平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:レストラン&カフェ( 91 )

東と西の * お気に入り

義理母滞在中の話は後回しにして、ちょっと最近の話に戻ります。

この土曜日のこと。 朝 ワールドカップの日本Xオランダ戦をTV観戦したあとは、友人 Mさんを誘って、夫と3人ちょっと早めのブランチに。  友人と私は数日前にも会ったばかりだけれど、夫と3人で会うのは久しぶり、とても楽しみに出掛けました。

G20とG8を控えたトロントダウンタウンエリアは、各種のデモも予定されているためか、あちこちに高ーいフェンスが出現しています。 おまわりさんも尋常では無い数、自転車隊に騎馬隊に徒歩のグループにと、カナダの各地からトロントに大集結。

日本領事館のあるビルの辺りもこの通り、しっかりとしたコンクリー土台のフェンスが道路を2つに分けています。 ひとつはサミット関係車両専用レーンになるようですね。 芝生でくつろぐ名物の牛の群れ (像) も別の場所にお引っ越し中。


a0110975_160748.jpg


まだサミット開催まで1週間あるこの日も、南北にダウンタウンを走るヨークも南側からは通行止め、ユニバーシティーも通行止めと友人を迎えに行くにもかなり大回りをしなくてはいけない始末です。 なのでこのサミット開催、地元で暮らし働く人達からはかなり不評の模様。


それでも何とかユニバーシティー近くに住む友人をピックアップし向ったのは、夫のリクエストでQueen St. Wにある The Drake Hotel 。 夏になるとパティオにやって来る、わが家のお気に入りのブランチスポットの1つです。


前の晩に天気予報をチェックしたところ、あいにくの雨マーク。 カナダの天気予報はあてにならないからなんて舐めていたら、ホテルに着く数分前になって雨が降り出しました。 

で、室内に陣取ってみると、こちらもなかなかポップで良い感じ。 店員さんを含め、個性的なオシャレを楽しむ人が多く集まるので、そんな人達を座って眺めているだけでもちょっと楽しくなります。


a0110975_1613104.jpg




a0110975_1616596.jpg



お店も混みだした頃には、お待ちかねのブランチが運ばれてきました。
左が友人のバターミルクを使ったパンケーキ、中央が私のリコッタチーズを使ったマッシュルームのキッシュ。 あっさりとしてふわふわでとても美味でした。 右が夫注文のサーモンのエッグベネディクト。 数回前のブログでも同じものを注文していませんでしたっけ・・・?


a0110975_16164815.jpg


9:30過ぎに友人をピックアップし、あれこれと話している内あっという間に時計の針は12時をさしているではありませんか。 なんと楽しい時間の過ぎるのは早いものでしょう・・・。 もっとゆっくりしたいところですが、わが家は午後から次の予定があり、彼女を送り届けて家へ戻りました。 


で、急いで準備を済ませ、重い荷物を持って出掛けた先は・・・ 
またまたバンクーバーです。

この日は前回すっかり味をしめたので、夕方6時にバンクーバー到着の便を取っていました。


何に味をしめたかというと・・・・  

それは、まる忠さんの焼き肉ーー!    前回の話はコチラから 

美味しい焼き肉も勿論楽しみなのですが、女将さんこと Miaさん と夫の Tさん にお会いするのも楽しみの1つ。 事前に連絡をして伺いました。


7時頃にお店に着いてみると既に店内は満席。 さて、この日もメニューはお任せ。 この日おススメの物を出して頂くことにしました。 お店のお手伝いでお忙しい Miaさんもテーブルに来てくれて、約1月半ぶりの再会。 近況報告などで盛り上がります。 
そうこうする内、まずは韓国風の前菜4種が出てきました。 少しづつなので、2人でも色々つまめるところが嬉しいですよね。 お伴は良く冷えたビール♪

a0110975_1745221.jpg


続いては、お店のご主人Tさんのこの日一押し、レバ刺しです。
「今日のは霜降りで脂が乗っていておいしいんですよ。」と教えて貰い、レバーを見てみると、確かに今までみたレバーは赤かったけれど、このレバーはピンク色!
たっぷりの生姜を薬味にくるりんと巻いて、胡麻油ベースのタレに絡めて頂きます。 これが何ともプリプリとして食感の良いこと。 そして生臭みなんていうものは全く感じません。 


a0110975_1652243.jpg


2人で奪い合うように頂きました。 笑
ナムルの盛り合わせも少しづつ、味も色々楽しめます。


そして美しい霜降り牛タン。 思わずお刺身で食べてしまいたくなるような鮮度です。


a0110975_1705510.jpg



前回頂いてすっかり気に入った ねぎ塩カルビ と 山椒で味付けされた豚バラ、 今回もしっかり頂きました。 やっぱり美味しい! ご飯も欲しい所だけれど、〆に頂きたいものがあるので、夫も私もその欲望をここはぐっとガマン。 笑


a0110975_1742426.jpg



a0110975_17125148.jpg



この他、スパイシーなタレに漬けこまれた中落ちや、柔らかいロースも堪能。

その後は、前回スタッフの方にお勧めして貰い2人ともすっかり虜になったビビン麺で〆。 前回はハーフサイズでお願いしたけれど、今回は前回の反省から一人前注文しました。


a0110975_17171229.jpg


涼しげなガラスの器に盛られて登場したビビン麺は、「近所にあったら、夏の間毎日でも食べたい美味しさ」
という事で、夫と合意。 しこしこと腰のある細麺に、スパイシーだけれどマイルドでコクのあるタレが良くからんで何とも言えない美味しさなのです。 


そして〆には、やはり前回頂いて、その柔らかさと優しい味わいがとっても印象的だった杏仁豆腐を頂きました。


a0110975_1721638.jpg

  

大満足~♪

その後は名残惜しいけれど、ご主人とMiaさんに美味しいご飯のお礼を言ってお店を出ました。 
ダウンタウンへと向かう橋に差し掛かると、車窓にはこんな美しい夕焼け。


a0110975_1725458.jpg



こうし更けて行った忙しくも楽しかった土曜日。 バンクーバーのホテルでベットに入る頃には、トロント時間の深夜をとっくに過ぎていました。


Tさん、Miaさん、スタッフの皆さん、美味しいご飯をご馳走様でした。


まる忠  
Tel 604-214-3770
#2065-4580 No.3 Road Empire Center
地下鉄Aberdeen Stationから歩いてすぐ、No.3Roadの一本東の道に面しています。  
pm5:30‐12:00 ラストオーダー11:00
火曜定休


と、立て続けに食べてばかりの様ですが、実は今晩も美味しい集いがありました。 その話はまた明日アップしますのでお楽しみに。


ただ今バンクーバー時間の深夜1:30、トロント時間の4:30。 そろそろ限界、もう寝ます~。
[PR]
by non_ca | 2010-06-21 01:30 | レストラン&カフェ
お昼の気温は23℃。

ピーカンのトロント。 ちょっと雲が欲しい位のお天気でした。

a0110975_13471155.jpg


しばらく振りの更新ですが、元気ですよ。
バンクーバーとビクトリアのアップをするべきところですが、今日のブランチから。

最近ゴルフやら何やら1人出かけてお楽しみの夫。 罪滅ぼしか、はたまたここらで妻の機嫌をとった方が身のためと気付いたのか、 「明日ははブランチに行こうね。 」 と昨晩からお誘いがありました。 
週末のブランチはお楽しみでもあるけれど、腹ごしらえ前にシャワーを浴びて、出掛ける準備をして・・・と考えるとちょっと面倒だったりもして。 最近は家で食べる事が多かったけれど、お天気も良いし、今日は気分転換も兼ねて夫の案に乗ることにしました。

で、あれこれ考えたけれど、久し振りのブランチに選んだのはフレンチビストロの Le Select Bistro 

このお天気とあってパティオ席はすでに満席、カフェ席は予約で満席。 室内のスペースもほぼ満席、この季節、遅めに行くなら予約をしなくてはいけませんね。 いやはや危ないところでした・・・。

今日は前から気になっていたリンゴとクランベリーのフレンチトーストをオーダー。 甘すぎないかなと心配していたけれど、そこはさすがLe Select Bistro。 表面だけサラリと卵液でコーティングされ、こんがりと良い焼き色が付けられたフレンチトーストにナイフを入れると、中からはクランベリーとリンゴのコンポートが。 優しい酸味のコンポートと、しっとりと焼き上げられたパンの美味しさが相まって、何とも幸せな味わい。 メープルシロップをたらりと回しかけて頂きました。 夫が注文したのは、目玉焼きにブレックファストソーセージ、グリーンアスパラ、マッシュポテトのロースト。 スタンダードな朝食メニューながら、素材の良さを生かした、ついまた頼みたくなる一皿。 
  

a0110975_14122086.jpg



冬は暖炉の脇の静かなテーブルで、夏は緑に囲まれたパティオか明るい日の差し込むカフェスペースで。 お店の雰囲気といい、いつも裏切らない美味しさのお料理といい、2人ともお気に入りの大切なお店です。

Le Select Bistro 
432 wellington street west, toronto m5V 1E3
phone 416-596-6405



その後は70cm×60cm位のキャンバスとアクリル絵の具を買って家に帰り・・・・

こんな事をはじめました。


a0110975_14303981.jpg

  

何処に向かっているのか自分でも・・・?


まだ途中だけれど、すでにちょっと飽きて来たので壁にかけてみたりして・・・


a0110975_14423182.jpg



あなたは一体どこへ着陸するのでしょう・・・。

Mさん、やっぱり事はそんなに簡単ではありません・・・汗
[PR]
by non_ca | 2010-05-16 23:42 | レストラン&カフェ
昨晩からバンクーバーに来ています。

昨日は夕日がきれいでしたが、今朝は朝からしとしとあいにくの雨。 気温も9℃と低めです。 友人知人とゴルフに出掛ける予定の夫は、ちょっと恨めしそうに空を眺めています。 が、こんなお天気もとてもバンクーバーらしい。


今回は久しぶりに空港でレンタカーをしました。
空港方面から車でダウンタウンへ向かうと、 間もなく正面には雪を冠った山々。 手前には住宅街を覆い隠すような大きな針葉樹や落葉樹の木々、そして黄色のタクシー。 更に少し走ると山を背景にしたダウンタウンの高層コンドミニアム群が見え、あぁ、バンクーバーにやって来たなぁ…と思うのです。


a0110975_0331124.jpg



いつもなら空港からまっすぐホテルにチェックインするところですが、今回はお楽しみの寄り道計画がありました。  伺ったのは、日本式の美味しい焼き肉が食べられる「まる忠」さん♪  ブログやかばん持ちさんを通じて知り合ったMiaさんのご主人のお店です。 おととしの秋に( ひゃー、もうそんなに前なの…と書きながら軽いショック。) かばん持ちさん夫妻を交えてMIAさんとご主人の5人でランチを楽しみました。 (その話はコチラから) 
「是非今度はお店に伺います!」 と約束していたのに、バンクーバー滞在中は夜の予定が殆ど詰まっているわが家( 特に夫 )、かといって1人夜焼き肉に行く勇気も無く・・・( 多分お昼だったら、1人でもわたしは焼き肉出来ますが…。 笑 )  で、この度、念願かなって 「まる忠」 デビューと相成りました。  

彼女のブログ 「バンクーバーから ~毎日がキラキラ輝くように~」はコチラから 以前は「 空飛ぶ焼き肉屋の女将」というタイトルでブログをされていました。 


いつもは週末日本へのフライトが入っているというMia さんですが、恐る恐る連絡をしてみたところ、この日はなんとオフ。  お店に来て下さるとのことで、夫ともども楽しみに伺いました。


まる忠さんに到着~。 久しぶりの日式焼き肉に、壁に貼られたメニューの文字同様、わたし達も期待に胸踊ります~。


a0110975_1374442.jpg


と、間もなくMiaさんも登場。 ご主人も交えて軽くごあいさつの後は、いざ焼き肉タイムに突入しました。
やっと伺えたのですから、まる忠さんを思いきり満喫したいという事で、お肉のメニューはご主人のT さんにお任せです。


初めに出て来たのは、塩系のトントロとハチノス。
実は、わたしはハラミ以外の肝系は苦手なのです・・・ 汗  
が、お勧めという事ですし、見るからに鮮度抜群。 折角なのでとちょっとトライしてみたところ、これがイケます! なにせ初めてなので、一般的なものがどんな感じか良く分かりませんが、塩ベースにほんのり胡麻油の香りがして良いお味。 肝系OKの夫も、「これは美味しい♪」 とニコニコ。


a0110975_1575676.jpg



えぇ、途中ではありますが、のろまな私はそろそろ出掛ける時間になってしまい・・・汗 Yukoちゃんの「えぇーっ!」という声が聞こえてきそう・・・汗 続きは今晩アップします!
昨日Miaさんは予定があって1時間ほどしかご一緒出来ず・・・。 で、話は尽きるはずもなく、今日の予定にジョイントさせて貰う事にしました。  
では、続きは後ほど・・・


----- ----- ----- ----- ----- -----

ただ今、バンクーバー時間の5/3(月) 朝10時。
昨夜は写真の投稿が上手くいかず、翌朝の投稿になってしまいました。 汗


さて、まる忠さんの美味しい焼き肉の続きです。
つづいて、ネギ塩カルビ。 美しくサシの入ったカルビの上には、この上なく細く刻まれ青々としたネギと白ゴマ。


a0110975_24125.jpg


これを片面だけジュジューーッと焼いて頂きます。
ネギ塩と来ればタンだと思っていたけれど、カルビと一緒も美味しぃ~。

白ネギを使っていると、食後もネギの味が口に残り、女子としてはとても気になるところだけれど、まる忠さんは青ネギを使われているので、片面をササッと焼いただけでOK♪  ミントキャンディー要りませんよ~。  


a0110975_273533.jpg



その後も美味しいお肉は続き・・・  
夫と私 「これからバンクーバー入りは夕方にしようか。」 と真顔で相談。 笑 

上段右から時計回りに、 豚バラ、ミノとハラミ、 カルビ、そしてチキン。


a0110975_2131780.jpg


右上の豚バラには山椒と塩がほど良ーくまぶされています。 山椒味の焼き肉って初めて食べたのですが、これが目からウロコの美味しさ・・・、凄く合います!   日本酒ともとっても相性が良さそう、と思ったところ、上の踊るお品書きにはしっかり「 あつかん 」の文字。
その隣の鶏のモモは、インド系のスパイスがたっぷりまぶされ、エスニックでスパイシーなカレー味。 タンドリーチキンが好きな方なら間違いなく好みかと。 


ご飯も注文せず、ひたすらお肉を楽しんだ後は、スタッフの方おススメのビビン麺を頂きました。
これまた普段の私の選択には無いメニューなのですが、「美味しいですよ~」 と聞けば、食いしん坊としては頼まぬわけにはいきません。 笑  
で、お味はといいますと、極細の麺がスパイシーだけれどコクのあるタレと良く絡んで、美味しい♪ ハーフサイズをお願いしたけれど、一人前でもイケました。


a0110975_2171213.jpg


期間限定の杏仁豆腐はクリーミーでなお且つさっぱり。 ミルクプリンを思わせるような優しい味で女性だったら絶対好きな味。



a0110975_3149100.jpg



初まる忠さん、かなり期待して伺ったにもかかわらず、夫も私も予想以上に大満足。
Miaさん、Tさん、スタッフの皆さま、美味しい焼き肉ご馳走様でした。

次回のバンクーバー滞在時は、あらかじめ「まる忠」を予定に組み込んだ上で、夫にはスケジューリングをして貰おうと思います。  
夫よヨロシク。



まる忠  
Tel 604-214-3770
#2065-4580 No.3 Road Empire Center
地下鉄Aberdeen Stationから歩いてすぐ、No.3Roadの一本東の道に面しています。  
pm5:30‐12:00 ラストオーダー11:00
火曜定休
  
[PR]
by non_ca | 2010-05-02 10:18 | レストラン&カフェ
お昼の気温は14℃。


a0110975_11582947.jpg



数日前が私の誕生日だったので、今晩は夫と2人夕食に出掛けました。
「何処に行きたいの?」と聞かれ、最近のお気に入りの2つ Splendido か Opus か・・・どちらも行きたいので悩ましかったけれど、結局最近よく行っている Yorkville にあるOpus に連れて行ってもらいました。 (Splendidoの話はコチラから)

お店は、地下鉄 St. Georgeを出てすぐ、写真右手の数件目にあります。


a0110975_123373.jpg


カメラはバックに入っていたけれど、やはりここで写真はちょっと撮りにくい・・・。 お料理は全部食べてしまったけれど、デザートが出た頃、一瞬回りのテーブルから人気が無くなったのを見計らって、パチリ。

すでに2人とも食べ散らかしていますが・・・
手前が私のデザート、トロピカルフルーツに乗ったレモンのケーキ、フェンネルアイスとピスタチオのソース=Lemon pudding cake on tropical fruit tartare with fennel ice cream and pistachio emulsion。
奥が夫のアップルフリッターのキャラメルソース=Apple fritters with toffee caramel, cinnamon sour cream and pecan streusel
前回食べてとても気に入った、リンゴのフリッターの温かいデザート。 ドーナツのような食感で今までに食べたことの無い種類の新鮮な美味しさ。 これは絶対彼の好みだろうと薦めてみたところ、やっぱり好きらしい。 ちょっと貰おうと思っていたのに、気が付いた時にはすでに平らげた後でした・・・。 笑
お店のサービスでデザートワインも頂いて、ご機嫌なひと時。 お食事も変わらず美味でした。


a0110975_121751.jpg




最近はあまり誕生日を言わない私ですが、トロントでも数人の友人には成り行き上知られてしまいました・・・笑

昨日はそんな友人たちから、嬉しいサプライズのプレゼントが届きました。

こちらは、なんとYuko嬢のハンドメイド。 グレー好きな私の好みを知ってか、グレーの淡水パールのネックレスを2本。ブラウンのチャーム付きパールを1本。 組み合わせても、それぞれにでも楽しめるようにデザインしてくれたとか。 暖かくなって来た事ですし、胸元のオシャレが楽しくなりそう。 今日は早速着けて出かけました。 
Yukoちゃん、ありがとう。


a0110975_1251571.jpg



こちらは夫が帰宅時に持ち帰ってくれた、La Bonboche のマカロン。
夫「私からと言いたいけれど、違います・・・ 汗」 私、内心「やっぱりねぇ・・・。」


a0110975_12472691.jpg


春らしい色合いのマカロンは、友人と友人の働くオフィスの皆さまから。 
時々気まぐれでお菓子を作って押し掛ける私に、年末には皆さんでクリスマスプレゼントを下さったり、父の葬儀が終わりトロントに戻った時には、お見舞いのお花を頂いたり・・・。 
そのお礼のつもりで、先日「桜餅とうぐいす餅」の詰め合わせをお持ちしたところ、早速お返しにと、今度は誕生日プレゼントと温かいメッセージ満載のカードを頂いてしまいました。 ありがとうございまーす。
何だか申し訳ない様でもありますが、そんな心の交流もちょっと嬉しく、「次はなに持って押し掛けちゃおうかなぁー」と考えている私です。

皆さま、改めてありがとうございました。




  
[PR]
by non_ca | 2010-04-28 23:51 | レストラン&カフェ
お昼の気温は15℃。

今日はイースター・ロングウィークエンドの最終日。 晴れて行楽日和になりました。 
折角の連休、そしてこのお天気。 何処かにお出掛けしたい物ですが、お尻に火のついた夫の試験勉強のため、わが家は通常営業。 何だかもったいないなぁ・・・。 
午後になってコーヒーブレイクがてら、2人でハーバーフロントをブラブラしました。



a0110975_11284082.jpg



何処からとなく切なげな音色が聞こえてきて、足を止めました。 アヴェ・マリアのメロディーと午後の陽を浴びてきらきら光る湖。 しばし足を止めて耳を傾けました。


今日は、気になりつつもずーーっとアップ出来ないでいた、美味しいレストラン。

オリンピック期間中、バンクーバーに滞在していた際、魯山人さま宅で感動的なお料理をご馳走になりました。 (その話はコチラから) 
本来は 「是非、次回はわが家に。」 とお誘いしたい所ですが、トロントのわが家までは飛行機で4時間半の距離、カナダって本当に広いですよね。 (が、 実はちょっと内心、ホッ。 だってあのようなおもてなしは、どう頑張っても出来ませんから・・・笑 ) なので、楽しいお話の続きや、お料理の裏話なども伺いたく、お食事にお誘いをしました。

出掛けたのは La Quercia、お誘いと言いながら、お店は食通の魯山人さまに選んで頂きました。 笑  お礼にお誘いしたというよりは、美味しいお店に連れて行って貰ったという方が、正しい・・・? 
こちらのシェフは、バンクーバーの名店の1つ CIOPPINO'S で修行をされた方とか。 まだCIOPPINO'S に行った事の無い私、楽しみに出かけて参りました。


場所はキツラノの4th アヴェニュー。 友人Nさんと夫と私の3人がお店に着いて見ると、既に到着していた魯山人さまがお出迎え・・・。 本当に私達は、お礼にお誘いしたのでしょうか・・・汗  間もなく友人Sちゃんも到着して、いよいよ楽しいお食事タイムのスタートです。


フランスから大量にワインを輸入して莫大な関税を支払った、と噂の魯山人さま。 そしてワイン好きが講じてBC 州のワイナリーに投資もしているNさん。 こうなると、私達の出番など全く無く、ワインのセレクトはお任せです。 


そして、食事のメニューを頂きましたが、どうしたものか・・・。


a0110975_1341836.jpg


ワインに続き、お食事はこのお店を良く知る魯山人さまが、お店の方とお話をしてくださり、こちらはシェフのお任せになりました。 


アンティパスト。 
お店の雰囲気同様、あっとホームで飾らないお料理の数々。 親しい友人との会食にピッタリです。 そして味で勝負といった感じでしょうか。 どれもとても美味。


a0110975_12572240.jpg


こちらはイタリア風、仔牛のしゃぶしゃぶ? さっぱりとしてツナのソースと頂きました。


a0110975_12581444.jpg



ナスのミルフィーユ仕立て?

a0110975_12584163.jpg


パスタを3種。 どれも秀逸です。
モチモチのニョッキ。 プロシュートとグリーンピース、パルメザンチーズをたっぷりかけて頂きました。


a0110975_12591369.jpg


オイルベースでさらりとした仕上がり。

a0110975_12594285.jpg


お馴染みのボロネーズも、トマトの酸味が程よく利いてサッパリとした味わい。

a0110975_130948.jpg


メインは鴨のロースト。 レンズ豆が添えられています。


a0110975_1312437.jpg


決して外から見ると目立つお店では無いのに、店内は満席。 やはり、人気のあるお店なのですね。
ついつい気になる客層も、とてもいい感じ。 

a0110975_1324540.jpg


デザートの盛り合わせ。
あまり感動的なでデザートにカナダで出会うことは無いけれど、このお店のデザートはとても印象的でした。 飾らないデコレーション。 でも、どれも1口頬張ると素朴だけれど、とっても美味しい。 

手前からベークドチーズケーキ。 ピスタチオアイスの乗ったガトーショコラ、リンゴのパイ包み、リキュールのジェラート、そしてパンナコッタ。 

a0110975_1332614.jpg


8テーブル程の小さな店内の奥には厨房があり、中で忙しく働くシェフが見え隠れします。 その中で、毎日これだけのデザートが作られているのかと思ったら、ちょっと感動しました。


お料理も同様に、必要のないプレゼンテーションを極限まで省いた、シンプルさ。 味もクリームやバターに頼らぬ、素材の良さを生かしたものばかり。 実力のあるシェフだからこそ、出来る事でしょうね。 そして、それを支持するお客さまのいるお店。 もっと色々食べてみたくなりました。 


a0110975_13535925.jpg
 

それにしても、バンクーバーの友人たちは、カバン持ちさんや魯山人さまを始め、皆さんかなりの食通ばかり。 いつも皆さんにお任せで、結果、美味しい物を頂いています。    
フライトは暫くもういいな、と言いつつも、そろそろ「バンクーバーに行きたい虫」が騒ぎ出しそうです。  



 
[PR]
by non_ca | 2010-04-04 23:27 | レストラン&カフェ
お昼の気温は14℃。

風も無く穏やかな日になりました。


a0110975_13373869.jpg



いささか睡眠不足の今週。 3時間睡眠ではあまり朝食も進まず・・・、簡単に済ませたけれど、お昼になって何かお腹に入れたいような気分になりました。

そんな日のお昼ご飯はPerl のお一人さま飲茶に決まり。

フカヒレ入り餃子スープと、海老の腸粉をオーダーして、1人のんびり食事をしました。
針生姜の入った赤酢を加えながら頂くスープの味は、体にも優しくまろやか。 とぅるんとした腸粉と頂くと、丁度ボリューム的にも良い感じです。 


a0110975_13414155.jpg



その後は読みかけの本を持って、ハーバーフロントをブラブラ。 
デッキに座って読書をしたり、ぼんやりと湖を眺めたり。 平和な午後のひと時を楽しみました。 

暖かになり、ハーバーフロントにも賑わいが戻ってきましたね。
[PR]
by non_ca | 2010-03-31 23:53 | レストラン&カフェ

送別会 * 第3弾

ただいま深夜3時半。 30分ほど前に帰宅しました。

友人ご夫妻が日本に帰国をされるというので、3月始めに送別会をしました。 場所はお気に入りのレストランSplendido (以前の話はコチラから)
写真はありませんが、再び美味しい前菜の盛り合わせと絶品トリュフのパッパルデッレを頂き、楽しい時間を過ごしました。 
女性は女性同士、男性は男性同士で何度かお会いしていましたが、夫婦でご一緒するのはこの日が初めて。 忙しい方たちですし、これがこのメンバーでは最初で最後と思っていたら、光栄な事に思わぬ意気投合。 

で、スケジュールを縫って、第2弾のお誘いを頂き、一昨日夕食に出掛けました。 場所はヨークビルのOpus、お2人のお気に入りのレストランです。 
こちらに伺うのは、トロントに越してきたばかりの頃、食通の素敵な友人カップルに連れて来て貰って以来2度目。 お料理といい、雰囲気といい、サービスといい、改めて伺ってみると、ここに勝るお店はトロントには無いのではないかと・・・・。 何を頂いてもとても美味しいけれど、ケベック州で育てられたガチョウのフォアグラが絶品。  
ただいま私のファインダイニングレイティング第1位。 食後もお酒を頂きつつ、深夜1時過ぎまでとても楽しい時間を過ごしました。

1日おいて火曜日の夜、今日は女性2人で夕食に出掛ける事になりました。 
トロント残り2晩になってしまった彼女が考えた末選んだお店は、再びOpus。 はい、一昨日というか、正確には12時を過ぎていましたので、昨日行ったばかりです。 笑  

熱い握手の後、「またいつか、何処かでお会いしましょう。」 とお別れのメールの交換もしていた男性陣。 が、12時過ぎには2人も再び合流。 以外にも早い4人の再会になり、送別会第3弾のスタート。 気が付けばあっという間に深夜2時半。 因みに深夜2時まで営業しているので、食後に場所を変えずに居られるのが良いですね。 が、昨晩はクローズの時間も過ぎていました・・・。


今晩私が頂いたのは、Sea scallops and bone marrow with apple butter beurre blanc / ホタテと骨髄のアップルバターソースの前菜。   
素晴らしい火の通り具合。 ホタテの表面はカリリと黄金色に焼かれ、でもその5ミリ下はお刺身のようにレア。 その上に載せられたボーンマローのとろりとした甘さが全体を包んで絶品。 メインは、Steamed Atlantic lobster on preserved lemon risotto with champagne mousseline / 蒸したロブスターにシャンパンのモスリンソース、レモン風味のリゾット添え。 ロブスターも同様に表面のみが完璧に火を通され、その下は透明感のあるレアな状態、カプチーノのミルクの様に泡立てられシャンパンのソースムースリーヌの優しい味わいと相まって、こちらもこれ以上の無い仕上がり。 
シックで落ち着いた大人の雰囲気のスペースには、マリリンモンローを中心とする当時のスターのモノクロの写真がセンス良く配されています。   

明日(今日)の夜も、トロント最後の夜を楽しむべく、女性二人で夕食に出掛ける予定。 が、きっと夜遅くから2人の夫も合流するのでは・・・。 となると送別会第4弾・・・?!

カナダの想い出がぎゅっと詰まったお2人のアルバムの中に、少しだけ私達夫婦も参加をさせて頂くようで、光栄でもあり何だかとても幸せな気持ちです。  素敵な出会いに感謝。

あっという間に、ただいま深夜4時~。 

もう寝ます、おやすみなさい。


Opus
37 Prince Arthur Ave.
416 921-3105 tel
416 921.9353 fax





  
[PR]
by non_ca | 2010-03-31 03:27 | レストラン&カフェ

Taroさんで * 寿司ランチ

お昼の気温は8℃。
今日は満月なのでしょうか、 夜空に浮かぶ、明るいまんまるの月を見つけて嬉しくなりました。 

最近時間が足りませーん。 今日も朝からエンジン全開で頑張っていたにも関わらず、気が付けばあっという間に夜の11:30。 でも充実した良い時間を過ごしています。 


週末よく買い物に出掛けるTaro's Fishさん。 わが家のトロントライフには欠かせない存在のお店です。 お昼時に伺うことが多いので、お弁当や巻き寿司を買ってお店で頂く事もよくあります。 こちらの太巻きはごぼうが入っていたり、お魚屋さんだけにしっかり海老が入っていたりで具沢山でとっても美味しい♪ 好物の1つです。

独立を期にデリコーナーとテイクアウトのお寿司も始められましたが、やっぱりお寿司は握りたてが一番。 わが家はダウンタウンでちょっと遠い事もあり、お寿司はもっぱらお刺身を買い、家で手巻き寿司のパターンでした。

1月ほど前、ちょっと試してみようかなぁと、お店で頂くお昼ご飯用にお寿司を握って頂きました。 

注文したのは、デラックス握り? とドラゴンロール。 それぞれ1つづつオーダーして、2人で店先のカウンターに座って頂きました。
Taroさんが握ってくださったお寿司、盛り付けも美しい上に、これがまた美味しくて・・・。 お魚屋さんだけに、どのお店よりネタは新鮮。 とても、店先で頂くお寿司とは思えない。 もっと早くに試してみれば良かったと、少々後悔・・・。 


先週土曜日の朝、買い物に行く準備中、一眼レフカメラに( 食べ物を撮る時良く使う)レンズをいそいそとセットし、カバンに入れる私をちらりと横目で見て、
夫「Taroさんでお寿司食べる気満々でしょう・・・?」 なんで分っちゃったのでしょう・・・汗   


で、やっぱり頂いてしまいました。
手前がウナギをたっぷり使ったドラゴンロール。 右はデラックスの中の巻き寿司。


a0110975_14114685.jpg



反対から撮るとこんな感じです。
マグロに平目にサーモン、ホタテ、お隣は甘エビ、ミル貝、イカ、ヒラマサ、シーバスのたたきです。  ネタはその時により変わります。
 
ホタテはなんとも甘くとろりと柔らか、シーバスのタタキは皮のゼラチン質と程よく脂の乗った白身が美味。


a0110975_14122739.jpg


甘エビとホタテは2人で分けて、ここからはまるでオセロでもする様に真剣です。
こういう時夫は必ず、「(私から)好きなものを取って良いよ。」と言いますが、その裏には何か彼の戦術があるような気がしてならない・・・・。  

私「平目」、夫「じゃ、貝」。 私、内心「おっと、そう来ましたか・・・汗」

単に2人前注文すれば良いだけですが・・・、こちらのドラゴンロールも美味しくて、ボリューム的にもお昼なら2人で分けて調度位の量があります。 

こんなくだらない駆け引きと共に、この日も美味しいお鮨を堪能致しました。


Taro's Fish
800 Sheppard Ave. East,
Toronto ON M2K 1C3
TEL: (416)730-8555 FAX:(416)730-8525 

 
[PR]
by non_ca | 2010-03-29 23:59 | レストラン&カフェ
お昼の気温は12℃。

今日は曇りの1日。 夕方になって風が出てきて寒くなりました。
帰宅後「寒くなってきたよ」とコンシェルジュに声を掛けたら「We're almost there」と返ってきました。  ほんと、本格的な春はもうそこまで来ています。


a0110975_12524726.jpg



最近サボってばかりいたので、色々書く事があるのだけれど、一体どれから始めたら良い物か・・・。 で、考えた末もう1週間と少し経つけれど、先日の東京での楽しい時間から始めます。


以前住んでいた東京には仲良しの友人達がいて、離れて随分になるけれど、カナダにも来てくれたり、一時帰国の際にはいつも集まってくれます。 彼女達とは湯布院 無量塔玉の湯 旅行など、開けてはいけない禁断の扉を幾つも開けて来ました。 笑
このところの一時帰国は残念ながら東京素通りだったので、ほぼ1年ぶりに楽しい時間を過ごしてきました。

品川駅南口にあるスタバで待ち合わせて、夕食タイムまで暫しお喋り。
久し振りに会う友人とは本当に話が尽きなくて・・・、というか、スタバでは殆ど私が喋っていたような・・・。汗

その後夕食の為、南青山に移動しました。

向かったお店は Passage Aoyama にある中国料理の礼華/ RAIKA。 美味しいもの大好きなメンバーですが、中でもグルメでお料理のエキスパートなSさん行き着けのお店。 新宿御苑に続いて昨秋オープンしたばかりです。


こちらの「上海蟹の紹興酒漬け」がそれはそれは絶品らしく、シーズンになると誘って貰っていたけれど、いつも行く時はシーズン外、もしくは定休日・・・。 涙
でも、それ以外のメニューも美味しいよ、という事でこの日念願の礼華デビューを果たしました。


ガラス越しに見えるバースペースには素敵な中国茶器。 期待が高まります。


a0110975_12545615.jpg



ご紹介までメニューをちょっと・・・。
「フカヒレのお刺身 山椒ソース」など、ちょっと珍しい物が並び、興味津々。 
オーダーはSさんにお任せです。


a0110975_12553396.jpg



ピータンが美味しいというので、まずは「ピータンと豆腐の湖南ソース」

a0110975_12563592.jpg


美しいピータン、琥珀色の白身にブルーの層になった黄味。 
まったりとして何ともクリーミー。 「なんじゃこりゃー!」 な美味しいさなのです。 笑  ソースがまたまた絶品で、シャリシャリとした食感があり、ちょっと甘みも、何だろう・・・? と考えたけれど、全く? 。 お店の方曰く、それは多くの材料を合わせて産まれたソースとか。 で、結局何が入っているかは ?。


続いての前菜、「アワビ入りおまかせ海鮮3種盛り」。 クラゲと車えびも一緒。 

 
a0110975_12571665.jpg


あわびは軟らかく蒸し上げられて美味。 それ以上に気に入ったのがクラゲ。 プリップリの弾けるような食感。 今まで食べていたのは茹で過ぎ? マリネし過ぎ? それとも全く違う物なのでしょうか・・・?


黒酢の酢豚が登場する頃には、ビールから「瓶だし紹興酒」にチェンジ。 
私 以外は かなぁーーーりイケる口の面々。  
この後2 合入りのデキャンタが4 本? 空きました。
因みに夫の予想は「このメンバーなら8 本」。 笑


a0110975_12581084.jpg



続いては、メニューにないスペシャルオーダー。
フカヒレをトリュフとドッキングした一品を贅沢にも 2オーダー。


a0110975_12584677.jpg


グツグツと土鍋で煮えるフカヒレと、何ともいえない芳しいトリュフの香り~。
ソースに隠れて見えないけれど、美しい曲線を描く立派なフカヒレが、どーん !

トロントで帰りを待つ誰かさんの顔が、一瞬脳裏を横切りました。 
1人美味しいもの食べてごめんっ、でも食べます・・・。 笑


a0110975_130120.jpg


軟らかーくフルフルに仕上げられたそのの厚み2cm 程。 
忘れかけていたけれど、フカヒレって厚みがあるのでした。 トリュフソースって単に贅沢な気分に浸るだけ? とお思いの方、この2つはとっても合います。 
シェフはフカヒレの名店、恵比寿の筑紫樓でも修行をされたそうで、この仕上がりやソースの美味しさも納得。


続いては中華野菜の炒め物。 3種のソースは右からオイスターソース、豆腐ようのまろやかなソース。 そして海老の卵を使ったソース。 
お豆腐のソース、マイルドでイケました。
 

a0110975_1303264.jpg



続いて唐辛子とピーナツと鶏の炒め物。 黒く見えるのが唐辛子。その他サクサクした食感の揚げた唐辛子も入っていて、爽やかな辛みがコリアンダーの香りと相まって、これまたイケます。 
白ご飯が欲しい味。


a0110975_130569.jpg



その他にも頂きましたが、多すぎるので端折り・・・ 締めはネギソバ。 
1人前じゃ少ないし、2人前じゃ多すぎるという事で、1・5人前を4人でシェアという何ともワガママなオーダー。  
胡椒ではなく中華の花山椒を使っているところがポイント高し。

 
a0110975_1313934.jpg



最後はデザート、蓮の実餡の揚げたて胡麻団子と、私はマンゴーとグレープフルーツ、タピオカを使ったデザート。 マンゴーとグレープフルーツもとっても合う事をこの夜発見。


a0110975_1322879.jpg


中国茶でも頂いて・・・そろそろと思っていたら、サービスでお菓子を2品頂きました。 

春巻きの皮にカレー風味のスパイスをまぶして揚げた物と、ココナツのクッキー花山椒風味。 
どちらもおつまみにピッタリな味で、皆さま締めにビールをオーダー。 * 除く私。
気付けば食べて喋って、笑って食べて4時間超。

a0110975_1338100.jpg




さて、この日の夜は友人宅に泊めてもらいました。
あんなに食べた後というのに、美味しいロールケーキを出してもらって、深夜までまったりしつつ楽しいお喋り。

とてもセンスの良い暮らしぶりのYさん宅は、大きなオリーブの木のある広いバルコニーからの眺めも良くて、大好きな場所。 居心地が良すぎていつも寛ぎすぎるのが問題です。


夜遅くまで食べていたにも関わらず、朝食にはクロテッドクリームとマーマレードで、美味しいスコーンを頂きました。


a0110975_136912.jpg



こちらは Sさん差し入れの中目黒にあるカフェ・ド・ヴェルサイユの塩チーズスフレ? ハーブの味がフンワリとして朝から幸せ。


a0110975_1375852.jpg



久し振りに会う気の置けない友人3人との楽しい時間と美味しいご飯に大満足。 ちょっと強硬スケジュールだったけれど、やっぱり行って良かった。

皆さま、ありがとうございました。
[PR]
by non_ca | 2010-03-26 14:54 | レストラン&カフェ

Diva で * 賑やかランチ

お昼の気温は7℃。 午後から雨が降り出しました。 
この季節には珍しくずっと晴天続きしたが、今日は久しぶりにバンクーバーらしい天気が戻って来ました。 これから数日、こんなお天気が続くようです。


さて、ぽっと少しだけ時間があいたので、短いものを1つ。

数日後にはトロントに戻るわが家。 その前にもう一度会いしましょうと声を掛けて貰い、今日はランチに出掛けました。 メンバーは かばん持ちさん夫婦と、まどかさん、私、の女子4人の仲良しランチ。
( あっ、違った… 3人プラス男子1人) 


場所はDIVAです。

このメンバーで会うのはまだ3度目なのに、何故かずっと前から知り合いの様な、不思議な雰囲気が初めからあります。  今日もランチというのに3時間近く(超?)、話題は多岐に渡り、楽しい昼食になりました。


Divaさんと言えば、やはりお値打ちで美味しいプリフィックスメニューです。

 
前菜は赤ワインや塩でマリネされたテンダーロインのカルパッチョ。
その上にはヘーゼルナッツやセルフィーユなどのハーブ、梨のスライス、セミドライタイプのプチトマトが載っていて、何通りにも味わえる楽しい一品。


a0110975_9382627.jpg


メインはSteel Head Trout =鱒のソテー。
香ばしく焼かれた皮と、ふんわりと仕上がった淡いピーチ色の身。 sunchokeというお芋の一種のピュレの優しい味わいと相まって、とても軽い仕上がり。   
クルトン?と思った小さなニョッキが、良いアクセントになっていました。


a0110975_9452974.jpg


デザートはレモンチェルロとホワイトチョコのムース、レモンとライムのアイス添え。 ラズベリーとレモン系の酸味の効いたソースと頂きました。 


a0110975_95116.jpg


味といい、盛り付けと良い、サービスといい、お値段といい、やっぱりDIVAさんは貴重なレストラン。 
連れて行って下さってありがとう。


まどかさんご夫妻はパラリンピックが終わったら日本に戻られてしまいますが、またカナダに遊びにいらっしゃる計画も密かに進行中とか…?! 
東の方へいらっしゃる時には是非トロントにもお立ち寄りくださいね。  日本でもまたお会い出来るのを楽しみにしています。


では、カーリングの応援に出掛けてきます!


  
[PR]
by non_ca | 2010-02-23 16:14 | レストラン&カフェ