お店からお見送りに出ていらした方は、なんとご主人の野崎氏でした。  と言う事で、すっかり "焼き鳥モード" だったのにもかかわらず、女心となんとやら・・・・ 分けとく山でお食事をして参りました。 
飛び込みで入店出来ただけでもラッキーでしたが、野崎さんとカウンター越しにお話がはずみ、 3年寝かしたという特製のお醤油1本、サイン入りのレシピ本2冊をプレゼントして頂いてしまいました。 感激です… 涙 
お食事はウワサ通りとても美味しかったです。 お料理についてはトロントに戻ったらUPしたいと思います。

では、そろそろパッキングを始めます。 
[PR]
by non_ca | 2009-03-20 22:54 | 日本

ただ今東京です

今日も晴れて良い天気です。

名古屋では観測史上3番目の早さで、今日桜の開花が宣言されました。

さて、12:40ののぞみに乗って東京に移動致しました。
東京の気温は21℃。 正直暑いです・・・・
ホテルの窓からパチリ  正面から左に見えるのは皇居です。

a0110975_15584673.jpg

日曜日はこの周辺は東京マラソンのコースになるそうです。 

今晩は二子玉川で女友達3人とお食事の予定です。 内二人は昨年トロントへも遊びに来てくれました。 思いやりがあって、優しくて、面倒見が良くて、行動的でさっぱり。 そんな彼女達にはいつも良い刺激やパワーを貰っています。 それぞれ忙しい家庭や夫を持っていますが、私が東京を訪れる度集まってくれる彼女達、本当に感謝しています、 いつもありがとう。  今夜も美味しい食事にお喋りに、盛り上がりそう。 
そんな彼女達へのお土産はこちら
a0110975_1622582.jpg


Whole Foods のエコバックです。 リサイクルされたペットボトルを原料にしているそうで、"I use to be a plastic bottle " と言うメッセージが可愛いくて、私もトロントで愛用中。 マチが大きいので結構物が入って便利です。

が、その前に玉川高島屋で、最後の買出しをしなくては~ 和洋菓子の材料や乾物の品揃えが豊富な富沢商店さんに寄って、無くした折り畳み傘をThe Ginza購入予定、同じ色がありますように~。

では、そろそろ出掛けてきます。
[PR]
by non_ca | 2009-03-19 15:22 | 日本