平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー

<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今年も残すところ僅かとなりました。

先ほどから、実家のある名古屋市内でも雪がちらちらしています。 今晩から明日にかけ、日本海側では大雪の予報も出ているとか。 2010年の年の初めは、どうやらきりりと寒い日になりそうです。

日本に一時帰国して以来、時差を感じる暇もなく毎日過ぎてしまい、すっかりPCからも遠ざかっていました。 が、昨日ようやく無線LANをセットアップ、これを機にまた時々アップが出来ればと思っています。


さて、一時帰国の数日前の事ですが、トロントのアップタウンにある友人宅を訪ねました。 
私の都合で預かり物をお願いしていたので、取りに行く予定でしたが、「もし良かったら、わが家でお昼でも・・・」と嬉しいお誘いを頂き、二つ返事でお邪魔しました。

お土産はこのシーズン恒例のジンジャークッキー。 前日の夜に焼き、薄いピンクと白の2色でアイシングをしました。  

a0110975_169188.jpg


プレゼントの相手は友人のお嬢さん、幼稚園に通う女の子です。

a0110975_16114189.jpg


名前はNanaちゃん、なので名前入りもね。 

a0110975_16133174.jpg



友人宅のある辺りは閑静な住宅街で、道の両側には素敵なお宅が並びます。 家々のクリスマスデコレーションを見て歩くだけでも、ダウンタウンのコンドに住んでいる私は、ちょっとうきうき楽しくなります。

友人宅に着くと、赤いドアにはグリーンを基調にした素敵なリース。 窓からは室内に飾られた大きなツリーやデコレーションが見えます。 
後で聞いたところ、玄関のリースはご主人さまとNanaちゃんの手作りとの事、その時写真を撮らなかった事を今になって後悔しています・・・。


ドアベルを鳴らすと、友人とNanaちゃんが笑顔でお出迎えをしてくれました。 Nanaちゃんは幼稚園に通う可愛い女の子、が、そのしっかりとしてお行儀のよい事といったら・・・! きちんとごあいさつをした後は、「こちらへどうぞ~」 とお部屋へ案内してくれました。 とっても可愛いホステスさんです。
お土産の箱を渡すと、真面目な顔で 「お昼ごはんの後に見ても良いですか?」との事。 こんなに理性のあるお子様は初めてで、可愛いやら可笑しいやら、ほっぺが緩んでしまいました。 ^^

a0110975_163585.jpg


雑誌から抜け出て来たような、オシャレさんな友人。 初めてお邪魔するお宅はとても素敵で、トロントに来てまだ2年足らずとは到底思えない、温かで彼女のセンスの香る居心地の良い空間です。 思わずキッチンにいる友人を何度も呼び出しては、あれこれ訊ねてしまいました。

そうこうする内にお昼ご飯です。

ちゃらーん♪
まるでオシャレなカフェの様なランチプレート。
奥のココットにはタコを使ったシーフードのマリネ。 手前にはクスクスのサラダです。

a0110975_16241882.jpg



ルクルーゼの可愛いココットの蓋を開けると、湯気と一緒に良ーい香りが・・・。 中には見るからに美味しそうなビーフシチューが入っていました。 


a0110975_171888.jpg


お喋りしたい事が沢山で、友人には「美味しぃー」位しか伝えられませんでしたが、このビーフシチューのなんとも美味だった事・・・! お肉はとっても柔らかなのに、触感はしっかり、トマトの酸味がほど良くて、お野菜の旨みがぎゅっと詰まったシチューです。  一緒に出して下さったサワークリームを加えると、また違った美味しさが。 添えられたクスクスのサラダやマリネもとっても美味でした。


お隣ではNanaちゃんも一緒にお食事中。 まだ小さいのにクスクスのサラダを食べる辺り、将来のグルメっぷりが既に伺えます。 笑

a0110975_16405695.jpg
 

お食事の後はデザートを頂きました。

ほんのり甘くて、温かくて、ほっこりする美味しさの豆腐花です。 赤い器も素敵で、どこにいるのか忘れてしまいそう。

a0110975_16443521.jpg
 


食後も話は多岐に渡り、そして尽きず・・・。 
こちらはNanaちゃんが見せてくれた、幼稚園で作ったサンタさんのソリ。 大きな紙パックで作ったそうで、とっても良く出来ていました。  

a0110975_17135355.jpg


中に入っている袋は、「トナカイのえさ」との事。 良ーく見てみると、押し麦と一緒にキラキラの粒が入っています。 説明書きを見ると、クリスマスイブの夜、これを庭先に撒いておくのだそうです。 どうやらそうすると、トナカイさんがキラキラを見つけ、迷わずにサンタさんを家に連れて来てくれますよ。 という物らしいのです。 現実的なアイデアと、夢のある発想が混ざり合った面白い物があるんですねぇ。  そうと知って今からでも撒きたいNanaちゃんでしたが、イブの夜には撒いて寝たのかな・・・?


この日は夕方から予定があり、名残り惜しいのですが、お話の途中で失礼する事に。 最後はNanaちゃんが、とびきり可愛い振り付きでクリスマスソングを披露してくれました。


最近何かと慌ただしく過ごしていたので、この日の友人からの優しいお誘いは、何よりのクリスマス・プレゼントになりました。
その上、プレゼントまで。

a0110975_1733445.jpg

ピンクの便せんに書かれたお手紙と、Nanaちゃんの大事にしている品々。 
右の鈴は彼女の手作りで、何でもトナカイの鈴だとか。 首にかけてくれました。
この後出掛けたクリスマス・ディナーに、この鈴のネックレスを着けて行って自慢したところ、「non, I dear you!」 と皆さんに大好評でした。


25日は夫をお誘い頂きありがとうございました。 ローストビーフにポトフにと、とても美味しいお料理の数々と皆さんとの時間、楽しませて頂いたそうです。 私もお邪魔したかったぁ・・・ 笑

Yさん、Nanaちゃん、素敵なプレゼントをありがとう。 

              
                * * *      * * *     * * *


さて、 今年も残すところ6時間ほどとなりました。 
今年の1月に思い切って(思いつきで?) 始めたブログですが、気が付けば沢山の方が見に来て下さるようになりました。 最近は色々とありまして、思ったようにアップも出来ないでいますが、度々覗いて下さりありがとうございます。  ブログを通しての沢山の新しい出会いや、友人の輪がこんなにも広がるとは、全く想像もしていませんでした。 暫くはマイペースな更新になりそうですが、来年も時々覗いて頂ければ幸いです。     

明くる2010年が、皆さまにとって幸多き年になりますように。 お元気で良い年をお迎えくださいませ。

                       31 Dec 2009  non_ca

  
 
[PR]
by non_ca | 2009-12-31 18:33 | sweets cooking

ただ今・・・

こんにちは。

今朝7:30に家を出て、トロント・ピアソン空港から飛行機に乗り・・・ 
ただ今、飛行機の乗り継ぎでアメリカ・デトロイトです。
 
初めて来たデトロイト・メトロ空港は、建物の中をモノレールが走っている面白い作りです。

a0110975_3283358.jpg



コンコースを歩いていると、音楽が流れてきて、何だか人だかりが・・・。
十分すぎるほど時間もあるし、1人暇なので、なんだろうとちょっと野次馬してみました。

a0110975_3362535.jpg


ミニステージの上にはマイクを持った男性が、(← リースの左辺り)
クリスマスソングのイントロが流れてくると、その人の名前も紹介されました。 もちろん私は知らない名前なんだけれど、 季節がらクリスマス・ミニコンサートの模様。 
ちょっと聞いていこうかしら、と足を止めかけたら・・・
♪ ♪ ♪ ~ ♪ ♪ ♪~  

a0110975_339686.jpg


シンガーはのりのり振り付きの大サービスですが、テンポと音が???
どうも特設のカラオケステージで、アマチュアもアマチュア、歌好きなら誰でも参加出来てしまうみたい・・・。 驚 

お昼御飯を済ませて再び通ると、今度は若い女性がこれまた振り付きで熱唱していました。 
因みに、ここは国際線ターミナルの、もっとも人が多く通ると思われる中央通路です・・・。

で、歌う人あれば、その前ではやっぱり踊る人あり。 笑
何ともアメリカ( の田舎 )らしい雰囲気に苦笑していると、隣を通り過ぎて行った女性もコチラを見ながら同じ種類の笑みを浮かべていました。  

長閑です。

さぁ、あと1時間ほどで中部国際空港に向けて出発。 正直なところ、ロングフライトはもう暫くいいかな・・・という感じなのですが、そうも行かず、行って参ります。

  
 
[PR]
by non_ca | 2009-12-22 13:02 | お出かけ
昨日の続きになりますが・・・
ナイアガラでWhirlpool Aero Car と滝を楽しんだ後、「せっかくここまで来たから、ワイナリーにも1つ位寄って行こうよ。」という、またまた思いつきで (主に私の・・・)、車で30分ほどのナイアガラ・オン・ザ・レークへ向かいました。 
8月にオンザレークへ行った時の話はコチラから

そろそろ日も傾き始めていたので、今日は一軒のみと決め、複数の友人お奨めの Hillebrand に向かいました。


a0110975_1458990.jpg



もう葡萄の収穫は終わってしまっただろうなぁと近づくと、黄色く色付いた葉と葉の間に、アイスワイン用でしょうか・・・深い藍色に染まった葡萄がたわわに実っていました。 


a0110975_15102729.jpg


美しく紅葉したブドウ畑を眺める内、気が付けば陽も益々傾き、時計を見れば5時半です。 これからトロントに戻るのに1時間半、それから、それから夕食は・・・・
と考えてはみたけれど、あまりいいアイデアも浮かばないので、ちょっと早いけれど、美味しいと評判のレストランへ行ってみました。

葡萄のツタの良い感じに絡まる左手に入り口があります。
「確認するので、少々お待ち下さい 」と言われてドッキリしたけれど、早い時間が幸いして、予約無しでもすぐに入る事が出来ました。 圧倒的に一番乗りかと思いきや、既にお食事を楽しまれている方が数組。


a0110975_15135623.jpg


少しづつ色々楽しめるTasting Menu 等もありましたが、1品づつ注文する事にしました。

 
私はお肉を使った前菜でスタート。 中央奥のブリオッシュを始め、すべてがミニチュアサイズ。 レバーパテやプロシュート、ミートローフなど、ワインのつまみに良く合います。

a0110975_15222621.jpg


夫の前菜はスカロープ=ホタテのグリルにスパークリングワインをペアリング。

メインはカベルネ・ソーヴィニョンとビーフのグリル。

a0110975_15312820.jpg


私はメインにラムのグリルと、ピノ・ノアール。

a0110975_1539766.jpg

ビーフもラムも完璧な焼き加減。 肉厚のお肉が外側はクリスピーに、中はジューシーに焼き上げられていました。 


さて、美味しいお料理をたっぷり頂いて、お腹も膨れたので・・・
「 デザートは無くても良いかなぁ・・・。」  「でも、一応見せてもらう・・・?? 」
と、メニューを頂くと、やっぱりそこには心をゆさゆさ揺さぶられるデザートが・・・。 あぁー、見たら食べたくなるのに、やっぱりメニューを貰ってしまうのです。 笑 


a0110975_155096.jpg



で、夫の注文した Sweet Potato Cinnamon Suffle
リースリングのアイスワインを使ったスフレ。 小さな銅鍋で焼き上げられていて、見た目もキュート。
スパイスの効いたアイスクリームも添えられていました。

a0110975_15533743.jpg



私は少しあっさり目にと、Ice Wine Poached Pears を注文。
が、来てみると、ゴートチーズのムース( というよりチーズケーキ )の方が梨より存在感あり。 が、バニラビーンズたっぷりで、ゴートチーズ好きとしては堪らない美味しさでした。 


a0110975_15583343.jpg


お店を後にする頃には、夜の帳につつまれていました。


a0110975_169502.jpg


同じ敷地内にあるワインショップにもちょっと寄り道しました。


a0110975_165353.jpg



10月半ばだったので、ハロウィンムード満点のデコレーション。

a0110975_1665546.jpg



近場の日帰り旅行でしたが、紅葉に滝に夕食にと、思いの外充実した時間を過ごす事が出来ました。  

今年は真冬のお天気の良い日に、是非、凍った滝を見に来てみたいものです。 と書きながら、想像しただけでブルル・・・と来ます。
[PR]
by non_ca | 2009-12-20 02:00 | レストラン&カフェ
お昼の気温は-3℃。 
最近当たり前のようにマイナス気温のトロントです。 

今日は一時帰国前に色々と用事を済ますべく、まずはEtobicoke のPurolatorへ荷物の受け取りに。 その後北上し、久し振りに Taro's Fish さんと Jtownに食品の買出しに行きました。 その後、夜は久し振りに夫と2人ゆっくりと食事。 友人知人に美味しいよとお奨めされたお店でしたが、ウワサ通りとっても素敵な処でした。 
Yukoちゃん、近日中がんばってアップしますので、少々お待ちを。


さて、随分前のことなのですが、アップしたい物があるのでお付き合い下さいね。
日本に一時帰国する前の10月半ばの事ですが、当日になり思い立って夫と2人ナイアガラへ紅葉狩りに出掛けました。

いつもはGardiner Expressでびゅんと通り過ぎてしまう Exhibition。 無計画に出掛けてみれば、この日Gardinerは工事中で閉鎖・・・絶句 結果ガーディナーに沿って走るレイクショアは
大混雑。 写真も余裕で撮れる様なのろのろ運転でした。

a0110975_12524378.jpg



間もなくハイウェイの閉鎖時間も終了し、何とか渋滞を渋滞を抜け出しナイアガラに到着。
壁を這うツタも綺麗な赤に染まっています。

a0110975_13105812.jpg



今回は趣向を変えて、Whirlpool Aero Carに乗ってみる事にしました。

ナイアガラの滝を過ぎた後、ナイアガラ川はここで大きく写真右に蛇行して流れを変え、その勢いでwhirl=渦が出来るそうです。 

a0110975_13253352.jpg


どんな物かと眺めていると、ケーブルカーがちょうど出て行きました。

a0110975_13495533.jpg



私達もチケットを買って、さぁ、いよいよ乗車ー。 
 

a0110975_13293670.jpg


高所恐怖症の人にはちょっと怖いかも・・・

a0110975_13334527.jpg



眼下に美しく染まったオータムリーブスと急流を眺めながら、暫し空中散歩を楽しみました。
夏は暑く、冬は寒さの厳しいナイアガラ。 今年は遠くに出かける時間が無かったけれど、この辺りの紅葉もなかなか綺麗で見ごたえがありました。

a0110975_13365169.jpg
 


さて、その後は・・・ 
やっぱりここまで来たら見なくっちゃ・・・という事で、ナイアガラの滝へ。

相変わらずの水量で流れるナイアガラ川。 滝の辺りでは轟音と共に水煙が上がっています。

a0110975_14195791.jpg


圧倒的なスケールのナイアガラの滝。

a0110975_13572079.jpg



そうこうする内陽が差して、幸運にも綺麗な虹が架かりました。

a0110975_1359411.jpg


虹に向かって進む、名物 「霧の乙女号」。  

a0110975_1424336.jpg



滝付近の川岸は、秋でもこんなに大混雑。 綺麗な虹の出現に皆さんシャッターを切っていました。

a0110975_146429.jpg



さて、滝も見たし、やっぱりここまで来たら・・・と次なる場所へ向かったのですが、長くなってきたので、一旦終わりにして、また続けたいと思います。 
[PR]
by non_ca | 2009-12-19 23:10 | お出かけ
お昼の気温はマイナス3℃。
曇ったりお日様が出たりの1日でした。

a0110975_1221093.jpg


今日は長い間預かり物をして頂いていた友人を訪ねて、トロントのアップタウンへ。 お世話になっているのは私の方なのに、とっても美味しいお昼ご飯をお呼ばれして、その上ギフトまで頂いて、そして可愛いお友達も出来ました。 その話はまた近いうちにさせて頂きますね。 
夜はダウンタウンでクリスマスの食事会へ参加。 久し振りにお会いする方もいて、英語日本語の両方が飛び交う楽しい会になりました。 さてさて、これで今年のクリスマス・ディナーは無事終了。 明日は一時帰国前に夫とプライベートで早めのクリスマス・ディナーを楽しむ予定です。


さて、トロント日記に戻りまして・・・
バンクーバーに行く前の事ですが、渋ーいおじ様のライブコンサートに夫と2人行って来ました。
ライブが行われたのは11月29日(月)、場所はCollege St. X Ossington Ave.近くにあるRevival Bar。  この日、フリー・ペーパーのbit'sでも紹介をされていた、昨年39年ぶりに再結成されたFlower Travelling Band のライブコンサートが、昨年に続き行われました。


a0110975_12581830.jpg


ロックのライブは夫も私も初めての経験。 トロント在住のベースの小林ジュンさんと親しい知人(こちらもおひげの素敵なシブい方です)からお誘いを受け、折角なので興味津々出掛けました。 
ライブはフィルミングされ、年末、フジTV 系の内田裕也プロデュースの「ニューイヤーワールドロックフェスティバル」で放映されるとの事で、本格的なカメラも入っていました。

a0110975_13142715.jpg


夏に夫とゴルフをしていたところ、今回誘って下さった知人とジュンさんもプレーをされていていました。 「ご一緒しませんか? 」 と嬉しいお誘いを頂き 「 喜んで ♪ 」 とお受けしたい所でしたが、わが実力を考えるととても恐れ多い事で・・・ このお二人はかなりお上手との情報を入手しています。 残念ながらお断りをしました。  ゴルフクラブをお持ちの姿は数回拝見しましたが、ベースを持ったミュージシャン姿を拝見するのは初めて。 その辺りも密かに夫と楽しみにしていました。

a0110975_13431974.jpg


まずは、ジュンさんの息子さんがキーボードで参加しているバンドの演奏があり、会場も盛り上がったところでいよいよFlower Trabellling Bandの登場です。

ボーカルのジョー中山さんと、ベースの小林ジュンさん。 
燻し銀のように渋くて素敵ー 。  

信じられませんが、皆さん60歳を超えていらっしゃるそうです・・・。

a0110975_13244672.jpg


ナマで、それも目のまで繰り広げられる演奏と、ボーカルの迫力に夫も私も圧倒されっぱなし・・・

曲が進むにつけ会場の熱気もどんどん高まり、最後の曲の演奏が始まる頃には11時近くになっていました。 7時半に会場入りしたので、あっという間に3時間半。


a0110975_14112560.jpg



興奮覚めやらぬ内に会場を後にしましたが、気が付けば夕食を食べてから出掛けたにもかかわらず、お腹がもうペコペコ・・・。 興奮もしていてとても帰宅してそのまま寝られるようにも思えず、ちょっと寄り道をする事にしました。

Ossington x Dandus 近くにピザの美味しいレストラン Librettoさん。 既に閉店時間の11時近くになっていましたが、快く迎えて下さいました。

サーディンのピザをテイクアウトで注文すると、5分位で出来るからとカウンター席に案内され、お水も出してくれました。 

a0110975_14152432.jpg


家に帰り夜食にピザを食べつつ、暫くライブの話をしました。

a0110975_1433990.jpg


翌日は知人宅で、バンドのメンバーと関係者を招いてのパーティーが催されたそうでお誘い頂ましたが、夫のスケジュールが合わず残念ながら欠席・・・。 

Hさん、この度はお誘いありがとうございました。 夫ともども凄い迫力のライブに感動しました ! 




 
[PR]
by non_ca | 2009-12-18 12:16 | コンサート
お昼の気温は-3℃。 
*ブログに記載している温度は、わが家の温度計の物です。 

昨日今日と気持ちの良いお天気のトロント、空も高くて青い ! 

a0110975_14233095.jpg


冬、トロントに青い空が広がった日は要注意。 あまり寒くはならないダウンタウンの私の住んでいるエリアでも、-10℃なんて事もあります・・・。 火曜日は風もあって少し寒かったけれど、今日は風も無く穏やかなお天気、あまり寒さも感じませんでした。( といっても、あくまでマイナス3℃です。笑 ) そして、トロント以外にお住まいの大方の人の予想を裏切り、バンクーバーから戻って以来、街で雪は見ていません。(道端の雪) ↑ ほら、ご覧の通り・・・。 


穏やかとか、気持ちの良いお天気とは言っても、用も無いのに外にはあまり長く居たくは無いのだけれど、ふと思い立って屋外スケートリンクに寄ってみると・・・

a0110975_14351398.jpg

居ました、居ました、チビッコたちが。  体感温度とか、マイナスなんて彼らには何にも関係ないのでしょうね、元気な声が遠くまで響いていました。




さて、バンクーバーで迎えた週末の日曜日。 
この日バンクーバーは、朝から雪がちらちらと降っていました。 歩道の街路樹の根元や木の幹も雪で薄化粧。 

a0110975_14411878.jpg


この日は夜に予定が入っていたので、お昼過ぎまで部屋で思い思いに寛いで過ごしました。


そうそう、夫曰く、リステルホテルさんに滞在中、バレット・パーキングで車を出してもらうと、そのカーシートにこの包みが置かれているそうです。
カードには " Thank you for including us in your jurney " のメッセージ。

a0110975_1584542.jpg


包みをあけると、ホテルで作られたと思われる直径10cm程のクッキーが2枚。 夫がこれをいつも「 美味しい、美味しい 」と食べているので、ちょっと私もつまみ食い・・・のつもりがとっても美味しくて、殆ど2枚とも食べてしまいました。 ざっくりとして少しソフトな焼き上がりの北米スタイルの美味しいクッキー、ピーナツバターなんかも入っているのかな? レシピが欲しくなる美味しさです。

a0110975_15152426.jpg



さて、2時頃になって、やっぱり何か食べようかという事になり、歩いてDenmanにある 「 元町食堂 」に。

何度か伺っている元町食堂さん。  前回の話はコチラから

この日も寒いのにお店は満席。 

a0110975_14454353.jpg


夫は新しい味噌ラーメンをチャーシュー大盛りに、そして卵を追加。 前の味噌ラーメンより美味しいとご満悦。

a0110975_14502073.jpg


私は塩ラーメンと決めつつも、外食続きの野菜不足が気になり、新しい「塩ラーメン ウィズ ベジタブル」の様なラーメンに卵とチャーシュー1枚を追加。
出てきたラーメンを見て、「やってしまったかしら・・・汗」と思いましたが、味はしっかり塩ラーメン。 わかめやコーンの他にもレンコンなどのお野菜もたっぷり。 ちょっと野菜と繊維不足が補えたような気がしました。

a0110975_1451860.jpg


さて、バンクーバー日記はこれで終了。 
明日からは溜まったトロント日記をつけなくては・・・  あぁー。
[PR]
by non_ca | 2009-12-17 23:58 | レストラン&カフェ
お昼の気温は4℃。 今日は時折ちらちらと細かい雪が舞いました。


トロントに戻りましたが、バンクーバー滞在記をもう少々・・・。

金曜日の夜は2つ目のパーティーに参加、明くる土曜日は朝から1日完全オフです。 ゆっくり起きて水曜日に行ってみてとても良かった「Blue Tree Cafe」さんへ、夫を誘いお散歩がてら出掛けました。  水曜の話はコチラ

a0110975_13172553.jpg


夏にはこの像に混じって記念撮影をする人達がいたり、秋には紅葉が綺麗だった公園ですが、この寒さで葉もすっかり落ちました。


美味しいブランチを頂いた後は、危険と知りつつパシフィック・センターのセールを覗き、その後はウェッジウッドホテルに寄りました。
この日のバンクーバーは気温1℃前後。 少し歩くと体も冷えて、暖炉の明かりが一段と暖かく感じられました。

a0110975_1348275.jpg


ゆっくりお茶を楽しんだ後は、夕食の約束がありホテルに戻ります。

夕食に出かけたのは「隠恋房」 かくれんぼうさん、今回宿泊のThe Listel Hotelさんとは目と鼻の先、ほぼ斜めお迎えにあるお店です。 あぁ、こんな所にも和食のお店が・・・と以前外から覗き込んだ事がありますが、伺うのは初めて。

a0110975_13592863.jpg


この日のメンバーはカバン持ちさん夫妻と、ご主人がオリンピック関係のお仕事をされる関係で新しくバンクーバーにいらしたMadokaさんご夫妻、私達夫婦の計6人。 Madokaさんは日本で医療番組のキャスターをされているそうです。


a0110975_15394258.jpg


お店に入ると、まずはこんな強面な方がお出迎えをしてくれました。 

仁王様です・・・。
 

山門を模して作られた扉をくぐると・・・そこはお寺と古民家と、昭和の雰囲気をミックスさせた不思議な空間。 上手くアレンジされていて、何処かにタイムトリップでもしたようです。

a0110975_15435616.jpg



さて、皆さん揃ったところで 、本日の幹事ジョバンニさんからビールをついで貰って、乾杯です。 
ピッチャーのロゴも何だかレトロに見えますね。

a0110975_14493998.jpg


最近こちらのお店がお気に入りというジョバンニさん、美味しい物を色々注文してくれました。

手前から「岩塩の枝豆」、「軟骨のから揚げ」、「キュウリの1本漬け」。 
どれも日本なメニューですが、個人的には軟骨のから揚げが気に入りました♪

a0110975_14584766.jpg



続いて「名古屋風鶏の手羽先」に「ゴボウのピザ」。 手羽先はからりと揚げられた後、鶏南蛮の様なタレに漬けてありました、これまたジューシーで何とも美味。

a0110975_1552929.jpg



銀杏や焼酎まで頂いて夫もかなりご機嫌。 

a0110975_1575930.jpg



この他イカの姿焼きや、最後は「 塩焼きそば 」と「 味噌チャーハン 」で締め、大満足♪

a0110975_1581632.jpg


ジョバンニ・サンタから 「赤鼻のルドルフくん」 の嬉しいプレゼントもありました、ありがとう♪
     んっ? でもこのトナカイさん、ちょっとロバっぽい・・・?! 

a0110975_15213617.jpg


この会、ジョバンニさんとMadokaさんのご主人さま以外は初対面の集まりでしたが、大変な盛り上がりでした。 特にMadokaさんご夫妻にまつわるドラマチックなエピソードに、男性二人は興奮気味・・・笑 バンクーバー発の韓流ドラマが1本出来上がってしまいそうな勢いでした。

a0110975_15331131.jpg


ジョバンニさん、楽しい会の企画をありがとうございました。 Madokaさんご夫妻、バンクーバー生活思い切り楽しんでくださいね 。
皆さん、どうぞこれからもよろしくお願いします。


*編集後記  残念ながら隠恋房さんはお店を閉められてしまいました。 2010/7/3








  
[PR]
by non_ca | 2009-12-15 23:39 | レストラン&カフェ

戻りました。

バンクーバーから戻りました。
ただ今夜の11時。 なんと外の気温は6℃あります・・・。

写真は今日夕方4時過ぎのトロント・ピアソン空港。 
そろそろクリスマスの人の移動が始まっているようで、飛行機は満席。 機内持ち込み荷物にクリスマスラッピングを施した大きな荷物を持つ人も見かけました。 空港もこの時間にしては混んでいます。

a0110975_130096.jpg


今朝は朝9時のフライトでバンクーバーを発つべく、7時過ぎにはホテルをチェックアウト。 
昨晩は最後のクリスマスパーティーがあり、その後パッキングをしたので少々寝不足。 飛行機に乗り込んですぐにうとうとし始めたところ、「滑走路が混んでいるので、少々お待ち下さい。」とのアナウンス。 ハーイと半ば夢の中で頷くと、暫く経ってまたまた同じアナウンス。 「へっ・・・」と腕時計に目をやると既に1時間が経過。 窓の外にはバンクーバーの雪を被った山々がまだ見えていました・・・。 あらら

今日のトロント上空は厚い雲に覆われていて、フライトは少々揺れました。 
記録的な暖かさが続いたトロントでしたが、バンクーバーに発った翌日、ついにウィンターストームがやって来ました。 友人からも寒いと聞いていたので、コートは勿論ダウン、バックには手袋とニット帽も入れて、車待ちの寒さに備えました。  
荷物を受け取った後、ぐっとお腹に力を入れて外に出てみると、あれれ、あのキーンとした寒さはありません。 良く見れば雨がしとしと降っていて、そうそう、雨は寒い日には降りませんよねぇ・・・。 車もあっという間にやって来て、何だか拍子抜けをしてしまいました。 こんな拍子抜けはいつでも大歓迎です。 笑


写真はバンクーバーのダウンタウンを走る電気バス。  「Happy Holidays」 のメッセージに思わず顔がほころびます。  

a0110975_13334544.jpg


来週半ばから再び一時帰国です。 この1週間頑張らねばー!
[PR]
by non_ca | 2009-12-14 23:28 | お出かけ
お昼の気温は2℃。 
今日も曇りのバンクーバー、時折ちらりちらりと雪が舞いました。  ちなみに親愛なるトロントの友kumakoちゃんによると、今日のトロントは風も無く快晴の青い空、しかし-6℃とか。 うっ、寒そう・・・。 

今日、遅めの朝食を食べにコールハーバー沿いを歩いていると、この寒空の下、ボートが水面を滑るように過ぎて行きました。 
 
a0110975_925794.jpg



木曜日のことですが、私のバンクーバーステイには欠かせない存在の、カバン持ちご夫妻と約束をしていました。 
滞在は前回と同じくRobson St.にあるThe Listel Hotelさんです。  

a0110975_1020103.jpg


今回ご厚意で素敵なお部屋に泊めて頂いたので、いつも滞在先のホテルまで迎えに来てくれるお2人を、ちょっとお部屋へお誘いをしてみました。  意外と住んでいる街のホテルの部屋の様子は知らないものですよね。 私もトロントのホテルの部屋の様子は全く分かりません。
*お部屋やホテルの様子は、カバン持ちさんがブログで紹介されています。 コチラからどうぞ。


さて、その後はお決まりのコース、いざランチへと出掛けました。 今回はお二人も私もクリスマス・パーティーシーズンで既に飽食気味。 バフェスタイルなら各自量も調整出来るからと、ジョバンニさんの優しい配慮でお勧めのインド料理のお店「 Maurya 」に連れて行ってもらいました。 このお店、彼女のブログで見て以来、実はとても気になっていました。

a0110975_10231964.jpg
 

扉を開けると2階まで吹き抜けのゴージャススペース。 インド料理というよりは、ファインダイニングにもなりそうな雰囲気です。 

a0110975_10255518.jpg


さて、広い店内の奥にあるテーブルを確保して、いよいよお楽しみのバッフェスタート。 美味しそうなカレーの香りに、お腹も反応してクルルルル・・・

はやる気持ちを抑えて、まずは前菜から。 
カリフラワーのフリッターやチックピーのサラダなど。 白くて良く見えませんがヨーグルトベースのソースやホウレンソウ、スパイシーなソースなどをつけて頂きます。 どれも美味です。

a0110975_10294166.jpg


さて、前菜の後はお待ちかねのカレーとタンドリーチキンを頂きました。 6種類くらいの中から、レンズ豆のカレーに、ホウレンソウ&チーズ、バターチキンを選びました。  どれもサラッとさっぱりしていてすっごく好み。 カナダに来て行ったお店は 「どれだけバター溶かし込んだの・・・?」と質問したくなるこってり系が多くて、シンプルに美味しいカレーが食べられる所は無いかしら?と思っていました。 

a0110975_1039194.jpg


で、あまりの美味しさに飽食気味とか軽めにとか言っておきながら、3人とも「当然」な感じで再びカレーの並ぶコーナーへ向かいます。 もう一皿ぺろりと平らげた後は、マンゴームースのデザートを頂きました。

大満足の昼食の後は、以前カバン持ちさんがブログで取り上げていた、メインストリートのアンティークの家具屋さん巡りへ。(その話はコチラから)

a0110975_1112642.jpg

正確にはアンティークほどの年代物では無く、古家具なのですが、よーく見るとお宝の山のようにも見えて来ます。 好みの丸テーブル(写真中央のではありません。)がリーズナブルな値段で売られているのを発見。 が、ここはバンクーバー。 トロントまでは簡単には持ち帰れませんから、ぐっと我慢です・・・、 ぐっ とね。 笑
以前はコンテンポラリーな物に憧れて買い替えたりしましたが、こちらで暮らす内、古い使い込まれた歴史のある家具の魅力にもぐぐっと魅かれるようになりました。 でもね、東京の何処かの倉庫には、どっかり一式家具が保管されている事も忘れてはいけません・・・汗  

2軒のお店を見た後は、お茶タイムです。
この日は寒かったので、何処か暖かくてゆっくり出来るところという事で、シャングリラホテルのティールームに向かいました。

美味しいとのうわさのNYスタイルチーズケーキとコーヒーを頼んで、まったり、ゆっくりお喋りに興じました。

a0110975_11163299.jpg


で、外に出てみればすっかり真っ暗・・・。  振り返ると、ロビーの白いツリーがシャンデリアに照らされてとても素敵でした。

a0110975_11283211.jpg

 
カバン持ちさん、ジョバンニさん、この日もお世話になりました。  ありがとう。
[PR]
by non_ca | 2009-12-12 16:59 | レストラン&カフェ

お散歩と * Blue Tree Cafe

お昼の気温は0℃。 
朝からずっと厚い雲に覆われたバンクーバーダウンタウンです。 
わが街トロントの気温はどうなのかしらと恐る恐る見てみたところ、-8℃・・・。 今年まだ未体験の寒さに、パソコンの前でぶるる・・・帰るのがちょっと怖くなりました。

まだ数日バンクーバーなので、バンクーバー滞在記から。
1日目、着陸前、飛行機から美しい夕焼けを眺め、到着後は「ざっ串」さんで串焼きを楽しみました。 (その話はコチラ)  
2日目は、前日の夕焼けが証明してくれた通りの青い空が広がりました。 冬の間はしとしと雨の降る日の多いバンクーバー。 ホテルの部屋からもバラード入江の越しにウエストバンクーバーと、頂上に雪を冠った山々が見えます。  こんな日に室内で過ごすのはもったいないので、カメラをカバンに入れて、バラード入江沿いをベイショアに向かってお散歩することにしました。


ブーンというエンジン音が聞こえて来たので、そちらを見てみると、フロート・プレイン=水上飛行がちょうど着水しようとしていました。 写真中央辺り分かりますか? このすぐ右手には、ビクトリアのあるバンクーバー・アイランドとを結ぶ水上飛行機の発着所があります。 

a0110975_7313336.jpg


入り組んだ美しい入江の多いバンクーバー、一度空から眺めてみたい気はするけれど、遊歩道沿いにプカプカ浮かぶ小さな飛行機を見ると、どうも二の足を踏んでしまいます。 

入江沿いに整備された歩道を、寒さをものともせずジョギングする人達を眺めつつ、しばしお散歩を楽しみました。  流石に冬のマリーナは人気もなく静かです。
 
a0110975_7444917.jpg



ホテルから歩き始めて気が付けば30分ほど、海沿いの空気は澄んでいる分キーンと冷たくて、温かいものが飲みたくなりました。 
で、向かったのはWestin Bayshoreのすぐ目の前にある、Blue Tree Cafe。 知人の経営するCafeです。 良く近所まで出掛けるので、一度行ってみたいと思いつつ、なかなか行けないでいました。

a0110975_82435.jpg


外から見るより奥行きがあり、窓からの光がとても心地よいモダンなインテリアの店内。  時計の針は1時を過ぎていましたが、ご近所さんと思われる方たちでにぎわっていました。 

a0110975_861419.jpg


サンドイッチやパニーニなどのメニューが充実していて、ちょっと迷ってしまいます。

卵とハムとチーズのマフィン、それに今日のスープからレンズ豆と野菜のスープをお願いしました。

a0110975_8171986.jpg

ふわふわの卵の上で溶けたチェダーチーズ、 スープは野菜がいっぱいで、チョリソーの辛さで体が温まりました。  出来たての手作り感が溢れていて、今度は週末の朝にダーリンと訪ねてみたいと思います。

さて、食後にカプチーノを頂いた後は、Robson St.まで歩き、バスに乗ってDenman X Nelsonにあるモールにやって来ました。
向かったのはDenman Place Wines、ホテルの代表を務める知人の会社が経営する、ブティック的なワインショップで、時々お邪魔しています。 その知人曰く、世界中からちょっと面白いワインを集めているとの事。 小さなお店ですが、この日も次々と常連客と思われる方達が立ち寄ってはワインを数本づつ買っていました。

a0110975_8283745.jpg
 

ワインに精通してる素敵な女性スタッフに、今回プレゼントする相手の好みや予算を伝えると、的確に5本ほどのワインを薦めてくれました。 ワインに詳しい方にプレゼントをする時は、何が良いのか困ってしまうので、こういうアドバイスはとっても助かります。

この夜はクリスマスパーティー第一弾に参加、楽しい夜になりました。


 
[PR]
by non_ca | 2009-12-11 15:00