平凡な毎日の出来事や思いついた事など、あれこれつづっていきたいと思います。


by non_ca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:Queen's Quay W ( 4 ) タグの人気記事

お昼の気温は32℃。 
連日うだるような暑さが続いているトロント。 湿度も高めなので、とにかく暑ーい! カナダに来て一番暑い夏をただ今体験中と思われます。
お日様が大好きなトロントニアンが、日陰を探して歩いている姿はちょっと可笑しい・・・。 
でもね、歩いていて一瞬で汗が噴出すようなことは、この暑さでもないのです。 ってことは、日本の夏はもっともっと暑いってことですよね。 汗


さて、今夜も気付けば早深夜2時。 
ちょっと手短なものだけアップして、明日に備えて眠りたいと思います。 あぁ、バンクーバー編は何時になったら完結するのでしょう・・・。


a0110975_15163433.jpg



Canada Day の週末、トロントのオンタリオ湖沿いのエリアでは、Toronto Waterfront Festival が開催されていました。 色々なイベントが催されていたようですが、その中でも注目は10隻を超える数の帆船。 ダウンタウンのハーバーフロントにも、期間中数隻が停泊していて、有料で船内見学も出来ました。 

前々日に一緒にフラメンコ鑑賞をした友人が船内見学巡りをしたところ、その内の一隻はパイレーツ・オブ・カリビアンの撮影に使われたものだったとか。 (中にジョニーデップの写真も飾ってあったそうな。) 
折角なので、ちょっと観に行ってみるかとカメラ片手に出かけてみました。


どうやらこの BRIG NIAGARA号 がその船らしい。 


a0110975_15223772.jpg



西を振り返ると、さらにもう一隻大きな帆船 HMS BOUNTY号 が泊まっています。



a0110975_15262776.jpg



見上げるマストの高いこと。 


a0110975_1529569.jpg



六畳間ほどもありそうな星条旗が掲げられ、出航の準備が始まりました。 デッキも忙しげ。


a0110975_1537188.jpg



この日はOntario Place で帆船のパレードが行われる為、マストを畳んで停泊中だった船が出航の準備をしていました。 そのため、残念ながらこの日は船内見学はなしの模様でちょっとガックリ。
でも、何処かでカメラが回っていてもおかしくない、映画の撮影現場に来たような雰囲気に、ちょっと見て帰るつもりの予定を大幅変更。 


a0110975_15311654.jpg


思わず見上げる視線の先には・・・

a0110975_1632014.jpg



マストをスルスルと登るセイラー達。


a0110975_1551225.jpg





Sail Away ! の掛け声とともにマストが広がりました。



a0110975_160228.jpg




そうこうする内、パレードの時間が近づいて来たのか BRIG NIAGARA号はゆっくりとデッキを離れ沖へと進みます。 


a0110975_1665892.jpg



帆船をひと目見ようと、ヨットやクルーザー、カヌーが近寄ってきますが、そんな中にはこんな可愛いカナダ産まれの親子の姿も。 

 
a0110975_161051.jpg



さらに西に停泊していたオランダ船籍の Bris EUROPA も出航です。 白い船体とマストの優雅なこと。 
この船は大西洋を渡り、セントローレンス川をさかのぼってオンタリオ湖にやって来ました。 今も現役で、帆船レースに出場するなど、年間を通し世界中の海を渡り旅しているそうです。


a0110975_16203867.jpg



HMS BOUNTY号 も沖へ向かって出航して行きました。


a0110975_16232268.jpg



いつもは小型のヨットが多い湖に、10隻のマストを揚げ浮かぶ姿はなかなか壮観。


a0110975_16252613.jpg



見物のヨットやクルーザーも沢山でて、湖はちょっとした交通渋滞・・・


a0110975_16294672.jpg



大航海時代に思いを馳せつつ、少年にでもなったよう気分で、夢中で帆船を眺めました。 


a0110975_16335335.jpg



Sail Away--!
[PR]
by non_ca | 2010-07-08 03:22 | お出かけ
お昼の気温は25℃。
今日も良いお天気のトロント。


a0110975_140280.jpg



同じコンドに3年いますが、人に会うことはあまり無く、顔見知りは少なく未だ5人位。 それからチャーリーというワンちゃんが1匹。 で、立ち話となるとなおのこと少なく、同じフロアーに住む2人のおじ様くらいでしょうか・・・。  
ここ数ヶ月、そのうちの1人と会うたび、それと気付かれぬよう何気にちらりちらりと顔を観察していました。 そんなことが数回。 今日の夕方、エレベーターホールで久し振りにバッタリ。 世間話をしつつエレベーターに乗りました。 で、話が途切れたところで「えいっ」と思い切って聞いてみました。 「もしかしてTVに出ていらっしゃいますか?」答えは「Yes, CBC」。 やっぱり彼はCBCのキャスターでした。 ある夜珍しくCBCニュースを観ていたら渋い男性が1人シリアスに語るコーナーがあり、見れば見るほど「えっ、ご近所さん?!」でも雰囲気が違うしよく分らない。 2度目に観たとき夫に聞いてみたけれど、そもそも夫はこの男性を知らないらしい。 ガク・・・。 その後数回、怪しまれぬようエレベーターで1人スパイ活動をしてみても今一決め手がない・・・。 この半年ほどのモヤモヤが、今晩漸くスッキリしました。


まだバンクーバー滞在中の話をいくつか載せたいのですが、とりあえず今晩の話から。
友人からお誘いを頂いて、ご近所の Habourfront Centre にある屋外ステージ、Redpath Stageへフラメンコのショーを観に行ってきました。 友人はフラメンコを習っていて、2月ほど前もケベックのフラメンコカンパニーの公演がトロントであった際誘ってくれました。 前回はモダンなスタイルの踊りと前衛的な映像とのコラボレーションがとても新鮮で素晴らしく、夫共々感動。 今回はスペインから有名なアーティストが来ているとのこと、楽しみに出かけてきました。

人工芝の敷かれた広場にあるステージ。 周りには民芸品や各国の料理を売っているインターナショナルバザルがあり、このシーズン活気があります。

少し遅れて8:30頃会場につくと、既に演奏が始まっていました。


a0110975_13131782.jpg
 


続いて、モダンとクラシックをミックスしたようなスタイルのフラメンコ。 夕日をバックにドレスのすそを翻して踊る姿が、またフラメンコの哀愁漂う雰囲気とマッチして素敵です。

  
a0110975_1323305.jpg



フラメンコギターの奏でる音が切ないのですよねぇ・・・。


a0110975_133746100.jpg
 


こちらの女性はクラシックなスタイルのフラメンコ。
   

a0110975_13392618.jpg



苦悩に満ちた表情と、鍛えられた体から繰り出される力強いステップが、これまた美しく素敵なのでした。


a0110975_13462131.jpg




1時間の短いショーだったけれど、満喫。 いつか本場で観てみたいものです。


a0110975_13545475.jpg
 


その後は友人達と別れ、9:30からジャズフェスティバルの一環でコンサートが行われるという、同じくHabourfront Centre にある Sirius Stageへ移動。 


a0110975_1451784.jpg



屋外ステージでは既にライブが始まっていました。
今晩のバンドはトロンボーンやペットが沢山いてパワフルなジャズ。 それにボーカルが入ってなかなか賑やかな感じです。



a0110975_1463627.jpg


このコンサートはもともと無料ですが、有料の場合でも柵の外から充分に見えてしまうのがこの会場の良い所。 今晩もお客さんは出たり入ったりと自由気まま。 私達は会場近くで良い香りを漂わせていたトウモロコシを2本買い、誰にも見つかりませんようにと心の中で祈りつつ、トウモロコシを頬張りながら柵の外からライブ鑑賞をしました。



日が沈むと空気もひんやりと変わり、時折り吹く風がちょっと肌寒い位。 何とも気持ちの良い夏の夕暮れと音楽を楽しみました。 


a0110975_14141123.jpg




a0110975_1417563.jpg

[PR]
by non_ca | 2010-07-02 12:11 | コンサート

飲茶 @ Pearl Harbourfront

お昼の気温は19℃。 朝から雨が降りましたが、夕方にはお天気に、その後また雨になりました。

今日は夫は早朝から1人ゴルフの練習へ、私は9時過ぎに起きて最近描き始めた植物画をごそごそと・・・・ 描けば描くほどつじつまが合わないというか、何というか・・・。 少々へこんでいた所へ夫から電話で、ハーフを回る予定が、雨が降り出し結局途中であがったとの事。 思ったより早く帰宅したので、2週連続でYork x Queen's Quay W にあるPearl Harbourfrontへ飲茶に出掛けました。 先日夕食に行ったアイリッシュパブ Water Mark と同じビルに入っているこのお店は、わが家の最も出かけるレストランの1つです。 中華は落ち着いて良いですよね。 
という事で、最近頂いたわが家のお奨め飲茶メニューを一挙ご紹介。

a0110975_11314472.jpg


美味しい飲茶が景色の良い場所で頂けるとあって、夏の週末はいつも大混雑。 先週も今週もお店の前は順番を待っている人が沢山。

まずは天気の良かった先週の写真から・・・
目の前には観光船の船着場があり、ちょうどクルーズから戻って来たところ。 この日は風も程ほどにあり、セイリングを楽しむヨットがあちらこちらに。 そんな景色を眺めるとトロントにも夏が来たなぁ・・・と思います。

a0110975_11395427.jpg
 

こちらの飲茶は基本的にワゴンサービスですが、お目当ての物が無い時は注文する事も出来ます。
二人とも腹ペコだった所へやって来た揚げたてのチキンウィング、思わず手を伸ばしてしまいました。 中華の卵のきいた衣でからりと揚がっています。

a0110975_1158739.jpg


お気に入りの1つ、スペアリブをガーリックとトウチなどで蒸した物。

a0110975_1214571.jpg


手前は海老とほうれん草のシュウマイ、奥は豚と海老のシュウマイ。 奥のシュウマイの豚はミンチではなく、比較的大きなお肉を使っていて、歯ごたえが楽しめます。

a0110975_1245259.jpg


パクリと1口食べると、中はプリプリの海老とグリーンの鮮やかなほうれん草。 パクチーが入っていたら、更に美味しいと思うんだけれど・・・いかがでしょう。

a0110975_1283577.jpg


続いてフカヒレ入り餃子スープ。 これもお気に入りの1つ、蓋付きの壷にに入って運ばれてくるので、熱々が頂けます。 お好みで添えられた赤酢と生姜を。 
改めて写真で見ると、あまりフカヒレ入っていませんねぇ・・・ でも美味しいので見ると頼まずにはいられません。

a0110975_1295722.jpg

結構お腹がいっぱいになって来たので、マンゴープリンと杏仁豆腐をシェアして食べる事にしました。

a0110975_1213176.jpg


あー、美味しかった。 と一息ついたところで、揚げたての胡麻団子が運ばれて来ました。 そうそう、胡麻団子が食べたかったのよねぇ・・・。という事でデザートをもう一皿。
中は白餡でお団子がしっかり詰まっています。 熱々をふぅーふぅーはふはふ言いながら頂きました。
a0110975_12163073.jpg


さて、お会計と思ったところでお店からサービスのデザート。 既にデザートを3種類食べていましたが、美味しそうだったので迷わず頂きました。
少しグリーンティーの入ったお餅にココナッツをまぶし、中にはフレッシュマンゴーが入っていました。 

a0110975_12212728.jpg


さて、ここからは今日のランチ。 同じものは省略してご紹介・・・。

飲茶の定番、海老の腸粉。 お米のクレープがつるりとして美味しいですよね。

a0110975_122926100.jpg

韮餃子、ここではHocky Packと呼ばれています。 

a0110975_12333939.jpg

BBQポークのバン、

a0110975_12395183.jpg

中にはちょっと甘めの味付けのポークが、ふわふわでほんのり甘い皮の相性が抜群。

a0110975_1240815.jpg


デザートに鯉の形をしたゼリー。 ライチーとクコの実が入っていて錦鯉風? お姉さんにサーベルを刺され絶命してしまったものと思われます・・・。

a0110975_1245136.jpg

そして最後は、ふかふかの蒸しパン、マーラーカオ。 和製英語だと思っていたけれど、英語名を聞いたら "スポンジケーキ"でした。 一生懸命説明したのに・・・。

a0110975_12503570.jpg


さて、わが家的パールの飲茶の楽しみ方のご紹介でした。 この他、蓮の葉でくるまれたちまきや大根餅なども美味しくて大好きです。 他にお奨めのある方、是非教えてくださいね!
 

 
[PR]
by non_ca | 2009-06-28 22:06 | レストラン&カフェ
お昼の気温は18℃。 雲ひとつ無い晴天でした。

今日はkumakoちゃん、yukoちゃんと3人、Danforth Av を散策しました。 金曜日ということもあり、午後になり通りを行きかう人々や、パティオ席で寛ぐ人などで益々賑やかに。 パティオ席を持つレストランの多いグリークタウン、この街には夏が良く似合います。 


今週前半の事ですが、夫が早くに帰宅したので、York & Queen's Quay W にオープンした Irish Pub ” WATERMARK ” に夕食に出掛けました。
この辺りは Habourfront と呼ばれるエリアで、夏には沢山の人で賑わいます。 

a0110975_1527375.jpg


この日は良い天気でしたが、夕方になり気温が下がりました。 お日様大好きなトロントの人たちも、さすがにパティオな気分にはならないようで、普段は賑わうテラスもその日はがらーん・・・ 皆さん店内で飲食です。

可愛いミニのキルトスカートの女性に案内され、窓際の席へ。
さて、パブに来たからには、まずはビールで乾杯~ 

a0110975_14224896.jpg


本日のお奨めから、P.E.I( プリンスエドワードアイランド )産のムール貝とユーコンゴールドのフレンチフライをシェアする事に。

a0110975_14344130.jpg

揚げたてのポテトがホクホクで美味しい、ついつい手が伸びてしまいます。

店内は天井も高く、インテリアはパブとスポーツバーを足して2で割ったよう。 居心地の良い空間で、小さいお子さんを連れた家族もいらっしゃいました。 
音楽やTVの音も煩くないので、リラックスしたムードでお食事や会話が出来ます。

a0110975_14331464.jpg


私が頼んだのは、ボンベイ風カレー
ナンもカレーもあまりインド風ではありませんでしたが、軟らかく調理されたチキンが沢山入っていて、添えられたチャツネを加えると味の変化が楽しめます。 日本の家庭のカレーと少々味が似ていましたが、これはこれで美味しいカレーでした。

a0110975_14441675.jpg


夫が頼んだギネスビール。 泡のきめが細かくて、なんともクリーミー 

a0110975_14501681.jpg


そしてフィッシュ&チップスと言いたいところですが、妻の視線もきになるのでフィッシュ&サラダに変更。

a0110975_14535548.jpg

フィッシュはハリバットを使用ています。 ベリー類やマンゴー、胡桃やカッテージチーズを使い、目にも美味しいサラダ。 

窓からはすぐ脇に停泊している、クルーズ船が眺められ、ちょっとリゾート気分。 寛いだ雰囲気で会話も弾みます。

a0110975_14594959.jpg


他にも湖に面したパティオ席もあり、外の空気を楽しみながら、カジュアルに食事を楽しみたい時にはピッタリ。 同ビル2階の中華パールや、イタリアンIl Fornelloと合わせて、これからのシーズン活躍しそうです。

a0110975_13493080.jpg



お店を出たのは7:30位でしょうか。 目の前の湖(オンタリオ湖)ではヨットを楽しむ人達が・・・ 一日の終わりに夕日を眺めながらセーリングを楽しむなんて、なんて素敵な生活でしょうね。
 
a0110975_14112927.jpg
 
[PR]
by non_ca | 2009-06-05 23:58 | レストラン&カフェ