平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:お出かけ ( 25 ) タグの人気記事

NY旅行 * 4日目

お昼の気温は31℃。 

昨日に続いて真夏のようなトロント。 NYはトロントより湿度が高くてその上暑い、なんて思っていたけれど、今日のトロントは湿度も珍しく高かったようで、先日女神さまに会いに行った日と同じ位の体感温度でした。

さて、昨日の続きになりますが・・・
NY滞在4日目、この日は夜8時過ぎの便でトロントに戻る予定をしていました。 なので、朝にはホテルをチェックアウト、荷物を預けて出かけました。

まず向かったのは、ビレッジの2nd Ave 沿いで E6st と E7th の間にあるMiddle Collegiate Churchです。 前日ランチに連れて行ってくれた友人が、毎週日曜この教会でゴスペルを歌っていて、以前から機会があったら是非聞いてみたいなと思っていました。 今回はちょうど日曜日も重なりこれはチャンス。 前日友人に聞いてみたところ、あいにく彼女はこの日からボストンへ出張で欠席とのことでしたが、私達だけでも参加できそうなので伺ってみることにしました。 


a0110975_1226974.jpg


礼拝まで時間があったので、まずはお隣のカフェへ。 パティオ席のテーブルに座り、たっぷりのカフェオレと熱々のオムレツがサンドされたバケットで遅めの朝食。 今日も1日良い日になりそうな予感。

11時頃に教会へ移動。 緊張気味に座っていると、教会のスタッフと思われる女性に 「ビジターですか?」 と声を掛けられました。 「一番後ろに控え目に座っているからそうだと思ったわ、ようこそ 」と人懐っこい優しい笑顔。 友人のことを伝えるともちろんご存知で、「歌の他にダンスもあるのよ、楽しんでいってね」と言ってくださり、夫も私も一安心。 

夫を誘ってみたものの、続々と集まってくる信者の方々を前に、大丈夫・・・? と実はちょっと緊張していました。 笑


参加をしてみた感想としては・・・、 とっても良かったです! まず初めにゴスペルがあり、いきなり良いミュージカルでも観てしまったみたいに、それはもう感動鳥肌モノ・・・。 

その後はキリスト教に基づくお話や、新しく教会に参加した信者さんの紹介、赤ちゃんの洗礼式もありました。 
私達はクリスチャンではないし、欧米人の友人には毎週礼拝に通うほどに信心深い人はいないので、キリスト教信者の多い国に住んでいても、触れる機会は自ら求めなければ全くありません。 そういった意味でもキリスト教に触れ、理解を深めるとても良い機会でした。

お話はどれもとても興味深く、教会や宗派にもよるのでしょうが、こちらは私が今までイメージしていたコンサバな教会とは異なり、門戸は広く開けられ、宗教というよりはコミュニティのベースにキリスト教の教えがあるといった印象を受けました。 

この日洗礼を受けていたベビちゃんの両親は共に女性、ウェブサイトでもプライドパレードをサポートしていて、流石NYの教会。 途中私達も参加して、となり合う人たちと手をつないだり、「Peace be with you 」と声を掛け合ったり、飛び入り参加の私の気持ちも温かくなりました。 
どんなバックグラウンドを持つ人でも、ここなら間違いなく温かく迎えて貰える、そんな安心感のある良い気に満ちた場所でした。    

   
本来は礼拝の間は写真撮影禁止のようですが、スタッフの方に許可を頂いてパチリ。 


a0110975_12371215.jpg



参加している友人を見れなかったのはとっても残念でしたが、それを差し引いてもとても有意義な興味深い経験でした。 もっと観光化された教会もあるようですが、ゴスペル&礼拝、とてもお奨めです。

JJさん、ゴスペルとっても良かったです、夫も私も感動しました。 あの中で歌っているのね。 
他にゴスペルがお奨めの教会がありましたら、是非教えてください。



さて、今日で完結と思ったけれど、ちょっと長くなったので続きはまた次回にしたいと思います。

下の写真は、3日目の夜、ホテルへの帰り道に撮ったGrand Central Station。 この駅は外観も美しいけれど、中も素敵、昼も良いけれど、夜の姿がまた良いのです。 今回も地下鉄に乗ったり、単に通り抜けたりと何度も行きましたが見飽きることがありません。


a0110975_13535264.jpg



a0110975_13592254.jpg



a0110975_14122.jpg


構内には夜11時過ぎというのに、まだ沢山の人。


a0110975_13553052.jpg

 

トロントのユニオンステーションも雰囲気があって好きな場所ですが、グランドセントラルと比べるとスケールといい、ゴージャス度といい随分可愛らしいですね。 
またそこがトロントらしくて良いのだけれど・・・。 




 
[PR]
by non_ca | 2010-05-27 23:27 | 旅行

NY 旅行 * 3日目

お昼の気温は32℃。 すっかり真夏のような陽気のトロント。 
気温を見るとびっくりですが、日陰に入れば何とも心地良く爽やかな風が肌をなでていきます。 汗をかかないカナダの夏は最高です。

さて、昨日の続きですが・・・
NY 滞在3日目。 この日は友人とランチの約束がありました。 お店は友人が3つ候補をあげてくれた中から、健康や栄養に配慮したお料理が頂けるという Rouge Tomate です。  


a0110975_12373573.jpg


セントラルパークの東南角近くにあるお店は、コンテンポラリーで明るく天井も高くとっても開放的。 以前は洋服のブティックだったとか。 2階がレストラン&バーで、1階はパーティースペースになっています。

まずは友人お奨めのノンアルコール・カクテルを注文。 友人はグリーントルネード、Tarragon, Spinach, Basil, Butter Lettuce, Fennel, Mint, Lemon Juiceが入ったグリーンのジュース。 私はレッド・トルネード、 Beet, Tangerine, Pineapple, Apple, Basil のミックスされた赤いジュースを注文して、ひと月ぶりの再会に乾杯。 

最近朝のフレッシュ野菜ジュースにはまっていて、せっせと作っては飲んでいるので興味津々。 これが全く新しい感覚のフレッシュジュースで、栄養満点な上美味しくて、ごくごくいけてしまいます。  前の晩に少々食べ過ぎた胃にも優しく、体の隅々まで沁みていきます。 (興味のある方はバーメニューをご覧下さい、他にも野菜ジュースが紹介されています。)
2種類のパンはしっとりとして、添えられた根セロリと松の実のさらりとしたディップが合います。


a0110975_11352223.jpg


何度もこちらで食事をしているという友人のお奨めで、アペタイザーを2つ、メインを1つとってシェアする事にしました。 平日はプリフィックスのランチがあるそうです。

Local Asparagus Panzanella and Farm Egg/アスパラガスの温かいサラダ、半熟卵添え と、 House-made Ricotta Gnocchi Spring Garlic, Nettles, Pistachio, Pickled Ramps/リコッタチーズのニョッキ、グリーンのソース添え。 
どちらも見たとおりグリーンが一杯。 シェリービネガーのスッキリした酸味と、半熟卵のまろやかさ。 それをエンダイブやクレッソン、ソテーされたマッシュルームなどと絡めて頂くのですが、すっごく美味しい。 今度家でもまねてみよう♪  ニョッキはもちもちで、グリーンのソースがまた優しい味わい。 メインにはロゼに仕上がったポークのローストを頂き、何とも幸せなランチタイムでした。


a0110975_11515713.jpg



アートなカフェオレ。 どうやって作るのでしょう・・・


a0110975_12301023.jpg



ヘルシーで美味しいデザート。
友人のキャロットケーキの付け合せには、人参のグラッセが。 これまた上手く調理されていて、目からウロコのデザートでした。


a0110975_12313351.jpg


Rouge Tomate
10 E 60th St
New York, 10022, United States
(646) 237-8977


その後は天気に誘われセントラルパークをブラブラ。

大人も子供もとっても楽しそう。


a0110975_12551919.jpg


贅沢な野球場


a0110975_12562944.jpg


芝生の広場でくつろぐ人たち。


a0110975_12572619.jpg


途中には、可憐な蝶の妖精が・・・ 


a0110975_12582847.jpg


都会の真ん中で、みな思い思いに森林浴。 何処からとなく、ジャズの演奏が聞こえてきました。


a0110975_12575611.jpg



その後は名残惜しいけれど再会を約束して、予定のある友人と別れ、これまたNYを代表する観光名所というのに、まだ行っていないエンパイア・ステートビルに向かいました。


どんなに混んでいるのだろうと、怖いもの見たさ半分でかけたけれど、前日のフェリー乗り場の混雑に比べれば、それ程気にならないレベルでした。 とは言え日中に行くならば、ざっと観て降りてくるまで、最低でも1時間半位はみておいた方が良さそうです。

80階からはエレベーターが混んでいたので徒歩で上がってみると・・・

マンハッタン島の先端を望む。 右奥には前日訪れたリバティー島と小さく見える自由の女神。


a0110975_13235014.jpg



そのまま左に回りこむと・・・
クライスラービルと、昨晩お邪魔したお宅も見えます。


a0110975_13264579.jpg


さらに左に移動すると・・・
高層ビルの向こうにはセントラルパークの緑が続き、マンハッタンに沿ってゆったりと流れるハドソン川が見えます。


a0110975_13285448.jpg



ふむふむ、と、眺める私の横では、鳩も何やら興味深げに見学中でした。 笑 


a0110975_133068.jpg





その後はサックス・フィフス・アベニューを回遊魚のようにぐるぐると回り目の保養~。

ホテルに戻り着替えた後は、友人2組との夕食の場所へ向かいました。

美味しいステーキが食べたい! という夫のリクエストに応えて、友人が選んでくれたのは、Del Frisco's。 よく仕事がらみでこちらのプライベートダイニングを利用してるという彼がいうには、こちらのステーキがNYCでも一押しとか。 その言葉に、夫と私、お肉を頂く前からかなりテンションがあがります。 


a0110975_13413691.jpg


店内は7時の段階で満席、すでに2順目を始めているよう。 木曜に近くを通りかかった時も、遅い時間というのに外まで人が溢れていました。 


a0110975_13533626.jpg



アペタイザー、サイドディッシュは幾つか頼んで皆でシェアする事に。 特大のオニオンリングや3種のソースのシュリンプ・カクテル、ポテトグラタンはどれもアメリカのステーキハウスの定番といった感じで美味しかったし、特にSpinach Supremeは最高でした。 

さて、ここまで来たらメインはやはりビーフステーキです。 口頭での長ーーい本日のおすすめ中から皆が選んだのは、ボーン・イン・リブ・アイ 26oz / 骨付きのリブアイです。 リブアイ大好きな私ですが、骨付きは初めて。 26oz にちょっと躊躇しましたが、骨を除くと23oz 位という説明。 23oz ならいけるんじゃないかと、良く分らないまま皆さんと一緒に注文~♪  未だにオンスに疎い私、グラムにすると650gになると今分りました。 どうりでどう頑張っても食べきれないわけです・・・汗 

時間と共に照明もかなり落ち、写真がかなりボケていますが・・・ 登場したのはこちらのステーキ、完璧な焼き加減です。


a0110975_1423763.jpg


お味の方はいいますと・・・、 今まで食べたステーキの中で多分一番美味だったと思います。 味はもちろん、お肉の熟成具合がとても良いというのでしょうか・・・。 なんとも柔らかでジューシー、ミディアムレアだけれどそれでいて中までしっかり熱が伝わっていて、塩加減も絶妙でした。

その後は皆でデザートをシェア。 

楽しい時間はやはりあっという間に過ぎて行き、2組の友人夫妻とも再会を誓ってお別れしました。

その後はすっかりご機嫌の夫と2人、ぶらりぶらりとホテルまでお散歩がてら歩いて帰り、日中友人達とゴルフをしていた夫はベットへほぼ直行。 

こうしてNY3日目の夜もやはりお腹一杯でふけて行きました・・・。


Del Frisco's of NY
1221 Avenue of the Americas
New York , New York - 10020
Tel: (212) 575-5129

  


   
[PR]
by non_ca | 2010-05-26 23:52 | 旅行

NY * 2日目

お昼の気温は28℃、真夏のような1日でした。

NY旅行の続きから・・・

NYとトロントは飛行機で1時間ほど。 こちらに来てから何度か出かけていますが、今回は久し振り、約2年ぶりの訪問になりました。 
バンクーバー滞在同様、いつも何人かのNYに住む友人達にお任せで連れまわってもらっているので、今回はフリーの時間を利用して、1人観光名所をあれこれ巡ってみる事にしました。
というのも、この3年でNY4回目にして、大きな声では言えませんが、わたくしまだ 「自由の女神さま」 を見かけてすらいません・・・。 で、そろそろお目にかかっておこうかと。 

この日は私にしては早くに行動開始、金曜日だし早々に女神さまに会えるのだろうと思っていたけれど、これが甘い甘い、彼女は想像以上に人気者でした。 笑 
朝9時45分位にバッテリーパークにあるフェリー乗り場に着いて見ると、すでに長蛇の列。 結局セキュリティーゲートまで1時間強、ゲートを抜けてから船の出発時間までの待ち時間も合わせると1時間半強かかりました。

その上この日は晴天の28℃。 近くにいた日本人ツーリストの方々は、皆さん厚着の割りに涼しい顔ですが、湿度もトロントに比べると高く、すっかり暑さに対する耐性の下がった私には堪える~。  
いやいや、女神さまに会うのはそう簡単なことではありません。
左奥に小さく見えています

a0110975_1305271.jpg


これからのシーズン観光される方にはネットでの事前予約をお奨めします。 ファストパスがあるようですよ。


それでもフェリーに乗って動き始めると、風も爽やか、気持ちがいい~。 
15分程で自由の女神の建つリバティー島へ到着。 実物はやはり大きくて、指1本が2メートルほどもあるそうです。


a0110975_13234051.jpg



かつて自由の国アメリカを目指して大西洋を渡ってきた沢山の人達。 長旅の果て、視界に現れたマンハッタン島と自由の女神、その人達の目には一体この景色がどのように映ったのでしょう。

ハドソン川から見るマンハッタン。


a0110975_13303283.jpg



さて、無事に女神様に対面した後はサウス・ストリート・シーポートへ。 まるで映画のセットのような船や石畳、レンガの倉庫に、19世紀に港町として栄えた様子が伺えます。


a0110975_13444990.jpg



船の停泊するエリアと反対にあるデッキからは、古い橋の沢山かかるNYでも、一番美しいといわれるブルックリンブリッジが見渡せます。


a0110975_13495626.jpg


ハープの弦のように渡されたワイヤーと、年月を経て更に味わいの増したレンガとの対比が美しい。


a0110975_13522576.jpg
  

すでに暑さでへろへろの私、まずはアイスクリームを売る車を見つけて、遅まきながら北米で初ソフトクリーム。 生クリームをホイップしてそのまま固めたような濃厚な味に少々驚いた後は、テクテク歩いて 証券取引所のあるウォール街へ。
CNNのキャスターがライブ放送をしていました。 

a0110975_1442971.jpg



その後は、1ブロック先にあるトリニティーチャーチへ。 
1969年に建てられた教会はNYで一番古く、火災で焼失され現在の建物は3代目だそう。


a0110975_14275369.jpg


まさに都会のオアシス。 人通りの多い通りから一歩建物に入ると、シーンと静まった内部はひんやりとして空気の張りも違います。 美しいステンドグラスや天井を眺めつつ、疲れた体と足をしばし休ませてもらいました。 


a0110975_14303841.jpg



その後はホテルへ戻り着替えた後は、いざ夕食へ。

向かった先は 「百百川」 さん。 美味しい和食の頂けるお店です。 この日は6人で伺いましたが、その内一人は週何日ペースで通う常連さん、なのでメニューはもちろんお任せ。 日本でいうと、美味しい小料理屋さんといった寛いだ雰囲気のお店です。

ホタルイカの沖漬けがなんとも美味しかったこと~。 
そしてこの日の私の大きな目的のひとつは、こちら、「 獺祭 」 (だっさい)


a0110975_14503480.jpg



美味しいお酒と評判ですが、3月に帰国をされた Kさんのご実家のお酒なのです。 山口の酒蔵さんですが、東京はもちろん、NYやパリでも人気とのこと、凄いですねぇ・・・。 うかがって以来、次回のNYでは是非いただこうと思っていました。 Kさん、ウワサどおり、ほんのりと甘くてとても美味しかったです~。

あれこれと美味しいお料理の後に締めとして登場したのは、スキ焼。
すでにお腹一杯でしたが、前日のお寿司といい、日本の食文化って素晴らしいと1人密かに感激しつつ、お肉の後のモチモチうどんもしっかり楽しみました♪  ちなみに、こちらは割り下を使う関東風で美味でした。


a0110975_156363.jpg



その後は解散と思いきや、嬉しいお誘いがあり寄り道をしました。

ミッドタウンの素敵なホテル、ではなく、コンドミニアムです。
どれだけゴージャスなのでしょう・・・汗


a0110975_15151044.jpg



窓の外にはキラキラと輝く夜景が広がります。

東に国連とブルックリン


a0110975_1517387.jpg



北にロックフェラーセンター。 それほど高さが変わりませーん。


a0110975_15193379.jpg


西にはライトアップされたエンパイア・ステートビル。 


a0110975_15221457.jpg

 
素晴らしい眺めに、思ったほど高いビルがないのかと思いきや、こちらは地上50階。
   
色々な意味で (特に最後・・・笑) NYって凄いところだなと思った一日でした。



百百川
157 E 28th Street
New York, NY 10016
Tel:212-684-7830

Hours of Operation
[MON-SAT] 6:00-11:30
[SUN・HOLIDAY] 5:00-10:00
OPEN 7DAYS
  
[PR]
by non_ca | 2010-05-25 23:45 | 旅行
ご無沙汰しています。

週末を利用して、バンクーバーから飛行機に乗り


a0110975_05013.jpg



BC州の首都、バンクーバーアイランドにある、ビクトリアに滞在中です。
気持ちの良いお天気にも恵まれ、のんびりとした週末を過ごしています。


a0110975_085780.jpg

[PR]
by non_ca | 2010-05-08 08:33 | 旅行
お昼の気温は20℃。
爽やかな良いお天気。


a0110975_11354413.jpg


 
年末以来すっかり足の遠のいていたフィットネスクラブ。 いけないなぁと思いつつもなかなかその気にならず、鏡の前で自主トレの日々・・・。 笑  いよいよ思い直して先週から漸く復活しました。 久し振りにとったトレーニングはそれなりにきついけれど、やっぱりモチベーションがぐぐっと上がります。 今日もアポを入れて1時間、しっかりトレーナーの指導のもと運動。 その後はなんとも気分爽快! どうしてもっと早く復帰しなかったのかなぁとちょっと後悔しています。


前回の続きになりますが、(その話はコチラから)
お花見の前にブランチをしました。

いつも良いお店を選んでくれる友人が連れて行ってくれたのは、Queen St. W にあるGladstone Hotel。 同じくQueen St.W にあるDrake Hotelと少し似た雰囲気のある、ラスティックでアートな雰囲気のあるなブッティックホテルです。 
1889年に建てられたという、味のあるレンガの外観が目を引きます。 


a0110975_1243121.jpg


入ってすぐ左手にあるカフェは、自然光がたっぷり入る明るい空間。 11:30頃着いてみるとほぼ満席。 どうにか2つ空いていたテーブルの1つに座り、まずは腹ごしらえです。


a0110975_12244556.jpg



奥は友人の頼んだ「Tofu Scrumble」。 今思うとベジタリアンメニュー? 日本風に言えば炒り豆腐なのでしょうか、ターメリックで綺麗な黄色に染められていて、何だか懐かしい味わい。 添えられたお豆の煮込みや、フレンチフライも美味しくて、友人も満足そう。

私は迷った末に、「Apple Flackjacks 」 パンケーキとメニューにはあったけれど、こちらにしては珍しい、ふっくらフワフワと膨らんだホットケーキです。カラメライズされたアップルも甘さ控え目でたっぷり、美味しぃ~。 その上にはプレーンヨーグルトがかかっていてサッパリ頂けます。 お隣の男性が食べていたサンドイッチやスタンダードなプレートもとても美味しそうで、次回はあれかなぁ・・・とチラチラ。
見た目はいわゆる北米スタイルのブランチだけれど、健康に配慮したメニューを提供しているようです。 

a0110975_1295591.jpg


 
食後は階段を上がって、2階、3階、4階にあるアートスペースへ。 


a0110975_12564537.jpg

 
フロアごとに違う家具が配されたギャラリースペース。 客室のデコレーションも1つとして同じものがありません。


a0110975_12575799.jpg



アンティークな照明達に・・・
右下は、未だ現役の手動エレベーター。

a0110975_131629.jpg



階段ごとに広がる別世界・・・。



a0110975_1354866.jpg


どう見ても傾いだ、木の床を踏みしめ廊下を進みます。ある扉を空けると、ここは戦前のイギリス?


a0110975_1312437.jpg



けれど窓の向こうに見える景色は、確かに2010年のトロントでした。


a0110975_1395318.jpg



その後は再びストリートカーに乗ってRoncesvalles へ。
お店はどちらも個性的で、魅力的! あちこちお店をのぞいては、食後の街散策を楽しみました。


a0110975_13215471.jpg

[PR]
by non_ca | 2010-04-20 23:59
お昼の気温は13℃。 
青い空の広がったトロント。  

 

a0110975_12144532.jpg


今朝は久し振りにセントローレンス・マーケットに買い物に出かけました。 本館のパスタ屋さんの横にあるオーガニックの八百屋さん。 昨年の今頃から出産でお休みしていたレジの女性が、お店に戻っていました。 ベビちゃんのことを聞いてみると、「He's fine!」と忙しい手を休めてアイフォンの写真を見せてくれました。 それからもう一枚、お兄ちゃんの写真も。 フレッシュな食材の他にも、馴染みの店員さんとのこんなやり取りも、セントローレンスの魅力の1つです。

今日は夕方からkumakoちゃん宅へYukoちゃんご夫婦と一緒にお呼ばれをしていました。 事前にkumakoちゃんから、6月に出産の迫ったYukoちゃんの Baby Shower もしましょう、との連絡があり、 ちょっとワクワク出かけてきました。


少し早めに到着すると、すでに準備は万端。


a0110975_12583333.jpg


Kumakoちゃん力作のダイァパーケーキ。( 紙オムツのケーキ ) 
ネットで調べて作ったとか、良く出来てるー。


a0110975_1258094.jpg



そして、ダイニングには既に美味しそうなお料理がスタンバイ。
グリッシーニに巻かれたプロシュートや、串を使ったトマト&バジル&モッツァレラ。 


a0110975_136401.jpg



聞けば、ちびたくんはちょっとお熱があり、夕べは2人ともあまり眠れなかったとか・・・。 寝不足の中、頑張って準備をしてくれて、ありがとう。


そうこうする内、今夜のヒロインYuko嬢も到着。 「サプラーイズ!」と皆で声を合わせて迎えました。

さて、その後はいよいよお楽しみのお食事、お喋りタイム。
お野菜のグリル。 キレイな色が食欲をそそります。 その奥にはアボカドのプロシュート巻き。 


a0110975_13153038.jpg



今が旬のグリーンアスパラガスも、グリルされてお洒落~。


a0110975_13183630.jpg


ココットの蓋を開けると、フレッシュなトマトソースと良く絡んだ手作りニョッキ。 モッツァレラチーズがいい感じに糸を引いています。


a0110975_13203271.jpg



写真を撮り忘れてしまったけれど、オイルベースで仕上げられた、ショートパスタのブロッコリーソースも、アンチョビーやチリの隠し味が効いていて、とーっても美味。

更にラムラックのグリル。 
ローズマリーやガーリック、オリーブオイルでマリネされていたお肉は柔らかで、芳しい香り~。 男性陣の食べるのの速いことといったら、もう・・・。 あっというまに骨だけがお皿にゴロリ。 結構お腹一杯の私も、美味しくてぺろり。 


a0110975_132451.jpg


どのお料理も、ハーブやオリーブオイルがとっても上手く使われていて、素材良さが生かされていました。 
日頃から何事も手際のよいkumakoちゃん。 今晩もちびたくんの面倒を見つつ、次々と美味しいお料理が出来上がり、テーブルへ。 いやはや、 私もこの手際の良さを見習いたいものです。


こちらは午後から慌てて作った、私作のロールケーキ。 
お祝い用にちょっと華やかにしようと、外側もクリームでコーティング。 ベリーと一緒に飾った透明の板のような物は、キャラメルです。 シリコンのシートの上に流した後、バリバリと割ってケーキに飾ってみました。 


a0110975_134204.jpg


ハートのカードには、どんなメッセージを書こうかと悩み、結局、彼女のブログ
「ひゅーひゅー! Yuko Montreal →Toronto」を文字って、

「ひゅーひゅー! Yuko Montreal →Toronto で ママになります。」笑

Yuko嬢も、もうすぐママですねー!


緯度の話や単位の話で異様~に盛り上がる男性陣。 その話題で何故そんなに長々と盛り上がれるのか、女性陣には全くもって・・・???  それに3人ともとっても楽しそう・・・。 笑    ゴルフ以外にも意外な共通点がある事が、今夜わかりました。


Kumakoちゃん、とっても美味しいお料理の数々、ご馳走さまでした。
[PR]
by non_ca | 2010-04-10 23:58 | sweets cooking
今年も残すところ僅かとなりました。

先ほどから、実家のある名古屋市内でも雪がちらちらしています。 今晩から明日にかけ、日本海側では大雪の予報も出ているとか。 2010年の年の初めは、どうやらきりりと寒い日になりそうです。

日本に一時帰国して以来、時差を感じる暇もなく毎日過ぎてしまい、すっかりPCからも遠ざかっていました。 が、昨日ようやく無線LANをセットアップ、これを機にまた時々アップが出来ればと思っています。


さて、一時帰国の数日前の事ですが、トロントのアップタウンにある友人宅を訪ねました。 
私の都合で預かり物をお願いしていたので、取りに行く予定でしたが、「もし良かったら、わが家でお昼でも・・・」と嬉しいお誘いを頂き、二つ返事でお邪魔しました。

お土産はこのシーズン恒例のジンジャークッキー。 前日の夜に焼き、薄いピンクと白の2色でアイシングをしました。  

a0110975_169188.jpg


プレゼントの相手は友人のお嬢さん、幼稚園に通う女の子です。

a0110975_16114189.jpg


名前はNanaちゃん、なので名前入りもね。 

a0110975_16133174.jpg



友人宅のある辺りは閑静な住宅街で、道の両側には素敵なお宅が並びます。 家々のクリスマスデコレーションを見て歩くだけでも、ダウンタウンのコンドに住んでいる私は、ちょっとうきうき楽しくなります。

友人宅に着くと、赤いドアにはグリーンを基調にした素敵なリース。 窓からは室内に飾られた大きなツリーやデコレーションが見えます。 
後で聞いたところ、玄関のリースはご主人さまとNanaちゃんの手作りとの事、その時写真を撮らなかった事を今になって後悔しています・・・。


ドアベルを鳴らすと、友人とNanaちゃんが笑顔でお出迎えをしてくれました。 Nanaちゃんは幼稚園に通う可愛い女の子、が、そのしっかりとしてお行儀のよい事といったら・・・! きちんとごあいさつをした後は、「こちらへどうぞ~」 とお部屋へ案内してくれました。 とっても可愛いホステスさんです。
お土産の箱を渡すと、真面目な顔で 「お昼ごはんの後に見ても良いですか?」との事。 こんなに理性のあるお子様は初めてで、可愛いやら可笑しいやら、ほっぺが緩んでしまいました。 ^^

a0110975_163585.jpg


雑誌から抜け出て来たような、オシャレさんな友人。 初めてお邪魔するお宅はとても素敵で、トロントに来てまだ2年足らずとは到底思えない、温かで彼女のセンスの香る居心地の良い空間です。 思わずキッチンにいる友人を何度も呼び出しては、あれこれ訊ねてしまいました。

そうこうする内にお昼ご飯です。

ちゃらーん♪
まるでオシャレなカフェの様なランチプレート。
奥のココットにはタコを使ったシーフードのマリネ。 手前にはクスクスのサラダです。

a0110975_16241882.jpg



ルクルーゼの可愛いココットの蓋を開けると、湯気と一緒に良ーい香りが・・・。 中には見るからに美味しそうなビーフシチューが入っていました。 


a0110975_171888.jpg


お喋りしたい事が沢山で、友人には「美味しぃー」位しか伝えられませんでしたが、このビーフシチューのなんとも美味だった事・・・! お肉はとっても柔らかなのに、触感はしっかり、トマトの酸味がほど良くて、お野菜の旨みがぎゅっと詰まったシチューです。  一緒に出して下さったサワークリームを加えると、また違った美味しさが。 添えられたクスクスのサラダやマリネもとっても美味でした。


お隣ではNanaちゃんも一緒にお食事中。 まだ小さいのにクスクスのサラダを食べる辺り、将来のグルメっぷりが既に伺えます。 笑

a0110975_16405695.jpg
 

お食事の後はデザートを頂きました。

ほんのり甘くて、温かくて、ほっこりする美味しさの豆腐花です。 赤い器も素敵で、どこにいるのか忘れてしまいそう。

a0110975_16443521.jpg
 


食後も話は多岐に渡り、そして尽きず・・・。 
こちらはNanaちゃんが見せてくれた、幼稚園で作ったサンタさんのソリ。 大きな紙パックで作ったそうで、とっても良く出来ていました。  

a0110975_17135355.jpg


中に入っている袋は、「トナカイのえさ」との事。 良ーく見てみると、押し麦と一緒にキラキラの粒が入っています。 説明書きを見ると、クリスマスイブの夜、これを庭先に撒いておくのだそうです。 どうやらそうすると、トナカイさんがキラキラを見つけ、迷わずにサンタさんを家に連れて来てくれますよ。 という物らしいのです。 現実的なアイデアと、夢のある発想が混ざり合った面白い物があるんですねぇ。  そうと知って今からでも撒きたいNanaちゃんでしたが、イブの夜には撒いて寝たのかな・・・?


この日は夕方から予定があり、名残り惜しいのですが、お話の途中で失礼する事に。 最後はNanaちゃんが、とびきり可愛い振り付きでクリスマスソングを披露してくれました。


最近何かと慌ただしく過ごしていたので、この日の友人からの優しいお誘いは、何よりのクリスマス・プレゼントになりました。
その上、プレゼントまで。

a0110975_1733445.jpg

ピンクの便せんに書かれたお手紙と、Nanaちゃんの大事にしている品々。 
右の鈴は彼女の手作りで、何でもトナカイの鈴だとか。 首にかけてくれました。
この後出掛けたクリスマス・ディナーに、この鈴のネックレスを着けて行って自慢したところ、「non, I dear you!」 と皆さんに大好評でした。


25日は夫をお誘い頂きありがとうございました。 ローストビーフにポトフにと、とても美味しいお料理の数々と皆さんとの時間、楽しませて頂いたそうです。 私もお邪魔したかったぁ・・・ 笑

Yさん、Nanaちゃん、素敵なプレゼントをありがとう。 

              
                * * *      * * *     * * *


さて、 今年も残すところ6時間ほどとなりました。 
今年の1月に思い切って(思いつきで?) 始めたブログですが、気が付けば沢山の方が見に来て下さるようになりました。 最近は色々とありまして、思ったようにアップも出来ないでいますが、度々覗いて下さりありがとうございます。  ブログを通しての沢山の新しい出会いや、友人の輪がこんなにも広がるとは、全く想像もしていませんでした。 暫くはマイペースな更新になりそうですが、来年も時々覗いて頂ければ幸いです。     

明くる2010年が、皆さまにとって幸多き年になりますように。 お元気で良い年をお迎えくださいませ。

                       31 Dec 2009  non_ca

  
 
[PR]
by non_ca | 2009-12-31 18:33 | sweets cooking
昨日の続きになりますが・・・
ナイアガラでWhirlpool Aero Car と滝を楽しんだ後、「せっかくここまで来たから、ワイナリーにも1つ位寄って行こうよ。」という、またまた思いつきで (主に私の・・・)、車で30分ほどのナイアガラ・オン・ザ・レークへ向かいました。 
8月にオンザレークへ行った時の話はコチラから

そろそろ日も傾き始めていたので、今日は一軒のみと決め、複数の友人お奨めの Hillebrand に向かいました。


a0110975_1458990.jpg



もう葡萄の収穫は終わってしまっただろうなぁと近づくと、黄色く色付いた葉と葉の間に、アイスワイン用でしょうか・・・深い藍色に染まった葡萄がたわわに実っていました。 


a0110975_15102729.jpg


美しく紅葉したブドウ畑を眺める内、気が付けば陽も益々傾き、時計を見れば5時半です。 これからトロントに戻るのに1時間半、それから、それから夕食は・・・・
と考えてはみたけれど、あまりいいアイデアも浮かばないので、ちょっと早いけれど、美味しいと評判のレストランへ行ってみました。

葡萄のツタの良い感じに絡まる左手に入り口があります。
「確認するので、少々お待ち下さい 」と言われてドッキリしたけれど、早い時間が幸いして、予約無しでもすぐに入る事が出来ました。 圧倒的に一番乗りかと思いきや、既にお食事を楽しまれている方が数組。


a0110975_15135623.jpg


少しづつ色々楽しめるTasting Menu 等もありましたが、1品づつ注文する事にしました。

 
私はお肉を使った前菜でスタート。 中央奥のブリオッシュを始め、すべてがミニチュアサイズ。 レバーパテやプロシュート、ミートローフなど、ワインのつまみに良く合います。

a0110975_15222621.jpg


夫の前菜はスカロープ=ホタテのグリルにスパークリングワインをペアリング。

メインはカベルネ・ソーヴィニョンとビーフのグリル。

a0110975_15312820.jpg


私はメインにラムのグリルと、ピノ・ノアール。

a0110975_1539766.jpg

ビーフもラムも完璧な焼き加減。 肉厚のお肉が外側はクリスピーに、中はジューシーに焼き上げられていました。 


さて、美味しいお料理をたっぷり頂いて、お腹も膨れたので・・・
「 デザートは無くても良いかなぁ・・・。」  「でも、一応見せてもらう・・・?? 」
と、メニューを頂くと、やっぱりそこには心をゆさゆさ揺さぶられるデザートが・・・。 あぁー、見たら食べたくなるのに、やっぱりメニューを貰ってしまうのです。 笑 


a0110975_155096.jpg



で、夫の注文した Sweet Potato Cinnamon Suffle
リースリングのアイスワインを使ったスフレ。 小さな銅鍋で焼き上げられていて、見た目もキュート。
スパイスの効いたアイスクリームも添えられていました。

a0110975_15533743.jpg



私は少しあっさり目にと、Ice Wine Poached Pears を注文。
が、来てみると、ゴートチーズのムース( というよりチーズケーキ )の方が梨より存在感あり。 が、バニラビーンズたっぷりで、ゴートチーズ好きとしては堪らない美味しさでした。 


a0110975_15583343.jpg


お店を後にする頃には、夜の帳につつまれていました。


a0110975_169502.jpg


同じ敷地内にあるワインショップにもちょっと寄り道しました。


a0110975_165353.jpg



10月半ばだったので、ハロウィンムード満点のデコレーション。

a0110975_1665546.jpg



近場の日帰り旅行でしたが、紅葉に滝に夕食にと、思いの外充実した時間を過ごす事が出来ました。  

今年は真冬のお天気の良い日に、是非、凍った滝を見に来てみたいものです。 と書きながら、想像しただけでブルル・・・と来ます。
[PR]
by non_ca | 2009-12-20 02:00 | レストラン&カフェ
お昼の気温は11℃。 
昨年の今頃に比べて随分と暖かなトロントです。 因みに今年の冬は記録的な温かさとか。
 
平日は仕事で忙しい友人が珍しく午後半休というので、お土産を渡しつつ、今日は一緒にお昼ごはんを食べました。 

a0110975_13545449.jpg

今週月曜日に近所のクリニックでH1N1の予防接種を受け、その夜から酷い打撲か筋肉痛にでもなった様だった腕の痛みも徐々にひき、3日経った今日は痛みも全くなくなりました。 やれやれこれで一安心と言いたい所ですが、今度は季節性のフルショットを受けるかどうか、非常に悩ましい所です・・・。  


さて、慌しく過ぎた日本滞在ですが、再び当日の朝になり予定外にぽかりと自由な時間が取れる日がありました。 同じ市内に住む友人は、数日前に訪ねたばかりでしたし、(その話はコチラから) さてどうした物かと・・・。 
済ませておきたい買い物もあるので、ぶらぶらと出掛けるかと思いつつも、ある友人の事が気になります。  
それは、現在はご主人の関係で大阪に暮らすMさん。 トロントに越してくる前数年住んだ場所で、グルメにテニスに、ドライブにお散歩にと楽しい時間を沢山共有した友人です。 

大阪⇔名古屋は新幹線に乗れば1時間足らずの距離、フットワークが軽いのが取り得の私、1時間近く迷った挙句、11時になり、思い切ってMさんに連絡をしてみる事にしました。 すると、幸運にもその日は予定が空いているとの事。

急いで仕度をし、実家から名古屋駅へ、そして新幹線に乗り・・・

a0110975_143811.jpg


途中の京都で下車したい誘惑に駆られつつ・・・、 着いたのは「新大阪」。
約2年半ぶりに大阪まで行って参りました。 

a0110975_1439138.jpg



突然の私の訪問に、待ち合わせの場所へ息を切らしながら来てくれたMさん、バックには数冊のグルメ本が入っていました。 前住んでいた場所でもグルメ本を見ては新規開拓を怠らなかったMさん夫妻、大阪でも健在なのねぇと嬉しくなりました。 さて、彼女が幾つかの候補の中から選んでくれたのは・・・


道頓堀にある、お好み焼きやさん! 
商店街を抜け・・・

a0110975_1503763.jpg


友人のご主人曰く、世界一美味しいたこ焼きやさん「大だこ」。 若かりし頃、大阪出身の友人に連れて来てもらいました、ココだったのねぇ・・・。 が、今回は横目に通り過ぎ・・・

a0110975_1554159.jpg


着いたのは「道頓堀 お好み焼き 美津の」さん。

a0110975_15215458.jpg

厚みが3cm あるという、立派な鉄板のあるカウンター席に座り、注文は度々来ているという友人に任せて、セットメニューから「なにわの味セット」を注文します。

a0110975_1513012.jpg


お隣では美味しそうなお好み焼きが・・・ ゴクリ。  お断りして撮らせて頂きました。

a0110975_15371012.jpg


さて、1品目は「山いも焼き」。  粉は一切使わず、山芋だけ生地を作られているそうです。 確かに軽くて「何これっ? なふわふわ食感」。 冷えたビールと共に頂きます。
 
a0110975_154247100.jpg


二品目は「ミニ美津の焼き」。 ぽってりとして美しぃー、これぞ大阪のお好み焼き!

a0110975_1548646.jpg


続いて「ネギ焼き」。
こんにゃくが入っていたり、胡麻を沢山使っていたり、今まで食べた江戸前のネギ焼きとは全く違いますが、これまた癖になる味。 半分だけマヨネーズソースを掛けて貰いました。

a0110975_15513824.jpg


最後は「焼そば」。 大阪といえば、この太麺の焼そばですよね !

a0110975_1556373.jpg


一度にお好み焼き3種と焼そばを堪能するのは、初めての事。 普段はなかなか食べられないネギ焼きや、山いも焼きも堪能して、何とも大阪らしい昼食に大満足。

有名店のカウンターで、カメラはどうかしら・・・、と心配でしたが、店員さんは皆さん親切で「私達2人+お好み焼き」の写真も撮って下さったりと、味、サービスともとても良いお店でした。



道頓堀 お好み焼き 美津の
TEL 06-6212-6360
所在地 大阪府大阪市中央区道頓堀1-4-15
営業時間11時~22時(L.O.21時30分)
年中無休


食後は近所のお土産やさんで、たこ焼きの携帯ストラップを見たり・・・

a0110975_16123517.jpg


その後は中ノ島の観光と、お宅にもお邪魔したりと盛り沢山だったのですが、ちょっと長くなってきたので続きはまた次回にします。


  
[PR]
by non_ca | 2009-11-26 23:49 | レストラン&カフェ
お昼の気温は20℃。 
今日は朝からストーミーなお天気、時折小雨が降ったり、お日様が覗いたりしました。

先週土曜日の事ですが、友人と出掛けました。  
待ち合わせたのはAGO( エージーオー) の愛称で親しまれている、Art Gallery of Ontario
 
a0110975_1149213.jpg


実は、前夜メールで、ブランチにあるレストランを提案していたところ、朝友人から電話で 「そこは普通。 まぁ1度行ってみたら良いよぉー」とコメントを頂きました。 むむむ、微妙です・・・  一旦電話を切ったものの、やはりイマイチと分っている所にはわざわざ行きたくありません。 で、その近くに気になっていたレストランがあった事を思い出し、急遽場所を変更して貰いました。

その気になっていたレストランというのは、AGOの中に入っているカフェ&レストラン Frank。 AGOを手がけたカナダ生まれの建築家 Frank Gehryからネーミングされているようです。
こちらのショップが好きで、近くに来ると時々覗くのですが、その際その奥にチラリと見えるFrankがいつも気になっていました。 こちらは Anne Yarymowichさんという、女性がエグゼクティブ・シェフを勤めます。

a0110975_12351693.jpg


店内は道路に面してガラス張り、そして一部天窓もあり、明るく開放感のある空間です。 
私達が案内されたのは、中2階の様なスペース、オープンキッチンが奥に見えました。

ギャラリーに面する大きな壁は一面ガラスのワインセラー。 インテリアはモダンですが、木を上手く配し、クールながらも何処か温かみのある空間になっています。  こういう感じ大好きです。 因みにカトラリーはジョージ・ジェセンを使っていました。

a0110975_12421049.jpg


さて、メニューを拝見・・・
私が写真をとって騒いでいるうち、友人は既に注文を決めた模様・・・。 慌てて私もメニューを見ます。

a0110975_1247243.jpg
 

で、注文したのは・・・
友人がアイスティーと、ブランチの王様、エッグべネディクト。
「eggs bennie a la frank」フォカッチャに乗った2つのポーチドエッグにバークシャーポークのハムが添えられ、オランデーズソースがかかっています。 クリームもバターが控え目で美味。

a0110975_12503392.jpg


私が注文したのはカフェオレと、 「fresh corn and sharp cheddr souffle」チェダーチーズのスフレにコーンとトマトのガスパチョソース、黄色いチェリートマトとアボカドのサルサ添え。

a0110975_1256615.jpg

えぇーー、私最近、スフレに目がありません・・・。 理由は分りませんが、2月ほど前デザートで出されたものを食べて以来、すっかり忘れかけていたスフレの虜になりました。 今回もロブスターのスクランブルエッグなる物に惹かれていたのですが、スフレの文字を見つけた瞬間これに決まりー! 

見て下さい、こんがりと良い色に焼きあがったトップ、それからフンワリと膨らんだ美しい層。 勿論焼き立てで出されるので、チーズの芳しい香りがします。 コーンとトマトのガスパチョソース、アボカドとトマトのサルサと一見、国も味もばらばらの様ですが、フレッシュな野菜の旨みが生かされていて、塩気のあるチーズのスフレととっても良く合います。 

2人ともいたく気に入って、半分づつシェアをして食べました。 
エッグベニーに添えられたサラダのビネグレットも一ひねりあり、ベニーは洗練された味わい。 私のスフレは言うこと無しで、更にソースで一ひねり、そしてどちらもプレゼンテーションがまた素敵ー。 始めに出されたパンも美味しかったのですが、一緒に添えられていたのはゴートミルク・バター。 普通のバターよりサッパリとして、ゴートの香りがほのかに漂い堪りませんでした。

今回が初めてのレストランですが、「 ここはかなり期待できる」 と友人と意見が一致。 是非ランチや夕食にも来て見ましょー という話になりました。

*9/28~10/13までリノベーションの為クローズします。 10/14~通常営業再開予定。


さて、実はその後にも予定があり、歩いてSpadina St 方面へ。 そこから数区ストリートカーに乗って着いたのはトロント・ブルージェーズの本拠地 ロジャースセンターです。 この日はマリナースとの試合がありました。 が、ゆっくり食事をし過ぎ、着いた頃には既にイチローの打席は終了・・・

そして2打席目はヒットは出ず。 
そして3打席目、なんとイチロー選手まさかの退場になってしまいましたー。

a0110975_13311479.jpg
 

外角の球をストライクに取られたのが納得できず、ベースの外を指してここを通った、というようなゼスチャーをした所、なんと一発退場・・・! メジャーリーグってこんなに簡単に退場になってしまう物でしたっけ・・・? あまりのあっさりさに、単なる三振と思っていた私達。 次の回の守備で別の選手が出てきた時には狐につままれた様な気分でした・・・。 
しかし、イチロー自身、日本でのプレーを含めて退場は初めて、チームとしても今期マリナーズ初退場との事。 とても暴言を吐いたとは思えず、ちょっと審判やり過ぎではないかしら・・・と思ってしまいました。

その様子はコチラのマリナースのウェブで見る事が出来ます。  そもそもストライク・・・?!


後になって気付きましたが、この日は城島も出場しておらず・・・ 
7回お決まりのTake me out to the ballgame♪ も歌わず・・・

a0110975_13462792.jpg
   

時々、盛り上がるジェイズファンをチラ見しつつ、私達2人はひたすらお喋りに興じました。

1月ほど前シアトルで熱い観戦をしたので、良しとします。(その話はコチラ)

 
新しい野球観戦法を見つけてしまったかも・・・?! 
[PR]
by non_ca | 2009-09-28 22:42 | レストラン&カフェ