平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お昼の気温は7℃。
お日さまが出たり曇ったりのトロント。 この季節、西海岸のバンクーバーほどではありませんが、日が短くなるのに合わせた様にお天気も不安定になります。 トロントと言えばやはり高くて青ーい空 ! あぁ、早く戻って来て欲しいものです。

今日は特に何処にも出かけず、ゆっくり家で過ごしました。 
夕食の後、トロントの美味しい物をよく紹介されているmitan_booさんの「CANADA DAYS」を見せて頂いていたら、何とも美味しそうなワッフルのお店が。
「わぁー、美味しそうなワッフル」と読み進めていくと、何だか見覚えのあるインテリアではありませんか・・・。 そうです、10月の始めバンクーバーから帰った翌日、お土産をお渡しするべくYukoちゃんと待ち合わせたところ、彼女が「美味しいベルギーワッフルのお店」と連れて行ってくれたベルギーワッフル屋さんです !  
ブログ用にと写真にも協力してもらって撮っていたのに、日本に帰ったまま、あらら・・・すっかり忘れていました。 
こうやって連れて行ってもらったり、教えてもらって行ったにもかかわらず、アップが追いつかなかったり、写真を誤って消してしまったりで埋れたお店が過去にも幾つかありました。 ごめんね、Yukoちゃん。
mitanさんはお食事系のワッフルでしたが、私達はデザート系を頂いたので、ご紹介がてら随分前の事ですが、アップしたいと思いまーす。


a0110975_1428672.jpg


お店の名前は「Le Petit dejeuner」家具屋さん通りと言われるKing St. Eにある「Hiro Sushi」さんのすぐ側にあります。 お向かいにはGeorge Brown Collegeというロケーション。 セントローレンスマーケットからも遠くないし、この辺りには定期的にやって来るのですが、考えてみればお茶をした事は殆ど無く、こんな可愛らしいお店があったのねと驚きでした。 

店名はフランス語だけれど、店内には鮮やかなグリーンのシートが置かれて、どちらかと言うと古き良きアメリカのダイナー風。 知らずに入ったら、このお店でワッフルは絶対に頼まないと思います。 

a0110975_1428521.jpg


が、ここのワッフルが「すっごく美味しい」と言うYuko嬢に連れて来て貰いましたから、迷わずワッフルを注文致しました。
良い香りと共に運ばれてきたのが、こちらのワッフル2品。
Yukoちゃんはストロベリー&クリーム添え、私はシンプルにパウダーシュガーとメープルシロップです。

a0110975_14282134.jpg



ナイフを入れると、これがまた想像以上の軽さと軟らかさ・・・
外は香ばしくカリリと焼かれていますが、中はふんわりとても軽やかです。  

a0110975_14283689.jpg

失礼ですが、「えぇー、こんな美味しいベルギーワッフルがトロントで食べれるの・・・」と心の中でつぶやいてしまいました。 
もう随分前の事ですが、ベルギー、ルクセンブルグ、オランダ、イギリスと2週間かけて夫と旅をした時、ブリュッセルで頂いた軽ーい食感のワッフルの事を思い出しましたよ。

外に置かれた小さな看板には、今日のスープやキッシュやサンドイッチの文字。 スープは手作りの日替わりで、毎朝作ったフレッシュな物を出されているそうです。 これからの寒い冬、温かいスープを試してみるのも良いかもしれませんね。


さて、その時Yukoちゃんが貸して下さったのが、こちらの本「写真の撮り方手帖」です。 
秋の始めに念願の一眼レフを手に入れましたが、まだまだ楽しむと言うには知識も技術も足りない私。 出会いがしら的にしか良い写真が撮れません。 で、以前から一眼レフで素敵な写真を撮ってブログに載せている彼女に、あれやこれやと質問をしていたところ、分り易く説明をしているこの本を「良かったらどうぞー。」と持って来てくれました。 ありがとう。

a0110975_14544399.jpg

そろそろお返ししなくては・・・と思いつつ、長々とお借りしてすみません。

何事も感覚と直感で生きている私は、沢山撮って何か問題にぶつかるとマニュアルを読んで、なーるほどと問題解決をするタイプ。 対して何事も理詰めな夫は、カメラに限らずですが、機能に興味津々でマニュアルを読むのが大好き。 けれど何故か写真を撮る事には興味が沸かないようです・・・。

(因みに今回のカフェの写真はコンパクト・デジカメで撮影しました。)

その日Yukoちゃんを呼び出してお渡ししたのは、バンクーバーから持ち帰った松茸でした。 幾つか注文を受けて持ち帰った内、わが家の分を少しだけお裾分けしました。
どれだけ前の話なのかは、これを聞けば分かって頂けるでしょうか・・・。 反省

a0110975_14291186.jpg

[PR]
by non_ca | 2009-11-28 23:26 | レストラン&カフェ
お昼の気温は8℃。 

来週半ばから、NYCに旅行に来る友人がトロントにも遊びに立ち寄ってくれるとの連絡。 計画を立てるために先の天気予報を調べてみた所、マイナスの文字があちこちに、そして最高気温を示す折れ線グラフは、日を追う毎にひたすら右下がり・・・。 よりによって何故友人の来る来週から? と思いますが、気が付けば来週はもう12月。 いよいよトロントも本格的冬シーズンを迎えそうですね。


さて、昨日の大阪日帰り旅行の続きですが・・・
絶品のお好み焼きをMさんにご馳走になった後は、食後の運動も兼ね中ノ島を散策する事になりました。 この辺りには明治・大正時代に立てられた、歴史的建造物が文化財として多く保存されていて、その多くは今も利用されているそうです。
淀屋橋を渡り土佐堀川沿いに進むと、小柴位ありそうな大きな白猫がお出迎えをしてくれました。

a0110975_12301436.jpg


錦のトンネルを抜け、歩みを進めると・・・
明治37年に住友左衛門が図書館として寄贈したという、立派な柱が印象的な建物が。 こちらは今も大阪府立中ノ島図書館として利用をされているそうです。 今直色あせる事の無い、贅を尽くし意匠を凝らした重厚な建物に、この時代に活躍し生きた方達のスケールの大きさを感じずにはいられません。   

a0110975_12315885.jpg


更に進むと・・・
日本最初の懸賞設計競技で優勝した原案を元に、明治を代表する建築家が設計をしたという、大阪府立公会堂。 図書館に比べ幾らか女性的な印象を受けるのこの建物は、当時「赤レンガの公会堂」と呼ばれ親しまれていたそうです。

a0110975_1237356.jpg


お日柄も良かったのか、通りに面したレストランでは結婚式が開かれようとしていました。
その宴に参加をされる方たちなのか、着物姿の若い女性の姿もちらほら・・・   着物ならではの美しい色合いや、古典柄を綺麗に着こなす若い方達を見て、関西の日本文化の奥深さを感じました。

a0110975_13101496.jpg


その他幾つかの建物や、福沢諭吉を始めとする多くの明治維新の立役者を輩出した、緒方洪庵の「適塾」跡など見ながら散策を楽しみました。 


さて、その後は・・・ 
日が傾き始めた事も気にせず、大阪に越して来て一男一女の母になったMさんの可愛い双子? に会うべく、大阪の中心街から程近いお宅へお邪魔致しました。


男の子の方は恥ずかしがりやサンという事で、始めに近くまで来てくれたのは女の子の「高嶺ちゃん」。 

お盆がお気に入り。 

a0110975_1257419.jpg

 

初めは突然の訪問者に「あなた誰なの?」ってな感じでしたが、時間が経つにつれリラックスした愛らしい姿を見せてくれました。 

オシャレな加湿器の上で寛ぐ高嶺嬢。 くるりと巻いたしっぽが可愛い・・・



       「ぐぅーーー」         「え、撮ってるの・・・」    

a0110975_13165820.jpga0110975_1318424.jpg




そして、帰る頃に漸く姿を見せてくれた長男の「富士男くん」。



           「こんな感じ、どうでしょう・・・?」

a0110975_13231281.jpg


楽しい時間はあっという間に過ぎる物、大阪にいる事も何時しか忘れ、あれこれと取り留めの無い話をする内、すっかり良い時間になっていしまい、話はつきず名残惜しいのですがMさんのお宅を後にしました。

実家に帰ってみれば、時計は間もなく夜10時。 遠出にしては随分なスロースタートでしたが、久し振りに会う友人と、ふとご近所で暮した頃の日常に戻ったような、リラックスした時間を過ごす事が出来ました。

「来年こそはトロントに遊びに行くからね。」と言っていたMさん、色々計画を用意してお待ちしていますよ。 でも、無理はしないで下さいね。  楽しい時間をありがとう。

*Mさんのご主人は山をこよなく愛する方、愛猫のネーミングなるほどですよね。

 
[PR]
by non_ca | 2009-11-27 11:01 | お出かけ
お昼の気温は11℃。 
昨年の今頃に比べて随分と暖かなトロントです。 因みに今年の冬は記録的な温かさとか。
 
平日は仕事で忙しい友人が珍しく午後半休というので、お土産を渡しつつ、今日は一緒にお昼ごはんを食べました。 

a0110975_13545449.jpg

今週月曜日に近所のクリニックでH1N1の予防接種を受け、その夜から酷い打撲か筋肉痛にでもなった様だった腕の痛みも徐々にひき、3日経った今日は痛みも全くなくなりました。 やれやれこれで一安心と言いたい所ですが、今度は季節性のフルショットを受けるかどうか、非常に悩ましい所です・・・。  


さて、慌しく過ぎた日本滞在ですが、再び当日の朝になり予定外にぽかりと自由な時間が取れる日がありました。 同じ市内に住む友人は、数日前に訪ねたばかりでしたし、(その話はコチラから) さてどうした物かと・・・。 
済ませておきたい買い物もあるので、ぶらぶらと出掛けるかと思いつつも、ある友人の事が気になります。  
それは、現在はご主人の関係で大阪に暮らすMさん。 トロントに越してくる前数年住んだ場所で、グルメにテニスに、ドライブにお散歩にと楽しい時間を沢山共有した友人です。 

大阪⇔名古屋は新幹線に乗れば1時間足らずの距離、フットワークが軽いのが取り得の私、1時間近く迷った挙句、11時になり、思い切ってMさんに連絡をしてみる事にしました。 すると、幸運にもその日は予定が空いているとの事。

急いで仕度をし、実家から名古屋駅へ、そして新幹線に乗り・・・

a0110975_143811.jpg


途中の京都で下車したい誘惑に駆られつつ・・・、 着いたのは「新大阪」。
約2年半ぶりに大阪まで行って参りました。 

a0110975_1439138.jpg



突然の私の訪問に、待ち合わせの場所へ息を切らしながら来てくれたMさん、バックには数冊のグルメ本が入っていました。 前住んでいた場所でもグルメ本を見ては新規開拓を怠らなかったMさん夫妻、大阪でも健在なのねぇと嬉しくなりました。 さて、彼女が幾つかの候補の中から選んでくれたのは・・・


道頓堀にある、お好み焼きやさん! 
商店街を抜け・・・

a0110975_1503763.jpg


友人のご主人曰く、世界一美味しいたこ焼きやさん「大だこ」。 若かりし頃、大阪出身の友人に連れて来てもらいました、ココだったのねぇ・・・。 が、今回は横目に通り過ぎ・・・

a0110975_1554159.jpg


着いたのは「道頓堀 お好み焼き 美津の」さん。

a0110975_15215458.jpg

厚みが3cm あるという、立派な鉄板のあるカウンター席に座り、注文は度々来ているという友人に任せて、セットメニューから「なにわの味セット」を注文します。

a0110975_1513012.jpg


お隣では美味しそうなお好み焼きが・・・ ゴクリ。  お断りして撮らせて頂きました。

a0110975_15371012.jpg


さて、1品目は「山いも焼き」。  粉は一切使わず、山芋だけ生地を作られているそうです。 確かに軽くて「何これっ? なふわふわ食感」。 冷えたビールと共に頂きます。
 
a0110975_154247100.jpg


二品目は「ミニ美津の焼き」。 ぽってりとして美しぃー、これぞ大阪のお好み焼き!

a0110975_1548646.jpg


続いて「ネギ焼き」。
こんにゃくが入っていたり、胡麻を沢山使っていたり、今まで食べた江戸前のネギ焼きとは全く違いますが、これまた癖になる味。 半分だけマヨネーズソースを掛けて貰いました。

a0110975_15513824.jpg


最後は「焼そば」。 大阪といえば、この太麺の焼そばですよね !

a0110975_1556373.jpg


一度にお好み焼き3種と焼そばを堪能するのは、初めての事。 普段はなかなか食べられないネギ焼きや、山いも焼きも堪能して、何とも大阪らしい昼食に大満足。

有名店のカウンターで、カメラはどうかしら・・・、と心配でしたが、店員さんは皆さん親切で「私達2人+お好み焼き」の写真も撮って下さったりと、味、サービスともとても良いお店でした。



道頓堀 お好み焼き 美津の
TEL 06-6212-6360
所在地 大阪府大阪市中央区道頓堀1-4-15
営業時間11時~22時(L.O.21時30分)
年中無休


食後は近所のお土産やさんで、たこ焼きの携帯ストラップを見たり・・・

a0110975_16123517.jpg


その後は中ノ島の観光と、お宅にもお邪魔したりと盛り沢山だったのですが、ちょっと長くなってきたので続きはまた次回にします。


  
[PR]
by non_ca | 2009-11-26 23:49 | レストラン&カフェ

I'm back in Toronto!

またまた、ご無沙汰をしております。

a0110975_12523527.jpg


先週半ばの事ですが、久し振りにトロントに戻って来ました。

この日は晴天、かなり寒くなっているだろうという私の予想を裏切るような良いお天気。 今年のトロントは、暖かな過ごし易い日が続いているそうです。
 
空港から自宅へ向かう車窓から、ダウンタウンが見えてきた時には、「あぁ、帰ってきたんだな・・・」と実感。 建築中のビルまで何だか懐かしく、愛おしい物の様に思え、まるで私の帰りを待ってくれていた様な、大きな勘違いをしてしまいそうな気持ちになりました・・・ 笑 

a0110975_1253242.jpg



さて、今回の一時帰国ですが、9月の中頃まで元気にゴルフを楽しんでいた父が病に倒れ、実家のある名古屋を中心に病院と実家を行ったり来たりして過ごしていました。 私もこんなに歳をとった訳ですから、当然両親も歳を重ねて行くのですが、やはり自分の親だけは、いつまでも元気でいてくれる様に思ってしまうものです。 

そんなこんなでブログの更新もすっかり滞ってしまいましたが・・・、父もそれなりに落ち着いたので、自宅のあるトロントへ1月振りに戻って来ました。  今回の日本滞在では、あまりお知らせするような出来事も無いのですが、突然のラブコールにお付き合いをしてくれた友人との楽しいひと時など、またアップ出来たらと思っています。
  


さてさて、1月も不在にした家の心配事といえば・・・
コンシェルジュに託していった植木鉢達。

私の心配をよそに夏にはつけなかった可憐な花を咲かせていました。 2週間先に戻った夫曰く、私の不在中次々と花を咲かせていたとか・・・ ちょっと複雑な心境ですね・・・汗
「水遣りはどれ位の頻度でするのか?」 「日当たりはどうしたらよいのか?」 と親身になって聞いてくれ、不在中お世話をしてくれた彼らに感謝です。 
いっそこれからもお願いした方が良いのでしょうか・・・?

a0110975_1253519.jpg


大した買い物もしていないのに、やはり行きよりも増えてしまった荷物達。
段ボール箱には書籍を沢山詰めたので、大きなトランクと一緒に宅急便で成田空港へ送りました。 重くて大きな箱には紐を掛けておかないと、ターンテーブルでピックアップする時に大変な事になるので、持ち易い様に紐を掛けてたのですが、成田空港の出発ロビーで受け取った箱にはその影も形も無く・・・ 紐が無いかと聞いてみたところ、1F まで行かないと無いとか・・・。 しょうがないのですが、ちょっとがっかり・・・   

a0110975_1254424.jpg

この日は静岡であった事故の影響で、一時新幹線が全線でストップ。 その影響で成田到着も少し遅れたので、荷物を満載したカートを持って1Fまで戻る余裕も無く、とりあえずチェックインカウンターに行って事情を話してみました。 
成田⇔トロントの直行便はエアカナダとANAの共同運航便で、私はマイレージの関係でエアカナダでチケットを取るのですが、カウンター付近にいたANAの年配の男性が 「ビニールテープしか無いけれど、出来るだけやってみましょう! 」 と二つ返事で重たいダンボールをグルグル巻きにして下さいました。 持ち手にと工夫して付けて下さった部分は、トロントで持った瞬間にブチリと千切れてヒヤリとしましたが、おかげ様で壊れる事も無く、無事自宅まで持ち帰ることが出来ました。 
ばたばたと過ぎていった日本での最終日でしたが、親切で優しい対応に心がポッと温まりました。


さて、日本で最後に食べた物はと言えば、ラウンジで頂いた「山菜そば」です。 
帰宅後夫に何を食べたかと聞いたら、夫も「山菜そば」との事でした。

a0110975_1256769.jpg

駆け込んで大急ぎでシャワーを浴びて、時計を見れば、既にチケットに書かれている搭乗時刻を10分も過ぎています。 「でも5分あれば食べられるでしょう?! 」と自分に問いかけ、即注文いたしました。
ふと顔を上げると、隣のテーブルでも同じように猛烈なスピードで山菜うどんをかき込む女性が1人・・・。 後になり、機内で洗面に行こうと立ったところ、その女性もトロントへ向かう同じ便に乗っていらっしゃいました。 同じ思考回路を持つ方を見つけて、ちょっと嬉しくなった瞬間でした。 笑

機内では、帰りは和食はやめて洋食にしてみました。 
前菜のサーモンのタルタル、盛り付けも綺麗で美味しかったです。

a0110975_12564482.jpg



そして、夕方にトロントへ到着。 その日の夕食は久し振りにパールさんへ。

お店の方お奨めの 「本日のスペシャリテ・鶏の手羽のちまき」。 手羽は外側がパリパリに揚げられていてクリスピー、中はモチモチとしたちまきの詰め物でとても美味でした。
一緒に頂いたのは、お店の方お奨めの上海風ビーフ入り焼きそば。 ちょっと日本の焼きうどんに似ていますが、こちらも美味です。

a0110975_12545439.jpg


もう一品は、時々オーダーをする 「スノーピーリーブス(絹さやの葉)のガーリックソテー」。 こちらの味も何だか懐かしく感じられました。

a0110975_12553189.jpg



今日は一時帰国前からの懸案だった、トロントにお住まいの素敵な女性と昼食を楽しんできました。 目上の方なので、ちょっとカメラ片手に昼食とも行かず、残念ながら写真では紹介できませんが、とても良い時間を過ごしました。
夫曰く、帰宅以来 「放心状態で無気力」 だった私ですが、それは時差ぼけのせいという事にして・・・ 今日から完全復活宣言いたします。 笑


ただいま。

トロントに暮して2年と3ヶ月余り、時々不便と感じる事もあるけれど、今はここが私の一番寛げる場所になりました。
 
[PR]
by non_ca | 2009-11-24 10:10 | お出かけ

平日だと思ったら・・・

またまたご無沙汰していまーす、そしてまだまだ日本です。

今日の日中の気温は21℃あったとか・・・、日本の11月は暑いです。  
長袖のカットソーにレザーのジャケット、ブーツを履いて出かけたら、もう暑くて、暑くて・・・途中からジャケットのジッパーは全開でした。 トロントが21℃あったのはいつ頃だっただろう・・・? その内寒くなるだろうと持って来た、秋冬物の洋服の出番は一向にやって来ず、2通り位の服を繰り返し繰り返し着ている、着たきりスズメの私です。 笑

さて、今週の火曜日の事、予定外にぽっかりと1日時間が出来ました。 なんの計画もなかったので、ショッピングにでも出掛けようかなぁ・・・と思っていたら、ある友人の顔がふと浮かびました。
結婚したばかりで東京に住んでいた頃、マンションのお隣に同じく新婚さんで越して来たKさん。 性格は全く違う私達2人ですが、どこかとても気の合うところがあって、以来10数年、住む場所が遠く離れる事はあっても、姉妹の様な気持ちでずっとお付き合いをして貰っている大切な友人です。  私がトロントに越した頃、偶然Kさん一家は、ご主人の仕事で私の実家から車で15分ほどの所に越して来ました。 

小さいお子さんがいるから、家にいるかな・・・? こんな突然の連絡でも、Kちゃんなら許してくれるかな・・・?と思いきって、火曜日の朝電話してみました。 変わらぬ穏やかな口調で 「どうぞー」 と言って貰え、お宅にお邪魔する事になりました。 小さいお子さんがいるのに、いつもさりげないけれど、とても心のこもったおもてなしてくれる彼女。 今回も図々しく、私の方から「お昼に行っても良い?」とリクエストして、12時に伺う約束をしました。  当日の朝連絡をして、お昼御飯を食べさせてって、私随分ずうずうしい人ですね。 笑

お土産にケーキを買って、さぁ、Kちゃん宅までドライブです~♪
途中大きな公園の辺りでは、桜の葉が見事な赤に染まっているのにちょっと感動し、ブログ用に写真を撮ろうと思ったら、信号が青になり撮りそこね・・・笑  それでも快調に走っていると、動物園のある辺りにやって来ました。 「あぁー、子供の頃来たねぇー♪」なんて浮かれながら周りを見渡すと、動物園に出掛ける楽しげな家族連れがあちらこちらに見えます。 へぇー、火曜日なのにお父さんお休みなのね♪ なんて浮かれたまま思いつつ、パーキングに目を向けると「満車」の文字。 あれ・・・満車? なんだか嫌な予感がしてラジオをつけてみると、聞こえて来たのは「えぇー、文化の日の今日・・・、」という言葉・・・。 
なんと火曜は文化の日でした・・・汗

日本を離れてすっかり日本の祝日に疎くなっている私、基本的にカナダの祝日は土日月の3連休なので、火曜が休みになり得る事さえも忘れていました。 止まった信号で恐る恐る、「今日ひょっとして祝日…?!」とメールをした私。 彼女からは「待っていまーす」とだけお返事が。
到着してみると、駐車場で子供を遊ばせながら待っていてくれたのは、旦那様でしたー。  あぁ、やってしまいました・・・。 

「今日が祝日だって知りませんでしたーー、 ごめんなさーい。」 とお詫びした後は、いつもの通りほのぼのとした楽しい時間になりました。


そしてお昼には、やっぱり美味しいご飯を頂きました。
ゆで卵とカリカリクルトンのたっぷり乗ったサラダ。

a0110975_20133585.jpg



忙しいのに生地から作ってくれた、ポテトのスライスとトマトの美味しいピザ。

a0110975_2113996.jpg


ゆで卵の黄色や、トマトの赤、眺めているだけでも幸せな気分にしてくれる、美味しいお昼ごはんでした。


Kちゃん、こんな私ですが、これからも変わらぬお付き合いをよろしくお願いしますね。  
[PR]
by non_ca | 2009-11-06 19:40 | レストラン&カフェ