平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

お昼の気温は14℃。


a0110975_11582947.jpg



数日前が私の誕生日だったので、今晩は夫と2人夕食に出掛けました。
「何処に行きたいの?」と聞かれ、最近のお気に入りの2つ Splendido か Opus か・・・どちらも行きたいので悩ましかったけれど、結局最近よく行っている Yorkville にあるOpus に連れて行ってもらいました。 (Splendidoの話はコチラから)

お店は、地下鉄 St. Georgeを出てすぐ、写真右手の数件目にあります。


a0110975_123373.jpg


カメラはバックに入っていたけれど、やはりここで写真はちょっと撮りにくい・・・。 お料理は全部食べてしまったけれど、デザートが出た頃、一瞬回りのテーブルから人気が無くなったのを見計らって、パチリ。

すでに2人とも食べ散らかしていますが・・・
手前が私のデザート、トロピカルフルーツに乗ったレモンのケーキ、フェンネルアイスとピスタチオのソース=Lemon pudding cake on tropical fruit tartare with fennel ice cream and pistachio emulsion。
奥が夫のアップルフリッターのキャラメルソース=Apple fritters with toffee caramel, cinnamon sour cream and pecan streusel
前回食べてとても気に入った、リンゴのフリッターの温かいデザート。 ドーナツのような食感で今までに食べたことの無い種類の新鮮な美味しさ。 これは絶対彼の好みだろうと薦めてみたところ、やっぱり好きらしい。 ちょっと貰おうと思っていたのに、気が付いた時にはすでに平らげた後でした・・・。 笑
お店のサービスでデザートワインも頂いて、ご機嫌なひと時。 お食事も変わらず美味でした。


a0110975_121751.jpg




最近はあまり誕生日を言わない私ですが、トロントでも数人の友人には成り行き上知られてしまいました・・・笑

昨日はそんな友人たちから、嬉しいサプライズのプレゼントが届きました。

こちらは、なんとYuko嬢のハンドメイド。 グレー好きな私の好みを知ってか、グレーの淡水パールのネックレスを2本。ブラウンのチャーム付きパールを1本。 組み合わせても、それぞれにでも楽しめるようにデザインしてくれたとか。 暖かくなって来た事ですし、胸元のオシャレが楽しくなりそう。 今日は早速着けて出かけました。 
Yukoちゃん、ありがとう。


a0110975_1251571.jpg



こちらは夫が帰宅時に持ち帰ってくれた、La Bonboche のマカロン。
夫「私からと言いたいけれど、違います・・・ 汗」 私、内心「やっぱりねぇ・・・。」


a0110975_12472691.jpg


春らしい色合いのマカロンは、友人と友人の働くオフィスの皆さまから。 
時々気まぐれでお菓子を作って押し掛ける私に、年末には皆さんでクリスマスプレゼントを下さったり、父の葬儀が終わりトロントに戻った時には、お見舞いのお花を頂いたり・・・。 
そのお礼のつもりで、先日「桜餅とうぐいす餅」の詰め合わせをお持ちしたところ、早速お返しにと、今度は誕生日プレゼントと温かいメッセージ満載のカードを頂いてしまいました。 ありがとうございまーす。
何だか申し訳ない様でもありますが、そんな心の交流もちょっと嬉しく、「次はなに持って押し掛けちゃおうかなぁー」と考えている私です。

皆さま、改めてありがとうございました。




  
[PR]
by non_ca | 2010-04-28 23:51 | レストラン&カフェ
お昼の気温は17℃。
今日もトロント地方は晴れです。 時おり感じる風のなんとも爽やかなこと~。

冬の間、キッチンでぬくぬくとしていたハイビスカス。 最近暖かなので、お天気の良い日はバルコニーで日光浴。 今日もお日さまの光を浴びて気持ちが良さそう。 そろそろ出しっぱなしにしたいところだけれど、昨年はこのフライングが原因でご機嫌ななめになったのか、夏の間花を付けてくれませんでした。 なので油断大敵と、今年は箱入り娘のように大切に育てています。  
「もうそろそろ咲いてみる~。」 と、時折り話しかけてみるけれど、今のところまだその気分では無いらしい・・・。


a0110975_128134.jpg



最近、お天気の良い日はリビングが温室のようになって、慌てて窓を開けたり、クーラーを入れたりしています。 ヒーターを使っていた頃に比べたら随分良いけれど、日本に住んでいた時よりも、髪がかなり乾燥気味です。 お水が違ったり、シャンプーが変わったり、要因は色々あるけれど、やっぱり空気の乾燥が一番でしょうね。

一昨年の冬以来、久し振りに髪を伸ばしていたせいもあってか、小さな子供の寝癖みたいにこんがらがってしまった時には、しまったーー 汗 と手入れ不足を後悔したものです。 

で、去年の秋口から使い始めたヘアケアプロダクツがあります。 良かったので「今度教えるね~」と言ったのに、あれからかれこれ2ヶ月近くが経過・・・ ゴメンなさい。


ヘアケア専門のブランド RUNE FURTERER。 日本で通っていた美容院のヘッドスパで使われていて、トリートメントを受けた翌日は、明らかに髪がサラサラとして軽く感じたのを覚えています。 
サロン用ではないのでボトルはちがうけれど、時々のぞくイートンセンターのSephoraで見つけたので、2種類購入して楽しんでいます。


a0110975_325356.jpg
 


手前はCOMPLEX 5というもので、頭皮の状態を整え、丈夫な髪に導くというもの。 柑橘系のエッセンシャルオイルの香りがとっても良くて、マッサージをしながらも癒されてしまいます。 この香りが嗅ぎたくて、時々夫もマッサージしてあげたりする位・・・笑 

奥のASTERA はオイルとアルコールを含むリキッドのコンビネーション。 乾燥が原因で頭皮が少しオイリーになるなど不安定な時に使うと、すっきり・・・健康な状態の頭皮に導いてくれます。 こちらは爽やかミントの香り。

髪をブロックしながら、ノズルでオイルを頭皮に与えたらマッサージ。 その後は蒸しタオルで暫くラップして、あとは普通にシャンプーすれば出来上がり。 このトリートメントをした後は、髪がサラサラ~。 無意識のうち、ついつい手が髪に伸びてしまいます。 


ヘアケア製品ではないけれど、写真用にボトルを並べてみたPenhaligon’sのバスオイルとトワレもご紹介します。
1870年からあるイギリスの老舗バスアメニティーのブランドで、ボトルがバスルームにあるだけで、幸せな気持ちにしてくれます。 飽きることなく十数年愛用中。 

a0110975_44356.jpg


手前は柑橘系をベースにスパイスなどがブレンドされた Blenheim Bouquet のトワレ。1902年に作られたクラシックだけれど、色あせない香りが魅力で、夫は以前シェービングクリームも愛用していました。  奥はLavendulaのバスオイル。 ラベンダーをベースにした複雑で魅惑的な香りがします。 数滴たらして入浴すれば、良い香りと共にスベスベ、そしてポカポカ温まります。 他にも魅力的な香りのラインが沢山、ボディークリームなどもしっとりとても優秀です。


そして、もう1つ最近のお気に入りバスグッズがこちら・・・。
あっきーさんに教えて貰い購入した エグリントンにあるSABONのボディースクラブ。

a0110975_4543551.jpg


エッセンシャルオイル入りで、かかとやら膝やら、何処でもクルクルすると、たちどころにツルツル、スベスベ~。 夏のバスタイムに合いそうな、レモンミントの香りを選んでみました。

雑誌 Toronto Life のウェブによると、Sabonはイスラエル発で世界に展開しているらしく、NYのお店ではジュリアロバーツや、ジュリアン・ムーアも常連客と書いてありました。 

あなどるなかれエグリントン・・・。 
そしてあっきーさん情報は凄かった・・・。


SABON
2552 Yonge Street Toronto, ON M4P 2J2
(416) 485-0303   
[PR]
by non_ca | 2010-04-23 16:03 | ヘルス&ビューティー
お昼の気温は19℃。
今日も穏やかな天気のトロント。


a0110975_112054.jpg



2週間ほど前のことですが、ニューヨークに住む友人夫妻がトロントに来ていました。 NYCでは何度もお世話になっているので、今度はトロントを楽しんで貰おうと、夫と2人の訪問を指折り楽しみにしていました。

初日の夕食は、リクエストでメトロポリタンホテルに入っているLai Wah Heenへ。 以前ご主人と一緒に行ったことがあり、気に入って覚えていてくれたそうです。

で、この日のお目当てはやっぱり 北京ダック。 お昼の飲茶はトロントの他のお店とは、一線を画した美味しさと美しさだけれど、ここへ来たら北京ダックは外せません。 食いしん坊の私のトロントでのお気に入りの1つです。 多分10回以上はこちらでダックを食べていると思う・・・。

お2人も北京ダック好きという事で、この日もその美味しさにかなり盛り上がりました。 しつこいようですが・・・笑 皮と身と脂のバランスといい、こちらのペースに合わせて温かい物をサーブしてくれるサービスといい、やっぱり良いですね。

a0110975_11454916.jpg

    
左側はダックを注文すると漏れなく付いてくる、身の部分の炒め物。 レタスに包んで食べるとこれまた美味し。 こちらでは一般的だけれど、日本ではあの身は一体何処に行ってしまうのだろう・・・?!


1日おいて火曜日。 ナイアガラ&オンザレーク1泊旅行から戻ってきたお二人をお招きして、わが家でゆっくり夕食を共にしました。

以前Famuさんで頂いたフォアグラ。 冷凍庫でカチカチになっていたけれど、そろそろ食べなくっちゃね、という事でこの日使ってみることに。 想像するに、北京ダックが好きな人はフォアグラも好きに違いありません。 違うかな・・・? 笑


a0110975_1154149.jpg


大きなお皿にチーズやフルーツを盛って、準備万端。 以前ご紹介したオンザレークのワイナリー Peller のピンクのシャンパンでスタートです。 その話はコチラから


a0110975_1212045.jpg



この日は午後まで私も予定が入っていたので、基本パパパッと準備できるもの、外食続きでお疲れかしらと軽めのものを用意しました。


右からジャンボスカロープ。 鮮度が良かったのでミディアムレアに。 
隣は何というか・・・サラダです。 笑  暑い日だったのでちょっと夏を意識してみました。 プチトマトとマンゴーを刻み、バジル、フェンネルなどのハーブと美味しいオリーブオイル、塩コショウで味付したもの。 その隣は今が旬のグリーンアスパラ。 オンタリオ産の物を軽く茹で、大目のオリーブオイル、塩&胡椒でマリネしました。

a0110975_12224589.jpg


フォアグラはカラメライズしたリンゴのコンポートの上に。 塩胡椒をしたあと、カナダらしくメープルシロップを数滴垂らしてみました。 


a0110975_12241153.jpg



メインは、少し前にも作ったブイヤベース。 (その話はコチラ) 
新鮮なムール貝が手に入ったので、たっぷり入れて作りました。 
前回同様フィッシュストックは前日に作っておいたので、この日の作業はいたってシンプル。 今回はトマトを前回より少し多めに、少し長めに煮込んで家庭料理風に仕上げました。

仕上げにハーブとオリーブオイルを回しかけたら完成~。


a0110975_12135468.jpg



北京ダック好きはやはりフォアグラもお好きでした。 笑 そして偶然にもご主人の好物はブイヤベース。 奥さんのJ さんはホタテ好き。 そしてこの日用意していたチーズの1つ、Gotaチーズのドライタイプもまたご主人が凄くお好きなんだとか・・・。

そんな偶然も色々重なり、また楽しい話も尽きなくて、この日は深夜まで盛り上がりました。 

ずうずうしくもニューヨークの紀伊国屋書店で本の買い物をお願いしたり、その上お土産も沢山頂いて・・・、ありがとうございました。 お2人には近々またお会い出来るようで、今から再会を楽しみにしています。


~・~・~ 番外編 ~・~・~

Lai Wah Heenに行った前日、kumako亭での会食に持って行くつもりで作ってボツにしたケーキ。 キャラメルが苦すぎる気がして、かといって切って試食するわけにも行かず・・・。 結局慌ててロールケーキを焼いて持っていったけれど、翌日食べたら、あれま・・・コレが意外とイケました。 が、時すでに遅し・・・ 汗

一応、予定していたデコレーションをして、kumako家にも少しだけお裾分け。 

あまり綺麗な出来ではないので、小さめの写真でーす。 
久し振りに作ったら、使うフィルムを間違えてエッジが波々に ~~~~


a0110975_13132977.jpg


3切れお持ちした所、ダーリン1切れ、kumakoちゃんが1切れ、チビタくんが1切れ。 でもチビタくんはまた離乳食を始めたばかりのベビちゃん。 チビタの物はママの物という事で kumakoちゃんが2つ食べたらしい。 
へへ、想像していた通り・・・。 笑
[PR]
by non_ca | 2010-04-21 10:43 | cooking
お昼の気温は20℃。
爽やかな良いお天気。


a0110975_11354413.jpg


 
年末以来すっかり足の遠のいていたフィットネスクラブ。 いけないなぁと思いつつもなかなかその気にならず、鏡の前で自主トレの日々・・・。 笑  いよいよ思い直して先週から漸く復活しました。 久し振りにとったトレーニングはそれなりにきついけれど、やっぱりモチベーションがぐぐっと上がります。 今日もアポを入れて1時間、しっかりトレーナーの指導のもと運動。 その後はなんとも気分爽快! どうしてもっと早く復帰しなかったのかなぁとちょっと後悔しています。


前回の続きになりますが、(その話はコチラから)
お花見の前にブランチをしました。

いつも良いお店を選んでくれる友人が連れて行ってくれたのは、Queen St. W にあるGladstone Hotel。 同じくQueen St.W にあるDrake Hotelと少し似た雰囲気のある、ラスティックでアートな雰囲気のあるなブッティックホテルです。 
1889年に建てられたという、味のあるレンガの外観が目を引きます。 


a0110975_1243121.jpg


入ってすぐ左手にあるカフェは、自然光がたっぷり入る明るい空間。 11:30頃着いてみるとほぼ満席。 どうにか2つ空いていたテーブルの1つに座り、まずは腹ごしらえです。


a0110975_12244556.jpg



奥は友人の頼んだ「Tofu Scrumble」。 今思うとベジタリアンメニュー? 日本風に言えば炒り豆腐なのでしょうか、ターメリックで綺麗な黄色に染められていて、何だか懐かしい味わい。 添えられたお豆の煮込みや、フレンチフライも美味しくて、友人も満足そう。

私は迷った末に、「Apple Flackjacks 」 パンケーキとメニューにはあったけれど、こちらにしては珍しい、ふっくらフワフワと膨らんだホットケーキです。カラメライズされたアップルも甘さ控え目でたっぷり、美味しぃ~。 その上にはプレーンヨーグルトがかかっていてサッパリ頂けます。 お隣の男性が食べていたサンドイッチやスタンダードなプレートもとても美味しそうで、次回はあれかなぁ・・・とチラチラ。
見た目はいわゆる北米スタイルのブランチだけれど、健康に配慮したメニューを提供しているようです。 

a0110975_1295591.jpg


 
食後は階段を上がって、2階、3階、4階にあるアートスペースへ。 


a0110975_12564537.jpg

 
フロアごとに違う家具が配されたギャラリースペース。 客室のデコレーションも1つとして同じものがありません。


a0110975_12575799.jpg



アンティークな照明達に・・・
右下は、未だ現役の手動エレベーター。

a0110975_131629.jpg



階段ごとに広がる別世界・・・。



a0110975_1354866.jpg


どう見ても傾いだ、木の床を踏みしめ廊下を進みます。ある扉を空けると、ここは戦前のイギリス?


a0110975_1312437.jpg



けれど窓の向こうに見える景色は、確かに2010年のトロントでした。


a0110975_1395318.jpg



その後は再びストリートカーに乗ってRoncesvalles へ。
お店はどちらも個性的で、魅力的! あちこちお店をのぞいては、食後の街散策を楽しみました。


a0110975_13215471.jpg

[PR]
by non_ca | 2010-04-20 23:59

桜満開 * ハイパーク

お昼の気温は13℃。
晴れて気持ちの良い天気。


a0110975_11131044.jpg



今日は久し振りに友人Mさんとデート。 
フォーシーズンズセンターで待ち合わせた後は、ストリートカーに乗ってQueen St. Wへ向かいました。 Mさんに会うのはなんと12月以来、美味しいブランチを食べながらお喋りを楽しんだ後は、 Roncesvallesへ移動してブラブラ街散策。 その後はお花見を楽しむべく、桜が見ごろのハイパークへ向かいました。

いつもは車で公園内のパーキングまで行ってしまうけれど、今日はRoncesvallesから、裏道の住宅街をテクテク抜けて進みます 。 ゆったりとした敷地にキャラクターたっぷりの歴史あるレンガ造りの家々。 公園が近いので緑も豊かで、人気の住宅街なのも納得です。
  

a0110975_11235545.jpg


ハッと目を奪われるような、可憐な春の花々。


a0110975_12343760.jpg



お喋りしながら歩みを進めるうち、ハイパークへ到着。
太目のミニチュアダックスをお散歩させるカップルに先導されて、公園内に入ります。
 

a0110975_12384024.jpg



まだ見るからに軟らかく、瑞々しい葉や花を付け始めた落葉樹の森の木々に、確かな春の息吹を感じ、


a0110975_13203927.jpg



丘を下って、そして登って・・・・  どんどん進んで行きます。

途中、可愛い公園の住人にも会いました。


a0110975_12522596.jpg


そうこうする内、お目当ての桜の広場に到着です。

楽しみにしていた桜はというと・・・ 満開 ~♪ 

芝の上にシートを広げて腰を下ろしたら、2人で空に向かって仰向けにゴロリ・・・。

桜の花を透かして見る空の、何処までも高くて、そして青いこと!


a0110975_13305410.jpg



目の前に広がるのは、満開の桜と青い空。 


a0110975_13443916.jpg


西に傾き始めたお日さまの陽を、体一杯に浴びつつ、季節限定の贅沢を楽しみます。

どれ位寝ころんだまま桜を眺めていたでしょう・・・。 かすかに感じる風は、寒くも無く、暑くも無く、なんとも心地良いこと。



実は、起き上がって視線を向けたその先には・・・・ 



日本のお花見も真っ青な人、人、そしてまた人。 驚 


a0110975_1391050.jpg


お花見も随分メジャーになったのねーと感心していたら、人ごみの先ではバンドが何やら設営中・・・。 
どうやら夕方辺りからライブが始まるようで、どちらかと言うと、そちら目的に集まった人達のようでした。


何はともあれ・・・

日本を離れて暮しているけれど、今年もこうして桜の花を愛でることが出来ました。

日本人に生まれて本当に幸せ、と感じる瞬間です。

トロントの桜、ただ今満開 ♪ 
[PR]
by non_ca | 2010-04-18 23:33 | お出かけ

牡蠣の時雨煮 * お弁当

お昼の気温は19℃。
今日も良い天気のトロント。

a0110975_9485078.jpg



この陽気でハイパークの桜も、例年に比べ早く咲き出したようです。
今週は友人とお花見にと思っていたら、どうやら明日辺りからお天気が下り坂とか・・・。 日曜日には青空が戻るといいなぁ。


a0110975_1003078.jpg


最近少し思うところがあり、改めてトロントは住みやすい良い街だなぁ・・・と感じます。 初々しい黄緑の葉をつけた木々までも、なんだか愛おしく思えるものです。


さて、少し前のお弁当。


a0110975_10192431.jpg


大振りな牡蠣が手に入ったので、生姜と一緒に時雨煮風に炊きました。
秋に日本で食べた「牡蠣の時雨煮」がとても美味しかったので、まねて作ってみたものです。 作り立てよりも、少し時間がたってからの方が、味が落ち着き牡蠣の味が際立って良いみたい。 
その他、五目なます、油揚げと菜の花の煮浸し、かぼちゃの甘煮です。


a0110975_1053967.jpg

[PR]
by non_ca | 2010-04-15 21:30 | lunch box
お昼の気温は13℃。
今日も晴天、青い空が広がりました。


日曜日のことですが、セントローレンス・マーケットで買い物をした後は、荷物を車のトランクへ放り込んで、その日の夜のベイビーシャワーでプレゼントするギフトを探しに、Queen. St. Wに向かいました。 (ベイビーシャワーの話はコチラから)

プレゼントの候補は色々あれどなかなか決まらず、ちょっと困っていた時、「そうだ、あそこに行ってみよう!」と思い出したのが Polka Dot Kids
 
a0110975_12455124.jpg


Trinity-Bellwoods Park の前にある、可愛い子供のオモチャや服などを扱うお店です。 去年の5月頃でしょうか、Yuko嬢とQueen. St Wを散策した時、連れて行って貰いました。 

小さなお店ですが、目の前にはTrinity Bellwoods Park の芝生の緑が広がり、とても良いロケーション。 この日もひっきりなしにお客さんが来店していました。


a0110975_13134930.jpg



久し振りに行ったけれど、店内はやっぱり可愛いもので一杯!! 
うぅーー、どれにしようか迷ってしまいます~。


a0110975_13215413.jpg


男の子用のプレゼントを探しに来たのに、あっちにこっちに、キュートな品々を見つけてはわき見ばかり・・・。
途中、こんな可愛い 「マッチ箱のベットで眠るねずみ」を見つけ、「子供の頃、こんなのがたまらなく好きだったなぁ・・・」と思わず自分が欲しくなりました。 笑  
後ろの指人形も、愛嬌たっぷりでそそられる~。


a0110975_13243627.jpg


こちらは日本人の奥さまとカナディアンのご主人がオーナーのお店で、この日お店にいらしたスタッフも可愛い日本人女性。 あれこれと日本語で紹介をしてもらえたり、簡単に質問が出来たりするのはやっぱりとても助かります。

それでも、どれも可愛くて色々と迷ってしまったけれど、結局彼女お奨めの品の1つをプレゼントする事にしました。 

それが、こちら。
大きさ15cm 程のぬいぐるみ、振ってみると・・・これがガラガラなのです ♪♪ 


a0110975_1332284.jpg


海賊のキュートなひげ面に一目ぼれ・・・。 笑

折角なので、kumakoちゃんちのチビタ君にもお揃いで 「ひげ面パイレーツ」をプレゼント。

他にもちょっと珍しい形のクッキー型やスタンプなどもあって、是非またお散歩がてら覗きに行きたいお店です。


アップしていて今気が付いたけれど、指人形にもこの「ひげ面くん」がいました。 笑


Polka Dot Kids
917 Queen Street West Toronto, ON
(416) 306-2279  
[PR]
by non_ca | 2010-04-12 11:58 | ショッピング
お昼の気温は13℃。 
青い空の広がったトロント。  

 

a0110975_12144532.jpg


今朝は久し振りにセントローレンス・マーケットに買い物に出かけました。 本館のパスタ屋さんの横にあるオーガニックの八百屋さん。 昨年の今頃から出産でお休みしていたレジの女性が、お店に戻っていました。 ベビちゃんのことを聞いてみると、「He's fine!」と忙しい手を休めてアイフォンの写真を見せてくれました。 それからもう一枚、お兄ちゃんの写真も。 フレッシュな食材の他にも、馴染みの店員さんとのこんなやり取りも、セントローレンスの魅力の1つです。

今日は夕方からkumakoちゃん宅へYukoちゃんご夫婦と一緒にお呼ばれをしていました。 事前にkumakoちゃんから、6月に出産の迫ったYukoちゃんの Baby Shower もしましょう、との連絡があり、 ちょっとワクワク出かけてきました。


少し早めに到着すると、すでに準備は万端。


a0110975_12583333.jpg


Kumakoちゃん力作のダイァパーケーキ。( 紙オムツのケーキ ) 
ネットで調べて作ったとか、良く出来てるー。


a0110975_1258094.jpg



そして、ダイニングには既に美味しそうなお料理がスタンバイ。
グリッシーニに巻かれたプロシュートや、串を使ったトマト&バジル&モッツァレラ。 


a0110975_136401.jpg



聞けば、ちびたくんはちょっとお熱があり、夕べは2人ともあまり眠れなかったとか・・・。 寝不足の中、頑張って準備をしてくれて、ありがとう。


そうこうする内、今夜のヒロインYuko嬢も到着。 「サプラーイズ!」と皆で声を合わせて迎えました。

さて、その後はいよいよお楽しみのお食事、お喋りタイム。
お野菜のグリル。 キレイな色が食欲をそそります。 その奥にはアボカドのプロシュート巻き。 


a0110975_13153038.jpg



今が旬のグリーンアスパラガスも、グリルされてお洒落~。


a0110975_13183630.jpg


ココットの蓋を開けると、フレッシュなトマトソースと良く絡んだ手作りニョッキ。 モッツァレラチーズがいい感じに糸を引いています。


a0110975_13203271.jpg



写真を撮り忘れてしまったけれど、オイルベースで仕上げられた、ショートパスタのブロッコリーソースも、アンチョビーやチリの隠し味が効いていて、とーっても美味。

更にラムラックのグリル。 
ローズマリーやガーリック、オリーブオイルでマリネされていたお肉は柔らかで、芳しい香り~。 男性陣の食べるのの速いことといったら、もう・・・。 あっというまに骨だけがお皿にゴロリ。 結構お腹一杯の私も、美味しくてぺろり。 


a0110975_132451.jpg


どのお料理も、ハーブやオリーブオイルがとっても上手く使われていて、素材良さが生かされていました。 
日頃から何事も手際のよいkumakoちゃん。 今晩もちびたくんの面倒を見つつ、次々と美味しいお料理が出来上がり、テーブルへ。 いやはや、 私もこの手際の良さを見習いたいものです。


こちらは午後から慌てて作った、私作のロールケーキ。 
お祝い用にちょっと華やかにしようと、外側もクリームでコーティング。 ベリーと一緒に飾った透明の板のような物は、キャラメルです。 シリコンのシートの上に流した後、バリバリと割ってケーキに飾ってみました。 


a0110975_134204.jpg


ハートのカードには、どんなメッセージを書こうかと悩み、結局、彼女のブログ
「ひゅーひゅー! Yuko Montreal →Toronto」を文字って、

「ひゅーひゅー! Yuko Montreal →Toronto で ママになります。」笑

Yuko嬢も、もうすぐママですねー!


緯度の話や単位の話で異様~に盛り上がる男性陣。 その話題で何故そんなに長々と盛り上がれるのか、女性陣には全くもって・・・???  それに3人ともとっても楽しそう・・・。 笑    ゴルフ以外にも意外な共通点がある事が、今夜わかりました。


Kumakoちゃん、とっても美味しいお料理の数々、ご馳走さまでした。
[PR]
by non_ca | 2010-04-10 23:58 | sweets cooking

桜の季節に * 桜餅

今日はもう1つ。

今朝、母から満開の桜の写真がメールと共に届きました。 日本の桜は見ごろを迎えているようですね。 トロントに桜が咲くのはまだ少し先になりそうだけれど、日本の春と桜に想いを寄せながら、今年も和菓子を作り始めました。


先日 Opusで楽しいお食事ご一緒したお二人( その話はコチラから )、先週末には無事日本に帰国をされたと連絡がありました。  お引越し当日、お手伝いは何も出来なかったけれど、ふと思いついておやつを差し入れしました。 

お届けしたのは道明寺の桜餅と、うぐいすもち。 立ったままでもパクリと食べて頂けるように、1口サイズに作りました。 


a0110975_1131712.jpg


久し振りに作った「うぐいすもち」 のうぐいすは、暖冬の冬で、木の実を食べ過ぎたみたい・・・、ころころです。 笑


a0110975_11313860.jpg



魔法瓶に入れたほうじ茶と一緒に3時頃お持ちしたところ、朝から大忙しでお昼をとる暇も無かったとか・・・。 涙  あぁ、おにぎりにすれば良かったかなぁ・・・。



こちらは、ベビちゃんの産まれた友人ご家族へ。  


a0110975_11584085.jpg



和菓子作りも楽しい季節になりました。



   
[PR]
by non_ca | 2010-04-06 22:16 | sweets cooking
お昼の気温は13℃。
今日のトロントは晴れたり小雨が降ったり、安定しないお天気でした。


最近出歩いてばかりの様ですが、お料理も楽しんでいます。 
秋に取っていた、カリナリーのクラスで試食をしたBouillabaisse=ブイヤベース。 フィッシュベースのスープがとっても優しくて、テイスティングなのに思わずお替り・・・笑  今まで見たレシピと微妙に違うこのブイヤベースがずっと気になっていました。 
最近ベビちゃんの産まれた友人に、海の幸の滋養たっぷりのスープを飲んでもらいたくて、この機に作ってみることにしました。


a0110975_10164698.jpg



今回のスープのベースはハリバット=オヒョウ( 平目を大きくした様な魚 )のあら。 軽くソテーした香味野菜やワインと一緒に煮て、スープストックを作ります。 ここまでを前日にしておけば、当日は思ったより簡単。


クラシックなレシピには、オレンジの皮が入るのだそうですよ。 それまで知りませんでした。 それからフェンネルも欠かせません。 

本当はタラなど入れたいところですが、手に入らず、白身のハリバットを使いました。 それから、アサリとムール貝にスカロープ。

ベースのスープだけでは、こちらの人風に言えば "too fishy" なんだけれど、これが美味しいスープに変身するところが、科学反応みたいでとっても面白い。 
そのスープにフェンネルやオニオンに湯むきしたトマト、タイムやベイリーフのハーブに、そしてくるりと剥いたオレンジの皮を加えてグツグツグツ・・・。 そうそう、サフランももちろん忘れてはいけません。 そして仕上げにお魚と貝を加えると、個性的な食材を使っているにも拘らず、どの食材も全く主張をしていない、そのハーモニーのなんとも優しーい上品な味わいのスープに大変身。


a0110975_10382636.jpg
     

本来はガーリックの効いたソースをバケットに付けて頂く所ですが、今回は繊細な味を大切にしたくて。 今晩はバケットにガーリックとオリーブオイルを軽く塗りトースト、白ワインと一緒に頂きました。 
 

a0110975_10434871.jpg


クッキングって凄い。


 
[PR]
by non_ca | 2010-04-06 21:37 | cooking