平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:レストラン ( 42 ) タグの人気記事

昨晩からバンクーバーに来ています。

昨日は夕日がきれいでしたが、今朝は朝からしとしとあいにくの雨。 気温も9℃と低めです。 友人知人とゴルフに出掛ける予定の夫は、ちょっと恨めしそうに空を眺めています。 が、こんなお天気もとてもバンクーバーらしい。


今回は久しぶりに空港でレンタカーをしました。
空港方面から車でダウンタウンへ向かうと、 間もなく正面には雪を冠った山々。 手前には住宅街を覆い隠すような大きな針葉樹や落葉樹の木々、そして黄色のタクシー。 更に少し走ると山を背景にしたダウンタウンの高層コンドミニアム群が見え、あぁ、バンクーバーにやって来たなぁ…と思うのです。


a0110975_0331124.jpg



いつもなら空港からまっすぐホテルにチェックインするところですが、今回はお楽しみの寄り道計画がありました。  伺ったのは、日本式の美味しい焼き肉が食べられる「まる忠」さん♪  ブログやかばん持ちさんを通じて知り合ったMiaさんのご主人のお店です。 おととしの秋に( ひゃー、もうそんなに前なの…と書きながら軽いショック。) かばん持ちさん夫妻を交えてMIAさんとご主人の5人でランチを楽しみました。 (その話はコチラから) 
「是非今度はお店に伺います!」 と約束していたのに、バンクーバー滞在中は夜の予定が殆ど詰まっているわが家( 特に夫 )、かといって1人夜焼き肉に行く勇気も無く・・・( 多分お昼だったら、1人でもわたしは焼き肉出来ますが…。 笑 )  で、この度、念願かなって 「まる忠」 デビューと相成りました。  

彼女のブログ 「バンクーバーから ~毎日がキラキラ輝くように~」はコチラから 以前は「 空飛ぶ焼き肉屋の女将」というタイトルでブログをされていました。 


いつもは週末日本へのフライトが入っているというMia さんですが、恐る恐る連絡をしてみたところ、この日はなんとオフ。  お店に来て下さるとのことで、夫ともども楽しみに伺いました。


まる忠さんに到着~。 久しぶりの日式焼き肉に、壁に貼られたメニューの文字同様、わたし達も期待に胸踊ります~。


a0110975_1374442.jpg


と、間もなくMiaさんも登場。 ご主人も交えて軽くごあいさつの後は、いざ焼き肉タイムに突入しました。
やっと伺えたのですから、まる忠さんを思いきり満喫したいという事で、お肉のメニューはご主人のT さんにお任せです。


初めに出て来たのは、塩系のトントロとハチノス。
実は、わたしはハラミ以外の肝系は苦手なのです・・・ 汗  
が、お勧めという事ですし、見るからに鮮度抜群。 折角なのでとちょっとトライしてみたところ、これがイケます! なにせ初めてなので、一般的なものがどんな感じか良く分かりませんが、塩ベースにほんのり胡麻油の香りがして良いお味。 肝系OKの夫も、「これは美味しい♪」 とニコニコ。


a0110975_1575676.jpg



えぇ、途中ではありますが、のろまな私はそろそろ出掛ける時間になってしまい・・・汗 Yukoちゃんの「えぇーっ!」という声が聞こえてきそう・・・汗 続きは今晩アップします!
昨日Miaさんは予定があって1時間ほどしかご一緒出来ず・・・。 で、話は尽きるはずもなく、今日の予定にジョイントさせて貰う事にしました。  
では、続きは後ほど・・・


----- ----- ----- ----- ----- -----

ただ今、バンクーバー時間の5/3(月) 朝10時。
昨夜は写真の投稿が上手くいかず、翌朝の投稿になってしまいました。 汗


さて、まる忠さんの美味しい焼き肉の続きです。
つづいて、ネギ塩カルビ。 美しくサシの入ったカルビの上には、この上なく細く刻まれ青々としたネギと白ゴマ。


a0110975_24125.jpg


これを片面だけジュジューーッと焼いて頂きます。
ネギ塩と来ればタンだと思っていたけれど、カルビと一緒も美味しぃ~。

白ネギを使っていると、食後もネギの味が口に残り、女子としてはとても気になるところだけれど、まる忠さんは青ネギを使われているので、片面をササッと焼いただけでOK♪  ミントキャンディー要りませんよ~。  


a0110975_273533.jpg



その後も美味しいお肉は続き・・・  
夫と私 「これからバンクーバー入りは夕方にしようか。」 と真顔で相談。 笑 

上段右から時計回りに、 豚バラ、ミノとハラミ、 カルビ、そしてチキン。


a0110975_2131780.jpg


右上の豚バラには山椒と塩がほど良ーくまぶされています。 山椒味の焼き肉って初めて食べたのですが、これが目からウロコの美味しさ・・・、凄く合います!   日本酒ともとっても相性が良さそう、と思ったところ、上の踊るお品書きにはしっかり「 あつかん 」の文字。
その隣の鶏のモモは、インド系のスパイスがたっぷりまぶされ、エスニックでスパイシーなカレー味。 タンドリーチキンが好きな方なら間違いなく好みかと。 


ご飯も注文せず、ひたすらお肉を楽しんだ後は、スタッフの方おススメのビビン麺を頂きました。
これまた普段の私の選択には無いメニューなのですが、「美味しいですよ~」 と聞けば、食いしん坊としては頼まぬわけにはいきません。 笑  
で、お味はといいますと、極細の麺がスパイシーだけれどコクのあるタレと良く絡んで、美味しい♪ ハーフサイズをお願いしたけれど、一人前でもイケました。


a0110975_2171213.jpg


期間限定の杏仁豆腐はクリーミーでなお且つさっぱり。 ミルクプリンを思わせるような優しい味で女性だったら絶対好きな味。



a0110975_3149100.jpg



初まる忠さん、かなり期待して伺ったにもかかわらず、夫も私も予想以上に大満足。
Miaさん、Tさん、スタッフの皆さま、美味しい焼き肉ご馳走様でした。

次回のバンクーバー滞在時は、あらかじめ「まる忠」を予定に組み込んだ上で、夫にはスケジューリングをして貰おうと思います。  
夫よヨロシク。



まる忠  
Tel 604-214-3770
#2065-4580 No.3 Road Empire Center
地下鉄Aberdeen Stationから歩いてすぐ、No.3Roadの一本東の道に面しています。  
pm5:30‐12:00 ラストオーダー11:00
火曜定休
  
[PR]
by non_ca | 2010-05-02 10:18 | レストラン&カフェ
お昼の気温は15℃。

今日はイースター・ロングウィークエンドの最終日。 晴れて行楽日和になりました。 
折角の連休、そしてこのお天気。 何処かにお出掛けしたい物ですが、お尻に火のついた夫の試験勉強のため、わが家は通常営業。 何だかもったいないなぁ・・・。 
午後になってコーヒーブレイクがてら、2人でハーバーフロントをブラブラしました。



a0110975_11284082.jpg



何処からとなく切なげな音色が聞こえてきて、足を止めました。 アヴェ・マリアのメロディーと午後の陽を浴びてきらきら光る湖。 しばし足を止めて耳を傾けました。


今日は、気になりつつもずーーっとアップ出来ないでいた、美味しいレストラン。

オリンピック期間中、バンクーバーに滞在していた際、魯山人さま宅で感動的なお料理をご馳走になりました。 (その話はコチラから) 
本来は 「是非、次回はわが家に。」 とお誘いしたい所ですが、トロントのわが家までは飛行機で4時間半の距離、カナダって本当に広いですよね。 (が、 実はちょっと内心、ホッ。 だってあのようなおもてなしは、どう頑張っても出来ませんから・・・笑 ) なので、楽しいお話の続きや、お料理の裏話なども伺いたく、お食事にお誘いをしました。

出掛けたのは La Quercia、お誘いと言いながら、お店は食通の魯山人さまに選んで頂きました。 笑  お礼にお誘いしたというよりは、美味しいお店に連れて行って貰ったという方が、正しい・・・? 
こちらのシェフは、バンクーバーの名店の1つ CIOPPINO'S で修行をされた方とか。 まだCIOPPINO'S に行った事の無い私、楽しみに出かけて参りました。


場所はキツラノの4th アヴェニュー。 友人Nさんと夫と私の3人がお店に着いて見ると、既に到着していた魯山人さまがお出迎え・・・。 本当に私達は、お礼にお誘いしたのでしょうか・・・汗  間もなく友人Sちゃんも到着して、いよいよ楽しいお食事タイムのスタートです。


フランスから大量にワインを輸入して莫大な関税を支払った、と噂の魯山人さま。 そしてワイン好きが講じてBC 州のワイナリーに投資もしているNさん。 こうなると、私達の出番など全く無く、ワインのセレクトはお任せです。 


そして、食事のメニューを頂きましたが、どうしたものか・・・。


a0110975_1341836.jpg


ワインに続き、お食事はこのお店を良く知る魯山人さまが、お店の方とお話をしてくださり、こちらはシェフのお任せになりました。 


アンティパスト。 
お店の雰囲気同様、あっとホームで飾らないお料理の数々。 親しい友人との会食にピッタリです。 そして味で勝負といった感じでしょうか。 どれもとても美味。


a0110975_12572240.jpg


こちらはイタリア風、仔牛のしゃぶしゃぶ? さっぱりとしてツナのソースと頂きました。


a0110975_12581444.jpg



ナスのミルフィーユ仕立て?

a0110975_12584163.jpg


パスタを3種。 どれも秀逸です。
モチモチのニョッキ。 プロシュートとグリーンピース、パルメザンチーズをたっぷりかけて頂きました。


a0110975_12591369.jpg


オイルベースでさらりとした仕上がり。

a0110975_12594285.jpg


お馴染みのボロネーズも、トマトの酸味が程よく利いてサッパリとした味わい。

a0110975_130948.jpg


メインは鴨のロースト。 レンズ豆が添えられています。


a0110975_1312437.jpg


決して外から見ると目立つお店では無いのに、店内は満席。 やはり、人気のあるお店なのですね。
ついつい気になる客層も、とてもいい感じ。 

a0110975_1324540.jpg


デザートの盛り合わせ。
あまり感動的なでデザートにカナダで出会うことは無いけれど、このお店のデザートはとても印象的でした。 飾らないデコレーション。 でも、どれも1口頬張ると素朴だけれど、とっても美味しい。 

手前からベークドチーズケーキ。 ピスタチオアイスの乗ったガトーショコラ、リンゴのパイ包み、リキュールのジェラート、そしてパンナコッタ。 

a0110975_1332614.jpg


8テーブル程の小さな店内の奥には厨房があり、中で忙しく働くシェフが見え隠れします。 その中で、毎日これだけのデザートが作られているのかと思ったら、ちょっと感動しました。


お料理も同様に、必要のないプレゼンテーションを極限まで省いた、シンプルさ。 味もクリームやバターに頼らぬ、素材の良さを生かしたものばかり。 実力のあるシェフだからこそ、出来る事でしょうね。 そして、それを支持するお客さまのいるお店。 もっと色々食べてみたくなりました。 


a0110975_13535925.jpg
 

それにしても、バンクーバーの友人たちは、カバン持ちさんや魯山人さまを始め、皆さんかなりの食通ばかり。 いつも皆さんにお任せで、結果、美味しい物を頂いています。    
フライトは暫くもういいな、と言いつつも、そろそろ「バンクーバーに行きたい虫」が騒ぎ出しそうです。  



 
[PR]
by non_ca | 2010-04-04 23:27 | レストラン&カフェ

送別会 * 第3弾

ただいま深夜3時半。 30分ほど前に帰宅しました。

友人ご夫妻が日本に帰国をされるというので、3月始めに送別会をしました。 場所はお気に入りのレストランSplendido (以前の話はコチラから)
写真はありませんが、再び美味しい前菜の盛り合わせと絶品トリュフのパッパルデッレを頂き、楽しい時間を過ごしました。 
女性は女性同士、男性は男性同士で何度かお会いしていましたが、夫婦でご一緒するのはこの日が初めて。 忙しい方たちですし、これがこのメンバーでは最初で最後と思っていたら、光栄な事に思わぬ意気投合。 

で、スケジュールを縫って、第2弾のお誘いを頂き、一昨日夕食に出掛けました。 場所はヨークビルのOpus、お2人のお気に入りのレストランです。 
こちらに伺うのは、トロントに越してきたばかりの頃、食通の素敵な友人カップルに連れて来て貰って以来2度目。 お料理といい、雰囲気といい、サービスといい、改めて伺ってみると、ここに勝るお店はトロントには無いのではないかと・・・・。 何を頂いてもとても美味しいけれど、ケベック州で育てられたガチョウのフォアグラが絶品。  
ただいま私のファインダイニングレイティング第1位。 食後もお酒を頂きつつ、深夜1時過ぎまでとても楽しい時間を過ごしました。

1日おいて火曜日の夜、今日は女性2人で夕食に出掛ける事になりました。 
トロント残り2晩になってしまった彼女が考えた末選んだお店は、再びOpus。 はい、一昨日というか、正確には12時を過ぎていましたので、昨日行ったばかりです。 笑  

熱い握手の後、「またいつか、何処かでお会いしましょう。」 とお別れのメールの交換もしていた男性陣。 が、12時過ぎには2人も再び合流。 以外にも早い4人の再会になり、送別会第3弾のスタート。 気が付けばあっという間に深夜2時半。 因みに深夜2時まで営業しているので、食後に場所を変えずに居られるのが良いですね。 が、昨晩はクローズの時間も過ぎていました・・・。


今晩私が頂いたのは、Sea scallops and bone marrow with apple butter beurre blanc / ホタテと骨髄のアップルバターソースの前菜。   
素晴らしい火の通り具合。 ホタテの表面はカリリと黄金色に焼かれ、でもその5ミリ下はお刺身のようにレア。 その上に載せられたボーンマローのとろりとした甘さが全体を包んで絶品。 メインは、Steamed Atlantic lobster on preserved lemon risotto with champagne mousseline / 蒸したロブスターにシャンパンのモスリンソース、レモン風味のリゾット添え。 ロブスターも同様に表面のみが完璧に火を通され、その下は透明感のあるレアな状態、カプチーノのミルクの様に泡立てられシャンパンのソースムースリーヌの優しい味わいと相まって、こちらもこれ以上の無い仕上がり。 
シックで落ち着いた大人の雰囲気のスペースには、マリリンモンローを中心とする当時のスターのモノクロの写真がセンス良く配されています。   

明日(今日)の夜も、トロント最後の夜を楽しむべく、女性二人で夕食に出掛ける予定。 が、きっと夜遅くから2人の夫も合流するのでは・・・。 となると送別会第4弾・・・?!

カナダの想い出がぎゅっと詰まったお2人のアルバムの中に、少しだけ私達夫婦も参加をさせて頂くようで、光栄でもあり何だかとても幸せな気持ちです。  素敵な出会いに感謝。

あっという間に、ただいま深夜4時~。 

もう寝ます、おやすみなさい。


Opus
37 Prince Arthur Ave.
416 921-3105 tel
416 921.9353 fax





  
[PR]
by non_ca | 2010-03-31 03:27 | レストラン&カフェ
昨日とは打って変わって晴天のトロント。 雲ひとつない抜けるような空が広がりました。

今日は1日家で雑用をしたり、読書をしたり。 さぞかし外はポカポカと暖かなのだろう思っていたら、夕方7時の気温は0℃でした。 先ほど届いたkumakoちゃんのメールによると、ニット帽を被って出かけたとか。 侮る無かれトロントの3月です・・・。


話はずーーっとさかのぼってオリンピック中のバンクーバーでの事。 

a0110975_11501959.jpg


シアトルに住む友人夫婦 Sam&Steve と合流して、ホッケー観戦をしました。
アマチュアチームでホッケーをするSteve、シアトルにはNHLのチームが無いのでバンクーバー・カナックスファンの彼は、実はプロの試合を観戦したことが無く、「観に来る? 」という私達の誘いに2つ返事でOK。 バンクーバーで半年振りの再会をしました。

Samは日本に1年暮らし、Steveも仕事で行った経験があり、2人とも和食大好き。 なので、バンクーバーの美味しい和食も紹介できたらと思っていました。 お昼にホテルで合流して、まずはその足でDenmanにある美味しいラーメン屋さん、「元町食堂」へ。 (以前の話はコチラから)


a0110975_12111493.jpg


私は塩ラーメン、2人は味噌ラーメンに卵を追加して腹ごしらえ。 塩ラーメンは初めてらしく、私のスープに興味津々。 「クリアーで美味しい 」と気に入ったみたい。 その後はお散歩がてら聖火を観に行くことにしました。

途中ホテル近くで写真撮影。 


a0110975_12131567.jpg


聖火をバックに一緒に撮った写真をイギリスに住む共通の友人に写メールしたり、賑わうロブソンをブラブラとしてオリンピック気分満喫。

夕方には待ちきれずに、ゲームの行われるUBC(ブリティッシュコロンビア大学)内のサンダーバード・スタジアムへ向かいました。

まだガラガラの会場。 でもこの笑顔・・・。笑


a0110975_12392225.jpg


「アメリカ戦よ来ーい」 という願いは叶わなかったけれど、この日のゲームはクォーターファイナルのチェコ 対 フィンランド戦。 どちらもセミファイナルを目指しての真剣勝負は、最後まで1点を争うような白熱したゲーム。

カナダの初戦では、会場が真っ赤なジャージで埋まり、もの凄い応援で会場が揺れる様な体験をしたけれど、スコアではカナダの圧勝。 こちらの方が目の離せない展開で、ゲームとしては面白かったです。


a0110975_12484533.jpg



さて、応援で乾いた喉とお腹を満たすべく、その後は和食第2弾。 同じくDenman St にある串焼きやさん「ざっ串」へ。

が、曲がるべき所で曲がりそこね、夜の真っ暗なスタンレーパークへ、あぁー・・・。 
1度入ってしまうとなかなか戻れないので、ひたすら道なりに直進。 ふと振り返るとダウンタウンの夜景が綺麗~。 こんな所まで来てしまったのねと、ちょっと車から降りて記念撮影。 約半周して再びダウンタウンへ無事戻りました。

 
a0110975_1314083.jpg


美味しい焼き鳥に日本酒にと2人も大満足。 話も弾んで深夜まで盛り上がりました。


a0110975_1394252.jpg



翌日は11時過ぎに合流。 
前夜カレーの話をしていたからか、カレーが食べたいというSteveの提案で、以前カバン持ちさんに連れて行って貰ったバッフェのお店 Maurya へ。 この日のカレーも美味しかった♪ ジョバンニさん、ナビをありがとう。


a0110975_13143136.jpg


グランビルアイランドでコーヒーブレイクをした後はイェールタウンへ。


a0110975_13481211.jpg



可愛い縄跳びのストリートパフォーマンスを楽しみ・・・


a0110975_13501333.jpg


コカコーラのパビリオンへ。
並んで並んで行き着いたのは、こちらのコカ・コーラバー?

a0110975_1352738.jpg


ぐびっと1本飲み干して、パビリオンを後にしました。


a0110975_13535260.jpg


帰り道、金メダルの展示で話題になっていたロイヤル・カナディアン・ミント(カナダ造幣局 左前の建物) を通りかかると、この人だかり・・・。


a0110975_13552166.jpg


ベイのオリンピックグッツ売り場も、連日関連商品(主にカナダのロゴ入りジャージなど)を求める人たちで開店2時間前から長蛇の列。 

クリスマス頃はまだ何処か他人事の様な雰囲気だったカナディアンも、始まってみればチームカナダの歴史的大躍進もあって大盛り上がり。 お陰でパヴィリオン巡りやショッピングは思った様に出来なかったけれど、Sam&Steveも楽しんでくれた模様。


この次に会うのは初夏のシアトルか、秋のトロントか・・・。 
カナダに越して来て良かった事の1つは、彼らと思ったより頻繁に会える事。 去年は知り合って10年のアニバーサリーでした。 1年遅れになるけれど、秋にトロントでお祝いできると良いね。


 
[PR]
by non_ca | 2010-03-26 23:37

Diva で * 賑やかランチ

お昼の気温は7℃。 午後から雨が降り出しました。 
この季節には珍しくずっと晴天続きしたが、今日は久しぶりにバンクーバーらしい天気が戻って来ました。 これから数日、こんなお天気が続くようです。


さて、ぽっと少しだけ時間があいたので、短いものを1つ。

数日後にはトロントに戻るわが家。 その前にもう一度会いしましょうと声を掛けて貰い、今日はランチに出掛けました。 メンバーは かばん持ちさん夫婦と、まどかさん、私、の女子4人の仲良しランチ。
( あっ、違った… 3人プラス男子1人) 


場所はDIVAです。

このメンバーで会うのはまだ3度目なのに、何故かずっと前から知り合いの様な、不思議な雰囲気が初めからあります。  今日もランチというのに3時間近く(超?)、話題は多岐に渡り、楽しい昼食になりました。


Divaさんと言えば、やはりお値打ちで美味しいプリフィックスメニューです。

 
前菜は赤ワインや塩でマリネされたテンダーロインのカルパッチョ。
その上にはヘーゼルナッツやセルフィーユなどのハーブ、梨のスライス、セミドライタイプのプチトマトが載っていて、何通りにも味わえる楽しい一品。


a0110975_9382627.jpg


メインはSteel Head Trout =鱒のソテー。
香ばしく焼かれた皮と、ふんわりと仕上がった淡いピーチ色の身。 sunchokeというお芋の一種のピュレの優しい味わいと相まって、とても軽い仕上がり。   
クルトン?と思った小さなニョッキが、良いアクセントになっていました。


a0110975_9452974.jpg


デザートはレモンチェルロとホワイトチョコのムース、レモンとライムのアイス添え。 ラズベリーとレモン系の酸味の効いたソースと頂きました。 


a0110975_95116.jpg


味といい、盛り付けと良い、サービスといい、お値段といい、やっぱりDIVAさんは貴重なレストラン。 
連れて行って下さってありがとう。


まどかさんご夫妻はパラリンピックが終わったら日本に戻られてしまいますが、またカナダに遊びにいらっしゃる計画も密かに進行中とか…?! 
東の方へいらっしゃる時には是非トロントにもお立ち寄りくださいね。  日本でもまたお会い出来るのを楽しみにしています。


では、カーリングの応援に出掛けてきます!


  
[PR]
by non_ca | 2010-02-23 16:14 | レストラン&カフェ
今日も晴天のバンクーバー。 お昼の気温は9℃。
夜になって歩いていたら、吐く息が白く見えました。 今晩は冷えるね、なんて話しながらホテルに戻ったけれど、Weather Network によれば夜10時を過ぎのただ今の気温は4℃。 暖かですねぇ…。


a0110975_15275841.jpg



最近のブログを見返すと、オリンピック観戦にばかり明け暮れているようですが、その他の時間も楽しんでいます。


先週月曜日は、その前夜にご一緒したばかりというのに、カバン持ちさん夫妻と出掛けました。

今回お昼を頂いたのは、Denman X Robson の側にあるコチラ・・・
「 いらっしゃいませ 」 とばかりに可愛い看板がお出迎えしてくれる、バンクーバーの老舗 「洋食屋 」さん。

a0110975_15384165.jpg


こちらはジョバンニさんのカツカレー、サラダつき。 黄金色に揚がったカツが美味しそう。 幾つになっても男子には堪らない組み合わせですよね。


a0110975_1543894.jpg


女子2人はハンバーグステーキ。  照りのあるデミグラスソースがたっぷりかかった、懐かしーい味。 付け合わせのお野菜もたっぷりで、旅行中の身としては嬉しい限り。


a0110975_15461317.jpg


店内にはロートレックのプリントが飾られて、レトロな良い雰囲気。  


a0110975_1548468.jpg


食後にはこれまた懐かしいプリン・ア・ラ・モード的なプリンを食べつつ、あれやこれやと話が弾みます。

カナダに来て以来、色々な縁や共通点があり親しくして貰っているお2人ですが、悲しい事に3人とも父親を同じ病で無くしているという共通点も。 
秋のバンクーバー訪問前に父が体調を崩した事もあり、以来色々と気にかけて下さり、日本にいる間何度となくメールで励まして貰いました。  先が見えないでとても不安な時、「父の時もそうだった…」と声をかけて貰うだけで、どれほど気持ちが救われ、勇気が沸いた事でしょう…。  
そんなお2人には今も感謝の気持ちでいっぱいです。  ありがとう。 

その後あちこちと出掛けた後は、美味しいうわさを聞きグランビルアイランドにオリンピック中限定オープンしているスイスパビリオンへ。


a0110975_16204926.jpg


お目当てはこちらのとろけるチーズ、ラクレット。 専用オーブンで温められて良い焼き色がつき、表面にブクブクと気泡が出来ています。


a0110975_16263249.jpg


スイスから来たと思われるお兄さんが、ナイフでそのトロリとした表面をすくい取り、バケットに。


a0110975_16265450.jpg


アツアツを3人で仲良く頂きました。
このオーブン、家にあったら止まらなくて大変な事になりそうです…。


a0110975_16304222.jpg

   

3人で楽しい時間を過ごしたその夜、夫と夕食に食べたのは…


a0110975_1645244.jpg

手前がチキンカレー、奥は夫のオーダーしたカツカレー。 
ジョバンニさんが美味しそうにカツカレーを頬張っていたので、夫にも食べさせたくなりました…。 
何も同じ日に行かなくっても、という声が聞こえてきそうです。 笑


毎年ベネチア旅行記で楽しませてくれるお2人、今年も絵ハガキの様な写真と共にツウなベネチアを紹介して下さいました。  お土産にと下さったのはヨーロッパの香りのする素敵なメッセージカード。


a0110975_17163570.jpg
 
小枝にとまる可愛い小鳥のプリントが。  
そうそう、小鳥好きも忘れてはならない大切な共通点。 


金曜日にはもう1つ、うれしい出会いがありました。
Yukoちゃんを通じてブログで知り合い、コメントの交換をしていたchi_corさん。 11月にバンクーバーに越される前、トロントでお会いするチャンスがありましたが、予定が合わず断念…。 今回晴れてバンクーバーで会う事が出来ました。


待ち合わせてホテル近くのMIKUさんへ。
前でカメラを構えるのはchi_corさん。  ほっそりと華奢で優しい笑顔が印象的な素敵な方です。


a0110975_17353630.jpg


初めてお会いするのに、あれこれと話は尽きず…
食後はご主人がシェフとして働く、新しくオープンしたホテル Fairmont Pacific Rim へ。 chi_corさんが以前ブログに載せていらしたCafe「Giovane 」に連れて行って貰いました。

*業務連絡、店名の発音はジョバンニではなく、ジョヴァーンだそうです。  訂正! 正しくはジョヴァーニでした。

a0110975_1872164.jpg
 

この日はカフェオレだけ頂きましたが、パンなどペーストリーもとっても美味しいそうですよ。


a0110975_18113832.jpg


内覧会などで既に何度もホテルを訪れているchi_corさん、舞台裏の話を色々聞かせて貰いました。
そんな中でも興味深かったのは、こちらのスリークな印象のロビー。 広い床全面にはイタリアから輸入した白い天然の大理石が使われているそうです。 なんともゴージャスな話ですね。  

a0110975_18155996.jpg



そうこうする内、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、2人ともその後予定もありお別れする事になりました。  
バンクーバーに越されてまだ間もないchi_corさん、新しい職場でのお仕事も含め、お2人の新天地バンクーバーでの生活がますます順調で幸せ一杯である事をお祈りしています。  
chi_corさん、是非またお会いしましょうね!


a0110975_1825228.jpg


素敵なギフト、ありがとうございました。 

 
[PR]
by non_ca | 2010-02-22 22:17 | お出かけ

2010*今年のお正月

お昼の気温は8℃。
穏やかな晴れの1日です。

遅ればせながら、明けまして おめでとうございます。 
今年は、何年ぶりか思い出せませんが、久しぶりに実家のある名古屋で、のんびりとお正月を迎えました。

日本で過ごす大晦日の夜。 12時少し前になったら、カメラを持って近くのお寺と神社へ行こうと思っていましたが、雪が降り出しあまりに寒そうなので断念...。 

朝窓を開けると庭もこの通り、雪化粧を施していました。 


a0110975_15384519.jpg



お昼には姉家族も合流して、皆でお節を囲みました。
お節は食べるのも作るのも好きで、毎年出来る範囲で楽しみながら作っていますが、今年はお休み。 私は筑前煮のみ作りました。
ずっと手作りしていた母も、最近お節は買うものと決めているようです。 今年は趣向を変え、金沢の料亭のお節を注文したそうですが、なかなか豪華で美味でした。

a0110975_1553937.jpg



明くる2日は、姉達の泊まるホテルへ出掛けました。
ロビーには、しだれ柳に花餅をつけた豪華でお正月らしいお花がいけられていました。


a0110975_16195848.jpg


ちょうど著名な書道家の書き初めが始まるというので、しばし見学。

a0110975_16263650.jpg


暫くしてロビーに戻ってみると、お琴の演奏をされていた女性の後ろに、先ほどの作品が。

そこには「開」の一文字が大きく書かれていました。


a0110975_1628471.jpg


その後はホテルで昼食でもと思っていましたが、どちらのお店も残念ならら既に予約で一杯。  途方に暮れていましたが、美味しい鰻が食べられるお店、「なまず屋さん」があまり遠くない事を思い出し、電話で問い合わせたところ営業中とのこと。 ほっと胸をなでおろしそちらへ向かいました。 

絶品の肝焼きを頂いた後は、お決まりの「ひつまぶし」。

1杯目は何も乗せず、2杯目は海苔やワサビの薬味を乗せて、3杯目はお茶漬でといいますが、私は2杯目の食べ方が好きなので、1杯目も3杯目もこれで頂きす。そして最後に少しだけサラリとお茶漬けで〆ます。 ^^

a0110975_16344690.jpg




こちらは姪っ子の連れて来た、小桜インコのぴーちゃん。 
甘えん坊で可愛いんですよ。  眠くてちょっとぷっくりしています。 笑
  

a0110975_1614627.jpg


小学4年生位の時、叔父にお年玉で小鳥を飼って貰って以来、結婚して実家を離れるまでずっと小鳥を飼っていました。 2代目からは同じ小桜インコだったので、遊んでいる内その頃の事を色々想い出しました。



出したクリスマスカードは10枚のみ。 あぁ・・・・汗  寒さに負け初詣もせずに終わってしまった年末年始ですが、久しぶりに実家で家族揃って新年を迎える幸せを感じています。  
皆さん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by non_ca | 2010-01-07 15:22 | お出かけ
お昼の気温はマイナス3℃。
曇ったりお日様が出たりの1日でした。

a0110975_1221093.jpg


今日は長い間預かり物をして頂いていた友人を訪ねて、トロントのアップタウンへ。 お世話になっているのは私の方なのに、とっても美味しいお昼ご飯をお呼ばれして、その上ギフトまで頂いて、そして可愛いお友達も出来ました。 その話はまた近いうちにさせて頂きますね。 
夜はダウンタウンでクリスマスの食事会へ参加。 久し振りにお会いする方もいて、英語日本語の両方が飛び交う楽しい会になりました。 さてさて、これで今年のクリスマス・ディナーは無事終了。 明日は一時帰国前に夫とプライベートで早めのクリスマス・ディナーを楽しむ予定です。


さて、トロント日記に戻りまして・・・
バンクーバーに行く前の事ですが、渋ーいおじ様のライブコンサートに夫と2人行って来ました。
ライブが行われたのは11月29日(月)、場所はCollege St. X Ossington Ave.近くにあるRevival Bar。  この日、フリー・ペーパーのbit'sでも紹介をされていた、昨年39年ぶりに再結成されたFlower Travelling Band のライブコンサートが、昨年に続き行われました。


a0110975_12581830.jpg


ロックのライブは夫も私も初めての経験。 トロント在住のベースの小林ジュンさんと親しい知人(こちらもおひげの素敵なシブい方です)からお誘いを受け、折角なので興味津々出掛けました。 
ライブはフィルミングされ、年末、フジTV 系の内田裕也プロデュースの「ニューイヤーワールドロックフェスティバル」で放映されるとの事で、本格的なカメラも入っていました。

a0110975_13142715.jpg


夏に夫とゴルフをしていたところ、今回誘って下さった知人とジュンさんもプレーをされていていました。 「ご一緒しませんか? 」 と嬉しいお誘いを頂き 「 喜んで ♪ 」 とお受けしたい所でしたが、わが実力を考えるととても恐れ多い事で・・・ このお二人はかなりお上手との情報を入手しています。 残念ながらお断りをしました。  ゴルフクラブをお持ちの姿は数回拝見しましたが、ベースを持ったミュージシャン姿を拝見するのは初めて。 その辺りも密かに夫と楽しみにしていました。

a0110975_13431974.jpg


まずは、ジュンさんの息子さんがキーボードで参加しているバンドの演奏があり、会場も盛り上がったところでいよいよFlower Trabellling Bandの登場です。

ボーカルのジョー中山さんと、ベースの小林ジュンさん。 
燻し銀のように渋くて素敵ー 。  

信じられませんが、皆さん60歳を超えていらっしゃるそうです・・・。

a0110975_13244672.jpg


ナマで、それも目のまで繰り広げられる演奏と、ボーカルの迫力に夫も私も圧倒されっぱなし・・・

曲が進むにつけ会場の熱気もどんどん高まり、最後の曲の演奏が始まる頃には11時近くになっていました。 7時半に会場入りしたので、あっという間に3時間半。


a0110975_14112560.jpg



興奮覚めやらぬ内に会場を後にしましたが、気が付けば夕食を食べてから出掛けたにもかかわらず、お腹がもうペコペコ・・・。 興奮もしていてとても帰宅してそのまま寝られるようにも思えず、ちょっと寄り道をする事にしました。

Ossington x Dandus 近くにピザの美味しいレストラン Librettoさん。 既に閉店時間の11時近くになっていましたが、快く迎えて下さいました。

サーディンのピザをテイクアウトで注文すると、5分位で出来るからとカウンター席に案内され、お水も出してくれました。 

a0110975_14152432.jpg


家に帰り夜食にピザを食べつつ、暫くライブの話をしました。

a0110975_1433990.jpg


翌日は知人宅で、バンドのメンバーと関係者を招いてのパーティーが催されたそうでお誘い頂ましたが、夫のスケジュールが合わず残念ながら欠席・・・。 

Hさん、この度はお誘いありがとうございました。 夫ともども凄い迫力のライブに感動しました ! 




 
[PR]
by non_ca | 2009-12-18 12:16 | コンサート

久し振り * Terroni Adelaide

お昼の気温は7℃。 朝からお天気のトロント。 いよいよ今日から12月です。


先週の事ですが、午後からお休みの取れた友人と、久し振りに待ち合わせてランチをしました。
出かけた先はダウンタウンのAdelaide X Church近く、和食レストラン「波」のすぐお隣に2年ほど前にオープンしたイタリアンレストランTERRONI。 トロントに3店舗あり、今回伺ったのはAdelaide店です。

a0110975_13393428.jpg


Queen St. W にある本店は、赤い壁とシャンデリアが印象的で、こじんまりとしてコージーなスペースを提供しているのに対し、Adelaide はかなりのスペースとテーブル数。 石造りの歴史ある建物を利用した店内は、あちこちにオリジナルと思われるキャラクターを残し、高い天井を生かした広々としたスペースです。


a0110975_13554266.jpg

オフィス街にあるので12:00~13:00は大変な混雑。 ゆっくりお喋りもしたいので、友人とは13:00に待ち合わせました。 お店に着いてみると、バースペースにはこの時間でもまだテーブルを待つ人達、カウンター席も満席で、相変わらず景況ぶりです。 

さて、アートの様にプロシュートの掛かるバースペースで10分ほど待ったでしょうか、程なくテーブルに案内されました。 
友人に会うのはかれこれ2月振り。 メニューを見ながらお互い近況報告です。

a0110975_1411433.jpg


Terroni に来ると注文するのが Mezzo Mezzo( 正しくはもう少し長い名前 )。 生ハムやチーズ、フォカッチャ、洋ナシのグリルした物やナッツの入った蜂蜜が付いて来る、いわゆるおつまみの盛り合わせです。 友人のお気に入りのカクテルSpritzer を私も真似て注文し、まずは再会に乾杯 !

a0110975_1471193.jpg
 
フォカッチャもプロシュート入りや黒オリーブ入りなど、少しづつ違った味が楽しめます。

その後はピッツァを1つとパスタを1つ注文して、シェアをしました。
洋ナシと生ハム、ブルーチーズとハニーのピッツァ。 この組み合わせは何にしても美味しいですよね。

a0110975_14215414.jpg


パスタは本日のメニューからボンゴレ。
パスタは毎日お店で手打ちをされています。 黒くケイパーのように写っているのは、ブラック・チックピー=小さな黒いヒヨコマメ。 あっさりとしたボンゴレに、チェリートマトの酸味とチックピーでコクが加わり、あとを引く味わいです。 

a0110975_1425521.jpg


結構長居をしましたが、まだまだ話足りず。←主に私が・・・笑  場所を変えてお茶を楽しみました。

彼女と別れた後は、懸案のクリスマスカードを買いに出掛けました。 あぁー、去年の今頃は既に書き始めていたのに・・・する事が山積みで、今年は何時になったら着手できるやら、トホホです。

お店の近くまで来てみると、オフィス街には大きなクリスマス・ツリーが出現していました。 ツリーの青いイルミネーションがオフィスのライトに映えてきれい。  

a0110975_14321862.jpg

もうすぐクリスマスですねぇ・・・。 しばし、近くのベンチに座り、一人ツリーを眺めました。


さて、番外編ですが・・・
今晩は知人ご夫妻と夕食の約束があり出掛けました。 
夫に予約したお店を訊ねると「TERRONI Adelaide。」との事。「えっ?」 という事で・・・、
えぇ、えぇ、一週間とあけず、再び行って参りました。 笑

今晩はMezzo Mezzoの他、Baked Oyster Mushroomのサラダ、スパイシーなサラミとパプリカのロースト、モッツァレラのピッツァ Natalina 。 ←このピッツァもなかなか美味でした。

メインは男性陣がラム、ビーフ、ソーセージ、ポレンタの盛り合わせ、女性人はパスタを注文しました。

a0110975_14524349.jpg


朝9:00~夜23:00までオープンしているので、コーヒーブレイクに立ち寄るも良し、パニーニなどで軽めのランチをするのもまた良し。
平日の12:00~13:00は、この辺りで働く方たちで一杯ですが、その他の時間はのんびりとした雰囲気。 週末は幼児2人を連れたパパが食事をしていたり、今晩も満席ではありましたが、中には小さな子供連れのファミリーも数組。 
基本的に予約を取らないお店ですが、大人数の場合と、何故か夕方18:00~のみ予約を取ってくれます。
Queen店と違い日曜は休みなので、ご注意を。

個人的にピザはLibrettoの方が好みですが、お店の雰囲気やメニューの多さ接客など、魅力一杯のお気に入りのお店です。



a0110975_15122569.jpg

店内を撮ろうと思ったら、笑顔で答えてくれた綺麗な女性。 すかさず彼女を中心に入れなおしましたが、ごめんなさい、ピントが合っていませんでした・・・。  
酷い人ですねぇ、私。

* 今回は18:00~以外に、20:30~の予約も可能だったそうです。 
[PR]
by non_ca | 2009-12-01 23:37
お昼の気温は16℃。 
今日はしとしと雨の降る1日でした。

昨日に続いてバンクーバー滞在記。 
3日目の月曜日も良く晴れて穏やかなお天気。 朝ブログのアップをした後は、前日に続き「ザ・バンクーバーな観光」をするべく、出掛けました。
向かった先はダウンタウンのGeorgia St. x Denman St. にある自転車レンタルショップ SPOKES、ここで自転車を借り目の前に広がるStanley Park をぐるりと1周回ってみようと計画、 海沿いの景色を楽しみつつサイクリングが出来ます。


a0110975_12262018.jpg


お店には2人乗り自転車や、子供用のカート付きの物、マウンテンバイクや日本で良く見かける小さなタイヤのタイプまで様々なタイプの自転車が揃えられています。 
好みのタイプを選んで、さぁー、サイクリングスタートです! 


コールハーバー沿いを北上すると、間もなくダウンタウンのビル群が見えてきます。 先日はこの対岸辺りを散歩して、夕暮れの写真を撮りました。(その写真はコチラ

a0110975_12503861.jpg



自動車、自転車、歩行者のコースが完全に分かれていて、サイクリングも安全で快適。
少し進むとトーテム・ポールの広場に出ました。

a0110975_135881.jpg


太陽に向かい、地面からまっすぐ天に向かって建つトーテムポール群。
顔のように見える1つ1つのデザインには、それぞれ意味があるので、暫し足を止め説明を読みます。

a0110975_1355067.jpg



再び自転車に乗り、着いたのはBrodkton Point。 右手後方にはダウンタウン、前方にバラード入り江を挟んでノース・バンクーバーを望みます。

a0110975_13123735.jpg



現役と思われる灯台もありました。 バラード入り江を行き来する、船達の安全を見守って来たであろう灯台です。

a0110975_13212581.jpg


左手にはライオンズ・ゲート・ブリッジとウエスト・バンクーバー。 

a0110975_13255638.jpg



暫く走ると、先ほど遠くに見えていたライオンズ・ゲート・ブリッジの袂をくぐります。 
この辺りはスタンレー・パークの北側に位置し、岩陰になるので少し空気もヒンヤリ。 

a0110975_13325494.jpg


そんな道を走り続けると、公園のの西側に出ました。 景色が一気に広がります。 
写真はSiwash Rock。 ここまで約5kmです。 

a0110975_13333864.jpg


Third Beachでは、暫し足を止め日向ぼっこ。 この辺りまでやって来ると愛犬とお散歩する人や、ベンチでのんびり読書を楽しむ人を、沢山見かけるようになりました。 

a0110975_13514347.jpg


更に進んでいくと、イングリッシュ・ベイ越しに、対岸にキツラノが見えてきました。
眺めのよいベンチを見つけて、遅めのランチタイムです。 

a0110975_13561461.jpg


今日のランチはブルーベリーマフィンやバナナローフ。 お日様の下で美しい景色を眺めながらのランチは格別 。

a0110975_1413123.jpg



最後は海沿いの道を離れ、公園内を走ります。 

a0110975_1432546.jpg




サイクリングの終わりに着いたLost Lagoonでは、メープルリーフが赤く葉を染めていました。

a0110975_1435884.jpg


美しい景色を見つける度に足を止め、シャッターを切り、 また走っては止まって景色を眺め・・・。 約10km、2時間弱のスタンレーパークを巡る楽しいサイクリング。 

春になったら是非また来てみよう。

 
[PR]
by non_ca | 2009-10-09 22:41 | お出かけ