平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

NY旅行 * 4日目 その2

お昼の気温は28℃。 今日も夏のような暑さのトロント。


土曜日は思い立って午後から今シーズン初めてのゴルフ~。 この日も30℃を超える晴天だったトロント。 それでも練習中は良い風が吹いてショットも快調。 よーっし♪ とコースに出たらこれが暑い、暑い。 カートの屋根も気休め程度。 あっという間に体力&気力を奪われました。 スコアは昨年に同じく " さておき "、緑に囲まれ何とも気持ちの良いこと・・・。 時折りコースにきれいな野鳥が現れたり、池の中にカラフルな魚が沢山泳いでいるのを見つけたり (池の魚の存在は、本当は知る機会がない方が良いのですが・・・笑)。 暑さでバテましたが、気持ちの良いラウンドでした。 が、練習は必要です・・・。


さて、NY旅行4日目の続きになりますが、教会でゴスペル&お話を聞いた後は、同じ友人が薦めてくれたお店にお昼を食べに行きました。

向かったのは、教会から徒歩約3分、1ブロック半ほど南にあるお蕎麦屋さん 「蕎麦こう」さん。 凛とした佇まいのお店です。
通りに面し、ガラス張りの蕎麦打ちに使われると思われるスペースがあり、伺ったときは白い大きな器にハナミズキがたっぷりといけられていていました。 日本的なお出迎えにふと気持ちが和みます。


a0110975_9363224.jpg


小さなカウンターとテーブル席の並ぶお店は、決して大きいとは言えないけれど、隅々までお店の方の目が届くようになっていて、きりりとエプロンを締めた店員さんとの間に、良い緊張感のような物があります。 
窓際の席にはアーティスト風の雰囲気のローカルの男性が二人。 これがとても絵になって何ともNYっぽい。 オーダーもおつまみの後、一人は温かいお蕎麦、もう1人はざる蕎麦と何ともツウ。 蕎麦はそのヘルシーなイメージも手伝って、健康志向のニューヨーカーに受けていて、以前聞いた話ではブラピも日系お蕎麦屋さんに良く現れるとか・・・。 日本の食文化が正しく伝わっているのは、見ていてとても嬉しいものです。


a0110975_9423149.jpg



メニューも沢山あって迷いますが、ランチのセットをお願いする事にしました。
天丼と、夫はざるそば、私はかけそば、それに煮物2種とお漬物のミニプレートが付いてきます。


a0110975_1014082.jpg


お蕎麦はいわゆる更科タイプ。 前夜にがっつりとお肉を頂いたところだったので、お蕎麦の優しい味わいがなおのことよろし。 そしてこのお店、天ぷらがかなり美味しいです。 大きな海老と、写真では良く見えないけれど大きなあなごも入っています。 このアナゴがフンワリと揚がっていて何とも美味! 初日の夜のお寿司のアナゴといい、NYのアナゴはレベルが高い。 お店の方に伺ったところ日本産とのこと。 トロントではめったにあなごにはお目にかかれないだけに感動もひとしおでした。

ランチはこのクオリティーにクオンティティーで、2人合わせてなんと30ドル程度。 こちらも羨ましい限りです。

蕎麦こう
212-254-2244
309E 5th Ave ( between 1st Ave. and 2nd Ave )



美味しい昼食でお腹を満たした後は、ブロードウェイに向かいました。 今回はメトロポリタンオペラをと思っていたら、なんと1週間前に閉幕とのこと。 涙 でも折角ですからと、ミュージカルを1つ観ることにしました。


a0110975_1143225.jpg
 


いつも人でごった返しているタイムズスクエア周辺。 日本で言えば渋谷のスクランブル交差点といった感じでしょうか、用が無ければ決して近づきたくないエリアです。 笑  


a0110975_11161745.jpg


シカゴに

a0110975_11194399.jpg


ジャージーボーイズ、ウィッキッド、オペラ座の怪人、

a0110975_11202518.jpg


マンマミーアと派手で大きな名物のサイン。

a0110975_11211644.jpg



まだ観たことの無い作品で観たかったものの中から 、今回は 「Wicked 」を観ることにしました。 人気の作品なので取れるか心配でしたが、10日ほど前でギリギリ取れたといった感じでした。
( ご参考までその他今回の候補は、ビリー・エリオット、リバイバル公演中のウェストサイドストーリー、シカゴなど。) 
ご存知の方も多いかと思いますが、Wicked は「オズの魔法使い」に出てくる魔女を中心に描いた話。 


a0110975_13114056.jpg

( この劇場は上演開始前の写真撮影はOKでした。)


セットも凝っていますが、何よりも主演のエルファバ役の圧倒的な歌唱力と、皆で歌うシーンでのハーモニーが見所です。 カーテンコールでは満員の会場総立ち、ソロのパートで観客を魅了した主演のMandy Gonzalez が紹介されると、客席からキャーという歓声と共に一際大きな拍手が沸き起こりました。 私達はUの字にせり出した2階のバルコニー前方。 悪い席ではなかったけれど、やっぱりミュージカルはもう少し前の中心よりで観たいもの。 CDを購入したのでただ今分らなかったセリフなど復習中です。 


さて、これでNYでの予定も終了。 この後は急ぎ足でタイムズスクエアを後にし、ラガーディア空港経由でトロントに戻りました。

今回は旅行というよりは、NYに住む友人、知人と会うのが目的の旅行でしたが、あいた時間を利用してちょこちょこ観光も出来、なかなか楽しい旅行になりました。 改めてNYの町並みを眺めていると、歴史ある街だけに雰囲気のある建物が多く存在し、ちょっとしたビルや通りも絵になり観ていて全く飽きませんでした。 しいて言えば、今回は美術館系に行く時間が無かったのが残念。 もう1日2日余裕があると良かったけれど、きっとあればあったで歩き回りすぎてへとへとになっていたと思います。 帰ってきてから2日ほどは足が棒のようでしたから・・・。笑
[PR]
by non_ca | 2010-05-31 22:14

NY旅行 * 4日目

お昼の気温は31℃。 

昨日に続いて真夏のようなトロント。 NYはトロントより湿度が高くてその上暑い、なんて思っていたけれど、今日のトロントは湿度も珍しく高かったようで、先日女神さまに会いに行った日と同じ位の体感温度でした。

さて、昨日の続きになりますが・・・
NY滞在4日目、この日は夜8時過ぎの便でトロントに戻る予定をしていました。 なので、朝にはホテルをチェックアウト、荷物を預けて出かけました。

まず向かったのは、ビレッジの2nd Ave 沿いで E6st と E7th の間にあるMiddle Collegiate Churchです。 前日ランチに連れて行ってくれた友人が、毎週日曜この教会でゴスペルを歌っていて、以前から機会があったら是非聞いてみたいなと思っていました。 今回はちょうど日曜日も重なりこれはチャンス。 前日友人に聞いてみたところ、あいにく彼女はこの日からボストンへ出張で欠席とのことでしたが、私達だけでも参加できそうなので伺ってみることにしました。 


a0110975_1226974.jpg


礼拝まで時間があったので、まずはお隣のカフェへ。 パティオ席のテーブルに座り、たっぷりのカフェオレと熱々のオムレツがサンドされたバケットで遅めの朝食。 今日も1日良い日になりそうな予感。

11時頃に教会へ移動。 緊張気味に座っていると、教会のスタッフと思われる女性に 「ビジターですか?」 と声を掛けられました。 「一番後ろに控え目に座っているからそうだと思ったわ、ようこそ 」と人懐っこい優しい笑顔。 友人のことを伝えるともちろんご存知で、「歌の他にダンスもあるのよ、楽しんでいってね」と言ってくださり、夫も私も一安心。 

夫を誘ってみたものの、続々と集まってくる信者の方々を前に、大丈夫・・・? と実はちょっと緊張していました。 笑


参加をしてみた感想としては・・・、 とっても良かったです! まず初めにゴスペルがあり、いきなり良いミュージカルでも観てしまったみたいに、それはもう感動鳥肌モノ・・・。 

その後はキリスト教に基づくお話や、新しく教会に参加した信者さんの紹介、赤ちゃんの洗礼式もありました。 
私達はクリスチャンではないし、欧米人の友人には毎週礼拝に通うほどに信心深い人はいないので、キリスト教信者の多い国に住んでいても、触れる機会は自ら求めなければ全くありません。 そういった意味でもキリスト教に触れ、理解を深めるとても良い機会でした。

お話はどれもとても興味深く、教会や宗派にもよるのでしょうが、こちらは私が今までイメージしていたコンサバな教会とは異なり、門戸は広く開けられ、宗教というよりはコミュニティのベースにキリスト教の教えがあるといった印象を受けました。 

この日洗礼を受けていたベビちゃんの両親は共に女性、ウェブサイトでもプライドパレードをサポートしていて、流石NYの教会。 途中私達も参加して、となり合う人たちと手をつないだり、「Peace be with you 」と声を掛け合ったり、飛び入り参加の私の気持ちも温かくなりました。 
どんなバックグラウンドを持つ人でも、ここなら間違いなく温かく迎えて貰える、そんな安心感のある良い気に満ちた場所でした。    

   
本来は礼拝の間は写真撮影禁止のようですが、スタッフの方に許可を頂いてパチリ。 


a0110975_12371215.jpg



参加している友人を見れなかったのはとっても残念でしたが、それを差し引いてもとても有意義な興味深い経験でした。 もっと観光化された教会もあるようですが、ゴスペル&礼拝、とてもお奨めです。

JJさん、ゴスペルとっても良かったです、夫も私も感動しました。 あの中で歌っているのね。 
他にゴスペルがお奨めの教会がありましたら、是非教えてください。



さて、今日で完結と思ったけれど、ちょっと長くなったので続きはまた次回にしたいと思います。

下の写真は、3日目の夜、ホテルへの帰り道に撮ったGrand Central Station。 この駅は外観も美しいけれど、中も素敵、昼も良いけれど、夜の姿がまた良いのです。 今回も地下鉄に乗ったり、単に通り抜けたりと何度も行きましたが見飽きることがありません。


a0110975_13535264.jpg



a0110975_13592254.jpg



a0110975_14122.jpg


構内には夜11時過ぎというのに、まだ沢山の人。


a0110975_13553052.jpg

 

トロントのユニオンステーションも雰囲気があって好きな場所ですが、グランドセントラルと比べるとスケールといい、ゴージャス度といい随分可愛らしいですね。 
またそこがトロントらしくて良いのだけれど・・・。 




 
[PR]
by non_ca | 2010-05-27 23:27 | 旅行

NY 旅行 * 3日目

お昼の気温は32℃。 すっかり真夏のような陽気のトロント。 
気温を見るとびっくりですが、日陰に入れば何とも心地良く爽やかな風が肌をなでていきます。 汗をかかないカナダの夏は最高です。

さて、昨日の続きですが・・・
NY 滞在3日目。 この日は友人とランチの約束がありました。 お店は友人が3つ候補をあげてくれた中から、健康や栄養に配慮したお料理が頂けるという Rouge Tomate です。  


a0110975_12373573.jpg


セントラルパークの東南角近くにあるお店は、コンテンポラリーで明るく天井も高くとっても開放的。 以前は洋服のブティックだったとか。 2階がレストラン&バーで、1階はパーティースペースになっています。

まずは友人お奨めのノンアルコール・カクテルを注文。 友人はグリーントルネード、Tarragon, Spinach, Basil, Butter Lettuce, Fennel, Mint, Lemon Juiceが入ったグリーンのジュース。 私はレッド・トルネード、 Beet, Tangerine, Pineapple, Apple, Basil のミックスされた赤いジュースを注文して、ひと月ぶりの再会に乾杯。 

最近朝のフレッシュ野菜ジュースにはまっていて、せっせと作っては飲んでいるので興味津々。 これが全く新しい感覚のフレッシュジュースで、栄養満点な上美味しくて、ごくごくいけてしまいます。  前の晩に少々食べ過ぎた胃にも優しく、体の隅々まで沁みていきます。 (興味のある方はバーメニューをご覧下さい、他にも野菜ジュースが紹介されています。)
2種類のパンはしっとりとして、添えられた根セロリと松の実のさらりとしたディップが合います。


a0110975_11352223.jpg


何度もこちらで食事をしているという友人のお奨めで、アペタイザーを2つ、メインを1つとってシェアする事にしました。 平日はプリフィックスのランチがあるそうです。

Local Asparagus Panzanella and Farm Egg/アスパラガスの温かいサラダ、半熟卵添え と、 House-made Ricotta Gnocchi Spring Garlic, Nettles, Pistachio, Pickled Ramps/リコッタチーズのニョッキ、グリーンのソース添え。 
どちらも見たとおりグリーンが一杯。 シェリービネガーのスッキリした酸味と、半熟卵のまろやかさ。 それをエンダイブやクレッソン、ソテーされたマッシュルームなどと絡めて頂くのですが、すっごく美味しい。 今度家でもまねてみよう♪  ニョッキはもちもちで、グリーンのソースがまた優しい味わい。 メインにはロゼに仕上がったポークのローストを頂き、何とも幸せなランチタイムでした。


a0110975_11515713.jpg



アートなカフェオレ。 どうやって作るのでしょう・・・


a0110975_12301023.jpg



ヘルシーで美味しいデザート。
友人のキャロットケーキの付け合せには、人参のグラッセが。 これまた上手く調理されていて、目からウロコのデザートでした。


a0110975_12313351.jpg


Rouge Tomate
10 E 60th St
New York, 10022, United States
(646) 237-8977


その後は天気に誘われセントラルパークをブラブラ。

大人も子供もとっても楽しそう。


a0110975_12551919.jpg


贅沢な野球場


a0110975_12562944.jpg


芝生の広場でくつろぐ人たち。


a0110975_12572619.jpg


途中には、可憐な蝶の妖精が・・・ 


a0110975_12582847.jpg


都会の真ん中で、みな思い思いに森林浴。 何処からとなく、ジャズの演奏が聞こえてきました。


a0110975_12575611.jpg



その後は名残惜しいけれど再会を約束して、予定のある友人と別れ、これまたNYを代表する観光名所というのに、まだ行っていないエンパイア・ステートビルに向かいました。


どんなに混んでいるのだろうと、怖いもの見たさ半分でかけたけれど、前日のフェリー乗り場の混雑に比べれば、それ程気にならないレベルでした。 とは言え日中に行くならば、ざっと観て降りてくるまで、最低でも1時間半位はみておいた方が良さそうです。

80階からはエレベーターが混んでいたので徒歩で上がってみると・・・

マンハッタン島の先端を望む。 右奥には前日訪れたリバティー島と小さく見える自由の女神。


a0110975_13235014.jpg



そのまま左に回りこむと・・・
クライスラービルと、昨晩お邪魔したお宅も見えます。


a0110975_13264579.jpg


さらに左に移動すると・・・
高層ビルの向こうにはセントラルパークの緑が続き、マンハッタンに沿ってゆったりと流れるハドソン川が見えます。


a0110975_13285448.jpg



ふむふむ、と、眺める私の横では、鳩も何やら興味深げに見学中でした。 笑 


a0110975_133068.jpg





その後はサックス・フィフス・アベニューを回遊魚のようにぐるぐると回り目の保養~。

ホテルに戻り着替えた後は、友人2組との夕食の場所へ向かいました。

美味しいステーキが食べたい! という夫のリクエストに応えて、友人が選んでくれたのは、Del Frisco's。 よく仕事がらみでこちらのプライベートダイニングを利用してるという彼がいうには、こちらのステーキがNYCでも一押しとか。 その言葉に、夫と私、お肉を頂く前からかなりテンションがあがります。 


a0110975_13413691.jpg


店内は7時の段階で満席、すでに2順目を始めているよう。 木曜に近くを通りかかった時も、遅い時間というのに外まで人が溢れていました。 


a0110975_13533626.jpg



アペタイザー、サイドディッシュは幾つか頼んで皆でシェアする事に。 特大のオニオンリングや3種のソースのシュリンプ・カクテル、ポテトグラタンはどれもアメリカのステーキハウスの定番といった感じで美味しかったし、特にSpinach Supremeは最高でした。 

さて、ここまで来たらメインはやはりビーフステーキです。 口頭での長ーーい本日のおすすめ中から皆が選んだのは、ボーン・イン・リブ・アイ 26oz / 骨付きのリブアイです。 リブアイ大好きな私ですが、骨付きは初めて。 26oz にちょっと躊躇しましたが、骨を除くと23oz 位という説明。 23oz ならいけるんじゃないかと、良く分らないまま皆さんと一緒に注文~♪  未だにオンスに疎い私、グラムにすると650gになると今分りました。 どうりでどう頑張っても食べきれないわけです・・・汗 

時間と共に照明もかなり落ち、写真がかなりボケていますが・・・ 登場したのはこちらのステーキ、完璧な焼き加減です。


a0110975_1423763.jpg


お味の方はいいますと・・・、 今まで食べたステーキの中で多分一番美味だったと思います。 味はもちろん、お肉の熟成具合がとても良いというのでしょうか・・・。 なんとも柔らかでジューシー、ミディアムレアだけれどそれでいて中までしっかり熱が伝わっていて、塩加減も絶妙でした。

その後は皆でデザートをシェア。 

楽しい時間はやはりあっという間に過ぎて行き、2組の友人夫妻とも再会を誓ってお別れしました。

その後はすっかりご機嫌の夫と2人、ぶらりぶらりとホテルまでお散歩がてら歩いて帰り、日中友人達とゴルフをしていた夫はベットへほぼ直行。 

こうしてNY3日目の夜もやはりお腹一杯でふけて行きました・・・。


Del Frisco's of NY
1221 Avenue of the Americas
New York , New York - 10020
Tel: (212) 575-5129

  


   
[PR]
by non_ca | 2010-05-26 23:52 | 旅行

NY * 2日目

お昼の気温は28℃、真夏のような1日でした。

NY旅行の続きから・・・

NYとトロントは飛行機で1時間ほど。 こちらに来てから何度か出かけていますが、今回は久し振り、約2年ぶりの訪問になりました。 
バンクーバー滞在同様、いつも何人かのNYに住む友人達にお任せで連れまわってもらっているので、今回はフリーの時間を利用して、1人観光名所をあれこれ巡ってみる事にしました。
というのも、この3年でNY4回目にして、大きな声では言えませんが、わたくしまだ 「自由の女神さま」 を見かけてすらいません・・・。 で、そろそろお目にかかっておこうかと。 

この日は私にしては早くに行動開始、金曜日だし早々に女神さまに会えるのだろうと思っていたけれど、これが甘い甘い、彼女は想像以上に人気者でした。 笑 
朝9時45分位にバッテリーパークにあるフェリー乗り場に着いて見ると、すでに長蛇の列。 結局セキュリティーゲートまで1時間強、ゲートを抜けてから船の出発時間までの待ち時間も合わせると1時間半強かかりました。

その上この日は晴天の28℃。 近くにいた日本人ツーリストの方々は、皆さん厚着の割りに涼しい顔ですが、湿度もトロントに比べると高く、すっかり暑さに対する耐性の下がった私には堪える~。  
いやいや、女神さまに会うのはそう簡単なことではありません。
左奥に小さく見えています

a0110975_1305271.jpg


これからのシーズン観光される方にはネットでの事前予約をお奨めします。 ファストパスがあるようですよ。


それでもフェリーに乗って動き始めると、風も爽やか、気持ちがいい~。 
15分程で自由の女神の建つリバティー島へ到着。 実物はやはり大きくて、指1本が2メートルほどもあるそうです。


a0110975_13234051.jpg



かつて自由の国アメリカを目指して大西洋を渡ってきた沢山の人達。 長旅の果て、視界に現れたマンハッタン島と自由の女神、その人達の目には一体この景色がどのように映ったのでしょう。

ハドソン川から見るマンハッタン。


a0110975_13303283.jpg



さて、無事に女神様に対面した後はサウス・ストリート・シーポートへ。 まるで映画のセットのような船や石畳、レンガの倉庫に、19世紀に港町として栄えた様子が伺えます。


a0110975_13444990.jpg



船の停泊するエリアと反対にあるデッキからは、古い橋の沢山かかるNYでも、一番美しいといわれるブルックリンブリッジが見渡せます。


a0110975_13495626.jpg


ハープの弦のように渡されたワイヤーと、年月を経て更に味わいの増したレンガとの対比が美しい。


a0110975_13522576.jpg
  

すでに暑さでへろへろの私、まずはアイスクリームを売る車を見つけて、遅まきながら北米で初ソフトクリーム。 生クリームをホイップしてそのまま固めたような濃厚な味に少々驚いた後は、テクテク歩いて 証券取引所のあるウォール街へ。
CNNのキャスターがライブ放送をしていました。 

a0110975_1442971.jpg



その後は、1ブロック先にあるトリニティーチャーチへ。 
1969年に建てられた教会はNYで一番古く、火災で焼失され現在の建物は3代目だそう。


a0110975_14275369.jpg


まさに都会のオアシス。 人通りの多い通りから一歩建物に入ると、シーンと静まった内部はひんやりとして空気の張りも違います。 美しいステンドグラスや天井を眺めつつ、疲れた体と足をしばし休ませてもらいました。 


a0110975_14303841.jpg



その後はホテルへ戻り着替えた後は、いざ夕食へ。

向かった先は 「百百川」 さん。 美味しい和食の頂けるお店です。 この日は6人で伺いましたが、その内一人は週何日ペースで通う常連さん、なのでメニューはもちろんお任せ。 日本でいうと、美味しい小料理屋さんといった寛いだ雰囲気のお店です。

ホタルイカの沖漬けがなんとも美味しかったこと~。 
そしてこの日の私の大きな目的のひとつは、こちら、「 獺祭 」 (だっさい)


a0110975_14503480.jpg



美味しいお酒と評判ですが、3月に帰国をされた Kさんのご実家のお酒なのです。 山口の酒蔵さんですが、東京はもちろん、NYやパリでも人気とのこと、凄いですねぇ・・・。 うかがって以来、次回のNYでは是非いただこうと思っていました。 Kさん、ウワサどおり、ほんのりと甘くてとても美味しかったです~。

あれこれと美味しいお料理の後に締めとして登場したのは、スキ焼。
すでにお腹一杯でしたが、前日のお寿司といい、日本の食文化って素晴らしいと1人密かに感激しつつ、お肉の後のモチモチうどんもしっかり楽しみました♪  ちなみに、こちらは割り下を使う関東風で美味でした。


a0110975_156363.jpg



その後は解散と思いきや、嬉しいお誘いがあり寄り道をしました。

ミッドタウンの素敵なホテル、ではなく、コンドミニアムです。
どれだけゴージャスなのでしょう・・・汗


a0110975_15151044.jpg



窓の外にはキラキラと輝く夜景が広がります。

東に国連とブルックリン


a0110975_1517387.jpg



北にロックフェラーセンター。 それほど高さが変わりませーん。


a0110975_15193379.jpg


西にはライトアップされたエンパイア・ステートビル。 


a0110975_15221457.jpg

 
素晴らしい眺めに、思ったほど高いビルがないのかと思いきや、こちらは地上50階。
   
色々な意味で (特に最後・・・笑) NYって凄いところだなと思った一日でした。



百百川
157 E 28th Street
New York, NY 10016
Tel:212-684-7830

Hours of Operation
[MON-SAT] 6:00-11:30
[SUN・HOLIDAY] 5:00-10:00
OPEN 7DAYS
  
[PR]
by non_ca | 2010-05-25 23:45 | 旅行

NYで * 本格和食に舌鼓

何だか最近慌ただしく、パソコンに向かう時間がなかなか取れません。

ビクトリア&バンクーバーをアップしないまま、今日は次の場所へ移動して参りました・・・汗


a0110975_13142712.jpg



a0110975_13182693.jpg



クィーンズボロ・ブリッジを横に見ながらイースト・リバーを渡り、着いたのはニューヨーク、マンハッタン。 今日から数日ニューヨークです。 

今回の滞在先は、Hilton Manhattan East。 グランドセントラルから徒歩5分位にあるホテルです。カテゴリーがJr.スィートだったので、リビングと寝室に分かれているかと思いきや、そこはNYC、そんなに甘くはありません、オフィス&リビングコーナーがあるという事らしいです・・・笑 


とは言え、角部屋でなかなか快適。 デスクの隣にはペールブルーの椅子。


a0110975_13274653.jpg


ベットの脇にも窓が2つ。


a0110975_13302850.jpg



景色もNYにしては悪くありません。
左は国連? 正面奥にはイーストリバーもちらりと見えますよ。 


a0110975_13334955.jpg



今週末は3連休でロングウィークエンドのカナダ。 金曜日を休みにしている人も多いのか、今日も夕方のフライトは満席続き。 私は夫とも同じフライトがとれず、ラガーディア空港で待ち合わせの予定でした。 1時間先のフライトに乗り離陸を待っていると、出発間際まで空いていた隣の席に現れたのはわが夫。 どうやら私の隣に来る予定だった方は、コネクティングフライトが間に合わなかったらしく、夫は運よく1つ前のフライトに乗せて貰えたそうです。


予定外に2人揃って早くNY入りできたので、夕食も何か美味しいものが食べたいね、という話になりました。 
トロントと違い選択肢が多いので、悩みますよねぇ・・・。 で、ホテルからあまり遠くない「すし田」でお寿司を頂くことにしました。

カウンターの中には、白衣にきりりとネクタイを締めた職人さんが3,4人。
私たちは、ほとんど飛び込みに近く伺ったので、カウンターどころかどうにか入れたという感じでテーブル席に着きました。

お任せのお寿司。 
左手前から、サバ、アナゴ、あわび、ボタンエビ、ウニ、いくら、トロ、まぐろ、エンガワ、ネギトロ巻き。


a0110975_13462697.jpg


とっても美味しかったです・・・涙  NYのお寿司はやっぱりレベルが高い。 日本のお寿司とそん色ありませんよね。 
握りは小ぶりで美しいし、あわびはコリコリ、そしてアナゴのふんわりと美味しいこと。

a0110975_13471333.jpg


折角なので、追加で少しお願いしてみました。
鉄火、つぶ貝、イカ、アナゴ塩。(← しつこいようですが塩です)
つぶ貝も塩のアナゴもとっても美味。 鉄火もシャリとマグロのバランスが好みでした。
追加で頂いた方は数も少なかったので、シャリもふんわり、ほんのりと温かいうちに完食~。 やはりお寿司はこうでないと・・・。 
カウンターで頂けなかったことが少々悔やまれましたが、行き当たりばったりにもかかわらず、美味しい夕食が食べられ、NY一晩目なかなか良いスタートです。


a0110975_14364358.jpg


クリスマスシーズンになると、ツリーの点灯式とアイススケートリンクでにぎわう広場。
帰りみち、ちょっと寄り道をしたところ、ロックフェラーセンター前を通りました。
[PR]
by non_ca | 2010-05-20 23:47 | 旅行
お昼の気温は23℃。

ピーカンのトロント。 ちょっと雲が欲しい位のお天気でした。

a0110975_13471155.jpg


しばらく振りの更新ですが、元気ですよ。
バンクーバーとビクトリアのアップをするべきところですが、今日のブランチから。

最近ゴルフやら何やら1人出かけてお楽しみの夫。 罪滅ぼしか、はたまたここらで妻の機嫌をとった方が身のためと気付いたのか、 「明日ははブランチに行こうね。 」 と昨晩からお誘いがありました。 
週末のブランチはお楽しみでもあるけれど、腹ごしらえ前にシャワーを浴びて、出掛ける準備をして・・・と考えるとちょっと面倒だったりもして。 最近は家で食べる事が多かったけれど、お天気も良いし、今日は気分転換も兼ねて夫の案に乗ることにしました。

で、あれこれ考えたけれど、久し振りのブランチに選んだのはフレンチビストロの Le Select Bistro 

このお天気とあってパティオ席はすでに満席、カフェ席は予約で満席。 室内のスペースもほぼ満席、この季節、遅めに行くなら予約をしなくてはいけませんね。 いやはや危ないところでした・・・。

今日は前から気になっていたリンゴとクランベリーのフレンチトーストをオーダー。 甘すぎないかなと心配していたけれど、そこはさすがLe Select Bistro。 表面だけサラリと卵液でコーティングされ、こんがりと良い焼き色が付けられたフレンチトーストにナイフを入れると、中からはクランベリーとリンゴのコンポートが。 優しい酸味のコンポートと、しっとりと焼き上げられたパンの美味しさが相まって、何とも幸せな味わい。 メープルシロップをたらりと回しかけて頂きました。 夫が注文したのは、目玉焼きにブレックファストソーセージ、グリーンアスパラ、マッシュポテトのロースト。 スタンダードな朝食メニューながら、素材の良さを生かした、ついまた頼みたくなる一皿。 
  

a0110975_14122086.jpg



冬は暖炉の脇の静かなテーブルで、夏は緑に囲まれたパティオか明るい日の差し込むカフェスペースで。 お店の雰囲気といい、いつも裏切らない美味しさのお料理といい、2人ともお気に入りの大切なお店です。

Le Select Bistro 
432 wellington street west, toronto m5V 1E3
phone 416-596-6405



その後は70cm×60cm位のキャンバスとアクリル絵の具を買って家に帰り・・・・

こんな事をはじめました。


a0110975_14303981.jpg

  

何処に向かっているのか自分でも・・・?


まだ途中だけれど、すでにちょっと飽きて来たので壁にかけてみたりして・・・


a0110975_14423182.jpg



あなたは一体どこへ着陸するのでしょう・・・。

Mさん、やっぱり事はそんなに簡単ではありません・・・汗
[PR]
by non_ca | 2010-05-16 23:42 | レストラン&カフェ
ご無沙汰しています。

週末を利用して、バンクーバーから飛行機に乗り


a0110975_05013.jpg



BC州の首都、バンクーバーアイランドにある、ビクトリアに滞在中です。
気持ちの良いお天気にも恵まれ、のんびりとした週末を過ごしています。


a0110975_085780.jpg

[PR]
by non_ca | 2010-05-08 08:33 | 旅行
昨晩からバンクーバーに来ています。

昨日は夕日がきれいでしたが、今朝は朝からしとしとあいにくの雨。 気温も9℃と低めです。 友人知人とゴルフに出掛ける予定の夫は、ちょっと恨めしそうに空を眺めています。 が、こんなお天気もとてもバンクーバーらしい。


今回は久しぶりに空港でレンタカーをしました。
空港方面から車でダウンタウンへ向かうと、 間もなく正面には雪を冠った山々。 手前には住宅街を覆い隠すような大きな針葉樹や落葉樹の木々、そして黄色のタクシー。 更に少し走ると山を背景にしたダウンタウンの高層コンドミニアム群が見え、あぁ、バンクーバーにやって来たなぁ…と思うのです。


a0110975_0331124.jpg



いつもなら空港からまっすぐホテルにチェックインするところですが、今回はお楽しみの寄り道計画がありました。  伺ったのは、日本式の美味しい焼き肉が食べられる「まる忠」さん♪  ブログやかばん持ちさんを通じて知り合ったMiaさんのご主人のお店です。 おととしの秋に( ひゃー、もうそんなに前なの…と書きながら軽いショック。) かばん持ちさん夫妻を交えてMIAさんとご主人の5人でランチを楽しみました。 (その話はコチラから) 
「是非今度はお店に伺います!」 と約束していたのに、バンクーバー滞在中は夜の予定が殆ど詰まっているわが家( 特に夫 )、かといって1人夜焼き肉に行く勇気も無く・・・( 多分お昼だったら、1人でもわたしは焼き肉出来ますが…。 笑 )  で、この度、念願かなって 「まる忠」 デビューと相成りました。  

彼女のブログ 「バンクーバーから ~毎日がキラキラ輝くように~」はコチラから 以前は「 空飛ぶ焼き肉屋の女将」というタイトルでブログをされていました。 


いつもは週末日本へのフライトが入っているというMia さんですが、恐る恐る連絡をしてみたところ、この日はなんとオフ。  お店に来て下さるとのことで、夫ともども楽しみに伺いました。


まる忠さんに到着~。 久しぶりの日式焼き肉に、壁に貼られたメニューの文字同様、わたし達も期待に胸踊ります~。


a0110975_1374442.jpg


と、間もなくMiaさんも登場。 ご主人も交えて軽くごあいさつの後は、いざ焼き肉タイムに突入しました。
やっと伺えたのですから、まる忠さんを思いきり満喫したいという事で、お肉のメニューはご主人のT さんにお任せです。


初めに出て来たのは、塩系のトントロとハチノス。
実は、わたしはハラミ以外の肝系は苦手なのです・・・ 汗  
が、お勧めという事ですし、見るからに鮮度抜群。 折角なのでとちょっとトライしてみたところ、これがイケます! なにせ初めてなので、一般的なものがどんな感じか良く分かりませんが、塩ベースにほんのり胡麻油の香りがして良いお味。 肝系OKの夫も、「これは美味しい♪」 とニコニコ。


a0110975_1575676.jpg



えぇ、途中ではありますが、のろまな私はそろそろ出掛ける時間になってしまい・・・汗 Yukoちゃんの「えぇーっ!」という声が聞こえてきそう・・・汗 続きは今晩アップします!
昨日Miaさんは予定があって1時間ほどしかご一緒出来ず・・・。 で、話は尽きるはずもなく、今日の予定にジョイントさせて貰う事にしました。  
では、続きは後ほど・・・


----- ----- ----- ----- ----- -----

ただ今、バンクーバー時間の5/3(月) 朝10時。
昨夜は写真の投稿が上手くいかず、翌朝の投稿になってしまいました。 汗


さて、まる忠さんの美味しい焼き肉の続きです。
つづいて、ネギ塩カルビ。 美しくサシの入ったカルビの上には、この上なく細く刻まれ青々としたネギと白ゴマ。


a0110975_24125.jpg


これを片面だけジュジューーッと焼いて頂きます。
ネギ塩と来ればタンだと思っていたけれど、カルビと一緒も美味しぃ~。

白ネギを使っていると、食後もネギの味が口に残り、女子としてはとても気になるところだけれど、まる忠さんは青ネギを使われているので、片面をササッと焼いただけでOK♪  ミントキャンディー要りませんよ~。  


a0110975_273533.jpg



その後も美味しいお肉は続き・・・  
夫と私 「これからバンクーバー入りは夕方にしようか。」 と真顔で相談。 笑 

上段右から時計回りに、 豚バラ、ミノとハラミ、 カルビ、そしてチキン。


a0110975_2131780.jpg


右上の豚バラには山椒と塩がほど良ーくまぶされています。 山椒味の焼き肉って初めて食べたのですが、これが目からウロコの美味しさ・・・、凄く合います!   日本酒ともとっても相性が良さそう、と思ったところ、上の踊るお品書きにはしっかり「 あつかん 」の文字。
その隣の鶏のモモは、インド系のスパイスがたっぷりまぶされ、エスニックでスパイシーなカレー味。 タンドリーチキンが好きな方なら間違いなく好みかと。 


ご飯も注文せず、ひたすらお肉を楽しんだ後は、スタッフの方おススメのビビン麺を頂きました。
これまた普段の私の選択には無いメニューなのですが、「美味しいですよ~」 と聞けば、食いしん坊としては頼まぬわけにはいきません。 笑  
で、お味はといいますと、極細の麺がスパイシーだけれどコクのあるタレと良く絡んで、美味しい♪ ハーフサイズをお願いしたけれど、一人前でもイケました。


a0110975_2171213.jpg


期間限定の杏仁豆腐はクリーミーでなお且つさっぱり。 ミルクプリンを思わせるような優しい味で女性だったら絶対好きな味。



a0110975_3149100.jpg



初まる忠さん、かなり期待して伺ったにもかかわらず、夫も私も予想以上に大満足。
Miaさん、Tさん、スタッフの皆さま、美味しい焼き肉ご馳走様でした。

次回のバンクーバー滞在時は、あらかじめ「まる忠」を予定に組み込んだ上で、夫にはスケジューリングをして貰おうと思います。  
夫よヨロシク。



まる忠  
Tel 604-214-3770
#2065-4580 No.3 Road Empire Center
地下鉄Aberdeen Stationから歩いてすぐ、No.3Roadの一本東の道に面しています。  
pm5:30‐12:00 ラストオーダー11:00
火曜定休
  
[PR]
by non_ca | 2010-05-02 10:18 | レストラン&カフェ