平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:スポーツ ( 7 ) タグの人気記事

お昼の気温は28℃。 今日も夏らしい一日のトロント。


a0110975_11483514.jpg



大丈夫かしらと思っていたけれど、先日業者さんがいらして半分ほど梱包が終わり、少し肩の荷が降りました。 とは言え明日は最終の梱包作業、細かい物が色々残っていまして、今晩これから頑張る予定。 が、本当に頑張れるのかは未知数です・・・汗


さて、バタバタと過ごす日々ですが、お世話になった皆さまにご挨拶するべく、引越し作業の合間を縫って精力的に活動もしています。 どちらかというとこちらの方が私は得意。 笑

バンクーバーから戻った翌日金曜日は、良くお菓子を持ってお邪魔していた友人のオフィスの方と友人とランチ。 その後Yukoちゃん宅へKumakoちゃんとお邪魔し、念願のべびちゃんと対面。 この話はまた改めて~。 
バンクーバーへ発つ前には、使い切れなかったお菓子の材料をお渡しするべく、プロのパティシエで美しいお菓子の数々をご紹介されている Lovely-Jubbly な日々のlovejub-m さんにお会いしました。 バンクーバーにお住まいのchi_corさんを通じて今回初めてお会いしましたが、共通点もあったりして、一気にワーッと盛り上がり、楽しくてあっというまの1時間。 もっと前にお会いしたかったなぁ・・・と、とっても残念な気持ちでお別れしました。

昨日は、去年一緒にSPA旅行もしたMさんと2人でクリスティーのコリアンタウンで夕食。 その後はカフェのパティオに移動して、夜遅くまであれやこれやと語り合いました。

そして今日は、ブログを通して交流のあったムーティフルライフのpimspimsさんとPearl で飲茶をしました。 昨晩LAから戻られたばかりというのに、一時間もかけてご家族で会いに来てくださり感激。 pimsさんとは初めから気心の知れた友人のようなリラックスした気持ちでお会いしましたが、ご主人もとても気さくな方で、時々ブログに登場するムーちゃんもお目目ぱっちりで可愛くて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。pimsさん、改めましてありがとうございました。


そしてゴルフから戻った夫と一緒に夕食に行ったのは、飲茶をしたPearl Harbourfront 。 私のトロントライフを語るとき、欠かせないお店です。 先日梱包作業の間に例によって1人飲茶に駆け込んだのですが、引っ越すことを馴染みの店員さんの1人に話したところ、仲の良い数人が一気に寄って来て「何時行くの?」「そんなに早く!」「何処に行くの?」「何で」と次から次へと質問され、不覚にも大泣きした私。 それを見て他の店員さんも「Is she OK?」と寄って来て、1人飲茶でそもそも目立つのに、周りの注目をかなり浴びて恥ずかしい思いをしました。 


今日注文したのは、今まで写真を撮ったことの無かった私のお気に入りの1品。 ロブスターのジンジャー&グリーンオニオン炒め。 イー麺もつけて貰うようにオーダー。 
今日は2・5ポンド(1ポンド=450g ) 位ある、とっても立派なロブスターが出てきました。 
薄切りのジンジャーと青ネギをロブスターと一緒に揚げ&炒めしてあり、これはとっても美味しいのでお奨め。 地元のブリューワリー、Steam Whistle のビールと一緒に頂きました。


a0110975_124623.jpg



メニューには時価とありますが、2パウンド以上の大きなロブスターを使い45ドル位。(確認してくださいね。) かなりボリュームもあり、見た目も華やかでお客様があった時などに最適です。 3,4人でシェアが良いと思いますが、わが家は2人で完食・・・・汗


パールではいつも温かく迎えてもらい、沢山良い想い出が出来ました。 遊びに来てくれた姉家族も、亡くなった父もこちらの飲茶が大好きでしたっけ・・・・。 食事も終わりお勘定をお願いした所、今日の食事はお店からとのこと。 ジーン。   
その後は「ロブスター頼んじゃってゴメンネ」などと冗談を言いつつ、仲良しの店員さん数人とお喋り、笑顔で握手と記念撮影をし再会を誓い合いました。

フロントにいるジェフはPearl を買い取り、昨日からオーナーになったそうです。 オメデトウ!! 彼は私達の引っ越す国にも度々やってくるそうで、またそちらで会う楽しみも出来ました。



そして、こちらも私のトロント生活を語るとき、欠かせない場所 Toronto Athletic Club。 ピラティスや正しいトレーニングの大切さ楽しさを教えて貰いました。 土曜日の午前中にちょっと時間が出来たので、パーソナルトレイナーと一緒にワークアウト。 一汗かくと引越しのストレスや疲れもすーっと何処かに消えていってしまいます。  といいながら、夕食を食べつつ、友人にしっかり愚痴っていましたが・・・笑 


a0110975_1317871.jpg



Canoeと遜色のない景色を眺めつつトレーニングが出来、施設内のレストランStratusは湖を眺めならがの朝食や昼食が楽しめる穴場的なスポット。 レストランは一般にも開放されています。


トレーニングの後はトレーナーと記念撮影。 この4月から初めて男性トレーナーにつきましたが、優しくもしっかりと鍛えられ随分筋肉がつきました。 笑  折角この3年頑張ったのだから、次の場所でも続けていきたいなぁ・・・。 


a0110975_133104.jpg



こんな感じで私のカナダ生活もラストスパート。 忙しくも充実した時間を過ごしています。

5days To Go! 






 
 
 
[PR]
by non_ca | 2010-07-18 23:45 | レストラン&カフェ
今朝のバンクーバーは朝から雨。

今朝はホテルを6時にチェックアウトして空港へ向かいました。 長いようであっという間に過ぎた2週間です。 

ラウンジで軽く朝食を取った後は、昨晩のフィギアスケートの余韻を楽しみたくてPCに向かいました。 搭乗開始までの時間に写真1枚と一緒にブログを投稿してPCを閉じ、機上の人になりました。

機内のアナウンスではトロントは雪。  暖冬と言われているトロントにも早めの春が近づいているかと思いきや、まだそんなに甘くはありませんでした。 気温は-1℃とかでそんなに寒くは無いけれど、今朝4時ごろから雪が降り出したそうです。


雪雲を抜けて無事着陸したトロントピアソン空港は、見渡す限り雪で真っ白・・・。
「えぇ、皆さんご覧の通り、今日オリンピックはトロントで行われた模様です。」 と機長のアナウンスに一同笑  


a0110975_12432593.jpg
 


昨晩は友人達と女子フィギア観戦に出掛けました。

当初わが夫婦の手元に渡って来るチケットは1枚の予定。 これは結婚以来最大の夫婦の危機かとも思われましたが、笑い事ではなく、いや真剣に・・・汗  友人の好意でもう一枚手に入る事になり、一件落着。 危機も他力本願で乗り越えました。 笑

連日どの競技も満員御礼でしたが、この日はそれでも当日券を手に入れようと、チケット売り場の辺りには長い行列が出来ていました。 

会場内で一際存在感があったのは韓国の国旗と、キムヨナ選手の応援バナーを持つ人の多さ。 皆さん熱い応援を送っていました。 
すぐ側では小さな女の子も一生懸命旗を振って応援。


a0110975_1395220.jpg


何処の会場でもこれが国民性なのか、マナーが良くてとっても控え目な日本の応援団。 この日も皆さん何処にいるのか良く分からなかったけれど、日本人選手一番手の鈴木選手がリンクに現れると、もの凄い数の日の丸の花がスタジアムに咲きました。  こんなに沢山の日の丸を目の当たりにするのは初めての事。 それもここはバンクーバー。 当然この中には選手のご家族もいらっしゃるはず。 日の丸を振りつつ、選手に想いが通じると良いなと私の胸も熱くなりました。


a0110975_13452995.jpg


いよいよ最終組の練習開始。 
タラ・ルピンスキー以来のジンクスで、最近の歴代の金メダリストはブルーの衣装を着ているとか・・・。 荒川選手も確かにブルーの衣装でした。 
真央ちゃんは確か赤い衣装のはずと見ていると、ブルーの選手が3人。 
安藤美姫選手に、カナダのジョアニー・ロシェットさん、そしてキムヨナ選手。 
ここまで来ると、ジンクスというよりは試合にかけるそれぞれの強ーい意志を感じます。
 

a0110975_1257047.jpg


高さのあるダイナミックなジャンプを成功させたミキティー。


a0110975_13584048.jpg



a0110975_142262.jpg


完璧なジャンプと演技で観客を魅了した、キム・ヨナ選手。
サムソンの全面的なバックアップのもと、トロントで半年間のトレーニングを積んでオリンピックに臨んだそうです。
全く非の打ち所の無い美しいスケーティングに、観客も国籍を越えてスタンディングオベーションを贈ります!


a0110975_146745.jpg



そして浅田真央選手。
この頃には手は冷たくなるし、ただ座っているだけの私の心臓は何故だかバクバク・・・、祈るような気持ちで観戦しました。 TVの前で応援された方たちも、きっと同じような気持ちだったのでしょうね。 カーリングの時は妹でも見守るような気持ちで見ていたけれど、今回は 「どうか無事に終わって」と、もうお母さんの気持ちですよ・・・。 笑  
惜しい所もあったけれど、見事2回のトリプルアクセルを成功! 
それも会場で観てみると、1回目のトリプルアクセルはジャッジ席に接触するんじゃないかしらという様な至近距離でのジャンプ。 テクニックの他にももの凄いの緊張と集中力を要するのでしょうね。 
こちらも感動の素晴らしい演技でした。 

a0110975_14121141.jpg


そして、4日前にお母さんを突然亡くしたジョアニー・ロシェット選手の登場。

訃報が伝わって以来、「彼女は1人じゃない、カナダが付いている。」とか アイスダンスで優勝したテッサ&スコットもインタビューで「僕らが付いている、彼女は僕らのファミリーだ」とか、彼女を援するコメントが沢山寄せられていました。 この日の観客もそれを証明するように大きな声援で彼女を後押ししました。 
集中が難しい環境の中、自己ベスト更新の見事な演技で銅メダル。 終了直後に天に向かってキスを送った姿が印象的でした。 きっと天国のお母さんも観ていてくれましたよね。


a0110975_14313564.jpg



a0110975_14261695.jpg



得点が発表された時には、固い表情を崩さなかった真央ちゃん。 表彰式後のウイニングランの頃には少し緊張が解けたのかいつもの愛らしい笑顔が戻りました。


a0110975_1439935.jpg


その後はダウンタウンに戻って、隠恋房さんで日本選手の健闘と素晴らしい演技を見せてくれたスケーター達に乾杯をしました。


a0110975_14583111.jpg


真央ちゃんは、次回のオリンピックにも挑戦したいとインタビューで答えたようですね。 
彼女達のこれからの益々の活躍に期待をしたいと思います。 




話は戻りますが、今朝空港のラウンジで一生懸命アップした記事。 トロントの自宅でPCを開けてみた所何処にも見当たらず、どうも失敗したみたい・・・ 涙 
もっとゆっくりカフェモカを飲むのでした・・・。 
[PR]
by non_ca | 2010-02-26 22:30 | オリンピック
お昼の気温は10℃。 
今日も晴天のバンクーバー。 街を歩いているとSpring Olympic なんて声も聞こえてきます。
ダウンタウンの桜の花も、4月を待ち切れず咲き始めていました。


a0110975_16163989.jpg


昨晩は遅くまで夕食に出掛けてたので、今日はゆっくり起床。 2時近くにリノベーションの終わったダウンタウンの麒麟に出掛けました。 カバン持ちさんに聞いた通り、店内はほぼそのまま? エントランスとトイレは取ってもモダンに変わっていましたけれど…。 笑


a0110975_1620892.jpg



美味しい飲茶を食べた後は、#135のバスに乗り、フィギアとショートトラックスケートの会場になっているPacific Coliseumへ行ってきました。


a0110975_16274044.jpg



今日開催されているのは、アイスダンスのオリジナルダンス。
アイスダンスはコンパルソリーとオリジナルダンス、フリーの3種の合計で争われます。 今日はその中間点とでも言いましょうか、オリジナルダンスが行われました。

会場に入ってみると…
ついこの間、男子フィギアの高橋選手はここで銅メダルを獲得したんですよね、じーん・・・


a0110975_16535352.jpg



アイスダンスについてあまり知識もないままでしたが、土曜日のTHE GLOBE AND MAILの朝刊で、カナダのペア Tessa Virtue と Scott Moir がコンパルソリーを終わって2位と大健闘していると知り、楽しみに出掛けました。


オリジナルダンスではフォーク、カントリーをベースにした音楽に合わせ演技が行われます。 なので、衣装も何処か民族衣装チック。 

日本チームは着物に扇子、「さくら」に合わせて演技を行いました。


a0110975_17145413.jpg



こちらはポカホンタスのような衣装で登場。 ハワイアンミュージックに合わせて踊るドイツペア(確か…)


a0110975_17181853.jpg


途中には整氷が丁寧に行われます。 機械2機の他に手にバケツとスコップを持った女性も沢山リンクに出て、肉眼で点検し、ダメージの大きい所には氷なのでしょうか? リンクに丁寧に撒いていました。
まるで鏡のように輝くリンクは、こうやって作られるのですね。

a0110975_17215964.jpg


最終組の練習が始まりました。 この組にはカナダのペアも登場するので、会場からはひと際大きな歓声が。


a0110975_1731386.jpg


このロシアペアはコンパルソリーを1位で通過。 
オーストラリアのアボリジニの音楽とそれをベースにした振付けをしていて、衣装などを含め賛否両論物議をかもしました。
ゴールドメダルを狙うのに、このプログラムはちょっとリスキーではとの話もあったそうですが、確かに流れるようなダンスの方がアイスダンスには合うような… 専門的な知識が無いので、ちょっと分かりずらかったかも…。


a0110975_1864274.jpg


こちらはフランスのペア。  フレンチカンカンがテーマ。 
軽快なステップとおなじみの音楽に会場からも手拍子が。 


a0110975_17435216.jpg


この組は上位入賞者ばかりなので、どのペアもスケートが良く滑っていて、躍動感もあり、見ごたえがあります。


a0110975_1752617.jpg


さぁ、いよいよカナダチームの登場です。


a0110975_1758053.jpg


Tessaが6歳、Scottが9歳からずーっとペアを組んでいるという2人。 もちろん息もぴったり。
競技中の2人は大人な雰囲気一杯ですが、素顔の2人はとってもキュートで自然体。 すっかりファンになりました。


a0110975_1822640.jpg


ラテン系音楽が得意なペアが選んだのは、アンダルシアのフラメンコ。


a0110975_18143495.jpg

 
情熱的で大人のリズムが2人にピッタリマッチ、ターンする度深紅のドレスがひらりと舞ってとても素敵。


a0110975_1817384.jpg


素晴らしい演技に会場からも惜しみない拍手や声援が送られました。


a0110975_1822262.jpg


オリジナルダンスを終り、カナダのペアがロシアのペアを抜いて1位に躍り出ました。 このペアは2人ともオンタリオの出身。 フリーではどんな曲で観客を魅了してくれるのか、そして金メダルは取れるのか、今からとても楽しみです。 


a0110975_18274281.jpg
 



ダウンタウンのビルも期間中オリンピック仕様に変身中です。


a0110975_3315730.jpg



a0110975_18331534.jpg

[PR]
by non_ca | 2010-02-21 23:11 | オリンピック
今日も晴天、10℃くらいまで気温の上がったバンクーバー。
バンクーバーの冬の風物詩しとしと雨は、一体どこへ行ってしまったのでしょう?

a0110975_10585083.jpg



昨日の続きになりますが・・・

11-4で強豪イギリスチームに快勝した日本。 
スキップもえちゃんの最後の1投で得た5得点は、五輪女子のカーリング史上タイ記録の大量得点! これでイギリスチームもギブアップになりました。

抱き合って喜ぶ日本チーム。 会場からもニッポンコールが飛びます。 
昨晩は手のひらがじーーんと来てしまう位、私もがんばってニッポンコールを送りましたよ。


a0110975_1181232.jpg

日本でTVを観ていたNさんのお母さまの話では、試合中2度ほどTVにも映っていたとか。


まりりんも手を振って声援に答えます。 
 

a0110975_11181662.jpg


それにしてもみんな可愛い♪ 
海外合宿生活の苦労話などNさんから聞くうち、気がつけばすっかり自分の妹でも応援するような気持で観ていました。


予選通過への精神的なプレッシャーと、明日日曜はダブルヘッターで試合をこなすという、体力的にもますますタフになるゲーム、どうにか頑張って予選を通過してほしいものです。




さて、ここからは試合後のこぼれ話…

試合ですっかり気を良くした私達。  カナダ戦は目の離せない展開が続いていましたが、交通機関が混む事もあって、一足先に試合会場を後にする事にしました。 

出口に向かって歩いていると… 前方で何やら行われているのを目ざとく発見。 NHKのインタビューです。


羨ましげにその様子を見ていると…
クルーが私達の方へやって来ました。  ここはやはりチーム青森と長ーいお付き合いのNさんの出番。


a0110975_11341396.jpg


続いて、カナディアンでありながら自らパソコンを駆使して「必勝」はちまきを作り、観戦に臨んだJ さんがインタビューに答えます。  手元の日の丸の小旗もお手製?
( 扇子を持つのはわが夫、よくこんな人オリンピック放送で見かけますよね…笑 )

a0110975_1144519.jpg


NHK 「Who did you like most?」 
えっ、なんでまたカナダの人にそんな質問を・・・?! という私の心配をよそに、
奥さまが日本人のJ さん、それまでは英語で答えていたのに すかさず日本語で
「もえちゃん、もえちゃんとっても綺麗 ~」  これには一同爆笑。 


その後は、この日は残念ながら欠席のJudy子さんお手製、日本の応援幕をもって、テレビ局の方に促されるまま、皆でカメラに向って「やったぜ、日本~!」 

年がいもなく、良い気分で少々はしゃぎ過ぎた私達・・・汗  お恥ずかしながら、今朝のNHK「 おはよう日本 」でその様子が放映されたそうです。  

さて、その後はスタジアムのあるリッチモンド市から、バンクーバーのダウンタウンに戻って来ました。 時計は既に11時を過ぎていましたが、まだまだ興奮冷めやらぬ私達。 

「ちょっと1杯、行っちゃう?」 という事で、ムール貝を肴にビールで祝杯をあげました。


a0110975_11555510.jpg




がんばれ日本! がんばれチーム青森!
[PR]
by non_ca | 2010-02-20 17:34 | オリンピック

Go * チーム青森!

今日も春のような陽気のバンクーバー。
梅に続いて、こぶしも花をつけ始めました。 この季節には珍しい晴天が続いています。

今日も色々お楽しみがあり先ほどホテルの部屋へ戻りました。 既に深夜を過ぎているので、とりあえずオリンピックのお話を…

昨日 今日と二日続けて、友人達とチーム青森のカーリングの応援に行ってきました。


a0110975_18214940.jpg


セキュリティーゲートを過ぎると、記念撮影に気軽に応じる警官達が。

早速、オンタリオから応援に来ているという警官3人を捕まえ、日本の旗まで持たせて持って貰い、一緒に記念撮影。 パチリ


お礼を言って10メートルほど進むと・・・  
あらら、こちらの方達の方が魅力的だったんじゃない…?!  RCMP=ロイヤル・カナディアン・マウンテン・ポリスの皆さんです。 この方達、クラシックないでたちですが、アメリカでいうFBIのような精鋭なのだそうですよ。


a0110975_18334137.jpg


が、流石に先ほどの皆さんの目も気になり、それじゃあまりにも節操が無さ過ぎるという事で、歩みを進めると・・・

RCMPの美女お二人。 
一緒に写るの何故か男性、それもお1人ばかり… そして皆さん鼻の下、伸びてますよ~! 笑


a0110975_18414918.jpg



でも、一番人気はやっぱりこの方達でした。


a0110975_18442459.jpg
 


会場に入ってみると日本チームが練習中。 間もなくそれが終わり対戦相手の中国の練習が始まり、日本チームは後ろで中国チームの様子を伺っています。


a0110975_18524145.jpg


カナダではポピュラーなスポーツのカーリングですが、実は生で観るのはこれが初めて。
で、ルールも全く良く分かりません・… 汗  が、今回は心強い友人が一緒でした。
秋に松茸パーティーをしてくれたNさん、普段はの他の仕事をお持ちですが、実は「チーム青森の公式通訳」という肩書きも持っています。  
チーム青森のコーチはバンクーバーにお住まいの日系カナディアン。 その関係でチームも1年の内の3カ月以上程をここバンクーバーで過ごすとか。  メンタルなスポーツでもあるので、時には心理学の講義を受けたりとトレーニングも多岐に渡るとか。 そんな時Nさんが通訳をして皆さんをサポートしているそうです。

なので、良く分からない私もトンチンカンな質問を彼女にぶつけつつ、初めてのカーリング観戦、しっかり楽しんで参りました。

が、昨日2/18 の試合、気づかぬ内に点差はじりじり開き、残念ながら中国相手になんとも後味の悪い負け方をしてしまいました。


a0110975_19143541.jpg




中国戦を終えて1勝2敗の日本。 今日2/19 の相手は強豪イギリス。 手ごわい相手ですが、今日は勝ち星を挙げてくれるはず…と再び友人達と応援に行ってきました。

バグパイプの演奏に先導されて、チーム青森の面々も笑顔で入場です。


a0110975_19192190.jpg



さて、試合開始!


a0110975_1924147.jpg


今日はミスも少なく終始日本優位に試合が進みます。

奥から2番目のシートが日本VSイギリス。  縦にストーンが並ぶ展開に、イギリスのスキップ( 赤いユニフォーム )が中央にある日本のストーンの狙うように指示を出しています。 その姿を後ろから静かに見守る、日本のスキップもえちゃん。  


a0110975_19291620.jpg
 

そしてこちらは最年少あんなちゃんのストーンを、スキップの指示するところまで懸命にスィープする2人。


a0110975_19462165.jpg


回を追うごとに試合は白熱し…
「やっぱりここでしょ?」 「そうかな、私はこっちだと思うけど…」 と言っているかどうかは分かりませんが…笑 次の一手を一体何処にするのか、イギリスチームも全員集まり熱が入ります。
それを少し離れた所から、チラリと見る日本チーム。  氷上のチェストいわれる所以はこの辺りにあるのでしょうか…


a0110975_19423622.jpg


熱心な作戦会議?シュミレーションは続き・・・
 
「ほらねぇー、後ろから見たら分かるでしょう?」 なんて言っているのかいないのか・・・


a0110975_2021959.jpg



かなりのプレッシャーもあり、日本優位と思った瞬間。

イギリス選手の足元をスルスルと滑って行くストーン、NO1の日本の黄色のストーンを静かにはじき出し、ピタリとそこでとまり、このエンド 結果はイギリスの得点に… 涙

カーリングというスポーツ、チェスだけではなく、ビリヤードやレーンを読むボーリング的な要素も持っていて、なかなかそう簡単には行きません。


a0110975_2035378.jpg



が、今日の日本は昨日とは一味違っていました。 相手の好プレーや味方のミスにも乱れること無く…

a0110975_20142031.jpg

このタイムアウトの直後には5得点の大量得点に成功!

終わってみれば強豪イギリス相手に11-4、日本の圧勝でしたー!


あと数枚貼りたい写真がありますが、何故か写真のアップが出来なくなってしまいました…
睡眠時間も短くなってきたので、続きは明日にしようと思います。  

あと少しなのに残念。 涙  おやすみなさい。
[PR]
by non_ca | 2010-02-19 23:59 | スポーツ

5月の週末の過ごし方

お昼の気温は14℃、

日陰にいるとひんやりした空気が気持ち良い。 木々の若葉も綺麗でお散歩が楽しいシーズンになりました。 暫くぶらぶら歩いていましたが、ふとカメラを持っている事を思い出しました。 どれどれ写真でも・・・と思ったら、そこら中に絵になる景色が一杯!  タンポポの絨毯を撮ろうとしたら、その先にはベンチで何やら語らうカップルがいました。

a0110975_240143.jpg



午前中は気温が低めだった日曜の昨日、夫は早朝からゴルフで不在。 せっかくの日曜日、私も健康的かつ活動的に過ごしたいので、朝からピラティスのクラスに行ってきました。 休みの日の朝の運動は気持ちが良い。 背筋がすっと伸びて体が軽くなった気がします。 クラスの後は1人で1時間ほど運動&ストレッチ、ミストサウナに入って暫しぼーっとしてクラブを後にしました。

1週間程前には固い緑の蕾だったチューリップも満開。 平日は働く人で一杯のエリアですが、週末はひっそり・・・ 歩く人も車もまばらなので、チューリップを独り占めです。 
ふらふらと空や緑や建物を眺めつつ、帰宅しました。

a0110975_316553.jpg



程なく夫が帰って来たので、二人でぶらりと買い物に・・・ 向かった先はGolf Town。 hand me down=お下がり のクラブで再開した私を不憫がってか、(特にリクエストはしていません)こんな物を買ってくれました。 

a0110975_3273094.jpg

その後二人でパターの練習。 家のカーペットがパターの練習にちょうど良い感じです。
[PR]
by non_ca | 2009-05-11 13:35 | ショッピング

Whistler * SKI

現在、一時帰国で名古屋に滞在中です。
今日の最高気温は19℃・・・! 寒いトロントからやって来た私達二人には、ちょっと暑いくらいの1日でした。 街中では桜も既に咲き始めています。


さて、今日こそはバンクーバー&ウィスラースキー旅行の続きを再開します。
6日(金)にウィスラー入りした私達は、続く7日、8日とスキーを楽しみました。 

私にとって、ウィスラー&ブラッコムスキーの魅力は、何と言ってもその雄大な自然のスケールでしょうか。 Blackcombの頂上近く、7th Heavenからの絶景には毎回圧倒されます。 日曜は前日夕方からの雪も止み、写真の様な晴天と景色にも恵まれました。 何処までも連なる雪化粧をした山並み、本当に綺麗です。 
a0110975_23532154.jpg

今回は加えて、土曜の夜に降った雪のおかげで、新雪の上を滑る楽しさにも教えて貰いました。 2つの山全体がスキー場のここでは、雪が降った後には圧雪されていないゲレンデがそこら中に出現。 時には足をとられて転ぶ事もありましたが、誰もまだ滑っていないふわっふわの雪の上を滑る気持ち良さは、今までには経験した事が無い物。 何とも言えない病み付きになる感覚です。 加えて、超上級者二人のサポートもあり、今までには決してチャレンジしなかったような急斜面にも今回は挑戦。 一回目は怖くて下が向けず、思ったようにターンが出来ませんでした。 が、人に負ける事は一向に構わないのに、 自称、自分には負けず嫌いの私… 笑 すぐにT-Barで取って返し、再挑戦! 2回目はちょっと攻める事の出来た自分に、少し満足したりもしましたっけねぇ… 笑
a0110975_23575322.jpg

因みにこれはその急斜面の上から撮った写真。 写真中央手前の点がその友人の1人。 ためらっている私を見上げています。 斜面の感じは写真には出ていませんが、すぐ近くに写っている友人が点にしか見えない辺りで、勾配を想像して頂けると助かります。

Whistler MoutainとBlackcomb Moutainのピーク4.4Kmを11分で結ぶゴンドラ"Peak 2 Peak"も今シーズンからお目見え。
a0110975_045094.jpg

床の中央部分がガラスに張りになっているゴンドラもあり、最高地上436m の景色を文字通り眼下に望む事ができます。
a0110975_054328.jpg

 
1日目のお昼はRendezvous Lodge (ランデブー)でタコサラダを
a0110975_0224454.jpg


2日目は急斜面を降りた先にある Gracier Creek Lodgeでラップサンドを頂きました。
a0110975_0255894.jpg


窓の外には立派なツララ、青い空とのコントラストがキレイです。
a0110975_114755.jpg


写真付きIDで登録をすれば、カナダ居住者はリフトや食事等の割引が受けられるEdge Cardが作れます。 コンビニ等で居住者用の割引リフト券を購入する事も出来ますが、Edge Cardの方が見た目も断然カッコ良し! 写真入りなのできっと良い記念にもなりますね。 
a0110975_0325791.jpg

やむなくダーリンには、バンクーバーオリンピックのマスコットMigaちゃんになって貰いました。 本人の名誉の為、決してMigaちゃんに似ている訳ではありません、あれ、ちょっと似てる…?!


さて、土曜のスキーの後のお楽しみは、宿泊していたロッジで皆さん揃って鍋パーティー! 今回参加者は12名です。

昨年あまりの美味しさに感激した、Fさん作 "チゲ鍋"
a0110975_0485227.jpg

ザ・男の料理。 馴れた手つきがステキですねぇ・・・ マル秘配合の特製ダレは自宅から持ち込みです。

その横では、わが家特製 "博多風とりの水炊き" が良い感じに煮えてきました。 お肉は骨付きモモ肉をJ-townのFamuさんに依頼、はるばるトロントから持って参りました。 そろそろキャベツやらお豆腐やらを加えましょうか。
a0110975_055664.jpg


この後は皆で お待ちかねの "かんぱーい!" 
a0110975_112987.jpg

そして楽しい鍋タイムとなりました。
[PR]
by non_ca | 2009-03-16 23:38 | 旅行