平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰です

すっかりご無沙汰しています。

今日のカテゴリーはお出掛け。
最後にアップして以来出掛けたところと言いますと・・・ 

車で到着したこちらは、トロントピアソン空港。

a0110975_1005772.jpg


久しぶりに国際線ターミナルへ来て見ると
こんなオブジェありましたっけ・・・? ピアソン空港おしゃれに変身中・・・?!

a0110975_1032142.jpg


 
カナダに来て以来、飛行機に乗る事の多い我が家は、エアカナダのフラウンジを出発までの時間利用しています。 殆どはトロントとバンクーバーですが、どちらもモダンなインテリアコーディネイトで、ワイアレスも完備。 出発までの時間を快適に過ごせます。 夫はパブの様なビールのコーナーがお気に入りの様子。 

最近2回の一時帰国は、シカゴ経由だったりバンクーバーからだったり、ピアソンからは本当に久し振りです。 国際線のラウンジに来てみると、新しいのでしょうか・・・? 国内線よりも更にスタイリッシュでまるでホテルのラウンジの様な空間。 空港の建物とラウンジがうまく融合しています。
 
a0110975_1044611.jpg


運良く、大切に温めていたアップグレード券が使えたので、
機内ではKAISEKIを注文してみました。 
この後にメインの鶏を使った料理、チーズやデザートが出ました。

a0110975_10284551.jpg


映画を楽しんだ後は、しばし睡眠ー、が、お昼に出発する便なので長くは眠れず、再び映画鑑賞

a0110975_10314064.jpg


という事で、今日本に来ています。



今回はちょっと用事があり帰国をしたので、あまり食べて遊んでばかりもいられません。  なかなかPCをする機会がないのですが、また時間のある時にアップ出来たらと思っています。


最新の出来事といえば、昨日行った高島屋の地下街で・・・
夫と二人、美術館か、珍獣のいる動物園にでも迷い込んだような気分になりました。 食品売り場のお弁当に目が釘付け・・・ あまりの選択肢の多さににかえって困ってしまいました。 笑  昼食用のお弁当の他、夫に「好きなものを買って良いよー」と売り場に放ったところ、彼が選んだのは粒餡たっぷりのおはぎと、豆大福でした。 あんこ大好き健在です。 笑   
時々、え?! と戸惑う事もありますが、やっぱり日本は良いですね!
[PR]
by non_ca | 2009-10-25 09:53 | お出かけ
お昼の気温は7℃。 

さて、バンクーバー編も今日で終了。
最終日7日は、4:15pmのフライトでトロントに戻る為、2時ごろホテルを出発予定にしていました。
朝食の後は、いつもの通り広げるだけ広げた荷物や、行きには見かけなかったはずの洋服など、スーツケースにパッキング。 その後時間が出来たので、折角だからと街路樹の紅葉を楽しみつつ、一人お昼ご飯に出掛けました。


a0110975_14424076.jpg


この日もバンクーバーは晴天。
向かった先はMIKUさん。 (前回の話はコチラから)
前にも増して人気と聞いていましたが、お店に入ってみると広い店内はほぼ満席。 カウンターなら座れますとよと言われて入店するも、この盛況振りには正直驚きました。 店内を埋め尽くすのは、見渡す限り殆どローカルの方たち、この辺りでお仕事をされているのでしょう、スーツ姿の方も沢山。 板前さんも話していらっしゃいましたが、MIKUさんの知名度と人気が、ここバンクーバーでも随分定着してきたようです。 あまりの人の多さに、ちょっと店内にカメラを向けるのを躊躇ってしまいました・・・。


さて、あまり時間も無いので、早速注文。 MIKU膳は色々楽しめ惹かれますが、何回か食べたので、今回は炙り寿司を頂こうかと考えていると、 「巻き寿司を含め9貫あるので、女性なら充分満足して頂ける量だと思います。」と板前さん。 では、とそちらを注文しました。

a0110975_14484019.jpg


はっきり覚えていませんが、左から鯛だったかな・・・海老、あれれ・・・手前は? それからソックアイサーモン=紅鮭、鯖、そして巻き寿司。 
これが美味しいんですよねー、 もー ぺろりっ。 笑

a0110975_1453203.jpg


サーモンの上に乗っているのはハラペーニョ。 今回は折角カウンターに陣取っているので、板前さんの様子をじっくり観察する事にしました。 

マヨベースのちょっとスパイシーなソースを、お寿司のネタの上に載せてから、バーナーを片手に、そしてもう一方の手には、なんと炭を持ってお寿司を炙るんです!  だから風味が良いんですねぇ・・・・ これが合うんです、とっても・・・。チャコールの香りというのでしょうか、何とも香ばしくてパクパクいけてしまいます。 鯖にはちょっとお味噌を混ぜたようなタレを使われていて、こちらも美味でした。 

カウンターではどんどんお寿司が準備され、出来上がったお寿司が客席へ運ばれて行きます。 私の隣に調度出来上がったお寿司を置くカウンタースペースがあって、その度私の目はそちらに釘付け・・・ 笑  数の多い盛り合わせには、更に色々な種類のお寿司が盛られていますが、さすがの食いしん坊もちょっと1人では無理。 なので、次回は何方かとシェアで・・・とか、夜にもゆっくり来てみなくては・・・などと、早くも1人次回の食事の計画まで・・・。 

こんなに盛況で皆さん忙しそうなのに、板前さんや、ホールで働く人たちも、皆さん笑顔が素敵で気持ちの良い接客をしてくれます。 どうやら、カナディアンに人気の理由は味だけでは無いようです。 このお店に来ると、私もいつもとてもハッピーな気分。

さて、美味しいお寿司に舌鼓を打った後は、コンベンションセンターからバラード入り江に沿ってちょっと散策。バンクーバーの秋を目に焼き付けました。

メープルリーフが見事に色づいていました。

a0110975_1554653.jpg
 

レンガのアパートの壁に絡まる蔦はボルドー色・・・

a0110975_15111841.jpg


街路樹は黄金色に・・・

a0110975_15134316.jpg


秋色に染まったバンクーバーの町並みを楽しみつつ、ホテルへと戻りました。 

a0110975_1573657.jpg



まだ戻ってきてから10日ほどですが、もう次のステイが待ちどうしい。

MIKU Restaurant
1055 W Hastings St
Vancouver, BC V6E
(604) 568-3900
[PR]
by non_ca | 2009-10-16 23:48 | レストラン&カフェ
お昼の気温はなんと5℃・・・。
トロント、一気に冬に突入致しました。

a0110975_11233483.jpg


今日は朝からアップタウンに出掛けていましたが、帰り道公園の木々が綺麗に紅葉していたので、ちょっとお散歩しながら写真でも・・・と歩き出しました。 が、ものの7,8分であまりの寒さに耐えられなくなり、退散。 因みに今日の私の服装はと言いますと・・・レザーの膝丈のコート、ロング丈のブーツにパンツ、コートの中には長T とウールのカーディガン、結構きちんと防寒していました。 あぁ、いよいよ長い冬に突入ですねー。


さて、バンクーバー滞在記、一応まだ続いています。 今日で戻って1週間、そろそろ書き終えなくてはいけませんね・・・汗

今日は宿泊していたホテルの紹介を少し・・・。 
前回はHotel Pan Pacificに宿泊でしたが、今回はThe Listel Hotelさん。 2つとも良くお世話になるホテルです。 
パン・パシさんはカナダプレイスにあり、バラード入り江を望む眺めが良いラグジュアリー系大型チェーンホテルなので、ご存知の方も多いはず。 


a0110975_1411569.jpg


リステルさんは、シティーホテルとでも言いましょうか・・・部屋数もあまり多くなく、フロントもこじんまり、ラグジュアリー系ではありませんが、モダンアートを配したブティック風で居心地の良いホテル。 
ウィスラースキーの際、美味しい食事を頂いたカナダ・ナンバー1シェフのいる「Bearfoot Bistro」もリステルホテルのレストランです。 (その話はコチラから)

a0110975_1213272.jpg
 

魅力は何と言ってもロブソン・ストリートという好ロケーション。 買い物に行くも良し、バンクーバーの和食の人気店が集中する、DenmanxRobson St.にも勿論徒歩圏。 「金魚」に「元町食堂」、「葉っぱ」に「ざっ串」へは歩いてすぐ。 今回行った麒麟やDIVA、MIKUさんへも歩いて行けます。 最近はお向かいに「DONBURIYA」さんがオープン、ちょっとおやつが欲しくなったら「コンビニ屋」さんが深夜2時まで営業中。 スタンレーパークにも歩いて行けます。 滞在中出歩いてばかりで、殆ど部屋で過ごす事の無いので、徒歩で何処にでも行けるこの立地は、とってもとっても魅力的です。

a0110975_12165232.jpg


そして、密かに気に入っているのが、フィットネスルーム。
小さなホテルだけにジムもこじんまり。 でも、滞在中、運動不足を解消するには十二分なマシーンに、小さな天窓付きのジャクジーがほぼ貸切り。 自宅にフィットネスルームを持てるご身分ならば、こんな風にしたい・・・。

a0110975_1230149.jpg



もう1つの魅力がジャズのライブが楽しめるレストランO'DOUL'S  前回滞在時は調度Jazz Festivalが開催中。 オフィシャルホテルだったリステルさんには沢山のミュージシャンが宿泊。 滞在最終日の夜は美味しい食事とジャズの演奏を楽しみました。  こちらのステーキ2度ほど頂きましたが、美味です。

a0110975_133846.jpg


滞在中は、2人とも昼夜と食べ歩くので、朝食は簡単に部屋で済ませる事が殆ど。 今回は珍しく3回朝食をO'DOUL'Sさんで頂きました。 なので、ちょっとそちらもご紹介・・・ 
こちらはバフェが無い分、ヘルシーなアラカルトメニューが充実。 美味しい卵や新鮮なフルーツ、それからフレッシュジュースの味が濃くてとっても美味です。

a0110975_1316847.jpg


1日目の私の朝食。 Organic Ocean's Cold smoked Wild Pacific Salmon Bagle
サーモンのベーグル。 フルーツたっぷり・・・ ベーグルはモントリオールタイプではなくてNYスタイル。サーモンにはこの方が合いますね。

a0110975_1315213.jpg


夫の朝食 The Yukon Breackfast オーガニックの卵を使った目玉焼きとカリカリベーコン、マルチグレインのトーストなど。 北米ではなかなかお目にかかれない美しい黄色の黄味。 ほぼ黄身はレアで、ナイフを入れるととろーり・・・。 

a0110975_13152217.jpg



2日目の私の朝食。 The Furuit Salad Medley with Low-Fat Yogurt
新鮮なフルーツは数えただけで8種類。 ビタミンカラーがたっぷりで、見ただけで1日元気が出そう。 

a0110975_13175725.jpg


夫の朝食。 エッグ・ベネディクト。 卵の加減が選べます。

a0110975_13164280.jpg


3日目の私の朝食  House-made Swiss Muesli
ちょっと想像と違ったけれど、前日に続きヘルシーメニュー

a0110975_131829100.jpg


夫の朝食。
Butter-Milk Pancake with Canadian Maple Syrup  オーガニックの目玉焼き付き。

a0110975_13185816.jpg


と、近所にあったら、週末に食べに行きたくなってしまいそうな、美味しい朝食メニューの並ぶレストランです。


こちらは前回ステイのお部屋。

a0110975_14351646.jpg


今回の部屋では、片隅に私だけのオフィススペースを獲得し、チビPCでちょっとだけブログの更新。

a0110975_143539.jpg
 

日系ホテルなので、日本人フロントスタッフが、色々な相談に乗ってくれます。

ある日の夫 「美味しい焼肉が食べたいんだけど、疲れちゃって面倒だから自分で焼きたくないんですよねぇ、何処かお店ありますか・・?」  妻、横で唖然・・・

そんな横着な相談にも笑顔で答えてくれる、頼もしい日本人スタッフのいるホテルです。 


 
[PR]
by non_ca | 2009-10-15 23:31 | レストラン&カフェ
お昼の気温は13℃。 
爽やかな秋晴れのトロント、爽やかと言っても既にカシミアのマフラーが手放せなくなっているこの頃です。 いやぁ・・・、今年は夏から一気に秋→冬と向かっている気がします。


バンクーバー滞在記の続きになりますが・・・
先週火曜日の6日、お楽しみのランチがありました。

a0110975_12353475.jpg


向かった先はダウンタウンにあるメトロポリタンホテルのレストラン、DIVA。 昨年12月に初めてカバン持ちさん夫妻と3人だけでお会いした際、ランチに連れて行って貰った美味しいレストランです。 
3月に東京の「分とく山」に伺った時には、ご主人の野崎さんも「DIVAはとても美味しかった」と仰っていましたっけ・・・ (その時の話はコチラから)
そんなDIVAにまた連れて行って貰えるという事で、かなりうきうきの私。 が、この日はもう1つ楽しみな事がありました。 

最近カバン持ちさんを通じて知り合い、密かにコメントのやり取りをしていた 「空飛ぶ焼肉屋の女将日記」の女将さんと、ご主人様も、実はこの日ランチでお会いする事になっていました。

焼肉屋さんの女将さんだけでなく、現役のキャビンアテンダントとして、世界の空を飛び回って活躍している彼女ですが、その自然体で、しなやかで、飾らない人柄が伝わるブログと彼女のファンで、夫共々随分前からちょくちょく拝見していました。 

夏にバンクーバーを訪れ、カバン持ちご夫婦と食事をした際、彼女のブログの話になり、夫が失礼にも「体当たりブログ・・・」とか何とか申しまして・・・汗 すみません・・・  それがご縁で? 今回のお食事会が実現しました。 結果的には 「夫よありがとう」と言いたい。 笑 
仕事で時々トロントにもいらっしゃる女将さんに、「是非いらしたら声を掛けて下さいね」と伝えていたら、思いの外早く、バンクーバーでお会いする事が実現しました。

さて、少しだけ早めにレストランに着くと、調度カバン持ちさん夫婦が到着された所。 なので揃ってテーブルに案内をして頂きました。
今回は奥の一段上がったスペースでしたが、幾つもあるテーブルはビジネスランチと思われるスーツ姿の男女で一杯。 お料理も価格も、雰囲気も良いこのお店は、やはりこの辺りで働くビジネスマンにも人気なのですね。 

さて、今回頂くのは日替わりのランチ、28ドルなり。 
このご時勢、3コースのランチをちゃんとしたレストランで、このお値段で頂くのはほぼ不可能。 その上お味はグルメなカバン持ちさん夫婦のお墨付きです。
 
a0110975_1241789.jpg
 

真剣にメニューを見ていると、女将さんご夫婦のご登場です。
ブログで拝見したとおり、楚々とした美しい方,です。  ご主人もお写真通り素敵な方。 ご挨拶を済ませて楽しいお食事、お話タイムになりました。

chicken&truffle terrine 
Swiss Chardという菜っ葉で包まれたチキンのテリーヌ、とっても美味しかったです。  グレープのチャツネをつけて頂きます。 メインで出ても可笑しくないと思う。

a0110975_12521296.jpg


roasted sirloin of lamb borlotti bean cassoulet
ラムのサーロインとお豆の1品。 ほうれん草のピュレの色もとっても鮮やかで、ちょっとエスニックな雰囲気。 お豆もラムも大好きな私は幸せ。 これまたかなりのボリュームで既にお腹一杯です。  

a0110975_1303564.jpg



デザートはブリュレとクッキー、ゼリーの盛り合わせを、コーヒーと一緒に頂きました。
アクロバティックなデコレーションこそ無いけれど、ブリュレはバニラビーンズ一杯で、何処かプリンアラモードを連想させる、ほっこり系。 クッキーはお腹一杯で1つしか頂けなかったけれど、丁寧に作られていて、とっても美味しかったです。
 
a0110975_13493010.jpg


この席からは、キッチンできびきびと働くシェフ達が良く見えました。 ランチが終わる頃には皆さん掃除に余念がありません。 きちんと手入れされているキッチンから生み出される料理はやはり美味しかったです。 
このお値段にも関わらず、テーブルクロスやナプキンもディナー同様の上質な物を使っていて、お料理といい、テーブルのセッティングといい、このお店の心意気の様な物を感じました。

a0110975_13495944.jpg


もう1つ、痛く感心したのが女将さんのだんな様、「まる忠」さんのご主人です。 出てくるお料理、出てくるお料理、それは興味津々で、その都度目でも舌でもじっくり味わっていらっしゃるご様子・・・。 普段からお店で生かせる物はないかと、常に向上心を持ってアンテナを張り巡らせていらっしゃるのが良ーく分りました。 こういう方の作るお料理は間違いなく美味しいのでしょうね。

楽しい時間ほどあっという間に過ぎていく物、お店にも是非伺いますと再会を誓ってお別れをしました。 

女将さん、お会いして益々ファンになりました。 トロントにいらっしゃる時は是非お声を掛けてくださいねー。 
ご馳走様でした。

この時の様子をお2人もブログでご紹介されています。 コチラコチラをどうぞ。  
[PR]
by non_ca | 2009-10-13 22:16 | レストラン&カフェ
お昼の気温は10℃。
この週末、カナダはThanksgiving Dayで3連休。 紅葉狩りにアルゴンキンへ行こうという話しもあったのですが、バンクーバーから戻ったばかりという事もあり、この連休は近場でのんびり過ごす事にしました。 土曜はナイアガラ&オンザレークへ紅葉とワインを楽しみに、昨日は知人とブランチに出かけ、今日は飲茶を楽しみました。 


さて、バンクーバー滞在記の続きです。 来週から友人がご家族とバンクーバー旅行を楽しまれるとの情報も得ましたので、少しでもお役に立つべく頑張ってアップします。 笑

前回の続きですが、スタンレーパークでのサイクリングを楽しんだ後は、ホテルに帰り1時間ほど休憩。 その後、夫と友人と5人で待ち合わせて夕食に出掛けました。

向かった先は、前回予約が一杯で行けなかった「金魚」さん。 ローカルの方にもポピュラーで、人気居酒屋です。 レストランレイティングに定評のある「enRoute」で2,3年前にBest New Restaurantにも選ばれたほど、認知度の高いお店。 他にも良いお店の沢山あるバンクーバーですが、1度行ってみたいな・・・と、そしてこの度念願叶いました。 笑

店内に一歩足を踏み入れると、其処は日本です! 元気で気持ちの良いお出迎えの声があちこちからかかります。
窓には格子が付けられ、日本を感じさせる竹など配し、とてもいい雰囲気。

a0110975_13262026.jpg


お品書きの他、お奨めもありますよ。 そうそう、居酒屋といえば、この踊る日本語。

a0110975_13311688.jpg


飲み物をオーダーした後は、いよいよお食事の登場。
最初はネギ塩牛タンの石焼。 熱した石で、ジューーっとして頂きます。

a0110975_1334282.jpg


お刺身のサラダ。 彩がキレイ。

a0110975_13342767.jpg


ラーメンの麺を使ったサラダ。 マヨネーズ味にきゅうりや金糸卵、チキンや高菜などのトッピング。 ビールグラスには金魚のマーク。 

a0110975_1335693.jpg


手羽先ー。 肉厚の手羽先を揚げて、その後甘酸っぱいソースに絡めています。 毎日食べたーい。
お隣はウニの乗ったとろとろ茶碗蒸し。

a0110975_1335446.jpg


シラスとシーフードのかき揚げ、だったかなぁ・・・ かなり記憶が曖昧です・・・汗

a0110975_1344136.jpg


坦々麺。 辛いのが苦手な友人も金魚さんのはいけるそうですよ。

a0110975_13442974.jpg


揚げ出し豆腐~。 きのこたっぷりの餡がかかっています。

a0110975_13451888.jpg


伝説のラム・チョップ !  甘辛のソースに漬け込んであるので、ラムが苦手な方も全然OK。

a0110975_1346656.jpg


さば寿司。 やけに薄っぺらな鯖を使ったお寿司が多い中、こちらのは身が厚くて、お酢の加減も程ほど。
美味しかったぁー。  手前の鯖にフォーカスし過ぎて後ろが全然写っていませんねぇ・・・ 6切れはのっていました。

a0110975_13465279.jpg


〆は日本茶でほっこり・・・。 湯飲みの金魚にも癒されます。

a0110975_13472221.jpg


メニューはあくまで居酒屋ですが、お店の雰囲気や店員さんの感じも良くて、とても良いお店でした。 トロントのローカルの方達にも是非こんなお店を紹介したい。
何度もしつこいようですが、トロントにもこんなお店が欲しいなぁ・・・とやっぱり思わずにはいられないのでした。 9月からランチも始められたようですよ。

a0110975_1348311.jpg


871 Denman St. Vancouver
604-608-1677
人気店の為、予約をお奨めします。


そして、もう1件。 翌日の夕食のご紹介。
この日は夫も私もお昼をしっかり頂いたので、食傷気味・・・。 でも、ホテル暮らしの為、お茶漬けなんて事は出来ないので、友人を誘い3人で出掛けたのは、RobsonxDenman近くのラーメン屋さんの1つ、「弁慶」。 いつも「元町食堂」へ行く私に「弁慶も良いよ。」という夫の選択です。

こてこての外観とは違って、店内はすっきり。 清潔感があり、落ち着けるスペース。

a0110975_14105092.jpg


とんこつ系だけかと思いきや、醤油系やちょっとしたおつまみメニューもあります。

a0110975_14151627.jpg


この日はお腹一杯だったので、とんこつはやめて醤油ラーメン。
さっぱりとして、麺は縮れ麺。 おネギや太目のメンマも乗って好きなタイプのラーメンでした。

a0110975_14111667.jpg


夫は味噌ラーメンに卵をトッピング。 じっくり味をしみ込ませた煮卵がとっても美味しそう。 チャーシューも厚切りで良いですね。

a0110975_14114165.jpg


3人でシェアした餃子。 こちらも日本の餃子と変わらぬ味わい!  

a0110975_1412182.jpg


「元町食堂」さんも美味ですが、「弁慶」さんの醤油もいけました。 こちらも帰る頃には満席。
  
日本ではあまりラーメンを食べなかった私ですが、気付けば、最近はバンクーバーに行く度ラーメンを食べています。
   
弁慶
1741 Robson St
Vancouver, BC V6G1C9
Tel: (604) 688-6980
[PR]
by non_ca | 2009-10-12 23:55 | レストラン&カフェ
お昼の気温は16℃。 
今日はしとしと雨の降る1日でした。

昨日に続いてバンクーバー滞在記。 
3日目の月曜日も良く晴れて穏やかなお天気。 朝ブログのアップをした後は、前日に続き「ザ・バンクーバーな観光」をするべく、出掛けました。
向かった先はダウンタウンのGeorgia St. x Denman St. にある自転車レンタルショップ SPOKES、ここで自転車を借り目の前に広がるStanley Park をぐるりと1周回ってみようと計画、 海沿いの景色を楽しみつつサイクリングが出来ます。


a0110975_12262018.jpg


お店には2人乗り自転車や、子供用のカート付きの物、マウンテンバイクや日本で良く見かける小さなタイヤのタイプまで様々なタイプの自転車が揃えられています。 
好みのタイプを選んで、さぁー、サイクリングスタートです! 


コールハーバー沿いを北上すると、間もなくダウンタウンのビル群が見えてきます。 先日はこの対岸辺りを散歩して、夕暮れの写真を撮りました。(その写真はコチラ

a0110975_12503861.jpg



自動車、自転車、歩行者のコースが完全に分かれていて、サイクリングも安全で快適。
少し進むとトーテム・ポールの広場に出ました。

a0110975_135881.jpg


太陽に向かい、地面からまっすぐ天に向かって建つトーテムポール群。
顔のように見える1つ1つのデザインには、それぞれ意味があるので、暫し足を止め説明を読みます。

a0110975_1355067.jpg



再び自転車に乗り、着いたのはBrodkton Point。 右手後方にはダウンタウン、前方にバラード入り江を挟んでノース・バンクーバーを望みます。

a0110975_13123735.jpg



現役と思われる灯台もありました。 バラード入り江を行き来する、船達の安全を見守って来たであろう灯台です。

a0110975_13212581.jpg


左手にはライオンズ・ゲート・ブリッジとウエスト・バンクーバー。 

a0110975_13255638.jpg



暫く走ると、先ほど遠くに見えていたライオンズ・ゲート・ブリッジの袂をくぐります。 
この辺りはスタンレー・パークの北側に位置し、岩陰になるので少し空気もヒンヤリ。 

a0110975_13325494.jpg


そんな道を走り続けると、公園のの西側に出ました。 景色が一気に広がります。 
写真はSiwash Rock。 ここまで約5kmです。 

a0110975_13333864.jpg


Third Beachでは、暫し足を止め日向ぼっこ。 この辺りまでやって来ると愛犬とお散歩する人や、ベンチでのんびり読書を楽しむ人を、沢山見かけるようになりました。 

a0110975_13514347.jpg


更に進んでいくと、イングリッシュ・ベイ越しに、対岸にキツラノが見えてきました。
眺めのよいベンチを見つけて、遅めのランチタイムです。 

a0110975_13561461.jpg


今日のランチはブルーベリーマフィンやバナナローフ。 お日様の下で美しい景色を眺めながらのランチは格別 。

a0110975_1413123.jpg



最後は海沿いの道を離れ、公園内を走ります。 

a0110975_1432546.jpg




サイクリングの終わりに着いたLost Lagoonでは、メープルリーフが赤く葉を染めていました。

a0110975_1435884.jpg


美しい景色を見つける度に足を止め、シャッターを切り、 また走っては止まって景色を眺め・・・。 約10km、2時間弱のスタンレーパークを巡る楽しいサイクリング。 

春になったら是非また来てみよう。

 
[PR]
by non_ca | 2009-10-09 22:41 | お出かけ
お昼の気温は17℃。
最高気温が20℃台を切り始めました。 5日振りのトロントは秋が一気に深まったようです。

バンクーバーステイの続きになりますが・・・
滞在2日目の日曜日は雲ひとつ無い青い空が広がりました。 

暮す様に滞在しているバンクーバー。 この地に長く暮す友人が多いので、いつもおんぶに抱っこな私。 おかげ様で、バンクーバーの美味しい所だけをかいつまんで楽しんでいます。 約2年の間に10回位は来ている筈なのに、実は所謂「観光らしい観光」をした事がありませんでした。  せっかくの秋の行楽日和の週末、ホテルやショッピングで時間を潰すのは勿体ないので、「ザ・バンクーバーな観光」をしてみる事にしました。 

向かった先はダウンタウンからHornby St.をずっと南西に下った、バラード・ブリッジの足元にある船着場。 ここにミニ・フェリーの桟橋があります。


a0110975_957893.jpg


そして、目指すのは対岸にあるGranville Island のパブリックマーケット。 有名な観光スポットですが、市民の台所としても人気の場所です。 ここは観光気分を盛り上げる為にも、バスではなくミニフェリーを選択しました。


a0110975_107383.jpg


空港からホテルへ向かう途中、いつも眺めている景色、実際来てみると対岸のグランビル・アイランドはすぐ目と鼻の先です。 ミニフェリー( アクアバス) に乗り込み、2ドルの乗船料を払っていると・・・ 対岸へ、はい、もう到着でーす。  5分乗っただろうか・・・ 乗っていないと思う。 
去っていくミニフェリーを見送りつつ、いざグランビル・アイランドに上陸ー! 


a0110975_10335811.jpg


見晴らしの良いデッキで、日光浴やランチを楽しむ人達。 
視線を左に向けると、先ほど渡って来たフェリー乗り場が対岸に見えます。


a0110975_1035563.jpg


自然光の差し込む明るいマーケット内。 
野菜や魚などに混じって、可愛いタルト屋さんも


a0110975_12111043.jpg


「TEA」と看板の架かった御茶屋さんでは、店員さんとお客さんが熱心なやり取りをしています。


a0110975_12173617.jpg


こちらはハーブ屋さん、壁にはハーブの入った瓶がズラリと並びます。


a0110975_12202785.jpg



マーケット内で昼食を調達して、デッキでランチタイムを楽しみました。
目の前にはバラード・ブリッジ、中央奥にはスタンレーパークの緑、そして奥にはイングリッシュ・ベイ越しにウエスト・バンクーバーを望みます。 この景色を見るだけでも、何だかバンクーバー観光をした気分になります。


a0110975_12324169.jpg



さて、食後はミニフェリーに乗りイエールタウンへ移動。 
暫し散策を楽しんだ後は、ダウンタウンにあるホテルへ急いで戻りました。 実は、この日、夫は別に食事の予定があり、それを知った優しいカバン持ちさん夫婦が、夕食のお相手をしてくれる事になっていました。 いつもありがとうございまーす。

ホテルでピックアップをして貰い、連れて行ってもらった先はフレンチ・ビストロ 「Les Faux Bourgeois」。 共通の友人J 子さんとお食事をされて以来、カバン持ちさんのブログに頻繁に登場するこのビストロ。 何処に行くのか知りませんでしたが、きっとお気に入りのこのお店・・・と、実は密かーに期待をしていました。 

店員さんとも顔なじみのお2人、一体どれだけ通っていらっしゃるのでしょうか・・・汗 
メインを決めて、前菜は3人でシェアする事になりました。 注文は勝手知ったるお2人にお任せ。


4種のサラミの盛り合わせ~ 添えられたアプリコットやフィグ、コルニッションと一緒に頂きます。 
中央の赤い器にはポークパテ。 パンに載せてパクリと頂くと、ワインと相性良し。 


a0110975_13233820.jpg



アルザススタイルのピザ。 カラメライズされた玉ねぎの甘さとフレッシュで軽いチーズが堪りません。 
写真を撮っている私達を待ちきれないジョバンニさん、お向かいでお食事開始~。 笑

a0110975_13243284.jpg



ジョバンニさんと私のメインのラムのブルギニョン。 少々お塩強めでしたが、色々な食感のラムを一皿の中で頂けて幸せ♪  紫キャベツのピクルスとマッシュドポテトが添えられ、ビストロな雰囲気です。 

a0110975_13245839.jpg



カバン持ちさんは好物のダック・コンフィー。 皮がパリリと焼き上げられていて、美味~。

a0110975_13252723.jpg


開店間もなくから満席状態の店内。新しいお店ですが、開店以来人気が続き、予約がなかなか取りにくいのだそう。  日が沈む頃にはキャンドルに灯りがともされ、カジュアルながらもとても寛いだ良い雰囲気です。

a0110975_1326012.jpg



デザートは注文せず、コーヒーを頂いてお店を後にしました。 

a0110975_13262752.jpg



一旦ホテル近くまで来て、そろそろお別れ・・・という所で、ある提案が。 で、向かった先はホテル付近かと思いきや・・・来た道を途中まで戻り、そこから更に車は違う方向へと進んでいきます。  

着いた先はLa Casa Gelato。 
やはり、ジェラート無くしてこの方達は語れません。 
このお店、なんと常時218種類のアイスをおいているんですって。 それも自社工場で作っているというから驚き・・・。 写真はカバン持ちさんのスプモーニ、ジョバンニさんはブルーチーズ。 私は、ジョバンニさんにドリアンを勧められたけれど、丁重にお断りしてイチジク&アーモンド を頂きました。 しかし、これだけ選択肢があるのは凄い!  美味しかったぁ・・・。

a0110975_13271083.jpg
 


あぁー、それにしてもなんて充実の1日。 やる気になれば1人でも観光は楽しめる物ですねぇ・・・笑 


カバン持ちさん、ジョバンニさん、美味しいお食事をご馳走様でした。 お喋りにも花が咲きとっても楽しい夜になりました。 お腹も気持ちも大満足ー!
 
[PR]
by non_ca | 2009-10-08 07:02 | お出かけ
ただ今、トロント時間の深夜2時、バンクーバー時間の夜11時です。

4時過ぎの便に乗り、約4時間半のフライト+3時間の時差で、夜の12時頃自宅に帰りつきました。 やっぱりわが家は落ち着きますねー。
 

a0110975_14513643.jpg
 


今回も楽しい事が盛り沢山だったバンクーバーステイ、写真も沢山撮ったので、明日からボチボチアップしようと思います。

今頃になって時差が取れ、バンクーバー時間に慣れてきたのか困った事に目が冴えています・・・汗
でもそろそろ寝なくっちゃ、もともと寝ぼすけなんだからさ・・・。



さぁ、3本目のバトンが走り出しましたー! 
是非「あくび@NY」をご覧になって下さいね。
あくびさん、お疲れ様でした。

 
[PR]
by non_ca | 2009-10-08 02:45 | お出かけ
うっすら雲のかかった空のバンクーバー。 夕方になって青い空が雲の合間に顔を覗かせました。 
今日も楽しい企画があり、昼食はダウンタウンのレストランへ。  美味しい食事と共に楽しい時間を過ごし、先ほどホテルに戻りました。 
書く事がだんだん溜って来ましたが、その話はまた後日・・・。 汗  


昨日の続きになりますが・・・
麒麟で美味しい中華を楽しんだ後は、ホテルでしばし休憩。 その後お散歩も兼ねて夫と二人、夕焼けに染まり始めたコールハーバーへ向かいました。
夏のような活気はありませんが、秋の夕暮れも情緒があってとても素敵です。

a0110975_8383947.jpg


そんな秋のコールハーバーを楽しんだ後は、Nさん邸へ。 シティーホテルの様なスタイリッシュなフロントを抜け進むと、ご主人のVさん、Nさん、そして可愛いEちゃんが変わらぬ笑顔で迎えてくれました。 

もはや我が家のバンクーバーステイには欠かす事の出来ない行事になった、Nさん邸でのホームパーティー。  その名も「今年の初物の松茸を食べるぞ~」の会です。  昨年もNさん邸で焼き松茸を頂きました。 今回の参加者は、Nさんファミリー3人、友人Sちゃん、共通の友人カバン持ちさん夫妻、そして「バンクーバーの魯山人様ことA氏」(名前の由来についてはカバン持ちさんのブログのコチラをどうぞ。) と私達2人の計9人です。

全員揃うまでソファーに座って歓談タイム。 と、早速美味しい品々が登場しました。
まず一品目は、からすみ大根ー。 カナダでからすみ、それも太っ腹な厚切りです。


a0110975_8571130.jpg
 

続いて、湯葉と銀杏の煮浸し、それから、たたみイワシにチーズをサンドして焼いたもの。 
彼女は仕事にお母さんに、ゴルフにワインに、カラオケも…?! とにかく大忙しな女性ですが、その上お料理上手。 いつも手作りの料理でもてなしてくれますが、おつまみ系がまた気が利いていて上手です。


a0110975_932021.jpg


魯山人さまのお料理話など、お伺いしようと思ったところで、可愛いEちゃんから2階のEちゃんのお部屋へのお誘いが・・・。 このお誘い、毎回幸運にもEちゃんのご寵愛を受けた約1名しか受ける事が出来ません。 なので、A氏の興味深いお話の途中で、失礼ながらEちゃんのお部屋でバービー遊び♪  
この9月からバンクーバーの名門幼稚園に通いだしたEちゃん、周りの心配をよそに、誰に似たのか初日から幼稚園でクラスメートを仕切っているそうです。 私も「I’ll go get the prince, but you have to stay here」なんて真顔でご指示を受けました。   またこれが可愛いのです・・・。 笑
 

そうこうしている内、全員集合したので、いよいよお待ちかねの松茸タイム!
25cmX20cm位のバスケットに大きな松茸が一杯です。


a0110975_9263862.jpg


これを、Nさんが日本から持ち帰ったという、2台の七輪で焼き松茸にして頂きます。  炭はこれまた備長炭というこだわり。 

バンクーバーからアメリカのオレゴンの辺りまでは松茸の産地。 日本の国産物に比べれば、多少香りは劣りますが、何と言ってもリーズナブルなので、日本では考えられない程たっぷり頂く事が出来ます。

まるで焼肉屋さんでも行った様に、焼いては食べ、焼いては食べ・・・ 
芳しい香りとシャキシャキした触感を楽しみつつ、時々かぼすもきゅっと絞ったりして・・・ 
なんて贅沢なんでしょう。


a0110975_9341595.jpg



皆さん松茸を堪能した後は、これまたお待ちかね、串焼きタイム。 
Sちゃんがテイクアウトしてくれた、「ざっ串」の串焼きの登場です。  (以前お店に行った話はコチラ )
煙が出るので七輪をテラスに移して、真っ赤になった備長炭でさっと炙って温めます。  私が写真を撮ろうとしていると、優しいVさんがサーチライトで照らしていてくれました。  ありがとー!

a0110975_9452643.jpg
 


串焼きの御供は美味しい日本酒、それから森伊蔵さんも登場。

a0110975_10105418.jpg


その他、美味しいおでんや、お料理の数々・・・

a0110975_10141426.jpg


そして、締めはやっぱり松茸ごはん、それに松茸のお吸い物ー。

a0110975_10192784.jpg


今回集まったメンバーは、バンクーバーの魯山人様を筆頭に、皆さん美味しいものを食べるのが大好きな面々。 この日も美味しいお食事とお酒を囲んで、さらに美味しいもの談義。  あっという間に気づけば5時間、とても楽しい夜になりました。

Nさん、Vさん、今回も心のこもったおもてなしの数々、本当にありがとうございました。 
また会えるのを楽しみにしています。



この日の様子を、「バンクーバー不動産やのカバン持ち」のカバン持ちさんもブログに書かれています。 彼女のブログはコチラから
[PR]
by non_ca | 2009-10-06 17:31 | お出かけ
只今朝10時を過ぎたところ。 快晴のバンクーバー、今日も良い日になりそうです。

話は戻りまして、土曜日こと・・・
前夜はのらりくらりとしていたら、パッキングを終えたのが午前2時。  そして出発の朝は9:30の便に乗るべく6:30起床、そのせいもあって機内では離陸直後から、私記憶を失いました・・・。  うつらうつらとして、起き上がって旦那様に聞いてみると、すでに2時間経過との事。 えぇーっ、30分ほど寝たつもりだったのに・・・ 汗  初めの頃はこのフライトの長さをもてあまし気味だった私ですが、幾度となく繰り返すうち、最近では自分なりに快適な過ごし方を編み出している模様・・・。 どこへ行っても結局逞しく暮らしてい行く私です。 笑 

そうこうしていると、眼下には西海岸の海が見えてきました。 今回も楽しい予感が一杯のバンクーバーステイ。  間もなく到着です!

a0110975_2181239.jpg


到着したのは11:00頃、ですがトロント時間では既に2時を過ぎているのでお腹が空いてきました。 で、空港からホテルに向かう途中、旦那様に質問。 「お昼ごはん何が食べたい? 1.元町食堂のラーメン、 2.洋食屋さんの洋食、 3.DONBURIYAさんの丼ぶり、 4.コリアンでスンドゥブ」  彼「何でも良いよ、お任せしまーす。」 
その夜は、既にお楽しみの美味しい予定が入っていたので、ここはやっぱり軽めに済ませたい。 心はご飯とスンドゥブにかなり決まりかけていました。 で、チェックインを済ませ、さぁ出かけましょう!となった処で...
彼「そういえば、麒麟もうすぐ閉まるんだったよねぇ(カバン持ちさん情報)、やっぱりその前にもう一度坦々麺食べなくちゃダメでしょー。」 と言い出しました。  えぇー、お任せじゃなかったの・・・?! 


で、向かった先はダウンタウンの麒麟川菜館。 噂通りビルの一部は既に工事で形がありません。 こんなに大掛かりな工事とは・・・、そして壁を一枚隔てた麒麟が営業しているのにまたビックリ。

入口も移動していて迷いつつ、どうにか無事着席。 広い店内ですが、12時をほんの少し過ぎた時点で中華系のグループを中心にこの日も満席。  相変わらずの景況振りです。

a0110975_3193895.jpg



お目当ての他に何を注文しましょうか・・・
こちらでは香港系の美味しい中華が頂けます。

a0110975_3212228.jpg



まずは、お待ちかねの坦々麺の登場です。
日によって味がまちまち、と噂の坦々麺。 この日は薄味?と思ったけれど、下からかき混ぜたところちょうど良い加減。 やっぱり美味しー!

a0110975_3233994.jpg
 

次に運ばれて来たのは、ソフトシェルクラブ。 トウガラシやフレッシュのハラペーニョでスパイシー。 ガーリックフライやお葱にニラ、たっぷりの香味野菜が添えられ、これまた美味~! 結構ピリピリ来ます。

a0110975_3335648.jpg
 


シーフードとフルーツの春巻きも頂き、最後の一品はこちら。 蒸したオーガニックのチキンです。

a0110975_3413188.jpg


実は飲茶メニューの 「蒸し鶏のナントカ・・・」を注文しましたが、ウエィターさんが間違えちまきが来ました。 炭水化物はもう入らなかったので、チキンをお願いしたところ、この一品登場。 大きなお皿にドンと盛られたチキンを見て嬉しそうなわが夫。 でも、どう見たって飲茶メニューじゃないんじゃない…?! 
請求書を見てみると、案の定×2程のお値段。 ですが、オイルベースの生姜味のソースとコリアンダーと一緒に食べるとが、これまた何とも美味しくて、しっかり堪能したので良しとしました。

a0110975_354036.jpg



さて、お部屋に戻って休憩した後は、お出掛けの準備です。
その日は友人Nさん宅でのお楽しみの会。 いつも心尽くしのおもてなしで歓迎してくれる彼女と、可愛いEちゃんにちょっとお土産です。

a0110975_41961.jpg


空気がますます乾燥するこれからの季節、ロングストレートヘアの美しいNさんには、乾燥を防いでサラサラに仕上げてくれるMOROCCANOIL。 それからMoRoCoのチョコを2種。 Eちゃんには、喜ぶ顔が見たくって、可愛いmiceを一匹購入。 
いそいそとバックに詰めて出掛けました。 




*カバン持ちさん情報によりますと、ダウンタウンにある麒麟川菜は、10/19から2月まで改装工事のためクローズ、オリンピックの頃またオープンするそうです。
[PR]
by non_ca | 2009-10-05 10:52 | レストラン&カフェ