平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お昼の気温は14℃。

風も無く穏やかな日になりました。


a0110975_13373869.jpg



いささか睡眠不足の今週。 3時間睡眠ではあまり朝食も進まず・・・、簡単に済ませたけれど、お昼になって何かお腹に入れたいような気分になりました。

そんな日のお昼ご飯はPerl のお一人さま飲茶に決まり。

フカヒレ入り餃子スープと、海老の腸粉をオーダーして、1人のんびり食事をしました。
針生姜の入った赤酢を加えながら頂くスープの味は、体にも優しくまろやか。 とぅるんとした腸粉と頂くと、丁度ボリューム的にも良い感じです。 


a0110975_13414155.jpg



その後は読みかけの本を持って、ハーバーフロントをブラブラ。 
デッキに座って読書をしたり、ぼんやりと湖を眺めたり。 平和な午後のひと時を楽しみました。 

暖かになり、ハーバーフロントにも賑わいが戻ってきましたね。
[PR]
by non_ca | 2010-03-31 23:53 | レストラン&カフェ

送別会 * 第3弾

ただいま深夜3時半。 30分ほど前に帰宅しました。

友人ご夫妻が日本に帰国をされるというので、3月始めに送別会をしました。 場所はお気に入りのレストランSplendido (以前の話はコチラから)
写真はありませんが、再び美味しい前菜の盛り合わせと絶品トリュフのパッパルデッレを頂き、楽しい時間を過ごしました。 
女性は女性同士、男性は男性同士で何度かお会いしていましたが、夫婦でご一緒するのはこの日が初めて。 忙しい方たちですし、これがこのメンバーでは最初で最後と思っていたら、光栄な事に思わぬ意気投合。 

で、スケジュールを縫って、第2弾のお誘いを頂き、一昨日夕食に出掛けました。 場所はヨークビルのOpus、お2人のお気に入りのレストランです。 
こちらに伺うのは、トロントに越してきたばかりの頃、食通の素敵な友人カップルに連れて来て貰って以来2度目。 お料理といい、雰囲気といい、サービスといい、改めて伺ってみると、ここに勝るお店はトロントには無いのではないかと・・・・。 何を頂いてもとても美味しいけれど、ケベック州で育てられたガチョウのフォアグラが絶品。  
ただいま私のファインダイニングレイティング第1位。 食後もお酒を頂きつつ、深夜1時過ぎまでとても楽しい時間を過ごしました。

1日おいて火曜日の夜、今日は女性2人で夕食に出掛ける事になりました。 
トロント残り2晩になってしまった彼女が考えた末選んだお店は、再びOpus。 はい、一昨日というか、正確には12時を過ぎていましたので、昨日行ったばかりです。 笑  

熱い握手の後、「またいつか、何処かでお会いしましょう。」 とお別れのメールの交換もしていた男性陣。 が、12時過ぎには2人も再び合流。 以外にも早い4人の再会になり、送別会第3弾のスタート。 気が付けばあっという間に深夜2時半。 因みに深夜2時まで営業しているので、食後に場所を変えずに居られるのが良いですね。 が、昨晩はクローズの時間も過ぎていました・・・。


今晩私が頂いたのは、Sea scallops and bone marrow with apple butter beurre blanc / ホタテと骨髄のアップルバターソースの前菜。   
素晴らしい火の通り具合。 ホタテの表面はカリリと黄金色に焼かれ、でもその5ミリ下はお刺身のようにレア。 その上に載せられたボーンマローのとろりとした甘さが全体を包んで絶品。 メインは、Steamed Atlantic lobster on preserved lemon risotto with champagne mousseline / 蒸したロブスターにシャンパンのモスリンソース、レモン風味のリゾット添え。 ロブスターも同様に表面のみが完璧に火を通され、その下は透明感のあるレアな状態、カプチーノのミルクの様に泡立てられシャンパンのソースムースリーヌの優しい味わいと相まって、こちらもこれ以上の無い仕上がり。 
シックで落ち着いた大人の雰囲気のスペースには、マリリンモンローを中心とする当時のスターのモノクロの写真がセンス良く配されています。   

明日(今日)の夜も、トロント最後の夜を楽しむべく、女性二人で夕食に出掛ける予定。 が、きっと夜遅くから2人の夫も合流するのでは・・・。 となると送別会第4弾・・・?!

カナダの想い出がぎゅっと詰まったお2人のアルバムの中に、少しだけ私達夫婦も参加をさせて頂くようで、光栄でもあり何だかとても幸せな気持ちです。  素敵な出会いに感謝。

あっという間に、ただいま深夜4時~。 

もう寝ます、おやすみなさい。


Opus
37 Prince Arthur Ave.
416 921-3105 tel
416 921.9353 fax





  
[PR]
by non_ca | 2010-03-31 03:27 | レストラン&カフェ

Taroさんで * 寿司ランチ

お昼の気温は8℃。
今日は満月なのでしょうか、 夜空に浮かぶ、明るいまんまるの月を見つけて嬉しくなりました。 

最近時間が足りませーん。 今日も朝からエンジン全開で頑張っていたにも関わらず、気が付けばあっという間に夜の11:30。 でも充実した良い時間を過ごしています。 


週末よく買い物に出掛けるTaro's Fishさん。 わが家のトロントライフには欠かせない存在のお店です。 お昼時に伺うことが多いので、お弁当や巻き寿司を買ってお店で頂く事もよくあります。 こちらの太巻きはごぼうが入っていたり、お魚屋さんだけにしっかり海老が入っていたりで具沢山でとっても美味しい♪ 好物の1つです。

独立を期にデリコーナーとテイクアウトのお寿司も始められましたが、やっぱりお寿司は握りたてが一番。 わが家はダウンタウンでちょっと遠い事もあり、お寿司はもっぱらお刺身を買い、家で手巻き寿司のパターンでした。

1月ほど前、ちょっと試してみようかなぁと、お店で頂くお昼ご飯用にお寿司を握って頂きました。 

注文したのは、デラックス握り? とドラゴンロール。 それぞれ1つづつオーダーして、2人で店先のカウンターに座って頂きました。
Taroさんが握ってくださったお寿司、盛り付けも美しい上に、これがまた美味しくて・・・。 お魚屋さんだけに、どのお店よりネタは新鮮。 とても、店先で頂くお寿司とは思えない。 もっと早くに試してみれば良かったと、少々後悔・・・。 


先週土曜日の朝、買い物に行く準備中、一眼レフカメラに( 食べ物を撮る時良く使う)レンズをいそいそとセットし、カバンに入れる私をちらりと横目で見て、
夫「Taroさんでお寿司食べる気満々でしょう・・・?」 なんで分っちゃったのでしょう・・・汗   


で、やっぱり頂いてしまいました。
手前がウナギをたっぷり使ったドラゴンロール。 右はデラックスの中の巻き寿司。


a0110975_14114685.jpg



反対から撮るとこんな感じです。
マグロに平目にサーモン、ホタテ、お隣は甘エビ、ミル貝、イカ、ヒラマサ、シーバスのたたきです。  ネタはその時により変わります。
 
ホタテはなんとも甘くとろりと柔らか、シーバスのタタキは皮のゼラチン質と程よく脂の乗った白身が美味。


a0110975_14122739.jpg


甘エビとホタテは2人で分けて、ここからはまるでオセロでもする様に真剣です。
こういう時夫は必ず、「(私から)好きなものを取って良いよ。」と言いますが、その裏には何か彼の戦術があるような気がしてならない・・・・。  

私「平目」、夫「じゃ、貝」。 私、内心「おっと、そう来ましたか・・・汗」

単に2人前注文すれば良いだけですが・・・、こちらのドラゴンロールも美味しくて、ボリューム的にもお昼なら2人で分けて調度位の量があります。 

こんなくだらない駆け引きと共に、この日も美味しいお鮨を堪能致しました。


Taro's Fish
800 Sheppard Ave. East,
Toronto ON M2K 1C3
TEL: (416)730-8555 FAX:(416)730-8525 

 
[PR]
by non_ca | 2010-03-29 23:59 | レストラン&カフェ
お昼の気温は6℃。 
程ほどに晴れて過ごしやすい日でした。


a0110975_11573161.jpg



今日は土曜日恒例の食品の買い物に、北のほうへブーンと車で出掛けました。

欲しいと思っていた食材は、あいにく手に入らなかったりでしたが、久し振りに足を伸ばしてキッチン用品を扱うCayne'sへ行って来ました。 
取り扱いブランドはそんなに多くないけれど、Cuisinart やKichen Aid などの電化製品が比較的お安く手に入ります。 わが家はこの手のものは殆どこちらで購入。 
今日は、最近ノンスティック加工を全く感じなくなった、わが家のスティックフライパンを買い換えるのが目的。 Cuisinart のノンスティックと普通のタイプのフライパンを同じサイズで2つ購入。 一体いくつフライパン持っているの? という話もありますが、お料理気分が上がりそうです。


お弁当箱も変えて気分も一新、最近「お弁当スィッチ」が入っています。 
この数ヶ月、妻不在だったり、ホテル暮らしだったりで、気付けばすっかり丸顔の夫。 笑 
なので、この日もお野菜大目のおかずにしてみました。


a0110975_129113.jpg
  


この日のおかずは・・・
筑前煮 (里芋、大根、こんにゃく、人参、ゴボウ、筍、絹さや)、春菊の黒胡麻和え、豚の生姜焼きです。


a0110975_12192061.jpg



夕食後に美味しそうにおやつを頬張る夫くん・・・。 

成果は今のところ全く見えていませーん。 笑

 
[PR]
by non_ca | 2010-03-27 23:25 | lunch box
昨日とは打って変わって晴天のトロント。 雲ひとつない抜けるような空が広がりました。

今日は1日家で雑用をしたり、読書をしたり。 さぞかし外はポカポカと暖かなのだろう思っていたら、夕方7時の気温は0℃でした。 先ほど届いたkumakoちゃんのメールによると、ニット帽を被って出かけたとか。 侮る無かれトロントの3月です・・・。


話はずーーっとさかのぼってオリンピック中のバンクーバーでの事。 

a0110975_11501959.jpg


シアトルに住む友人夫婦 Sam&Steve と合流して、ホッケー観戦をしました。
アマチュアチームでホッケーをするSteve、シアトルにはNHLのチームが無いのでバンクーバー・カナックスファンの彼は、実はプロの試合を観戦したことが無く、「観に来る? 」という私達の誘いに2つ返事でOK。 バンクーバーで半年振りの再会をしました。

Samは日本に1年暮らし、Steveも仕事で行った経験があり、2人とも和食大好き。 なので、バンクーバーの美味しい和食も紹介できたらと思っていました。 お昼にホテルで合流して、まずはその足でDenmanにある美味しいラーメン屋さん、「元町食堂」へ。 (以前の話はコチラから)


a0110975_12111493.jpg


私は塩ラーメン、2人は味噌ラーメンに卵を追加して腹ごしらえ。 塩ラーメンは初めてらしく、私のスープに興味津々。 「クリアーで美味しい 」と気に入ったみたい。 その後はお散歩がてら聖火を観に行くことにしました。

途中ホテル近くで写真撮影。 


a0110975_12131567.jpg


聖火をバックに一緒に撮った写真をイギリスに住む共通の友人に写メールしたり、賑わうロブソンをブラブラとしてオリンピック気分満喫。

夕方には待ちきれずに、ゲームの行われるUBC(ブリティッシュコロンビア大学)内のサンダーバード・スタジアムへ向かいました。

まだガラガラの会場。 でもこの笑顔・・・。笑


a0110975_12392225.jpg


「アメリカ戦よ来ーい」 という願いは叶わなかったけれど、この日のゲームはクォーターファイナルのチェコ 対 フィンランド戦。 どちらもセミファイナルを目指しての真剣勝負は、最後まで1点を争うような白熱したゲーム。

カナダの初戦では、会場が真っ赤なジャージで埋まり、もの凄い応援で会場が揺れる様な体験をしたけれど、スコアではカナダの圧勝。 こちらの方が目の離せない展開で、ゲームとしては面白かったです。


a0110975_12484533.jpg



さて、応援で乾いた喉とお腹を満たすべく、その後は和食第2弾。 同じくDenman St にある串焼きやさん「ざっ串」へ。

が、曲がるべき所で曲がりそこね、夜の真っ暗なスタンレーパークへ、あぁー・・・。 
1度入ってしまうとなかなか戻れないので、ひたすら道なりに直進。 ふと振り返るとダウンタウンの夜景が綺麗~。 こんな所まで来てしまったのねと、ちょっと車から降りて記念撮影。 約半周して再びダウンタウンへ無事戻りました。

 
a0110975_1314083.jpg


美味しい焼き鳥に日本酒にと2人も大満足。 話も弾んで深夜まで盛り上がりました。


a0110975_1394252.jpg



翌日は11時過ぎに合流。 
前夜カレーの話をしていたからか、カレーが食べたいというSteveの提案で、以前カバン持ちさんに連れて行って貰ったバッフェのお店 Maurya へ。 この日のカレーも美味しかった♪ ジョバンニさん、ナビをありがとう。


a0110975_13143136.jpg


グランビルアイランドでコーヒーブレイクをした後はイェールタウンへ。


a0110975_13481211.jpg



可愛い縄跳びのストリートパフォーマンスを楽しみ・・・


a0110975_13501333.jpg


コカコーラのパビリオンへ。
並んで並んで行き着いたのは、こちらのコカ・コーラバー?

a0110975_1352738.jpg


ぐびっと1本飲み干して、パビリオンを後にしました。


a0110975_13535260.jpg


帰り道、金メダルの展示で話題になっていたロイヤル・カナディアン・ミント(カナダ造幣局 左前の建物) を通りかかると、この人だかり・・・。


a0110975_13552166.jpg


ベイのオリンピックグッツ売り場も、連日関連商品(主にカナダのロゴ入りジャージなど)を求める人たちで開店2時間前から長蛇の列。 

クリスマス頃はまだ何処か他人事の様な雰囲気だったカナディアンも、始まってみればチームカナダの歴史的大躍進もあって大盛り上がり。 お陰でパヴィリオン巡りやショッピングは思った様に出来なかったけれど、Sam&Steveも楽しんでくれた模様。


この次に会うのは初夏のシアトルか、秋のトロントか・・・。 
カナダに越して来て良かった事の1つは、彼らと思ったより頻繁に会える事。 去年は知り合って10年のアニバーサリーでした。 1年遅れになるけれど、秋にトロントでお祝いできると良いね。


 
[PR]
by non_ca | 2010-03-26 23:37
お昼の気温は12℃。

今日は曇りの1日。 夕方になって風が出てきて寒くなりました。
帰宅後「寒くなってきたよ」とコンシェルジュに声を掛けたら「We're almost there」と返ってきました。  ほんと、本格的な春はもうそこまで来ています。


a0110975_12524726.jpg



最近サボってばかりいたので、色々書く事があるのだけれど、一体どれから始めたら良い物か・・・。 で、考えた末もう1週間と少し経つけれど、先日の東京での楽しい時間から始めます。


以前住んでいた東京には仲良しの友人達がいて、離れて随分になるけれど、カナダにも来てくれたり、一時帰国の際にはいつも集まってくれます。 彼女達とは湯布院 無量塔玉の湯 旅行など、開けてはいけない禁断の扉を幾つも開けて来ました。 笑
このところの一時帰国は残念ながら東京素通りだったので、ほぼ1年ぶりに楽しい時間を過ごしてきました。

品川駅南口にあるスタバで待ち合わせて、夕食タイムまで暫しお喋り。
久し振りに会う友人とは本当に話が尽きなくて・・・、というか、スタバでは殆ど私が喋っていたような・・・。汗

その後夕食の為、南青山に移動しました。

向かったお店は Passage Aoyama にある中国料理の礼華/ RAIKA。 美味しいもの大好きなメンバーですが、中でもグルメでお料理のエキスパートなSさん行き着けのお店。 新宿御苑に続いて昨秋オープンしたばかりです。


こちらの「上海蟹の紹興酒漬け」がそれはそれは絶品らしく、シーズンになると誘って貰っていたけれど、いつも行く時はシーズン外、もしくは定休日・・・。 涙
でも、それ以外のメニューも美味しいよ、という事でこの日念願の礼華デビューを果たしました。


ガラス越しに見えるバースペースには素敵な中国茶器。 期待が高まります。


a0110975_12545615.jpg



ご紹介までメニューをちょっと・・・。
「フカヒレのお刺身 山椒ソース」など、ちょっと珍しい物が並び、興味津々。 
オーダーはSさんにお任せです。


a0110975_12553396.jpg



ピータンが美味しいというので、まずは「ピータンと豆腐の湖南ソース」

a0110975_12563592.jpg


美しいピータン、琥珀色の白身にブルーの層になった黄味。 
まったりとして何ともクリーミー。 「なんじゃこりゃー!」 な美味しいさなのです。 笑  ソースがまたまた絶品で、シャリシャリとした食感があり、ちょっと甘みも、何だろう・・・? と考えたけれど、全く? 。 お店の方曰く、それは多くの材料を合わせて産まれたソースとか。 で、結局何が入っているかは ?。


続いての前菜、「アワビ入りおまかせ海鮮3種盛り」。 クラゲと車えびも一緒。 

 
a0110975_12571665.jpg


あわびは軟らかく蒸し上げられて美味。 それ以上に気に入ったのがクラゲ。 プリップリの弾けるような食感。 今まで食べていたのは茹で過ぎ? マリネし過ぎ? それとも全く違う物なのでしょうか・・・?


黒酢の酢豚が登場する頃には、ビールから「瓶だし紹興酒」にチェンジ。 
私 以外は かなぁーーーりイケる口の面々。  
この後2 合入りのデキャンタが4 本? 空きました。
因みに夫の予想は「このメンバーなら8 本」。 笑


a0110975_12581084.jpg



続いては、メニューにないスペシャルオーダー。
フカヒレをトリュフとドッキングした一品を贅沢にも 2オーダー。


a0110975_12584677.jpg


グツグツと土鍋で煮えるフカヒレと、何ともいえない芳しいトリュフの香り~。
ソースに隠れて見えないけれど、美しい曲線を描く立派なフカヒレが、どーん !

トロントで帰りを待つ誰かさんの顔が、一瞬脳裏を横切りました。 
1人美味しいもの食べてごめんっ、でも食べます・・・。 笑


a0110975_130120.jpg


軟らかーくフルフルに仕上げられたそのの厚み2cm 程。 
忘れかけていたけれど、フカヒレって厚みがあるのでした。 トリュフソースって単に贅沢な気分に浸るだけ? とお思いの方、この2つはとっても合います。 
シェフはフカヒレの名店、恵比寿の筑紫樓でも修行をされたそうで、この仕上がりやソースの美味しさも納得。


続いては中華野菜の炒め物。 3種のソースは右からオイスターソース、豆腐ようのまろやかなソース。 そして海老の卵を使ったソース。 
お豆腐のソース、マイルドでイケました。
 

a0110975_1303264.jpg



続いて唐辛子とピーナツと鶏の炒め物。 黒く見えるのが唐辛子。その他サクサクした食感の揚げた唐辛子も入っていて、爽やかな辛みがコリアンダーの香りと相まって、これまたイケます。 
白ご飯が欲しい味。


a0110975_130569.jpg



その他にも頂きましたが、多すぎるので端折り・・・ 締めはネギソバ。 
1人前じゃ少ないし、2人前じゃ多すぎるという事で、1・5人前を4人でシェアという何ともワガママなオーダー。  
胡椒ではなく中華の花山椒を使っているところがポイント高し。

 
a0110975_1313934.jpg



最後はデザート、蓮の実餡の揚げたて胡麻団子と、私はマンゴーとグレープフルーツ、タピオカを使ったデザート。 マンゴーとグレープフルーツもとっても合う事をこの夜発見。


a0110975_1322879.jpg


中国茶でも頂いて・・・そろそろと思っていたら、サービスでお菓子を2品頂きました。 

春巻きの皮にカレー風味のスパイスをまぶして揚げた物と、ココナツのクッキー花山椒風味。 
どちらもおつまみにピッタリな味で、皆さま締めにビールをオーダー。 * 除く私。
気付けば食べて喋って、笑って食べて4時間超。

a0110975_1338100.jpg




さて、この日の夜は友人宅に泊めてもらいました。
あんなに食べた後というのに、美味しいロールケーキを出してもらって、深夜までまったりしつつ楽しいお喋り。

とてもセンスの良い暮らしぶりのYさん宅は、大きなオリーブの木のある広いバルコニーからの眺めも良くて、大好きな場所。 居心地が良すぎていつも寛ぎすぎるのが問題です。


夜遅くまで食べていたにも関わらず、朝食にはクロテッドクリームとマーマレードで、美味しいスコーンを頂きました。


a0110975_136912.jpg



こちらは Sさん差し入れの中目黒にあるカフェ・ド・ヴェルサイユの塩チーズスフレ? ハーブの味がフンワリとして朝から幸せ。


a0110975_1375852.jpg



久し振りに会う気の置けない友人3人との楽しい時間と美味しいご飯に大満足。 ちょっと強硬スケジュールだったけれど、やっぱり行って良かった。

皆さま、ありがとうございました。
[PR]
by non_ca | 2010-03-26 14:54 | レストラン&カフェ
お昼の気温は7℃。 
先週の春の様な陽気から、少し寒さの戻ったトロントです。 とはいえ3月で7℃は暖かです。


Yuko嬢のご友人で、時折ブログにもコメントを下さる、以前トロントにお住まいだったETさん。現在お仕事でトロントに滞在中とのことで、その名も「ETさんを囲む会」のお誘いを頂き、昨日の日曜日、Pearl Harbourfrontに飲茶に行って来ました。

この日はマーチブレイク( 春休み )最後の日曜というのもあって、お店は満席。 スタッフも大忙し。


a0110975_23403410.jpg


初めてお会いするのにそんな気がしないETさん、下さるコメント同様、とても温かで楽しくて、そして優しい目元が印象的な方でした。 
カナダで暮らす私達を気遣い、お土産を沢山もってきてくださり一同感激・・・。涙 渡航準備でお忙しい中、あれやこれやと私達を気遣いお土産を選んでくださった様子、本当にありがとうございました。


そんな新しい素敵な出会いもあった日曜ですが、この日同じく参加していたTMOMさんファミリーは間もなく日本に帰国です。 ランチデートをしたり、共通の友人と出かけたり、色々楽しい時間を一緒に過ごしました。 Tくんともやっと仲良しになれたのに本当に残念・・・。 
とは言え、TMOMさんとはまたお会い出来る予感がするので、悲しいお別れではありません。 必ず日本でお会いしましょうね。


先日の一時帰国の際、迷った末購入した秋田杉のお弁当箱。 
レンジで温められないので冬には不向きかもしれないけれど、トロントも春めいてきた事ですし、今日は気分を変えてそちらに詰めてみる事にしました。


a0110975_0321438.jpg



空っぽのお弁当箱、鼻を近づけてクンクンとすると、杉のなんともいい香りがします。

今日のおかずは・・・
牛肉の八幡巻き、ひじきの煮物、カボチャの甘煮、オクラの煮浸しにプチトマトです。

こちらで売られているオクラ、サイズは小ぶりのものもあるけれど、収穫のタイミングが日本より遅いらしく、ポンとふくれて種が大きいものが殆ど。 生で食べると種が気になるけれど、煮てしまえばさや同様軟らかくなり問題なし。 日本で夏になるとよく食べていたのを思い出しました。


a0110975_0153862.jpg




ETさんに頂いたお土産の中にはこんなカードも・・・


a0110975_040690.jpg


一足お先に、わが家に咲いた桜は満開です。
[PR]
by non_ca | 2010-03-22 11:18 | lunch box

back in Toronto!

お昼の気温は19℃。 ウソのように暖かです。


ご無沙汰しています。
先週末に父の四十九日法要があり、一時帰国していました。 日本には正味1週間程の短い滞在でしたが、思いのほか忙しく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。 それでも、今回は最後の夜を友人達と過ごすべく東京へ移動。 美味しい物を頂きつつ、楽しい時間を過ごしました。


成田空港には余裕の3時間前に到着。 
トロントに持ち帰るべくお取り寄せした物の中で、支払いの済んでいない振込みの事をふと思い出し、慌てて第一ターミナル内のローソンへ。 「コンビニさまさま」日本は便利です。 笑

トロントに越すまで乗った事のなかったエアカナダですが、最近ではすっかり「エアカナダっ子」な私。 成田空港でエアカナダの制服に身を包んだクルーを見かけるだけで、親しみすら感じます。 不思議なものですね・・・。  

クロネコさんのカウンターで、実家から先に送っておいた荷物を受け取り、手荷物と軽く詰め替え・・・。 初めはドキドキだった「空港の片隅で荷物の詰め替え作業」ももう堂に入ったものです、ベンチも使って要領よく進めます。 周りの視線など一切気になりません。 え、これって年を取っただけ・・・?! 「手荷物良ーし♪」とバックの中身を確認した後は荷物をチェックイン。 いつも通りTSUTAYAで本や雑誌を物色し、重たいからどうしようかなぁ・・・と迷いつつ、免税店でお留守番の夫に「黒霧島」を買い込んで、ラウンジで幾つかメールを入れたら、もう出発20分前!  2月にトロントに戻った際は15分前になってしまい呼び出された前科あり。  今日はまだ搭乗中の方が沢山いましたが、やっぱり最後はバタバタになってしまいました。

座席に着いてほっと一息。 

 
a0110975_1551948.jpg



今度来るのはいつかなぁ・・・などと考えている間に飛行機は離陸。





海岸線へ出たところで進路をを北へ変更。 茜色にそまる西の空と海岸線の白い波打ち際、蛇行して流れ太平洋に注ぐ川を眺めつつ、「また来るからね」と心の中でつぶやきます。


a0110975_15332331.jpg



この日は穏やかなお天気で、間もなく雲の上に出ました。


a0110975_153812.jpg


食後は、行きに見終わらなかった映画を一本。 その後はぐっすり眠りました。

計算ではあと1時間は眠れるはずだったのに、「マダーム」とお絞りを手渡され起床。 寝ぼけ眼のうえ、寝癖でボサボサ頭のマダムです・・・。 笑 時計が壊れたのかなと何度も見るけれど、どうもそうでもない様子。 着陸少し前に気付きましたが、この日曜夜からサマータイムが始まったんですね。
眼下には湖、そして抜けるように青い空。 そうそう、見慣れたカナダの空です。


a0110975_15415192.jpg



ゆっくり朝食を済ませ、身づくろいを軽く済ませたら、あっというまに着陸体制になりました。

窓から見えるオンタリオ湖。 そしてその手前にはCNタワーとダウンタウン。 


a0110975_15482178.jpg


着陸後には、この日をもって定年退職するクルーが紹介され、客席から温かい拍手が沸き起こりました。
日本のエアラインのサービスも素晴らしいけれど、エアカナダのこんなパーソナルタッチなところが好きです。


「お土産買ったから迎えに来てね。」とラウンジからメールを入れたのが効いたのか、夫が空港まで迎えに来てくれました。


フロントガラス越しにダウンタウンが見えてきたら、わが家ももうすぐ。


a0110975_15533281.jpg



秋以来、気付けば10日以上連続で家にいたことが無く・・・。 今度こそしばらくトロントでゆっくりしたいものです。

トロントも良い季節になってきました。
[PR]
by non_ca | 2010-03-18 23:45 | 日本
お昼の気温は6℃。
金曜に積もった雪もその後のプラス気温で溶けました。 今日は青空の広がったトロントです。


オリンピック期間中、あと2つほど観戦したゲームもあり、その他美味しい物も頂いたのですが、ちょっとバンクーバー編をお休みして、今日のわが家より。


微妙な時差を口実にすっかりダラダラと過ごしたこの週末。 ここらでちょっとネジを巻こうと、今日は夕食にお客さまをお招きました。

日本から戻り中3日でバンクーバーに出かけたので、買い物も殆どせず、なので自然とお料理もせず、気が付いてみればわがキッチンでちゃんとお料理するのは、なーんと久し振りな事でしょう。 2週間のバンクーバー滞在中はホテル暮らしゆえ包丁も握らず、それゆえなんだか動きもぎこちなく、こんな事で今晩は大丈夫なのかしら・・・と不安をだかえつつ、お料理開始いたしました。


今晩のお客さまはNYからいらした I さんと、バンクーバーの友人Nさん。
I さんは男性のお1人暮らしなので、今日はカロリー控え目、お野菜はたっぷり食べて頂きましょうという事で、和食にすることに。
けれど、いささか準備不足。 定番メニュー中心になりました。


結婚以来、毎年わが家のお節に登場してきた5色なます。 最近はサラダ感覚で度々食卓に登場しています。  材料は、人参、大根、キュウリ、椎茸、そしてレモン。


a0110975_14175935.jpg


日本では柚子を使っていたけれど、トロントでは手に入らないので、ある日オーガニックのレモンを変わりに使ってみることに。 これが意外なことに違和感全くなし・・・。 
果汁は甘酢に加えて、皮は刻んで一緒に合えています。 冷蔵庫で保管すれば4, 5日はもつので、先日も長期お留守番をした夫の為に沢山作りおきをしました。


a0110975_1424399.jpg




もう1つのお野菜たっぷりメニューは、けんちん汁。
今回の一時帰国中、母が作ってくれたけんちん汁がなんとも美味しくて。 華のあるメニューではないけれど、この季節土の中でぎゅっと栄養を蓄えている、根菜をたっぷり入れて作りました。


a0110975_14424476.jpg



大根、人参、里芋、ゴボウ、豚肉、お豆腐、揚げ、そしてネギ。 あらら、そういえばこんにゃくを入れ忘れました・・・。
柚子胡椒を入れて頂けば、からだも芯からホカホカです。


a0110975_14452238.jpg




空の蒼が深まる頃には、お客さまの到着です。


a0110975_14494143.jpg





今夜のお供は日本酒なので、おつまみ風なものも少し用意しました。
揚げとなめこのみぞれ和え。 かりかりに焼いた揚げ、なめこ、しらす、かつお節、いくらを大根おろしで合えました。


a0110975_14581371.jpg



こちらもおつまみ風な1 品。
焼きなすの味噌和え。  焼きなすを油をひいたお鍋で、甘めのお味噌とすりおろした生姜、おネギと一緒に炒めています。 ご飯も進むので、これまたわが家の定番メニューの1つです。


a0110975_1554079.jpg



もう1 品なにか欲しいかしら・・・。 で、こちらもわが家の定番中の定番メニューのおなすの煮物。


a0110975_159521.jpg




さて、今晩のメインですが・・・
バンクーバーの魯山人さま に触発されて、豚のとろける角煮にしようと思い立ち、Famuさんにうかがいましたが、残念ながらちょうど良いさしのお肉が見つからず。 困っていたら、ショーケースにとっても美味しそうな牛肉を発見!

 

5週間、こだわりのエアドライ熟成をされた物だそうです。
見るからに、余分な水分が抜けて美味しそうなお肉。 夫と2人、これにしよう!と即購入が決まりました。 こういう時はとにかく気が合います。 笑


a0110975_15222683.jpg


3つにカットした後ですが、これで900g超の結構なボリューム。
さしが美しぃーー。


素材の良い物はさっと調理するのみ。 塩と胡椒を挽いてまぶし、あとはフライパンで表面をじっくりと焼きます。

大根おろしとシソの千切りを添えました。


a0110975_15275867.jpg



しっかりとしたお肉の旨みと、柔らかい食感。 ゲストにも好評で私も幸せ。 
大根おろしにシソ、ベビーリーフも一緒にくるりと巻いて、ポン酢をたらして頂きました。


a0110975_15314618.jpg



締めはけんちん汁とごはん。
ごはんには、おじゃこと枝豆を加えて合え、いくらをトッピングした優しい味。


a0110975_15342694.jpg



I さんからは、「今晩の食事のお礼に、今度NYで美味しい物をご馳走しましょう。」とのお言葉。 なんでも行きつけの美味しいお店があるそうです。

Nさん、ぜひぜひ 実現しましょうねー! 

今晩は楽しい時間をありがとうございました。 
[PR]
by non_ca | 2010-03-01 23:58 | cooking